[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


世界歴史大転換【792】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月23日(火)12時15分13秒
  【[みんなが知るべき情報gooブログ]によると、今回の福島宮城地震は、ディープステートの人工地震に合わせたトランプ軍【TR-3Bアストラ】UFO戦闘機によるプラズマ攻撃だった!のが真相だったということである。https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/9825ad3fe6a064b052255ce301ba321b/
「2月13日は、新月であり奴らは宴を開き「生贄」を捧げている!! 魔女狩りの時期は、皆自分を表現したいのにで出来ずに、夜の森に仲間と集まって「生贄」を捧げていた!!?奴らは地下10キロの「人工地震」に合わせるようにして、米軍は「TR-3B」の最新機種の電磁パルスに「ブラスマー」を包み込んで、地下10~50キロの「巣」に打ち込んだ!!だから震源が、地下10キロと50キロがあり関係者が混乱している!ゆえに福島県・宮城県での震度6強の地震は、2つの人工地震だった!!福島上空の最新型「TR-3BⅡ」横田基地に5台の最新型「TR-3BⅡ」が、実戦配備されている!地下50キロ程度は「プラズマ―電磁バルス」で、簡単に破壊することができる!!千代田区と、静岡が停電したのは、電源が福島にあったから!!言い換えれ「地下要塞」が地下にあるために大量の電力が必要だったが、福島が破壊されたので「電力供給不足」が発生したために停電が起こってしまった!!この停電のために奴らの都内の儀式の地下重要施設が、停電になってしまい「冷凍保存」している「人肉」や「人体」に悪影響が出たかもしれない・・・。[Newsより]13日夜、福島県沖を震源とする大きな地震があり、福島県と宮城県で震度6強の揺れを観測しました。静岡県内でも富士市と御殿場市で震度4の揺れを観測するなどして東部では一時、最大17万4000戸余りが停電しました。13日夜11時8分ごろ、NHKが富士宮市に設置しているカメラの映像です。街の明かりが、一部地域で消える瞬間が捉えられていました。13日夜11時8分ごろ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震があり、福島県と宮城県で震度6強の揺れを観測しました。静岡県内でも、▼震度4を富士市と御殿場市で観測し、▼震度3から1の揺れを静岡市清水区や沼津市など広い範囲で観測しました。気象庁の観測によりますと、震源地は福島県沖で震源の深さはおよそ55キロ、地震の規模を示すマグニチュードは7.3と推定されています。この地震による津波はありませんでした。」福島県・宮城県での震度6強の地震fは人工地震だった!のだ![以下略]】

『多数の闇ネットでは不可思議な福島地震真相という触れ込みで、日本におけるQ軍事作戦[人身売買のアドレナクロム工場=地下基地の撲滅作戦]という噂がたくさん飛び交っているようだ。人身売買に関わっていた表の組織[ビックな製薬会社など]とペド人身売買犯罪容疑者らはすでにNSA諜報機関により特定されており、関与していた企業関係者と自民や創価の現政権政治家や、特定芸能人など約2万人以上が逮捕される可能性があるとのこと。?「アドレノクロム製造販売!地下工場が自衛隊北富士演習場の地下に存在、トランプ米海兵隊(※宇宙軍では?]が空爆!」とか、「日本の闇を根底からトランプが破壊して【新たな日本国建設】トランプ側が日本国を軍事掌握!とか、日本国の政財界2万人!芸能界5000人!が人身売買に関与」とか都市伝説のようにまことしやかに噂されている。参考サイト[Muragon] https://muragon.com/tag/?q=人身売買/
これがデマではなく本当の現実かつ事実であれば、まさしく驚天動地の事件であり、且つ、日本歴史が有史始まって以来の驚愕事態であり、日本の政治家や有名芸能人らもギトモ送りになるというトンでもなく衝撃的なニュースである。ただし、まだ確認や裏付けが取れず未確認情報と言わざるを得ないものも多いので、現時点では肯定も否定もできない闇サイト情報と言えるだろうが、清和会所属の悪徳政治家や悪噂の悪徳芸能人どもは、これらを摘発根拠にしてただちに退場願いたいと思っていたので、基本的にこのムーブメント=Q軍事作戦の一環[日本浄化作戦]には賛成である。トランプ(Q軍事グループ)による世界中の[沼の汚水排水]が、いよいよ昨年から実行が始まって、マイノリティー朝鮮系外国人に乗っ取られた日本列島にも、この春からトランプ革命Qムーブメントが起こりそうな雲行きだ。ハルジャス』


2021年1月26日 フロリダでDTを消そうとした事件?2021/02/22
/watch?v=2Ts0rVg1f2I


「極悪非道な性的人身売買」 Benjamin Nolot - Nefarious Global Sex Trafficking?2014/05/11
/watch?v=GDlBD3Q03As


※フリーエネルギー革命とは
スライヴ (THRIVE Japanese)?2012/04/05
/watch?v=yp0ZhgEYoBI&t=0s

最新ニュース 2021年2月23日 - 247 Japan [8:40]3?2021/02/23
/watch?v=3ZGBDoMTl6M


【噂の情報】解体するしかないのかワシントンDC、白い家、?2021/02/22
/watch?v=D0H1cJSeByI


【噂の情報】テキサスの大停電はBの言った[ダークウインター]?DS気象兵器攻撃?2021/02/21
/watch?v=tMZKeHixfpI


【噂の情報】テキサスはの異常気象、大寒波はなぜ起こったのか?DS気象兵器攻撃?2021/02/21
/watch?v=u9KDs734qEY



【電磁パルス/プラズマ特許】WO2017002428A1 - 電磁パルス防護方法及び電磁パルス防護システム - Google Patents
https://patents.google.com/patent/WO2017002428A1/ja
 

世界歴史大転換【791】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月22日(月)17時26分27秒
  『~続き~[No93転載]ナチス秘密基地が、南極の三か所と、アルゼンチンの数ヵ所(海中含む)に造られていたことは前回書いた。そして、ブリル協会が戦前から戦中にかけて、ナチスの秘密兵器開発を主導してきた。ナチスSSのブラックサン・グループが、主にハイテク先進的兵器と宇宙船の開発を担当した。ヒムラーは、建設事業だけでなくV2ロケット開発の責任者としてカムラーを任命していた。カムラーが冷酷な悪党で、一途に突撃するタイプであることを知っていたが、ヒトラーもその能力を高く買っており、遂にはカムラーと直接相談するようになっていた。このおかげで、終戦時に偽装自殺した際には、ヒトラーが[葉巻型デバイス]にエバ・ブラウンとともに乗り込むことが出来たのだ。戦後ソ連は何故かヒトラーの遺体は公開されなかった。ベルリンに埋められた遺体が影武者と判り、スターリンはヒトラーに逃げられたと確信した。遺体がDNA判定されたのが、その結果のソ連公表がそれから数十年後になった理由は、ヒトラー逃亡説を信じたからに他ならない。逃亡ルートには様々な説があり、スペインルートで南米アルゼンチンやチリに海路で逃れたという説や、(※ノルウェーから)Uボート潜水艦に乗って南米アルゼンチンや南極に逃れたという説がある。終戦時の混乱と無秩序の中から脱出することは至難の業であったろう。どの手段を採っても、空なら撃墜、海なら撃沈の恐れが多分にあったからである。筆者の新説(※仮説)だが、カムラーが葉巻型デバイスでヒトラーを逃走させた可能性は極めて高く、飛行の安全性や目撃されない点で満点の手段だったであろう。また、到着地には恐るべきハイスピード(南極でも数十分間以下)で瞬時に飛び、人里離れた僻地に容易に達することが可能だった。慎重なヒトラーは逃亡計画を極秘にしており、カムラー以外にはけして口外していなかったであろう。それ故、葉巻型デバイスが開発されてからは、おそらくはカムラーにのみ、いざという時には敵の目を晦ますことが完全にできる葉巻型UFOに乗って南極に逃亡するつもりだ、という予告をしていた筈である。Uボートは当時頻繁に撃沈されており、必ずしも安全とは言い難いからだ。ヒトラーは、ゲーリング、副総統フスやシュベーアらのごく側近すらにも、ヴリル協会の[ナチスSSP計画]について内緒秘匿しており、ましてや南米や南極基地については幹部にも完全に隠匿していた。1945.4.17を最後に全く消息が途絶えたカムラーは、4.30ヒトラーを総統府地下壕に迎えに行き、影武者の自殺死体(影武者)を出口前に埋めた後、飛来した葉巻型デバイスにエバ・ブラウンとヒトラーを夜陰に紛れて密やかに搭乗させた。そして、音もなく垂直に離陸したあと、あっという間にワープスピードでベルリンの空から消え去ったのだ。諸説ある逃亡ルートの中でも、誰も思いつかないまさかの脱出劇だった。数十分後に南極基地に到着したナチス製葉巻型デバイスは、三か所ある基地のひとつ、氷山に覆われた発見されにくい入口から、するりと内部溶岩ドームに潜りこんだ。地底に出来た秘密基地は、ヴリル協会つまりアルデバラン星人に教えられた画期的な瞬間トンネル掘削機により、迅速に穴を開けられる[真空電磁動力]で掘削可能な超絶インフラ・テクノロジーだったという。その原理とは、[電磁トーション・エンジン]を使ったもので、[トリウム原子炉]を使用した小型核爆発による掘削技術であった。短時間で硬い岩の穴も、2500kmもの氷に覆われていた南極であっても、あっという間にトンネルを猛スピードで掘り進むことができる、現代にもまだ存在していない超絶トンネル掘削テクノロジーだったのである。月基地(LOC)や火星基地も、[離脱ナチス]はこれらハイテクノロジーを活用して素早く地下基地を建設した。ただし、1990年代からは、掘削機は[小型ゼロポイント・モジュール]に進化しているといわている。[No95転載]リチャード・バード少将が、地底国アリアンニ(ArianniまたはAryansアリアンス、あるいはNordicsノルディックス(※異星人種と称する)に行ったという北極探検の話は、実は[ハイジャンプ作戦]という南極軍事作戦を隠した[偽装ストーリー]だったようで(軍事機密が理由)と前回書いた。では、離脱ナチスの南極基地は、離脱ナチスにコンタクトしていたとされるブリル協会アルデバラン星人=「6本指」のETと、どのような関係があるのだろうか、探求興味が尽きない。バード少将は、指令部から機密命令=裏指令を受けており、表向き科学的調査とされた南極基地探索とは別使命で、離脱ナチス基地の軍事制圧が本当のミッションだった。ナチスSSが大戦前の20世紀前半時点で、既に南極に3か所の地下基地を完成させており、開発済の秘密兵器と施設を全て隠密・無事に移送、ドイツ内の秘密工場(ハルツ山地のノルトハウゼン地下施設等)や占領したチェコ秘密工場ピルゼン等から、数隻のUボートで巨大コンビナートや居住施設の設計図も含めて、密かに運んでいた。秘密工場は、その多くが強制収容所の真下に建設されていた。収容所は主に地下秘密工場を隠すためのカバー(偽装)に過ぎなかった。Uボートはバルチック海の潜水艦軍事港を出発して、円盤などの設計図や基地開発メンバーを乗せて運んだ。UFO開発はアルデバラン星人マリア・オルシックをリーダーとして、メンバーに霊媒師(※隠蔽偽装)が数人いたとされることは、昨年書いた。このUボートには、最終的にそのメンバーも乗せて移動した可能性もあろう。地下施設のインフラ建築が、まず先行部隊のミッションで、彼らは奇跡的な短時間で基地建築を成し遂げた。前回書いたように謎の異星人が持つハイテクノロジー・掘削機の超絶短期の製造性能があったからだ。異星人の正体を、ここまでくると吟味して言及せざるを得ないだろう。つまり、マリア・オルシックが何者かという当然の疑問も湧いてくる。アルデバラン星人マリア・オルシックが[テレパシーで]ナチス設計者と交信し(秘密の儀式偽装などにより、何等かの方法で)彼らに超絶テクノロジーやハイテク科学を教えた事は、多分本当にあった事実と思われる。ただし、真偽はこの奇想天外な話が信じられるかにかかっている。ところで、SSを指揮したのが、カムラーの上司だったハインリッヒ・ヒムラーで、神秘思想に傾倒して、チベット山脈や地底国探索を敢行していた。其の前後に、マリア・オルシックに出会っていたという。ヒムラーは、中世の古城=べべルスブルク城の秘密部屋において、12人のブラックサン・メンバー(円卓騎士団)に瞑想儀式をさせていた。「アーサー王と円卓騎士」伝説を倣って、霊媒師グループとともに、面妖不思議な交霊儀式を定期的に開催していた。霊媒師達の正体は、チベット探索で連れてきた地底人[※トールホワイト]であり、チベットにある最大の地下国「アガルタ」(※=シャンバラ)の住人だったという。その住人とは、1000歳の寿命があり、生の人肉食が主食という緑皮膚の地底人(青鬼=※善良レプティリアン)であったことは、昨年書いた。リーダーのマリア・オルシックがこの地底人である可能性もあるが、多分その容姿と経歴がもし本当ならば、ノルディックスと称す6本指(北欧人タイプで紺碧金髪の白人地底人)か、(※アルデバラン星出身の)高知能ETだったのであろう。ただ複数いたメンバーとされる緑色肌ETは爬虫類(※魔物)レプティリアン人で、知性があるものの、地球の道徳心が欠如している(※魔界人である)。奴らは人肉食(※ナチスは頻繁に子供の供物を要求されていた。その悪魔儀式行為は現在まで続いてトランプが破壊している闇の地下基地構築になったらしい)だったのである。しかし、南極遠征隊のバード少将(※No89/90/95)が地底国アリアンニで出会っていたのは、北欧系白人似だったので、恐らく穏健な地底人でノルディックス(※orトールホワイト)だったのだろう。マリア・オルシックやメンバーの霊媒師らが緑色(※地底に潜む魔物レプタリアン)で、猫の如く3.5次元(※3次元と4次元の間隙亜空間)に棲み、臨機自在に変身(人間に姿をシェイプシフト)していると以前仮説を書いていたが、人間容姿から推定するとノルディックスの可能性もある。ただ、ノルディックス(地底人ET)は、元々人間姿形タイプであり、姿形がほぼ人類に似ているのだが、爬虫類か哺乳類かは不明で、多くの謎も残っている。[No99転載]ナチスSSの聖地ヴェーヴェルスブルク城は、ドイツ・ノルトライン-ヴェストファーレン州のパーダーボルン区、ビューレン市にある。谷の山頂に建つ山城だ。9世紀から10世紀にかけて、フン族に対抗する砦として基礎が築かれ、1123年にアルンスベルク・ウェルル伯爵領の君主フリードリヒによって増築された。中世の時代には、尋問部屋で魔女審査裁判が行われた記録も残っている。1933年にナチスが政権を握ると、親衛隊(SS)の指導者であったハインリヒ・ヒムラーが、SSの基地として収奪し、Wewelsburg(ヴェーヴェルスブルグ)城を借りた。SSは年間1マルクというタダ同然の家賃で城を借り受け、大々的な改装を行った。内装は親衛隊のシンボルで飾られ、前庭には2つのSS事務所が設置され、城外の村には親衛隊員のための別荘を建設した。1940年を過ぎると工事規模はますます拡大し、城だけでなく村全体が城塞として整備されたので、住民は立退きを強いられた。土木作業員が大量に必要なので、ヴェーヴェルスブルクに強制収容所が新たに作られ、4千人の捕虜が収容された。オカルト思想に傾倒していたヒムラーは、かつてゲルマン民族の土地をフン族から守ったこの古城をSS幹部の集会場とし、奇妙奇天烈な儀式を定期的に執り行った。城内には親衛隊幹部の家系の紋章が飾られ、年に一度の幹部集会では宣誓式が行われ、SS幹部はドクロを象った指輪を身に着け、何時間も[瞑想]を行った。食堂には円卓に13の席が備え付けられ、随所にルーン文字やゲルマン民族の装飾がされた。最も有名なモノは、北の塔「上級分隊長の間」と「地下霊廟」だった。地下室の霊廟はミケーネ文明のドーム状の屋根を持った墳墓を思わせ、中央には「永遠のかがり火」を焚くための炉が見られる凝った造りとなっている。それらの謎の使用目的は、ヴリル協会やトゥーレ協会の秘密儀式のためであった。ヒムラーの元々の計画では、ナチスドイツが世界大戦で勝利した後、ヴェーヴェルスブルク城は親衛隊の中央本部として、ゲルマン民族の聖地として機能するはずだった。儀式は、ドイツ騎士団の12人騎士や、北欧神話の12神、アーサー王の12人の円卓の騎士、12のSS中央部署など[伝承]に由来した。食卓の席が13なのは、12人の親衛隊幹部と王=ヒムラーを合わせて計13としたのである。数字は秘教カバラに基づいており、12というのは秘伝における象徴の数字である。様々な[ブラザーフッド]という秘密結社が、世界各地に残る王族や貴族を中心に、今でも密やかに血縁伝承されている。ナチスSSのヒムラーが、地底人の霊媒師を使ってカバラ秘教儀式に嵌り込み、閉ざされた地下室で魔術が妖しい雰囲気で実施されていた。霊媒達が恍惚の神懸かり状態になると、[神の預言]が降りてきたという。しかし、実際に降りたのは、神の預言ではなく、アルデバラン星人(※マリア)からの伝言がテレパシー(※名目上)として霊媒師(※orUFO設計技師)達に伝わっていたのである。奇想天外な話なので伝達内容は憶測するしかないが、マリア・オルシックが神懸かり状態を偽装した演技により、霊媒女性or設計技師らが聞き取ったのが、円盤の設計図や各種ハイテクノロジー機械のヒント等だったのだろう。敗戦間近の1945年3月、やむなくヒムラーは城塞を全てを秘匿するため破壊するように命令した。爆薬が足りず、外壁と北の塔だけは残ったが、魔界ヴェーヴェルスブルク城は焼き尽くされ、監視塔や司令部など周囲の建物が完全に破壊された。そんな中、SSの実権がヒムラーから現場指揮官のH.カムラーに徐々に奪われており、ヴリル協会やトゥーレ協会の秘密儀式の正体が、ずる賢く抜け目のないカムラーに察知されて、組織の権力を完全掌握されてしまっていた。つまり、カムラーが実質的にSS(の移設計画)を乗っ取り、ちと間抜けな上司のH.ヒムラーを裏切っていたのである。[この項完結]。ハルジャス』


トランプ VS バイデンのマスコミ対決【張陽チャンネル第114回】?2021/02/21
/watch?v=l8yyQuYsjPE


Vatican goes Dark again Something HappeningSaturday, February 20, 2021 22:57
- Rumble※バチカンが再び停電ロックダウン・隠密作戦??
https://beforeitsnews.com/awakening-start-here/2021/02/vatican-goes-dark-again-something-happening-15043.html


※2020.6.23トランプ大統領令・デクラスによると....
メドベット公開??3分で50歳若返る平均寿命200年時代??不老不死のカプセル??2021年2月21日????2021/02/21
/watch?v=rmUelsJb594


ワシントンDC150カ国の領事館大使館クローズ?0221
/watch?v=Y2YkOUtxGRQ


カナダでジェノサイド決議採決へ トラさん2月末に公の場で講演?2021/02/22
/watch?v=weGqJhIiNPU
 

世界歴史大転換【790】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月21日(日)14時49分0秒
  『前回の続き2018.2月[No82より転載]。1931年ナチスの円盤製造計画は、ヒトラーの了承を得てから、本格的に始動した。初期型の試験飛行が秘密裡に行なわれ、1936年頃まで続いた。計画はSSヒムラーが主導していたが、開発面では(※アルデバラン星人)マリア・オルシクに頼らざるを得ないので、ブリル協会とSSは緊密に連携していた。ただ、SSは戦争兵器に特化した円盤製作を企画していたので、ヴリル協会との関係は緊張感が伴い、同床異夢の関係となっていた。ナチス円盤軍用機計画の中心人物は、ヒムラーとともに副総統ヘスだった。高度な機密事項とされたので、多くの幹部も円盤製作を知らされていなかった。ただ、イタリアのムッソリーニが目撃等で気づいて、この秘密計画に途中から参画した。1936.7ナチスとイタリア・ムッソリーニが提携して、スペインのフランコ将軍に対して、軍事的支援を申し入れた。此の時から独伊の全体主義国同盟がスタートし、ヒムラーとムッソリーニが1938年円盤製作の秘密協定を結んだ。この文書等は残っており、翌年締結した鋼鉄協定とともに正式な条約として1938.5調印した。戦後、イタリアの科学者ベッルーゾが、ナチス円盤製作計画(イタリアの極秘計画RS/33)に関与していたことを公的に認めた。その証言は、複数のイタリアの主要新聞でも報道された。ベッルーゾは、蒸気タービンや機関砲のエキスパートだった。1950.4にはAP通信がそれを伝え、世界中のメディアが空飛ぶ円盤や目撃談について報じた。また、ドイツの科学者ルドルフ・シュリーバーも、1950.3デア・シュピーゲル紙で「フリーク・クライゼル」=空飛ぶ円盤やSSの計画について詳しく語った。この他にも、円盤の目撃証言が多数あり、「3分以内で高度1万2400mまで上昇し、時速2000kmのスピードで水平飛行した。」等と具体的なものもあった。1941年までには円盤が完成しており、実際に人を乗せて飛んでいたのだ。CIA文書にもインタビューが載っており、「3分以内に時速1300マイルに達した」と書かれていた。FBI文書では、円盤の試験施設がドイツ南西部シュバルツワルト(黒い森)にあったと記している。また、1944.11に円盤の写真を撮ったというドイツ空軍パイロットだった人物も証言した。ヒトラーが、ヒムラーの「奇跡の兵器」に最後は頼って、戦局打開を目指していたというのだが、元より[敗戦偽装]を隠密に進めてきたのであり、むしろナチスがハイテク秘密兵器の円盤や、開発済だった[世界初の原爆]で逆転勝利する事態を、何とか阻止しなければならなかったのだ。狂信的なナチスト・ヒムラーは、SSのナチス予算から独立させて、SS単独の工業会社設立を1944.春ヒトラーに打診した。負け戦の予定だったヒトラーは、(※カバールと米国資本家の隠密)敗戦計画(ドイツ敗北)目前だったので、これを了承したのだった。ヒムラーの部下ハンス・カムラーは、以前書いたように円盤製作の現場キーマンだったので、SSの建設事業やV2ロケット計画をヒムラーから指示されていた。カムラーはヴリル協会の秘密計画を熟知していたが、1945.4.17に何故か消息を絶った。CIAの前身OSSのダレス長官=当時のスイス支局長により、アメリカに渡るように秘密裏に指示されていたのだ。結局のところ、第一次大戦・初期からの偽ユダヤ金融資本家の隠密計画通り、ナチスのハイテク科学技術のすべては、ヒト・モノ・カネ全般が、ごっそりと余すところなく米国政府によって資産収奪されたのである。カムラーはそれら資産の橋渡し役であり、ノウハウやインフラ面も含めて米軍産複合体にテクノロジーを譲渡したのだ。主要なキーマン科学技術者は、ナチス円盤に乗り秘密裡に瞬間移動することが可能だったろう。[No83転載]ハンス・カムラーは、ナチスにおける空飛ぶ円盤開発の総責任者であり、製造の全てを知りうる立場にあった。SSの大将に成り上がった男は、チェコのピルゼン地下施設で兵器開発を続けていた。ポーランド出身のカムラーは、成長して軍人を目指し、1932年3月にナチスに入党。翌年の5月には親衛隊SSに入隊し、やがて強制収容所の建設を担当する強制収容所の局長となる。工科大学の出身でもあったことから、V―2ロケットなどの兵器開発に携わる。1945年に入ると、全ミサイル生産の監督を任され、航空機生産の全権を掌握。兵器開発の実績を買われたカムラーは、空飛ぶ円盤を開発する施設をチェコスロバキアのビルゼンに建設していた。その円盤開発の経緯が、最近になって漸く世間には暴露された。2000年、ポーランドのジャーナリスト、イゴール・ウィトコフスキーが、その著書『ドイツ驚異の超兵器の真実』で暴露し、これに触発されたイギリス人作家ニック・クックが『ゼロポイントの探求』で紹介した。フリートヘルム・メックリンガーは、ナチスで極秘の兵器開発に携わった科学者の一人だ。ナチス占領下チェコスロバキアのピルゼン(プラハから50マイル)に作られたシュコダ工場で、「空飛ぶ円盤」を開発していた。ヒトラーが偽装自殺(新説=仮説:エバ・ブラウンとともに恐らく葉巻型UFO(※2艘)で密かに脱出したものと推理する)して間もない1945年5月、ピルゼン・シュコダ工場である事件が起こる。口封じのため、現場の科学者が多数銃殺され、工場施設が破壊されたのだ。殺された科学者は推定64人。メックリンガーもまた、その命を狙われた一人だったが、たまたまヒトラーの側近に親戚がいて、いち早く情報を知った。急いでピルゼンを出て、スイス経由でイギリスに渡れという助言に従い難を逃れた。メックリンガーは表向き消息不明とされ、裏ではイギリスに亡命。自ら持っていたナチスUFOの極秘情報と引換えに、身の安全を保証できたのである。秘かにアメリカ軍の庇護の下、UFOの開発を再び続けることになった。その直前、米国政府と取引交渉を探っていたハインリッヒ・ヒムラーは、カムラーに対して、秘密兵器に関する資料を持参してナチス親衛隊本部に出頭するように命令したが、拒否された。秘密兵器開発に携わっていた泡沫科学者たちを銃殺した上、シュコダ工場を破壊。空飛ぶ円盤に関する極秘資料と共に恐らくUFOで逃亡を図った。それ以後、カムラーは行方不明とされた。公式には1945年5月に服毒自殺したとされる。だが、カムラーは極秘に開発していた空飛ぶ円盤の極秘情報と引換えに、米国に亡命した。これを裏付けるように、1981年になって、ナチスの元軍需大臣アルベルト・シュペーアは、消息を絶つ直前、カムラーはアメリカへの情報提供を画策していたと証言している。戦後のニュルンベルグ軍事裁判で、なぜかカムラーは訴追を免れている。生死も判明していない段階で司法取引により無罪となった。亡命後、裏切り者ハンス・カムラーは、アメリカ人ロバート・スミスとして生きた。エドワーズ空軍基地での任務は再び、空飛ぶ円盤の開発である。しかし、カムラーにはドイツ帝国ナチスの復興という野望があった。アルゼンチンの地下数ヵ所と、南極の三か所に既に秘密基地を造っており、大戦中、葉巻型UFOで物資を運び、奇跡的短時間で酷寒の地にも秘密UFO基地を建築していたのである。アメリカ亡命までに万般の準備が整っていたのだ。なんとハンス・カムラーが、ラスト・バタリオン首謀者、ナチス第四帝国の新たなヒューラー(総統)になったのである。[No84転載]ヴリル協会製の円盤が、世界初の有人月面着陸を既に実現していたことは、驚愕すべきテクノロジーを人類が大戦中に持っていた証になる。反重力テクノロジーを持ち、音速の5倍マッハ5で飛行しているナチスの円盤が、既に1930年代にはバンアレン帯を楽々と飛び越えて月に行き、そして遂にSS製宇宙ロケットが1942.8.23ドイツ人を乗せて月面に降り立ったのである。またもや世界初の快挙がアメリカではなく、ドイツ帝国ナチスによって成し遂げられていた。それだけでなく、月面に基地すら建造していたというのだ。ただ、地球に住む人類のみでそれが達成できたのではなく、「6本指」の異星人の手助けがあったとされる。1940年初頭には、なんと月面着陸に続いてマリア・オルシックの出身星アルデバラン星にも行ったというのだ。これが本当か否かはSSPの公開証言を信じるか否かによるだろう。また、月よりも身近にある南極基地を当時の技術力やインフラ建築テクノロジー面で挙行可能かどうか、多くの疑問が残るだろう。しかし、事実は小説より奇なり、ということもある。ドイツ北東部の村ペーネミュンデは、ドイツ軍の秘密兵器開発施設があった。ゲルマン民族が優生だと信じていたカムラーは、ナチスの超絶テクノロジーを第三国に移設する計画を大戦前から構想していた。所有する航空機全般、円盤やそのテクノロジーを応用した高性能Uボート潜水艦などのナチス・ハイテク主力兵器を、専門学校を作って育成していた優生ゲルマン族の女性子供達とともに、南米アルゼンチンや南極に密かに移転する秘密計画をヒトラーに具申していたのだ。第二次大戦が始まろうとした際には、この秘密移転計画が早々と始まっていた。この村で完成した円盤(=葉巻型で2機完成や130名以上載せることが出来た)や、バルチック海の臨海基地にあるUボート等で物資を効率よく運ぶことが出来た。行先はアルゼンチン南部の地下や海底秘密基地だった。1982フォークランド紛争でイギリスとアルゼンチンが戦った主な理由が、このナチス海底基地の覇権争いだったのだ。また南極の基地開発は、温水が湧き出た地下の場所が選ばれた。極地開発には、異星人の未知の掘削テクノロジーが使われた(※真空電磁波で瞬時にトンネルを掘るテクノロジー)と言われている。興味深い話もあり、後に米大統領になる若き日のJFKが、1945年当時ナチスのテクノロジー視察に同行して、UFOの存在を早くから気づいていたらしいことだ。このUFOテクノロジーの存在を暗殺直前に公開しようとしていた。これが暗殺の直接的な原因になったのだ。暗殺真犯人がCIAのブッシュ父だったことは、CIA本部捜査により今回判明していた。ナチス南極遠征が1938年から39年にかけて実施(※米軍バード司令官で南極作戦は過去投稿検索)され、ルーズベルトもこの動きに頭を悩ませた。つまり、大戦以前にはヴリル協会によるSSP秘密基地を、南極の地下に建設することが可能だったのである。カムラーの素早い移転工作によって、ソ連軍や連合軍がチェコのピルゼンなどの秘密施設に進軍してくる前に、既に南極やアルゼンチンの秘密基地に秘密兵器開発施設を移転させており、撤退が完了していたのだ。ヴリル協会のリーダー、マリア・オルシックの南極やアルゼンチンにおける役割は、ドラコニアン異星人とナチスとの連携であった。つまり、ヒムラーの勝戦思惑とは異なり、SSの支配権をヒムラーから奪取したカムラーが、ナチス第四帝国の再興を目論んでいたのだ。ヒムラーも優生支配の狂信的信者だったのだが、[離脱ナチス]のカムラーに梯子を外されて、撤退作戦に置いてけぼりになった。カムラーの第四帝国新生ナチスは、現在もカバール/ディープステートの一員として密かに策動している。[この投稿再掲続く]。ハルジャス』


※トランプが委譲した軍事政権は3月21日まで。GESERA法3月に日本でも??
【第105弾】今月3回目の凄い内容のワシントンメッセージです???2021/02/21
/watch?v=AcrTxBpUX94


※リンウッドメッセージ
New Message from Lin?2021/02/21
/watch?v=EYwtMnO23f0


噂の真相をチェック トラさんはまだ大統領権限を保持しているのか??2021/02/21
/watch?v=E2QhV4Rr8d4


【再掲】キャリーマディ医師が語るワクチンの真実とは?
/watch?v=1h2ijG4MCRg
ヨ ナ - ?緊急メッセージ(8分) ※重要な情報の為、拡散希望致します。... (facebook.com)
https://www.facebook.com/100009696340805/videos/1317188345281031


スコットマッケイ:ディープステートとハザールマフィアの終わり!カバールの崩壊-ビデオがえる2021年2月19日金曜日
https://beforeitsnews.com/opinion-conservative/2021/02/scott-mckay-end-of-the-deep-state-khazarian-mafia-the-fall-of-the-cabal-must-video-3567206.html
 

世界歴史大転換【789】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月20日(土)09時25分33秒
  『筆者の投稿[No32より転載]と[No79より転載]から加筆訂正してUFOの開発史を簡単に振り返って考察してみたい。※印は筆者の注釈。「[No79より転載]異星人開発UFOは、既に地球において人間が利用しているとの説がある。つまり、地球製UFOではバンアレン帯を越えられないので、月面有人着陸が不可能だが、異星人開発UFOならそれが可能な筈である。ナチス製UFOは、地球から約65光年アルデバラン星人のテクノロジーを、ナチスのヴリル協会が教えられ作成した。1920年にはヴリル協会が霊媒師マリア・オルセック(※アルデバラン星人)によってUFO開発知識を得ていたとされる。ベル型1~5、RFZ型(1934)、ハウニヴ型(1938)、ヴリル型(SS製E4)、葉巻型(アンドロメダ、130人乗り※2機開発)である。当時、このナチス製のアンドロメダは、ハウニヴ小型船として搭乗することもできたが、いまだ母船が未完成と言われていた。しかし、葉巻型宇宙船は月どころか、火星まで航行していたという。[※またヒットラー逃亡にも使用された筆者の新説(仮説)も過去投稿で以前紹介した。](中略)[No32より転載]ゼロポイントという電離エネルギーを駆動装置にした、宇宙空間に瀰漫するプラズマ・エネルギーを動力源(※TR3Bから青白い[プラズマ砲]閃光ビームの発射[YT↓写真参照]だと推察される。ゼロポイント電離エネルギーはトランプが大統領令で機密公開予定とされている)にして、太陽のコロナがたとえ100万度から200万度あったとしても、UFOは突破できる性能を有する。陸地や海に覆われた天体である灼熱太陽の秘密も、ここにきて漸く情報開示が進んでいる。恒星と惑星には地殻があり、その内部地球は空洞になっている。恒星の周回衛星の中には人工的な巨大UFOとして、軌道上に作られた人工の月や、火星の人工惑星フォボスなどもある。定説とされた太陽内部核融合説は、宇宙空間のプラズマ外因燃焼説に取って代わられた。(続く[検索欄で「ナチス製UFO」と入力して)』


※青白いTR3Bのプラズマ砲ビーム閃光写真
宮城福島地震の時??福島原発上空UFO??日本地下?基地軍事?作戦か??2021年2月19日????2021/02/20
/watch?v=7tzoIUj2T0I
 

世界歴史大転換【788】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月20日(土)00時48分51秒
  『東北で震度6強の地震があった頃とほぼ同時期に、富士山の裾野にある自衛隊演習場で奇妙な火事が発生した。その時、天空で浮遊しているUFO(TR-3B△型ブラックマンタと見られる)が、たまたま目撃され写真やVTRに映された録画映像があった。火事の発生があったときには、ほぼ同時に天空が明るい青色で染められて、きれいに輝いていたようだ。(下記写真や映像参照)。噂によると富士山裾野と皇居は地下トンネルで繋がっており、未確認だが地下深くのトンネル内で世界有数の巨大アドレナクロム工場が破壊された模様だ。このような地球製UFO(※異星人の作ったUFOではなく、戦前のナチス製がすでに製作済⇒過去投稿[ナチス製UFO]参照。)については、NASAやペンタゴンの情報開示が今まで少しずつ進んでいたのだが、前回紹介したTR-3Bなどの高性能の情報開示要求に関して、公式には過去軍事機密だった隠密秘匿のテクノロジーをDECLAS機密情報開示していく動きが見えているのは、やはりトランプ大統領の大方針(DECLASに関する2020.6大統領令)と、ペンタゴン内部の派閥分裂(DSカバールが善勢力に駆逐されたこと)と、おそらく推測するに派閥再編があったのだろう。その傍証としては、そもそも2016年から、積極的にカバール撲滅作戦を秘密裏に進めているペンタゴン善勢力が、トランプを善勢力側の大統領として[神輿を担いでいる]ことであろう。まず筆者がペンタゴンの変容(異変)に最近気づいた兆候として、Q投稿のプラットフォームが、なんとペンタゴンの8KUNサイトに代わったときであった。DSカバールの本拠本丸という先入観があったのだが、この変化を見て一気に印象が変わったからである。今もDC(10マイルの外国敷地)をペンタゴンが完全制圧しており、2021年秋頃まで州兵らの管理下に置いて、推測であるが建物群を解体・整理していく模様である。不思議なことに米国の首都の筈なのに建物群(ホワイトハウスや議事堂、最高裁など)には1776年開国時のアメリカ共和国の古い初期の星条旗が[ずっと半旗のまま]で掲揚されているという(24Hライブ映像YTあり)。なぜゆえにずっと半旗のままなのか?ワシントンDCがすでに[営業停止]になってしまっているからである。例えば、誰でもWHに電話すると「永久に閉館しました」とかいうアナウンスが聞こえてくる。すでに首都では無くなったらしいのである。バイデンの姿はそこには見かけることは[平時も緊急時も不在のため]通常できない。何故なら、偽物フェイク大統領のフェイク(仮?)執務室は、カルフォルニアのAmazon社所有地にあり、キャッスルロックの撮影スタジオでPOTUS執務の様子(ハリウッド映画のように精巧な被り物をした姿が日々撮影されているらしいからだ。https://rumble.com/vdcb2p-white-house-goes-dark.html/すでに多くの出入りしている記者にはバレており、その有志の撮影した動画が暴露されている。大統領令も裏切り者の前司法長官DSバーの事務所員によって、年末までに内密に準備され予め作成されたものらしい。矢継ぎ早にトランプ大統領の大統領令を即刻否定できたのも、裏切り者DSバーのせいであった。認知症のニセPOTUSは早晩何らかの方法で抹殺されるものと予想されているが、極左カマラが実質的に次の捏造された大統領としての臨時外交を早々と担っているというおそまつさである。このような張子の大統領と副大統領が何時まで演じきれるのか、大変見ものだろう。3.5次元や暗黒地下トンネルに潜んでいる魔物爬虫類[カバール]国家から、何時の日にか真正大統領トランプが晴れて独立宣言して、光輝いた光明に溢れ、ワープスピードで復帰願いたいものである。ハルジャス』


※世界最大級のアドレナクロム工場を破壊!
富士山で発生した火災の記録 - 20210204 Mt. Fuji fire.?2021/02/05
/watch?v=SE-NvYK6PeI


ライブカメラが捉えた福島県・宮城県で震度6強の地震発生時の様子?2021/02/14
/watch?v=HTWj3J4kE-I

ふたつの日本人論 ブレジンスキーとマハティール?2021/02/19
/watch?v=w1CFCy0hQro


※DCの掃除が海兵隊特殊部隊により、闇の10日間に実施されていた!
白い家WHの暗闇の10日間 ワシントンDCでマンホールの蓋が吹っ飛んだ理由?2021/02/16
/watch?v=JZ9htBkBNiI&t=0s


※DC地下から数千人もの子供の遺体が・・・
中国観察さんよりDCの地下作戦について(概要欄から飛んで)?2021/02/16
/watch?v=PcVydlHsikE&t=0s


※上記の情報ソースは下記・2021秋までDCは封鎖される。
【中国観察独占初公開】ホワイトハウスと議会の間の秘密の地下作戦についての真実!ホワイトハウスの閉鎖とトランプのホワイトハウスインサイダーからの離脱の背後にある本当の理由は、米軍の世界的な作戦についての話です。世界はショックを受けるでしょう!議会を守っている州兵は秋までその任務を遂行します。ロスチャイルド家は敗北しました。DSマーシュはトランプによって完全に排水されます!?15/02/2021
/watch?v=zydpEbTO_hw&t=0s


弾劾裁判でトランプ陣営を担当した弁護士がフェイクニュース激お怒?2021/02/15
/watch?v=u_rRBoEpCZU


※1/20から60日目(3月20-22日前後?)がPOYUSとして合法的復帰の限界日となる。
【石川新一郎第104弾】トランプが復帰するXデイーはいつか??正像版?2021/02/19
/watch?v=On15UUz7B1I
 

世界歴史大転換【787】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月18日(木)12時22分53秒
  The Pentagon has admitted testing UFO materialCredit: Getty Images - Getty
He wrote: "This could include physical debris recovered by personnel of the Department of Defense as residue, flotsam, shot-off material or crashed material from UAPS [unidentified aerial phenomenon] or unidentified flying objects."
In the response, shared with The Sun, the DIA released 154 pages of test results that includes reports on a mysterious "memory" metal called Nitinol, which remembers its original shape when folded.
Bragalia said it was a "stunning admission" from the US government and the documents reveal that some of the retrieved debris possesses "extraordinary capabilities" including the potential to make things invisible or even slow down the speed of light.
He told The Sun: "The Pentagon has admitted to holding and testing anomalous debris from UFOs.
Bragalia's original FOIA request.
Bragalia's original FOIA requestCredit: Department of Defense/ Anthony Bragalia.
Here is the official response from the Defense Intelligence Agency.
Here is the official response from the Defense Intelligence. AgencyCredit: Department of Defense/ Anthony Bragalia.
"They have been able to learn some things about the materials of construction which hold tremendous promise as futuristic materials which will change our lives forever."
He said he first made the request in 2017 - which took three years for the DIA to fulfill - after it was revealed the Pentagon had been studying UFOs under the Advanced Aerospace Threat Identification Program (AATIP).
"The article mentioned that anomalous debris from UFOs (now called UAPs) was being analyzed by a private defense contractor," Bragalia said.
"Material evidence such as UFO debris has been a focus of my research.
"My Freedom of Information Act (FOIA) request was very specific, seeking the test results of UFO/UAP debris, not material already known to science."
Major Jesse Marcel with debris from the Roswell UFO crash of 1947.
Major Jesse Marcel with debris from the Roswell UFO crash of 1947Credit: Handout - Getty.
Bragalia believes some of the debris being tested may be from this incident.
Bragalia believes some of the debris being tested may be from this incident.
Bragalia believes some of the material that is being tested could have come from the notorious Roswell incident of 1947, in which a UFO crashed in New Mexico.
"The inclusion of advanced technical reports on Nitinol is curious," Bragalia said.
"Nitinol is a shape-memory alloy that 'remembers' its original shape when folded or crunched, and snaps back seamlessly and instantly.
"This memory metal characteristic was reported by many witnesses at Roswell."
The site of the Roswell crash.
The site of the Roswell crashCredit: Reuters.
[The Pentagon has not disclosed the origins of the UFO material.]
The Pentagon has not disclosed the origins of the UFO materialCredit: Getty Images - Getty.However the agency has held back certain details about the materials - including any information about they could be of alien origin - stating in the letter: "I have determined that some portions of five documents must be withheld in part from disclosure..."
"They are omitting information on the chemical and elemental composition of the material as well as its origin," Bragalia said.
"They have omitted the names of the involved scientists as well, but I have since learned some of their names and will be contacting them."
The DIA letter, first shared on Bragalia's blog, reveals that the testing was carried out by Bigelow Aerospace, one of the Department of Defense's private contractors based in Las Vegas, Nevada.
The DIA released 154 pages of testing results.
The DIA released 154 pages of testing resultsCredit: Department of Defense/ Anthony Bragalia.Bragalia said the results of the tests could be life changing.Bragalia said the results of the tests could be life changingCredit: Department of Defense/ Anthony Bragalia.
The company laid off all of its staff at the Vegas plant last March due to the toll of the pandemic - and it's not known where the UFO material may now be kept.
Mysteriously Bragalia said everyone he approached who used to work at the plant refused to comment to him.
"All former personnel have refused me any real comment," he said.
"I suspect the material has been returned to the Pentagon."
[MOST READ IN NEWS]
BLOODY RAMPAGEFemale MAGA fan 'shoots & kills woman who tried to swipe GOP sign from yard'
[EXCLUSIVE]
BABY BOOMMeghan Markle to become great-aunt after nephew reveals wife is expecting.
'SINK OR SWIM'Meet former Colorado City, Texas mayor Tim Boyd's wife Casey.
LITTLE HEROBoy, 10, dies saving life of his sister, 6, after she fell into frozen pond.
CRUELAnti-vaxxers target pregnant women who get Covid jab & wrongly say they may miscarry.
THEY'RE GROUNDEDPics of hundreds of planes on tarmac reveal how Covid has gutted airlines.
The UFO researcher is planning to launch an appeal to obtain some of the redacted information in the coming months.end.

【[国防総省はUFO材料のテストを認めた。]クレジット:ゲッティイメージズ-ゲッティ彼は次のように書いています。「これには、国防総省の職員がUAPS [未確認飛行物体]または未確認飛行物体から残留物、漂着物、飛散物、衝突物として回収した物理的破片が含まれる可能性があります。」The Sunと共有された応答で、DIA[=アメリカ国防情報局(:?Defense Intelligence Agency, 略称:DIA]は、折りたたまれたときに元の形状を記憶するニチノールと呼ばれる神秘的な「記憶」金属に関するレポートを含む154ページのテスト結果をリリースしました。ブラガリア氏は、これは米国政府からの「見事な承認」であり、文書によると、回収された破片の一部は、物を見えなくしたり、光速を遅くしたりする可能性など、「並外れた能力」を備えていることが明らかになっています。彼はSUN誌に次のように語った。「国防総省はUFOからの異常な破片を保持してテストすることを認めました。ブラガリアの元のFOIA=情報公開(FOIA:?Freedom of Information Act)要求。ブラガリアの元のFOIAリクエスト・クレジット(証言):国防総省/アンソニー・ブラガリア。これがDIA(国防情報局)からの公式の回答です。 AgencyCredit:国防総省/アンソニー・ブラガリア。「彼らは、私たちの生活を永遠に変える未来の素材として大きな期待を抱く建築材料について、いくつかのことを学ぶことができました。」彼は、国防総省が高度航空宇宙脅威識別プログラム(AATIP)の下でUFOを研究していたことが明らかにされた後、2017年に最初に要求を行ったと述べました。「記事は、UFO(現在はUAP=UAP?【略】 =unidentified aerial phenomenon未確認航空現象?と呼ばれている)からの異常な破片が民間防衛請負業者によって分析されていると述べた」とブラガリアは言った。「UFOの破片などの重要な証拠が私の研究の焦点でした。「私の情報公開法(FOIA)による要求は非常に具体的で、科学ですでに知られている資料ではなく、UFO / UAPの破片のテスト結果を求めていました。」1947年のロズウェルUFO墜落事故の残骸を持ったジェシーマルセル少佐。1947年のロズウェルUFO墜落事故からの破片を持ったジェシー・マルセル少佐クレジット証言:配布資料-ゲッティ。ブラガリアは、テストされている破片のいくつかがこの事件からのものである可能性があると信じています。ブラガリアは、テストされている破片のいくつかがこの事件からのものである可能性があると信じています。ブラガリアは、テストされている資料のいくつかは、ニューメキシコでUFOが墜落した1947年の悪名高いロズウェル事件から来た可能性があると信じています。「ニチノールに関する高度なテクニカルレポートを含めることは興味深い」とブラガリア氏は語った。「ニチノールは形状記憶合金であり、折りたたんだりクランチしたりすると元の形状を「記憶」し、シームレスかつ瞬時に元に戻ります。「この記憶金属の特徴は、ロズウェルの多くの目撃者によって報告されました。」ロズウェル事件の現場。RoswellのcrashCredit(墜落証言)のサイト:ロイター曰く。国防総省はUFO資料の起源を明らかにしていません。国防総省はUFO資料の起源を明らかにしていません。クレジット証言:ゲッティ・イメージズ-ゲッティ曰く。しかし、当局は資料に関する特定の詳細を差し控えており、それらが外国起源である可能性があるという情報を含めて、手紙の中で次のように述べています。「5つの文書の一部は開示から部分的に差し控えなければならないと私は判断しました...」「彼らは、材料の化学的および元素組成、ならびにその起源に関する情報を省略している」とブラガリア氏は述べた。「彼らは関係する科学者の名前も省略しましたが、私はそれ以来彼らの名前のいくつかを学び、彼らに連絡するつもりです。」ブラガリアのブログで最初に共有されたDIAの手紙は、テストがネバダ州ラスベガスに拠点を置く国防総省の民間請負業者の1つであるビゲローエアロスペースによって実施されたことを明らかにしています。DIAは154ページのテスト結果をリリースしました。DIAは154ページのテスト結果をリリースしました。クレジット:国防総省/アンソニーブラガリア。ブラガリア氏は、テストの結果は人生を変える可能性があると述べた。ブラガリア氏は、テストの結果は人生を変える可能性があると述べた。クレジット:国防総省/アンソニーブラガリア。同社は、パンデミックの被害により、昨年3月にラスベガス工場のスタッフ全員を解雇しました。UFOの資料が現在どこに保管されているかは不明です。不思議なことに、ブラガリアは、工場で働いていた彼が近づいたすべての人が彼にコメントすることを拒否したと言いました。 「元職員全員が私に本当のコメントを拒否した」と彼は言った。「資料は国防総省に返還されたのではないかと思います。」[ニュースで最も読まれる]BLOODYRAMPAGEの女性=MAGAファン曰く「庭から共和党の看板をスワイプしようとした女性を撃ち殺す」[独占記事]BABY BOOM....メーガン・マークルは、甥が妻が期待していることを明らかにした後、大叔母になります。'SINK OR SWIM.'テキサス州コロラドシティの元市長、ティム・ボイドの妻ケーシーに会いましょう。リトル・ヒーローボイ(10歳)は、凍った池に落ちた後、妹(6歳)の命を救って亡くなりました。CRUEL.Anti-vaxxersは、Covidジャブを取得し、誤って流産する可能性があると言っている妊婦を対象としています。駐機場にある何百もの飛行機の写真は、Covidがどのように航空会社を根絶したかを明らかにしています。UFOの研究者は、情報の再取得の一部を取得するためのアピールを開始することを計画しています。記事終わり。翻訳文責ハルジャス】

『トランプが2020.6月に大統領令で確約した機密情報開示の主要内容(下記↓キャプテンアメリカによる公開証言)は、主に3つの地球外テクノロジーである。一つ目は、TR3Bという宇宙軍に所属している光速で空を飛ぶ反重力航空機=△型「ブラックマンタ」である。つまり地球外テクノロジーとは異星人レプティリアンから学んだ反重力装置であった。エリア51に墜落したUFO(=UAP?【略】 =unidentified aerial phenomenon未確認航空現象?)で1947年のロズウェルUFO墜落事故から生きたまま捕獲されたグレイ(本物かクローン?)と魔物レプティリアンだったと噂されている。二つ目は、テスラタワー・完全フリーエネルギーのことである。天才科学者ニコラ・テスラが完成させていたとされながらも、カバールDS悪党エジソン(天才ではなく只の汗かき商売人だった)の妨害と陰謀によって、世に現れなかった異星人由来の発明技術[化石燃料ではないフリーエネルギー]であり、「ゼロポイント・エネルギー装置」とは真空で働く永久磁石や、永久駆動機関モーターのことを指していると見られる。UFOの駆動装置はこの超電導フリーエネルギーの超電導次元超越機関と反重力機関装置によって、絶妙に成り立っており、どちらも光速の速さで[3次元]を海や山を透過したり、3次元の物理的な物体を飛び越えて飛来できるといわれる超ハイテク・人間知を超えているテクノロジーである。三つ目は、最先端の医療技術の公開であり、前回紹介した[奇跡的にすべての病気を素早く治すとともにDNAを修正治癒し、修復することができる多くの医療機器(MED-BET:メドベット)テクノロジーを人類が持つことになる。メドベットは、光スペクトル光線療法や治療周波数を使用して、例えば胆嚢、腎臓またはリンパ節など、欠けている臓器を再成させる能力を有する夢の再生医療技術[老病を極力回避できる長寿人生の基礎技術]の公開となるという。このほかに金塊ゴールドを基盤として金融リセット(GCR金融革命)が企画されている。バチカン地下に隠されていた世界のGDP400万年分の大量金塊、他にもカバールらの死蔵している金塊収奪によって、これが可能になってきたようだ。実現の前提として、DS/CABALのすでに破産した3つのCABALロスチャイルド家関与の拠点国[英国、バチカン市国、スイスはQチームが制圧]すべての世界経済収奪システムを自己責任主義[フェイルイン手法]で軟着陸させつつ、同時並行で金融リセットしていく画期的な革命手法は、とても難易度が高くそんなに簡単容易なことではないというだけでなく、一般大衆に常識的洗脳された知識と発想をガラリと変えて、誰しもが納得して腑に落ちるまで受け入れてもらえる必要がある。そのような心理的地盤作りに10年以上を要することだろう。大きな夢のある新しい革新的社会の実現を信じて、地球上から次元間に棲む生物として蠢く人非人悪魔[魔物レプなどの魔界異星人]の完全追放と、善と幸福に満ち満ちた理想的な人道的地球ライフを夢見て、実現の確信を持ってありありと鮮明に想像していきたいものである。ハルジャス』



【必見】キャプテン・アメリカが語るQの計画/ディスクロージャー(VTR1時間強) FULL MOVIEhttps://www.bitchute.com/video/rzquRw4cggGz/


【ピコ次郎】世界の裏情報パート10??トラさん大活躍??日本地震停電????が原因だった??2021年2月17日????2021/02/17
/watch?v=qJymB3K-gM0


復帰開始【張陽チャンネル第112回】?2021/02/17
/watch?v=uOErWCuSyf4
 

世界歴史大転換【786】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月17日(水)17時51分47秒
  [医療技術の公開NEWS:3分照射で50歳から100歳の若返り!?平均寿命200歳時代を実現する地球外技術[メドベット(The・Med・Bet)]世界初公開!]
【トランプ大統領は2020年6月14日、国民に「1年かそこらで、ほぼすべての病院の(治療)プロセス手続きは時代遅れになるだろう」と述べた。トランプ大統領はその公開大統領令に署名済。すべての都市は、すべての病気を治すとともにDNAを治癒し、修復することができる多くの医療ベッド(メドベット)とテスラタワー(フリーエネルギー)を持つことになる。メドベッドは、光スペクトルや周波数を使用して、胆嚢、腎臓またはリンパ節など、欠けている臓器を再成長させる能力を有するベッドとのことである。さて、いくらで利用可能なのか?国の社会保障制度が大きく変化していく可能性もある。【メドベットの効果】□年齢回帰(約30年?若返り)□癌□自閉症□アルツハイマー改善□関節痛etc】

『DECLAS(機密情報開示)は生命医療技術においても世界に画期的な進歩を齎すことが可能になるようだ。軍事技術の公開は国家機密なので、まだ当分先になる可能性が高いものの、万人にとってまさに朗報になる宇宙由来のハイテク医療技術の公開は、生老病死に苦しむ人類にとって世界の人類が誰しも待ち望むものである。フリーエネルギーで光速航行しているブラックマンタと通称で呼ばれているTR-3B(3E)△型UFOの姿の動画公開が最近あった。すでに2014年にはそのUFO映像が確認されていたので、恐らく約10年前くらいには米軍(海軍)が実戦配備していたようだ。開発者はトランプ軍門になった過去DSのペンタゴンとロッキード・マーチンで、レプティリアン指導の海軍の秘密共同開発でありリバースエンジニアリング(軍事機密)だったようだ。トランプによって宇宙軍に再編されたので、TR-3Bは海軍から宇宙軍に所属が変わっている。更に革命的な様々な医療分野でも新技術の公開は、世界中の人々が真に期待している万病平癒と、ラスプーチンの如き200歳の長命や最終的には不老不死さえ可能性が出てきたような夢の革命的なDECLASであろう。新しい曙光に溢れた世界構造の夜明けがまもなく始まろうとしている。ハルジャス』


※プーチンはやっぱりラスプーチンの生まれ変わり120歳?【ピコ次郎】不老不死の世界??メドべッド??3分で50歳若返り??平均寿命200歳になる未来????2021/02/05?
/watch?v=IMRcf2gklnw



アメリカ地下????作戦??2021年2月11日???2021/02/11
/watch?v=HzMUE3LLvhs



【噂の情報】ほらあ三昧の三峡エリアの地下?DS83で稼ぐ?グアンは満員満室??2021/02/16
/watch?v=8z3TEMmSg-8


2021.02.16 国騒然!NYタイムズの大誤報とトランプ弾劾裁判の真相??悪用された1月6日警官死亡事件。【及川幸久-BREAKING-】?2021/02/16
/watch?v=51Tf2ZK2YtM


梅田政権が今大変な事態に! 心中穏やかではない民主党 ヒ〇リーも!? パウエル アメリカ 大統領選 トランプ Trump 米大統領選 ヒラリー バイデン ペロシ ペンタゴン カマラ?2021/02/16
/watch?v=tAFFus1h3eE


ミシガン州の住民極寒の中、立ち上がる! 2021.2.17??2021/02/17
/watch?v=hysQHd4Rpjo


NEW Footage [TR-3B-UPGRADE] From PANG BASE National Guard Oregon! ?2019/09/05
/watch?v=OVU3pg7iVNQ&feature=emb_logo



【ピコ次郎】アメリカ宇宙軍UFO映像入手??TR-3E?映像が公開??近いうちに緊急放送???2021年2月7日???2021/02/07
/watch?v=I-bk9_KLdCQ


トラさん声明を発表 マコーネルにぶち切れ?2021/02/17
/watch?v=RNoQeUBaZTA
 

世界歴史大転換【785】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月16日(火)12時05分37秒
  『2月13日午後11時8分に東北地方で福島県沖を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震があり、広域で最大震度6強を観測した。震源の深さは約推定50-60キロ。気象庁によると、2011年3月11日の東日本大震災の[余震]と考えられるとされた。東北大震災から10年目に当たる今年は、東北大震災の地震波形を確認すると3.11が人工地震(※DS/CABAL=真犯人と実行犯がイスラ首相指示と推察)であったことは明らかだったと噂されている。東北沖の太平洋で3-4発の核爆弾を海底深くにカバール探索船[ちきゅう号]を利用して埋め込み、トモダチ作戦という米軍空母艦を巻き込んで、事情を知らされていなかった乗組員約4000名のうち多数が核汚染で被災して未だに苦しんでいる。今月2月13日のあとも、東北地方は広域で震度4クラスの余震が続いており、不気味な余震はなおカバールの仕業かと筆者は疑ったが、当時地震のあった時刻11時8分くらいの天空映像が映されていたVTRがある。それを見ると空から青色のビームが天空を何度か明るく照らしていたので、その際に撮影されたという写真をよく見ると米宇宙軍が異星人から教えられた地球外生命体の超ハイテクにより、SSPリバースエンジニアリングで開発した地球製TR3B(米海軍開発で誰でも空母に載った写真が見られる)の△型UFOから発射されたビームによって、震度6強もの大地震が引き起こされたものと推理されよう。地震P波形はまだ未確認であり、現時点では人工地震とは言い切れないのだが、もし3.11と同じ波形なら人工地震説の確証になり、意図した日本列島に対する隠密攻撃となろう。最近は世界中の国々でブラックアウト停電と上空から攻撃型の地震が増えており、そのほとんどが米国Qチームと見られるターゲットが地下基地攻撃である。なぜゆえに宇宙軍によって、日本列島の地下基地攻撃になったのか、多少疑問が残るものの、首都圏の大深度地下は元々日本軍が要塞化していたので、地下基地がそのまま今も日本支配を継続しているDSカバールによって悪用されていたことは想像に難くない。実は恥知らずなことだが、日本においても容疑数が少ないものの、赤十字病院の偽装関与などによる人身売買事件の疑い(※未確認情報の噂レベル)がかけられていたため、先般の未確認であった首都圏と高野山の地下基地第一回攻撃(震度4)に続いて、次に東北地方の地下基地を攻撃したのかもしれない。日本上空は[オリハルコン・バリアー]で完全に防御されていると言われており、以前は上空からのビーム攻撃はできなかったのだが、一回目攻撃のあとに、この列島バリアー網を恐らくQチームが解除したらしく、この度は[光速で飛来]した秘密作戦機TR3Bによる電磁波ビーム兵器(※コンピューター通信網を遮断するパルス攻撃ではない)と推察できる。この人身売買事件には日本人も関与していたことだろう。いずれQ捜査が進むと容疑者が浮上してくるだろう。2019年に[偽装された国葬]になったCIA工作員元政治家らも怪しい。結局、世界中に展開しているQチームの人身売買犯罪撲滅作戦の続きであり、けして日本国を敵とみなした人工地震攻撃ではなかったと推察できる。ハルジャス』


弾劾は失敗【張陽チャンネル第111回】?2021/02/15
/watch?v=StfCidZT8nQ


外国干渉か??21ヵ国の中に日本?? 2021.2.15??2021/02/15
/watch?v=VpWlQmHQsS0


地震は人工的に起こされている!? ロシアの原子力専門家が明かす福島第一原発事故は計画されていたという真実 【東日本大震災の震源地から観測された核爆発の痕跡】?2021/02/15
/watch?v=nwyMNfIADYQ


【ピコ次郎】トラさんとアメリカ軍??日本作戦にUFO導入か??2021年2月14日???2021/02/14
/watch?v=6lXCyOcVRWc&feature=emb_logo


最新ニュース 2021年2月14日 - 247 Japan?2021/02/14
/watch?v=bK5T3Q4Px68


【ピコ次郎】バチカン地下軍事作戦??大量の金発見??チャーリーウォード博士調査結果??2021年2月8日??2021/02/08
/watch?v=TJvkM7s_epQ


【遠見快評】左派メディア「タイム」 自ら大統領選の陰謀暴露。どうのように組織、計画、実行してきたか?2021/02/16
/watch?v=PPJigNoiP-Y
 

世界歴史大転換【784】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月15日(月)10時18分46秒
  『日本のフェイクニュース・メディアで、今回初めてといっていいくらい正直なコメントがネットニュースに出た。筆者のロバート・D・エルドリッヂ氏はアメリカ国民であるが、日本に来日した経験が豊富であり、率直な表現と的を射た解説は、まさに好感が持てるものだ。ただ、この人物がどういう背景があって、メディアで危うい反DSの立場を取っているのかは今後見極める必要があるだろう。日本通としてDS了解済のトロイの木馬=エージェントの可能性も僅かにあるかもしれないからだ。アメリカ国民でトランプ支持者の75%はBが大統領に当選したことを全く信じておらず、スーパーボウルに登場したBとHが観客から大ブーイングを受けた事象が、彼らの評判の悪さを象徴している。更に「バイデン支持者の33%もバイデンが勝ったと思っていないという結果」と指摘している。このようなまともな忌憚のない正論のコメントがドンドン日本のメディアでも書かれてニュースになると、やがて日本の大衆覚醒に繋がるものと期待したい。ハルジャス』

[ヤフーニュースより転載]
【[ロバート・D・エルドリッヂ(日本通の政治学者)2/14(日)?6:02ヤフーニュースネット配信]アメリカ人だからこそ言いたい、この大統領選挙には納得できない最近の世論調査によれば、ドナルド・トランプの支持者の75%はジョー・バイデンが昨年11月の米大統領選挙で正式に選出されたと信じていない、という結果を聞いて、読者の皆さんは驚いていないはずだ。落選した候補の支持者が対象だから。ドイツに帰ってやっと分かった「日本のコロナ感染者数が少ない理由」。しかし、バイデン支持者の33%もバイデンが勝ったと思っていないという結果には、びっくりするだろう。つまり、支持した候補が勝利したにもかかわらず、本当に勝ったと思っていないという驚くべき結果だ。そこまで、今回の大統領選挙は、不真面目な結果で終わった。アメリカの政党に所属せず、有権者として客観的に候補を評価した上で投票行動を行う筆者は、今回の大統領選挙に対して一市民として大変恥ずかしく、残念に思っている。誇れるアメリカの民主主義、フェアプレイの考え方はどこに消えたか。選挙で不正がなかったと言う人々はいるが、非常に納得できない主張だ。はっきり言って怪しい。不正の否定を繰り返すことによって、「あったこと」(不正)は「なかったこと」になっているが、果たしてそうだろうか。まず、その否定を信じるためには、投票期間中やその後の私たちの目そのものを疑わなければならない。世界の人々は、多くの映像を観て、証言を読んでいたが、それでも不正は一切なかったということを信じろと言っていると同じだ。不正がなかったという決まり文句を素直に信じなかったら、「陰謀論者」や負け惜しみをいう「トランプ支持者」だと批判されるが、決してそうではない。筆者はトランプの支持者ではない。2016年、そして2020年のそれぞれの大統領選に、共和党のトランプ候補や民主党の候補らに票を入れず、第3の政党に入れた。無所属だから、2大政党に忠誠がなく、自由に分析、投票、発言できる立場を大切にしている。だからこそ、公平、公正な選挙を一有権者として行ってほしい。今回は、憲法に定めている選挙権が著しく損なわれる不正があった。メディアこそ疑わしい。不正を疑わないといけない2つ目の理由は、4年前の大統領選挙で民主党のヒラリー・クリントン候補が負けた原因として、民主党が「ロシアの介入」を指摘し、その後も「ロシア疑惑」が普及し、メディア、政界はそればかり言い続けていた。そうであるとすれば、それこそが「陰謀」だ。投票制度が安全かどうかを確認するために、一有権者である私は調べていいと思っていた。しかし、ヒラリー候補が負けた理由はロシアの介入ではなく、彼女がアメリカで最も嫌われた人の1人だから、だ。簡単な理由だが、反省せず、責任転換をしたに過ぎない。その民主党は、昨年になってからも、「投票制度は危ない」、「ロシアが介入するかもしれない」という煽りを、投票日の前日の11月2日まで一貫して主張していた。ところが、投票日の翌日の4日、バイデンが勝ったという報道になると、その主張は突然なくなった。昨日まで不正があり、安全ではない制度が、なぜ、自分の候補が勝つと、いきなりセーフなのか理解できない。その時の民主党の不真面目さ、一貫性の無さに正直、驚いた。だが、もっと驚いているのは、同じ主張を繰り返していたメディアも突然言わなくなったこと。メディアこそ、まず疑問を持ち、調べるべきだった。 メディアの仕事はプロパガンダではなく、公平に、客観的に状況をみて、可能な限り正確に取材し、調査して報道することだが、アメリカのマス・メディア、特に、民主党に近いメディアはその機能を放棄し、自分たちを望んでいる候補、自分たちに有利な情報や結果などしか紹介しない。だから、アメリカでは、メディアへの信頼度が極力に低く、「メディアは国民の敵」とまで言われている。[メディアと民主党の癒着]メディアが民主党に近いのには、様々な理由がある。一般的に、「リベラル」であるためイデオロギー的にほぼ一緒だというのだが、それは表面だけだ。もっと怪しむべきは、民主党の幹部とメディアの中心的なメンバーは親戚(兄弟、親子、従妹)や夫婦関係にあることだ。これは不思議ではない。ワシントンは小さい町であり、同じパーティーや集まりに参加し、同じ店で食事している。しかし、その関係はほとんど明かさず、報道をしているのは、ルール違反と思う。取材先、調査先との関係を明らかにすべきである。 同様に民主党とメディアは融着関係があるといえるのは、民主党政権が終わると、政権関係者は番組のコメンテーターか司会としてメディア界に入り、民主党政権が誕生すると、メディア界から政権に「復帰」するという「回転ドア」があることだ。共和党と、例えば保守系と言われているFoxNewsにもその関係もあるが、民主党系のメディアの例が圧倒的に多い。 「Circle back(あとで調べてまた連絡します)」という質問へ回答にならない返事で批判を受けている今のホワイト・ハウス報道官のジェン・サキも、バラック・オバマ政権で大統領府報道部長を終えた2017年1月の翌2月からCNNの評論家として2020年秋までつとめ、その後、バイデン政権移行チームのメンバーとなって、今年1月からホワイト・ハウス報道官となった。その背景があるため、自分はCNNで公平かつ客観的にトランプ政権を分析していたか、それとも、政治立場の延長でいかにオバマ政権の業績が偉大だったか、自分の仕事はいかに良かったか、の弁解を繰り返したが、その評価は読者の判断に委ねる。CNNとサキ氏の関係で言えば、もう1つの怪しいことがある。彼女がメンバーであったバイデン政権移行チームは、選挙結果がまだはっきりしていない11月末に、次期政権の広報関係者の人事を発表し、CNNは「全ては女性」というアイデンティティ・ポリティックスを意識した見出しで絶賛したが、サキ氏がCNNのコメンテーターであったことは、放送やネットの記事には一切触れていない。つまり、その関係を隠していた。[独占はクリントンのおかげ]それはまだ可愛い話だが、CNNに関してもっと怖い話がある。去る秋、同社編集委員会の音声が流出され、そのなかでジェフ・ザッカ―社長が幹部に対してトランプにとって不利な報道をするよう指示したことが明らかになっている。でもその記事はCNNのウェブサイトには出ておらず、サーチエンジンにはCNN以外のリンクしか見つかれない。情報操作そのものだ。CNNだけではない。だが、中でもCNNがかなり酷い。読者に記憶に新しいはずだが、2016年の大統領候補討論会の際、CNNのコメンテーターであるドンナ・ブラジルはヒラリー・クリントン候補に事前に何回か質問を渡したことが大スキャンダルになり、解任させるきっかけになった。だが、コメンテーターをしながら、幹事長にあたる民主党全国委員会の臨時委員長も務めていた。事前に質問をもらうのは、民主党の候補者のみならず、バイデン政権もそうしているとの報道がある。ホワイト・ハウスは、自らに近いメディアの関係者に「タフな質問」について事前に問い合わせている。アメリカのメディアは政府に対してチェック機能は果たしていない。むしろプロパガンダを手伝っている。メディアはなぜそこまで民主党と融着関係があるのか。ウィリアム・クリントン政権の時、メディアの独占禁止法を緩和して、およそ50社が6社再編され、全国各地のニュースが似たようなものになった。同系列の各新聞・ラジオ・放送局の原稿は同じとなり、情報操作によってコンセントを形成しやすくなった。ニュースより利益を重視するこの6社はクリントン政権、即ち民主党に恩がある。今後、怖いのは、このメディアとSNSやIT企業が、「情報同盟」を結んで、スキャンダルや選挙不正などの不都合な真実が取り上げず、批判をできないように、バイデン政権を保護することだ。 既に始まっている。ジョージ・オーウェルが書いた著名な「1984」は現実になっている。しかも、アメリカで。アメリカよ! 検閲が広がっている。特に警戒が必要なのは、グーグルやフェイスブックが、アメリカの政治・社会・経済情報の7割から8割を握っていることだ。つまり国民が得ているほとんどの情報はその2社からきている。昨年から明確になっているが、その2社は、何をみるか、何を見ないかを勝手に、しかも不透明な形で判断し、気に入らない内容を削除している。基準は曖昧なだけではなく、一貫性がない。断言できるのは、これは明らかに政治的な理由で使われている。先月、Twitter社の共同創業者のジャック・ドーシー氏が社員に対して「トランプ大統領のアカウントの削除は第一歩に過ぎない」と述べたテレビ会議の画像が流出されたが、一企業が米国大統領より力があるという事実を世界に知らせた。他社もそれに合わせて次々トランプやその支持者を続々と削除した。 ところで、ニューヨーク市の市長になりたいとしているドーシーは、民主党予備選に介入してバイデンへの協力を他候補者たちに指示したオバマ元大統領と親しい。また以前に、ドーシー社長がタイム誌の表紙に掲載されたことがあるが、タイム誌のオーナーはオバマ大統領の後継者になっていたクリントン候補に政治献金をしている人だ。検閲は良いものではなく、危険だ。気に入らない発言があれば、異なる見解や反論で戦えばいい。もちろん、暴力を呼びかけるものは言論の自由の対象にならないので、削除していいが、検閲ではなく、既存の法律を使って対処できる。だけど、この半年、アメリカでの動きをみてきたように、その次元ではなく、完全に選挙に有利、政治的な理由で行われている。 筆者は、検閲が政治弾圧より悪いと思っている。なぜなら、言論の自由があれば、政治弾圧に対抗できるが、言論の自由が先に無くなったら、政治弾圧に対抗できない。 今、アメリカでは、政治弾圧をする前、言論の自由を奪おうとする極めて巧みのある戦術を使っている。日本や世界がこうならないように祈っている。 SNSやIT企業は、異なる意見のある人々をブロックしたり、アプリケーションの使用禁止をしたりをしているのが、イデオロギーや政治支配の理由だけではない。市場を独占したいからだ。ということは、アメリカが大事にしてきた言論の自由や民主主義をキャンセルするだけでは、自由市場(独占禁止)の理念も捨てている。[詐欺でできている政党]
 さて、最後の不正があった理由であるが、民主党には不正をする長くて深い歴史があり、詐欺でできている政党だとみている。私だけではなく、2016年の予備選の時でニューヨーク市に行った不正に対して、同州の裁判もそう判決している。ようするに、不正をしないと勝ってない政党である。これは今年の予備選でもよく見られたが、本選で不正がなかったと果たして断言できるととても思わない。以上の事実や解説を信じるかどうか読者次第だが、日本国民の皆さんにぜひともその深刻さをより理解してほしい。】


勝利が目の前に【張陽チャンネル第110回】?2021/02/14
/watch?v=y1M4dEq4DJ8


※20/6議会乱入ツノ男とはまったくの別人。2020.11月末頃に録画されたものという。
米海軍のバッファロー男(ジェイク・アンジェリ氏)の「これが計画だ」の字幕・吹替【前編】(全2回)なぜ真実の情報が断片的にしか拡散されないのか! その真相!!?2021/02/13
/watch?v=5MQe3P62zds&t=45s


【放送事故】トラ弁護士Veenのインタビュー ぶち切れマイクを投げ捨てる?2021/02/15
/watch?v=BmxqekqdqPg


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/15
/watch?v=wClvqR2Yy0M


※BとHがペンタゴン訪問したものの、一般大衆コースのみだった(笑)
【緊急放送】【食糧備蓄】【災害備蓄】梅さんのまとめ。梅さんが裁判の結果に不服。備えは万全か?緊急放送は間も無くの予想。食糧備蓄 災害備蓄。2021年2月15日?2021/02/15
/watch?v=80_z6IBcXzU
 

世界歴史大転換【783】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月13日(土)17時55分54秒
  『ハイチで起こった2回の大地震を悪用してクリントン財団が悪どい金儲けをしていただけでなく、HRCらが人工地震に乗じて孤児になった児童を誘拐させていた事実があったことは、Q投稿でも以前書かれていた。人身売買事件が世界中に蔓延しており、およそ200万人の未成年者の子供たちが毎年誘拐されているのだ(下記ドキュメンタリー感動映画参照)。トランプの革命動機の主要なひとつが、世界的な人身売買事件の撲滅にあったことは間違いないと思え、2018.9.12大統領令の趣旨を読んでもそのことがよく理解できよう。善と悪の闘いがトランプ革命の真のベース動機になっているため、単なる党派党略で対立党派や大統領選挙に勝つことが主要な狙いではない。極めて巧妙かつ賢い囮作戦を仕掛けているQチームによって、適切なタイミングで最大戦果を齎してくれる隠密軍事行動が、水面下で人知れず遂行されているらしいが、兆候気配や現象面でカンにより察知するしかない現時点では、推理予想したり想像するしか手立てがない。しかし、確実なことはトランプが「別の形」で我々の前に戻ってくると約束したことである。その証拠の兆しが、@LegoTrump1946(↓)というトランプ・ツイッターの再開である。終いにはツイッター社を丸ごと購入希望だそうである。まだ始まったばかりなので、具体的なプランは未発表であるが、これからは矢継ぎ早に革命プランを公開していくことが期待できるだろう。善と悪の神裁きの舞台を、トランプがどのように用意するのか、大いに期待されよう。多くが待ち望んでいる「大量逮捕」のリストが公開されているが、過去のものが多いようで、更に実写されるギトモ刑務所に収監された容疑者らの映像公開が待ち遠しい裁きの閻魔様演出になるだろう。経済対策ではFRB解体ショーがいずれ見られるものと推察できるが、どんなやり方で破産した株式会社アメリカをフェイルイン手法でドル通貨を手仕舞いして、新たにゴールド基盤の金融リセットを如何に進めていくのか、またどんな方法で新アメリカ共和国を立ち上げていくのか、まことに世界規模で世紀の大政変劇のショーが始まる予感がしており、興味津々なアメリカ歴史の趨勢である。ハルジャス』



不正承認と政治正確【張陽チャンネル第108回】?2021/02/10
/watch?v=meDdlDZscv0



弾劾の第一ラウンド【張陽チャンネル第109回】?2021/02/12
/watch?v=TaHjugUTdl8



※「メディアや科学者はヒドロキシクロロキンを悪いものだと喧伝し薬が安全で有効であることを隠しています。ハーベイ・リッシュ博士は有効なデータを示す治療法を公表しても、その治療法は科学的見地に立っていないという理由で医学界から追いやられると語る。ですが、トランプ大統領は推進しています。この動画はメディアがひた隠しするヒドロキシクロロキンが安全・安価で有効であることを語ります。」
[既得権益が隠すヒドロキシクロロキンの有効性について]
https://www.bitchute.com/video/NbereZEAiLF7/



【第101弾】陰謀論がいよいよ現実になりつつある???2021/02/13
/watch?v=Ctm-vsVE-y0


子供の性的人身売買撲滅作戦進行中 トランプ政権の功績?2021/02/11
/watch?v=9JSP2XKuHSA&t=0s


※階級を問わず殆どのキリスト教会神父が腐りきっているのか!!
性職者による性的虐待を実名告発【報道特集】?2020/10/03
/watch?v=rzp9hxUEzxM



【※必見】ドキュメンタリー映画「トゥーサン作戦」人身売買幼児救出作戦 ティム・バラード 他 英雄たちの感動救出作戦?2020/09/10
/watch?v=hSptv3-yKbU



トラフィックト・チルドレン ~親に売られた子どもたち~ / カンボジア・ビデオワークショプ?2020/06/04
/watch?v=TGKcV4VeTf4


※トランプ新党旗揚げ中止のマコーネルとの手打ちがあったのでは?
トラ新党人気、絶賛上昇中!?2021/02/13
/watch?v=15hwW4XSYqs


※カバールどうしが潰し合い。手のひら返しの負け組みか?
2021.02.13 中国、先日のBBCのスクープ報道により国内でBBCを放送禁止に!【及川幸久-BREAKING-】?2021/02/13
/watch?v=yA1ZV_nilbY



【こういった生の声がこれからどんどん増えそうな予感。】失業している国民よりも無意味な事に金を注ぐ民主党。〔2倍速推奨〕?2021/02/13
/watch?v=ruqVvlLNs-A



※Trumpがツイッター復帰?!丸ごと買うつもり??
【トランプツイッター再開】凄いニュースをひっさげて トランプ寅さんがツイッターに戻って来たよ♪[日本語朗読]2月13日?2021/02/13
/watch?v=DjM5qmbNJtQ
 

世界歴史大転換【782】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月10日(水)17時14分57秒
  Rumble02/07 ? Arrested as Military Rescues Tortured Children From Tunnels Beneath Capitol Hill.US Special Op forces recovered bodies, body parts and at least a hundred surviving children from a tunnel system beneath the White House and Capitol Building in Washington DC on Fri.The children were believed to have been abused, tortured and killed by political elites in an elaborate tunnel system that ran beneath Capitol Hill and connected to other systems for 200 miles.All was thought part of an international Child Trafficking Ring run by global and political elites with ties to Jeffrey Epstein's Pedophile Island ? that lay next door to Biden's Water Island.
【ランブル記事2/7より---米国特別作戦部隊は、金曜日にワシントンDCのホワイトハウスと国会議事堂の下にあるトンネルシステムから、遺体、身体の一部、および少なくとも100人の生き残った子供たちを回収した。1月29日早朝、遺体袋が配達されていたとき、ホワイトハウスから複数の軍隊が出てきて、少なくとも100人の子供がけん引されているのが見られた。子供たちは、キャピトルヒルの下を走り、200マイルにわたって他のシステムに接続された精巧な地下トンネルシステムの中で、政治エリートによって虐待され、拷問され、殺されたと信じられた。すべての犯罪は、バイデン所有のウォーター島の隣にあるジェフリーエプスタイン所有の小児性愛者の島と関係のある、世界的および政治的エリートによって運営されている国際的な児童売買リングの一部によってであると考えられた。】


『[ランブルのRealthingtv]サイトでは、1月末から2月に入ってからの[本当の]ホワイトハウスの近況リアル映像が見られる。現時点ではWHは3万人の州兵がロックダウンして、ネズミ1匹入れない模様だ。夜11時には消灯している。フェイクニュースに登場するバイデンのニセWHはカルフォルニアにあるAmazon所有地キャッスルロックのスタジオだ(↓)。各自で確認されたい。ハルジャス』[Rumble ? The White House has been going dark several days in a row after 11:00 PM Eastern Time.ランブル??ホワイトハウスは、東部標準時の午後11時以降は数日連続で暗くなっている(1/28)。]https://rumble.com/vdcb2p-white-house-goes-dark.html



6th February Update Current News
6th February Update Current News (rumble.com)SimonParkes?Published?February 6, 2021SUBSCRIBESHARE
https://rumble.com/vdmbp7-6th-february-update-current-news.html


MI6 agent Simon Parkes情報
Simon_Parkes
?173423?subscribers
Simon Parkes (bitchute.com)


【必見】著名科学者Steven Quay博士の論文:新型コロナウイルスが実験室由来の確率99.8%[フランスと米国が武漢研究所に資金提供した。
Status / Gab Social
https://gab.com/OSAISENMAN/posts/105666088606678270


Arrested as Military Rescues Tortured Children From Tunnels Beneath Capitol Hill
[1/29-2/1キャピトルヒルの地下トンネルから拷問を受けた子供たち約100人を軍隊が救助した衝撃ビデオ。]Realthingtv?公開?2021年2月7日
https://rumble.com/vdnfcz-arrested-as-military-rescues-tortured-children-from-tunnels-beneath-capitol.html


PWG Exclusive Update 2.8.21 Is the White House Closed?Something is Happening!!
[PWG限定アップデート2.8.21ホワイトハウスは閉鎖されているのか?何かが起こっている!!]Realthingtv?公開?2021年2月8日
Rumble ? Google Maps recently labeled the Oval Office as permanently closed, likely because Trump had it shut down.Doubles, Clones, Actors?Q Drop 4414 implies that after RED 1-6 are achieved we are to focus our attention to "Castle_RockMrB and His Wife Get Booed at Super Bowl LV....Some thing is going on???
【ランブル??Googleマップは最近、大統領執務室を完全に閉鎖されたとラベル付けしました。これはおそらくトランプが大統領執務室を閉鎖したためです。ドナルド・トランプが3月4日に大統領に就任するトランプが第19代大統領に就任する!
ダブルス、クローン、俳優?Qドロップ[4414]では、RED 1-6が達成された後、「Castle_RockのMrBidenと彼の妻がスーパーボウル[LV]でブーイングされる」に注意を向けることを意味します。何かが起こっているのか?】
https://rumble.com/vdok1z-pwg-exclusive-update-2.8.21-is-the-white-house-closed.html


[昨夜ホワイトハウスで起こっているより多くの事柄]2-2-21KGPatriot?公開?2021年2月3日?
https://rumble.com/vdjg9l-more-things-happening-at-the-white-house-last-night-2-2-21.html


SOMETHING HAPPENING AT FAKE WHITE HOUSE CASTLE ROCK STUDIO
[偽のホワイトハウスキャッスルロックスタジオで何かが起こっている]Realthingtv?公開?
https://rumble.com/vdjza1-something-happening-at-fake-white-house-castle-rock-studio.html21年2月4日?
 

世界歴史大転換【781】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月10日(水)11時17分25秒
  『フェイルアウト[fail out=失敗は他へ合法的に転嫁させる]政策が見苦しいカバールのダボス会議理念で採択されたという[グレートリセット]真相が、本当の奴らの騙し理念[他責主義]と目的[血税巻き上げと庶民の税金略奪狙い]であった。DS/CABALが所有しているFRBが、ここ数百年で積み上げてきた多大な負債を、その負債にほとんど責任のない庶民と民衆に血税(国の税金)で背負わせる他責主義政策にすることが最大の狙いである。反対にトランプ[Qチーム]の狙いは、民衆(The People)を保護してFRBの長年積み上げてきたすべての負債をFRBのオーナー、つまりDS/CABAL(英魔王室、イエズス会バチカン、ロスチャイルド主要3家)に[fail in=失敗は自己責任で]押し付けていく自責主義政策である。このような方針で米国軍部[Q]は、奴らの訴追・逮捕を反人道主義の人身売買ペドファイル容疑証拠を[正当な摘発根拠]にして、このほぼ4年間、国外国内を問わず一斉に集中摘発を展開し、かなりの資産押収して米国に持ち帰ってきたようだ。ひとつの事例を挙げると、例えばバチカン市国の法王庁摘発では、2020年の3月から5月にかけた昨年の春頃、地下140-250マイルに隠されていた大量の金塊を没収して、大型輸送機400機あまりで米国に全部持ち帰るという隠密Q作戦[教皇恐怖の5月]が水面下で実施されていたと、当時Q投稿(昨年3月頃)が示唆していた。金塊の額は驚くべき巨額スケールになっており、通貨単位(Currency unit)が兆や京単位ではなく、さらにその上の垓(がい)に当たり、想定換算では400万年分の世界総計分GDPとほぼ同等資産になるとみなされたようだ。10の八乗=億、10の20乗=垓(がい)なのだが、我々庶民としては簡単にイメージ・想像すらできまい。もしこの情報が大部分フェイクニュースだとしても、バチカンがおよそ2000年間に渡りキリスト教信徒らから不法に搾取蓄財してきたことが証明されることになるので、過去に遡って考えると、イエスを十字架に掛けて抹殺したサンヘドリン=パリサイ人ニセユダヤ人[カザール人]の詐欺行為が、まさしく歴史的事実であったことがよく理解できよう。その写真に写った金塊が偽物という説もあるが、わざわざ大深度地下深くのトンネルに隠しておき、密かに保管していた意図・動機が不明である。もし仮に、これだけの量の金塊が世界の市場に放出されると、ゴールドの価値はただちに暴落してしまうことだろう。これはQチームの行った隠密作戦のひとつであったのだが、カバール本部の3拠点(ロンドンシティ、バチカン、ワシントンDS)は米国軍部がすでに摘発制圧(大方の資産没収したとの未確認情報がある)したという成果になって、これだけでもトランプが完全に勝利した証左と考えられよう。米国の首都DCだけでなく、英魔王室の英国ロンドンもカバールと同様な契約を結んできているため、この度ロンドンシティに存在していた[株式会社イングランド]の破産[=プレグジットの真相]も暴露されて大スキャンダルに見舞われる筈である。[世界歴史大転換]が、まさに今、現実に起こっているのである。ハルジャス』


トランプ まだ現役大統領?【張陽チャンネル第107回】?2021/02/08
/watch?v=_kjg7weKkNg


トラさんがまもなく戻ってくるのを見ることになるでしょうと上級顧問が発言??2021/02/08
/watch?v=ZdRsERkd0bA


?医療Co19猛毒ワクチンについて キャリー・マデイ医師 2020/06/25 DR CARRIE MADEJ緊急メッセージ(8分) ※重要な情報の為、拡散希望!
Facebookサイト:https//www.facebook.com/yohemegu/videos/1317188345281031/



バ●デンが乗ったエアフォース2??を再検証してみたら、新たな事実(C32A=90017メキシコ航空機のレンタルだった。1994アエロメヒコ航空。大統領機ではないもの。)が判明した!?2021/02/09
/watch?v=AZOXuzSCRWM


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/10
/watch?v=pobwQNfYVP0


【SAGAWA】ついに始まる 弾劾裁判の是非 既存メディアに異変が! パウエル ジュニアーニ 大統領選 トランプ Trump 米大統領選?2021/02/09
/watch?v=1VbjYRJrImQ


【HARANO】タイム誌の報道の本当の目的、寅さんがソーシャルメディアに復帰予定、寅さんが入手したチャンス?2021/02/10
/watch?v=bHBmGrtYEiY


トランプ氏、審理された選挙訴訟の2/3で勝っていた?2021/02/10
/watch?v=ZjCp6am22gU


※1/20にトランプが不動だった5つの理由。6.+フェイルイン(反グレートリセット)作戦だから。
最新ニュース 2021年2月9日 - 247 Japan [19:20]?
/watch?v=LVRgd4mhBtE
 

世界歴史大転換【780】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月 8日(月)18時01分53秒
  [Ancient History(1789-1800)]※1789First George Washington.
Before the chaos the city of Washington was once the capital of the United States. The city stems from the Residence Act, passed by Congress on 9 July 1790, which approved the creation of a national capital on the Potomac River. Named Washington, in honor of the first president, the first session of congress was held in the city on 17 November 1800.

※From 1801-1897 ommit:1871Coup ?/18th president Grant (1861-1877) /1910Jekyll Island Secret Agreement/1913-FRB START-to END at 2021.01.19

[Chaos(1898 coup-)]
During the years of chaos that erupted throughout the late nineteenth century, the city of Washington was on the forefront of the disaster. In 1898 the city was placed into the hands of a committee dedicated to managing the defense and general affairs of the city, known as the Washington Emergency Council, with a Chester Hale Fitzgerald appointed as its head. Under Fitzgerald the city's militia was heavily expanded, swearing loyalty to the council itself, and serving around the city's perimeter. During this time propaganda would also be displayed around the city praising American values. Fitzgerald, a former preacher, would claim to see visions of an archangel, who guided him to a new Washington, with him as its prophet.

Several months later a coup would be lead by Fitzgerald against the United States government. His soldiers convinced that Fitzgerald was a prophet, and convinced by Fitzgerald that the government had corrupted and defiled the great city, marched across the Potomac River. The battle that would ensue would become famous in Papal propaganda and literature, despite some of the details of its true nature being unknown. It is unknown the fate the of the president and several other individuals. Civilians and supporters of the president however were executed.

[Establishment]
Following the chaos of Fitzgerald's coup, the city was quickly purged of non believers and opponents of the new government. Many people who supported Fitzgerald began to see him as divine, or driven by God, and this cult of personality was encouraged. Fitzgerald became known as a father figure, leading him to adopt the title of pope. Fitzgerald's followers adopted extreme beliefs in American exceptionalism, believing that Washington had been spared from complete destruction by divine intervention, and that the American way of life was the most pious. The American founding fathers became revered figures, symbolizing American values, while Fitzgerald's speeches became viewed as sermons.

In the new society, lower class inhabitants and primarily non Protestant Caucasians were tasked with rebuilding much of the infrastructure surrounding the city, while converts to Fitzgerald's beliefs were viewed as higher members of society. As a result nativism and elitism became common among many of the city's elite, who lived in much grander establishments in the city proper. Lower class citizens were primarily given crowded sections on the outskirts of the city, with many moving to towns outside the city limits.

Much of the city's population was initially drafted into military service, or recruited via the rigorous propaganda campaigns, creating a large force compared to much of the surrounding area. Units from the former United States military stationed around the city for the purpose of defending the nation's capital were added into Fitzgerald's army, while stolen arms and supplies were also utilized. One of Fitzgerald's early patrons and supporters, a wealthy Maryland-born businessman, Stephan Adams, was put in charge of several campaigns to clear the region outside the city. Viewed as a holy act, people living around the Chesapeake Bay refusing to convert and "civilize" were killed. By the end of these campaigns, several communities had been subjugated, and land had been cleared for possible farmland or settlement. The military also played a role in enforcing laws in the city of Washington itself. The branch of the military dedicated to police work was trained to use brute force against anyone questioning the city's values, and also rounded up the city's opponents.

After the successful military campaigns outside the city of Washington, and the establishment of order in the city itself, Fitzgerald divided up this newly carved up land among his wealthiest supporters, creating a network of vassals who swore fealty to him. The land eventually descended into fiefdom, with the wealthy landholders living among a local town's fortifications, and the town's populace being put to work in farming the area surrounding them. The town of St. Charles was granted to Adams, while other established titles included the counties of Chicamuxen, Accokeek, and Calvert. Fitzgerald himself was crowned the first pope of the church of Unionism, adopting the name of George I.

【[古い歴史(1789-1800)]※1789年初代ジョージ・ワシントン就任。混乱の前は、ワシントン市はかつて米国の首都でした。この都市は、1790年7月9日に議会で可決され、ポトマック川に国の首都を設立することを承認した首都法に端を発しています。初代大統領に敬意を表してワシントンと名付けられた最初の議会は、1800年11月17日に市内で開催されました。

※1801~1897年混乱期省略:1871Coup?/ 18th President Grant(1861-1877)/ 1910Jekyll Island Secret Agreement / 1913-FRB START-to END at 2021.01.19

[カオス(1898クーデター-)]19世紀後半に勃発した混乱の年の間、ワシントン市は災害の最前線にいました。 1898年、市は、ワシントン緊急評議会として知られる市の防衛および総務の管理を専門とする委員会の手に渡され、チェスターヘイルフィッツジェラルドがその長に任命されました。フィッツジェラルドの下で、市の民兵は大幅に拡大され、評議会自体への忠誠を誓い、市の周辺で奉仕しました。この間、プロパガンダはアメリカの価値観を称賛する街の周りにも表示されました。元説教者であるフィッツジェラルドは、彼を預言者として、彼を新しいワシントンに導いた大天使のビジョンを見たと主張するでしょう。数ヶ月後、クーデターはフィッツジェラルドによって米国政府に対して主導されました。彼の兵士たちは、フィッツジェラルドが預言者であると確信し、フィッツジェラルドによって、政府が大都市を腐敗させ、汚し、ポトマック川を渡って行進したことを確信しました。その真の性質の詳細のいくつかは不明であるにもかかわらず、その後の戦いは教皇の宣伝や文学で有名になるでしょう。大統領と他の何人かの個人の運命は不明です。しかし、民間人と大統領の支持者は処刑された。

[エスタブリッシュメント]フィッツジェラルドのクーデターの混乱に続いて、都市はすぐに新政府の非信者と反対者から追い出されました。フィッツジェラルドを支持した多くの人々は、彼を神聖である、または神によって動かされていると見なし始め、この人格崇拝は奨励されました。フィッツジェラルドは父親の人物として知られるようになり、彼は教皇の称号を採用するようになりました。フィッツジェラルドの信者は、ワシントンが神の介入による完全な破壊から免れたこと、そしてアメリカの生き方が最も敬虔であると信じて、アメリカの例外主義に対する極端な信念を採用しました。アメリカ建国の父はアメリカの価値観を象徴する尊敬される人物になり、フィッツジェラルドの演説は説教と見なされるようになりました。新しい社会では、下層階級の住民と主に非プロテスタントの白人が都市を取り巻くインフラの多くを再建する任務を負い、フィッツジェラルドの信念への改宗者は社会のより高いメンバーと見なされていました。その結果、移民排斥とエリート主義は、都市のはるかに壮大な施設に住んでいた都市のエリートの多くの間で一般的になりました。下層階級の市民は主に市の郊外の混雑した区画を与えられ、多くは市の境界外の町に移動しました。市の人口の多くは当初、兵役に徴兵されるか、厳格な宣伝キャンペーンを通じて徴兵され、周辺地域の多くと比較して大きな力を生み出しました。国の首都を守る目的で市内に駐屯していた旧米軍の部隊がフィッツジェラルドの軍隊に加えられ、盗まれた武器や物資も利用された。フィッツジェラルドの初期の常連客および支持者の1人である、メリーランド生まれの裕福な実業家、ステファンアダムスは、都市の外の地域を一掃するためのいくつかのキャンペーンを担当しました。聖なる行為と見なされ、チェサピーク湾周辺に住む人々は改宗と「文明化」を拒否して殺されました。これらのキャンペーンの終わりまでに、いくつかのコミュニティが征服され、農地または定住の可能性のために土地が開墾されました。軍はまた、ワシントン市自体で法を執行する役割を果たしました。警察の仕事に専念する軍の支部は、都市の価値を疑う人に対してブルートフォースを使用するように訓練され、また都市の敵を切り上げました。ワシントン市外での軍事作戦が成功し、市自体に秩序が確立された後、フィッツジェラルドはこの新しく切り分けられた土地を彼の最も裕福な支持者の間で分割し、彼に忠誠を誓った家臣のネットワークを作りました。土地は最終的に領地になり、裕福な土地所有者は地元の町の要塞の中に住み、町の大衆は彼らの周辺地域の農業に従事しました。セントチャールズの町はアダムズに与えられましたが、他の確立された称号にはチカマックセン、アコキーク、カルバートの郡が含まれていました。フィッツジェラルド自身は、ジョージ1世の名前を採用して、ユニオニズム教会の最初の教皇に戴冠しました。(以下省略)】


『1871年から2021年1月19日まで続いた外国敷地コロンビア特別区に存在していた[株式会社アメリカ]は終焉した。その真偽がいろんな筋により情報攪乱されているために、ディスインフォメーションなのか真実の情報なのか、多くの人が迷い戸惑っているようだ。フリン将軍のインタビューにおける曖昧な言葉について、多くの謎が発生している。戒厳令や反乱法についてトランプ承認サインがあったのか否か、インタビューアによる確認のファジーな質問だった。軍事作戦中ということで、忠実なフリン将軍がナンセンスな質問として[答えることを否定した]ので、質問内容(反乱法の執行)そのものが否定されたとは解釈できないものだった。他にも確認されていないケースがある。8人の司令官がBidenを次期大統領として承認した書類の信憑性である。書類にはサインがあったものの、肝心な日付の明記(下段)が無かった。よって、無効書類とみなされるとか、偽装作戦だとか様々な解釈がされているようだ。DCが完璧な軍事統制下にあることは物理的にも誰でも認められるため、軍事政権下に米国が入っている事実は素人や外国人でも確認できる。これだけを見ると、米国がバイデン政権になったという否定したい事実は自ずと物理的に(フェイクニュース以外では)確認できることはない。AF1をまだ使えないとか、カルフォルニアのアマゾン所有キャッスルロックのスタジオをWHに見立てて偽装放送していたこともバレている。このようなダブル並存政権(軍事政権とB偽政権)を軍が認めてほったらかしている理由は、隠密作戦(囮作戦継続中)の傍証とも考えられるので、当面の現象のみで諦めてしまうのはまだ早いだろう。ディープステート&カバール共の長年にわたった無数ある人類反逆罪や違法な蓄財、脅迫の証拠等を積み上げている模様で、主犯らには犯罪の決定的な証拠がまだ法的訴追に必要なのかもしれぬ。ただ、天王山決戦は大方完了済で、大勢はすでに決しており、カバールの中枢部(バチカンと英王室>ロスチャイルド3家)の資産の大半がトランプ側(Q=軍事政権サイド)に押さえられた模様(バチカン地下数百マイルに4万年分の世界GDP分のゴールドの山)であるから、あとは憲法や法律に則った新政権移行にむけた現実的手続きを進めているのかもしれない。DS/CABALの出した巨大負債は彼ら反逆罪者自身によって自己責任で自己回収させるべきであろう。新政権が負担すべき筋合いのものではないためだ。ドルは紙切れ0にして新通貨に切り替え、徳政令のGCRを実施したいのだろう。緊急放送(EBS)=RED5がいまだに起こっていないのが、やや気がかりであるが、最適なタイミングの発表時期を慎重に見極め探っているようなので、あれこれとヤキモキしないで[Qプラン]を心から信用しておきたい。ハルジャス』


※Bの本物と偽物の比較動画
敵はキャッスル・ロックスタジオにいる!─AK's Pickup【20210206号】?2021/02/07
/watch?v=MDVA3cPH6vE


B=AF2に乗ったのか?最新ニュース 2021年2月7日 - 247 Japan [10:25]0207
/watch?v=DzAZGLDm9oY


ペンタゴンで異変!? 次々と現れるやつの本性  パウエル ジュニアーニ 大統領選 【SAGAWA】トランプ Trump 米大統領選?2021/02/07
/watch?v=8dQNimKfuCs



【石川新一郎第97弾】PCR検査とコロナワクチンそしてトランプ劇場???2021/02/07
/watch?v=DbqDkYEvrjc


「ミャンマー民主化」の闇[その2]?2021/02/07
/watch?v=43NyW64F8XQ


【以下おまけ】
エリア51に関する謎の出来事7選?2018/12/01
/watch?v=cLe6fD4z4a0


【財商天下:ROTHの歴史】ロスチャイルド家は、人類史上最も強力な金融ビジネスグループと見なされている。50兆米ドルもの財産は、ビル・ゲイツ510人分に相当する。この謎めいた一族の歴史は、スラム街から始まった。
/watch?v=7v8CXmtsFZY


『悪魔が世界を統治している』第五章:西側への浸透(下) パートII(改訂版)?2021/02/07
/watch?v=vRQSoFK0WSE



【その数、圧倒的!】米軍の戦闘機は一体何機あるのか?"全機種"紹介!?2020/10/10
/watch?v=xZqkGXlp28M


アメリカ軍が秘密裏に第6世代ジェット戦闘機の構築を完了?2020/11/15
/watch?v=tU9zMFcBxlo


強力過ぎて世界中で禁止されている違法兵器10選?2021/01/30
/watch?v=309k--Jp500


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/07
/watch?v=1q1-SBn4sQc


【第98弾】緊急放送、ダボス会議そしてトランプ劇場???2021/02/08
/watch?v=KnBfsHxZ1xw


最新ニュース 2021年2月8日 - 247 Japan?
/watch?v=j0KgqTssAyo


マイケル○リン中将が軍事政権や寅さん反乱法発動を否定!ただ重要な一言を残した…リン○ッド氏今後の「ボス選び」最高裁判決の影響について主張!■文化人スタッフTニュース #177 ?@文化人放送局?2021/02/07
/watch?v=l8DNG_HR4QY


まだあるパイプライン問題 MI州vsカナダ企業?2021/02/08
/watch?v=DKDdtAiYpI4


アドレノクロムを製造・販売していると噂される日本企業タケダ/富士に真相を聞いてみた?2020/09/18
/watch?v=W9Cxqy6efAU


※地下基地について。スコット・マッケイ/ジーン・デコード氏
1.29.21 PSF Scott McKay & Gene DeCode Discuss Deep Underground Military Bases... With Cirsen W?2021/01/30
/watch?v=na9-idqSOl0&feature=emb_logo


※バチカンとエルサレムは地下トンネルで長く繋がっていた!
The 1500 mile tunnel from the Vatican to Jerusalem?2020/10/29
/watch?v=ZtqiXY0PDBY
 

世界歴史大転換【779】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月 7日(日)10時41分9秒
  『最近のディスインフォメーションの氾濫の原因は、DSが真実を隠蔽しているためなのか、はたまた軍事作戦による隠密行動なのか?ある未確認情報では、「戒厳令の公式発表と軍に管理される米国政府は、2021年1月20日の12amから正式に有効化されました。これは、1月29日金曜日6pm (EST/米国東部標準時) あるいは11pm(GMT/世界標準時)に発表された。1月24日と25日には、バイデンおよび355人の下院議員109人の上院議員、その他有権者464人が逮捕され、これは1月31日日曜日4:35pm(EST)、10:35pm (GMT) 11:35pm(CET/欧州標準時)に公式発表された。(※未確認)」。あるいは[10 Days of Darkness by Q]ホワイトハウスは10日間、灯りが消えていた。Qの言う[10日間の闇]とは、停電したホワイトハウスのことだったのである。ホワイトハウスと議事堂の下の地下数百メートルにあるDUMBS(地下軍事基地トンネル=[ディープ・アンダーグラウンド・ミリタリー・ベース](DeepUnderground Military Bases)略称はダンブス(DUMBS))が発見されて、軍事政権が確保、数百人もの人身売買された子供たちが救出されたのである。Researcher Claims: Deep Underground Military Bases (D.U.M.B.S.) Recently Destroyed?And Has Some Evidence to Prove it - Stillness in the Storm/
COMPLETE LIST of Military Underground Bases in USA - Stillness in the Storm/
などと、いろんな暴露サイトで驚愕情報(真偽不明)が見られる。もしこれが事実なら、天地がひっくり返る驚愕事態に世界はすでに突入したといえる。ただし今は真偽について各自が直観判定するしかないようだ。フリン将軍は表向き作戦をまだ隠しているようであり、戒厳令[マーシャルロウ]や反乱法[the insurrection Act]のトランプ承認サイン・執行を否定したかのようだが(2/5時点)、いずれ遠からず公式な発表がある予定であり、米国軍事政権または新大統領トランプから世界に向けて行われる筈なので、[運命の審判日]がまもなくそして必ずやってくることを信じて辛抱強く待ちたい。ハルジャス』


Charlie Discusses Latest Updates Updates with Nicholas Veniamin?2021/02/05
/watch?v=g5Ejv642854&feature=youtu.be
【↑YT和訳文字のみ】1月と2月の予定(※未確認情報)2021/02/05
/watch?v=iM7UWIFK-p0&feature=emb_logo


※With that being said Flynn didn’t say no like he did to other questions he said “nonsense”.There are things military people can’t even tell their own families.Did Trump ever sign into the insurrection Act? Nonesence.
※秘密の非公開軍事作戦・フリン将軍が質問に対して曖昧に否定したのか??
General Michael Flynn Interview by Doug Billings ?2021/02/05
/watch?v=Gvd96tP4FMA&feature=emb_logo



※富士写真フイルム製品名?年間約1500~2500人子供たちが?鹿児島港から出港して海南島へ?日本のDSのトップ?と赤十字社が、アドレナクロムの為に人身売買していたのか??2021/02/06
/watch?v=G87D_AmXa6s


※チェイニー共和党員苦境
【焦點速達】米国の主流メディアからのまれな報告 トランプは退任後 より人気が高まっています?0206
/watch?v=8qCNEWUpWvQ



【石川新一郎第96弾】日本銀行とDSそして日本経済???2021/02/06
/watch?v=Im9oyuJBe1A



最新ニュース 2021年2月6日 - 247 Japan [13:25]0206
/watch?v=Y2hJKREvsr0


最新ニュース 2021年2月6日 - 247 Japan [11:50]
/watch?v=hhuqHjNQWqM


ミャンマー クーデターに米中対決?【張陽チャンネル第106回】?2021/02/06
/watch?v=cXw_FtqQKDE


※分かりやすい軍政の歴史[必見]
「ミャンマー民主化」の闇(1)?2021/02/06
/watch?v=apQFmq1Gjnk


2月に選挙訴訟を最高裁判所が検討する?2021/02/06
/watch?v=poTtkuyJ9iI


Charlie Discusses Latest Updates Updates with Nicholas Veniamin3?2021/02/05
/watch?v=g5Ejv642854&feature=youtu.be



チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/06
/watch?v=__oxpsAvK7s


※軍がペドのAmazonベソス逮捕か?
【翻訳】今日のサイモンパークス・・・ 2021年2月6日?2021/02/07
/watch?v=6rcTvHy6x9c


2021.02.06 タイム誌大スクープ記事大統領選の秘密【及川幸久-BREAKING-】?2021/02/06
/watch?v=bGMYi4ww6hY


【悪が浄化されていく】バイ○ン勝利で強気になれるはずが、なぜか逃げていく、、、?2021/02/07
/watch?v=E--jjs72img


ハーバード大学がC◯Pに協力?世論調査の結果によると、トランプ大統領の新政党が最大の政党になる可能性がある、バイデンの対中国の政策、前回の動画の補足説明?2021/02/07
/watch?v=7Rd0o833lXA


下院議長ばば様 自作ルール破って罰金支払いへ?2021/02/07
/watch?v=Rr8JLpsP_Ds
 

世界歴史大転換【778】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月 5日(金)10時15分18秒
  [Donald J. Trump News View (official)]
On President Trump’s fnal day in office, January 19, the very day he granted 64 presidential pardons, he also added 40 new sealed indictments to a pile containing the names of between 50,000-300,000 Deep State conspirators, depending on the source, and while Real Raw News will not speculate on the exact figure, we have obtained credible evidence proving Trump and acting Attorney General Jeffrey Rosen spent their last hours deliberating over persons deserving a spot on the infamous list.
“The list,” as it is called, reportedly includes the names of bigwig Democrats such as the Clintons and the Obamas, and a substantial number of Hollywood A-listers, as well as obscure names the average person has never heard.  Some people speculate that once the list is opened and acted on, it will eviscerate the Democratic party and gut Hollywood.

A legal clerk who formerly worked at Rosen’s office claimed to have been present the evening Trump and Rosen added fresh names to the list. He has asked us to protect his anonymity. He told Real Raw News he got a glance at a dozen of the 40 indictments, three of which we detail below, with more to follow in future installments.
We are living in extraordinary times. Many are struggling to figure out who to trust and who not to trust? Who speaks truth and who spreads lies? Who is good and who is bad? Who is of sound mind and who is “crazy?”
The enemy will try to deceive you. The enemy will falsely portray the trustworthy as untrustworthy, the truth-giver as a liar, the good person as a bad person, the sound minded as “crazy.”
In reaching a conclusion about a person through the haze of deception, here are some practical tips:

1. Always consider the entire body of a person’s life work. Do some research from reliable sources. Think for yourself.

2. Determine whether a person’s positions are consistent with his or her life’s work? Watch out it there are significant inconsistencies.

3. Use your common sense. Does the accusation make sense? If not, watch out. And always remember that nonsense is nonsense!

4. Analyze the motivation and goals of the accused person. Is that person working for his or her good or for the good of others?

5. Analyze who is taking personal risks in asserting his or her position. The accuser or the accused?

6. Trust your instincts.

7. Today’s world requires the exercise of a high level of discernment. Best direction in exercising discernment comes from God. Pray and ask Jesus who to believe. He knows the answer. Listen and He will tell you.

[Lin Wood?????]

Share with your friends !! LET THEM KNOW !

Join us for more info
???
@donaldjtrumpnewsview
12.7Kviews
DJT NV

Donald J. Trump News View (official)
??All the latest news !!! Charlie Ward! It’s going to be biblical!!

????
https://www.newsview.gr/2021/02/charlie-ward-biblical.html?m=1

Share with your friends !! LET THEM KNOW !

Join us for more info
???
@donaldjtrumpnewsview
www.newsview.gr
Charlie Ward: It's Going To Be Biblical! With Ken & Candi! - Must Video


【[ドナルドJ.トランプ・ニュースビュー(公式テレグラムより)]
「トランプ大統領の就任最終日である1月19日、彼が64の大統領恩赦を与えたまさにその日、彼はまた、出典に応じて、50,000~300,000人のディープステート共謀者の名前を含む40の新しい封印された起訴状を追加しました。 Raw Newsは正確な数字を推測しません。私たちは、トランプと司法長官代理のJeffrey Rosenが、悪名高いリストに載るに値する人物について審議するために最後の時間を費やしたことを証明する信頼できる証拠を入手しました。伝えられるところによると、「リスト」には、クリントンやオバマなどの大物民主党員の名前、かなりの数のハリウッドのAリスター、そして平均的な人が聞いたことのないあいまいな名前が含まれています。一部の人々は、リストが開かれ、行動を起こせば、それは民主党と内臓ハリウッドを煽動するだろうと推測している。以前ローゼンのオフィスで働いていた法務担当者は、夜のトランプ会合に出席したと主張し、ローゼンはリストに新しい名前を追加しました。彼は私たちに彼の匿名性を保護するように頼んだ。彼はRealRaw Newsに、40件の起訴状のうち12件を一瞥したと語ったが、そのうち3件については以下で詳しく説明し、今後の記事でさらに詳しく説明する。」

「私たちは異常な時代に生きています。多くの人が誰を信頼し、誰を信頼しないかを理解するのに苦労していますか?誰が真実を話し、誰が嘘を広めるのですか?誰が良いのか、誰が悪いのか?誰が健全な精神を持ち、誰が「狂っている」のか?敵はあなたをだまそうとします。敵は、信頼できる人を信頼できない人として、真実を与える人を嘘つきとして、善人を悪い人として、音を「狂った」と誤って描写します。欺瞞の霞を通して人についての結論に達する際に、ここにいくつかの実用的なヒントがあります:1.常に人のライフワークの全身を考慮してください。信頼できる情報源からいくつかの調査を行います。自分のためだと思います。2.人の立場が彼または彼女の人生の仕事と一致しているかどうかを判断しますか?重大な矛盾があることに注意してください。3.常識を働かせてください。告発は理にかなっていますか?そうでない場合は、気を付けてください。そして、ナンセンスはナンセンスであることを常に忘れないでください!4.被告人の動機と目標を分析します。その人は自分の利益のために働いているのですか、それとも他の人の利益のために働いているのですか?5.自分の立場を主張する際に個人的なリスクを冒している人を分析します。告発者または被告人?6.あなたの本能を信頼してください。7.今日の世界では、高いレベルの識別力を行使する必要があります。識別力を行使する上での最良の方向性は神から来ます。誰を信じるかをイエスに祈って尋ねてください。彼は答えを知っています。聞いてください、そうすれば彼はあなたに話します。[以上LinWood?より??]

お友達と共有!彼らに知らせて !
詳細については、ご参加ください???@donaldjtrumpnewsview12.7KビューDJT NVドナルドJ.トランプニュースビュー(公式)??すべての最新ニュース!!!チャーリーウォード!聖書的になります!!???
?https://www.newsview.gr/2021/02/charlie-ward-biblical.html?m=1
お友達と共有!彼らに知らせて !詳細については、ご参加ください???@donaldjtrumpnewsviewwww.newsview.gr
チャーリー・ウォード:聖書的になりそう!ケン&チャンディと! -ビデオが必要】


【アマゾンCEO引退!人身売買の疑いあり】ジェフベゾスは何処へ!?テキサスに続きフロリダも反撃!?2021/02/04
/watch?v=AFb9Zq-3nYA


【アメリカ】悪党スー・チー氏・中共・バイデン陣営が繋がっている話?2021/02/04
/watch?v=6tsn6BK0vOA


【遠見快評】急速に支持を失う共和党 たまらずトランプ訪問して頼む?2021/02/03
/watch?v=dcBzG-9rgfY


ミャンマー クーデターに中共の影?【張陽チャンネル第105回】?2021/02/04
/watch?v=Uxx1LHLRTp0


【緊急放送】日程は噂の井戸端的情報、プー珍のメッセージ?2021/02/04
/watch?v=VpmporiALJA


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/05
/watch?v=hcO5XBw5o0M


QAnon ? Telegram
https://t.me/s/QAnonalerts


【スコット・マッケイブのVTR】逮捕は突然にやってくる!
https://www.newsview.gr/2021/02/arrests-are-happening-must-video.html?m=1
 

世界歴史大転換【777】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月 3日(水)22時33分56秒
  [Judy, Bruce, Fleming and more Wednesday Morning 1-27-2021]
RV Excerpts from Restored Republic via a GCR: Update as of Wed. 27 Jan. 2021
Compiled Wed. 27 Jan. 2021 12:01 am EST by Judy Byington.

Judy Note: Banks have been notified that The Global Currency Reset was on Wed. 26 Jan. As with currencies of 209 nations of the globe participating in the GCR, the US dollar would be defunct and the new asset/ gold-backed US Treasury Note would be recognized.
GCR liquidity began on Tues. 26 Jan. ? the same day that Redemption Center Staff had a 5+ hour training meeting. On that Tues. there was gag order placed on bond movement at UST headquarters in Miami and Reno. That order would be lifted so as to access liquidity between Tues. night and Wed. 27 Jan. morning.
Sometime Wed. 26 Jan. Wells Fargo’s 1.4 million notification emails should go out, along with publication on Dinar websites of a secured website that gave us access to 800#s from which we in Tier 4B could set exchange/redemption appointments worldwide.
Tier 4B could redeem Zim and exchange foreign currencies at the special rates over the next two and a half weeks. The general public would start their foreign currency exchanges at the new international rates after Tier 4B completed and before the Chinese New Year on Fri. 12 Feb.

【[ジュディ、ブルース、フレミングなど水曜日の朝メール1-27-2021]。
GCRを介した復元された共和国からのRVの抜粋:水曜日の時点で更新。 2021年1月27日。コンパイルされた水曜日。 2021年1月27日午前12:01EST by Judy Byington.
ジュディ注:銀行は、グローバル通貨のリセットが水曜日に行われたことを通知されました。 1月26日GCRに参加している世界209か国の通貨と同様に、米ドルは無効になり、新しい資産/金で裏付けされた米国債が認識されます。
GCRの流動性は火曜日に始まりました。 1月26日?償還センターのスタッフが5時間以上のトレーニングミーティングを行ったのと同じ日。その火曜日に。マイアミとリノのUST本部で債券の動きに箝口令が出されました。火曜日の間の流動性にアクセスするために、その命令は1月27日朝、夜と水曜に解除されます。
いつか1月26日水曜にウェルズファーゴの140万通の通知メールが、Tier 4B基準の私たちが世界中で交換/償還の予定を設定できる800#へのアクセスを提供する、安全なウェブサイトのディナール・ウェブサイトでの公開とともに送信されるはずです。
Tier 4B基準は、今後2週間半にわたって、ジムを償還し、特別料金で外貨を両替する可能性があります。一般の人々は、Tier 4B基準が完了した後、金曜日の旧正月の前 2月12日に、新しい国際レートで外貨両替を開始します。 】

『ある情報筋によるとGESARA法とは、未確認だがトランプ大統領により密かに昨年11月2日に制定されていたといわれる。負債を負わされるバビロニア奴隷的金融システムからの自由解放となる世界新通貨システムという触れ込みだ。GCRは、世界的な偽造が不可能な量子コンピューター技術を埋め込んだセキュリティー・オペレーションでもあり、自由主義209ヵ国が関係しているゴールド(金)を原資の基本通貨とする新通貨システムとなる。GCRに参加する基礎とする為、トランプ大統領は2020年7月4日に、アメリカ共和国を復活することに署名していた。1871年まで遡ると、南北戦争の終盤になって国家財政が破綻して衰えたため、合衆国連邦は他国からの借款に頼らざるを得なくなったので、1913年に(ジキル島密約1910年)FRB発足以来、米国の納税者が支払っていた米国民の税金は、全て[私人]である銀行家ロスチャイルド家とロックフェラー財団に盗まれてきたのである。彼らは、米国の法律を巧妙に作り変え、そのあとになってイエズス会バチカン銀行が、民間会社[株式会社アメリカ]をDCに開設した。ワシントンDCはアメリカの国家所有では無くなったのである。お金はワシントンDCからシティ・オフ・ロンドン(ロスチャイルドのロンドン家と魔女王室)に流れ、そこからイエズス会(バチカン銀行)とロスチャイルド銀行(スイス家とフランス家)に流れ、そこから世界の中央銀行(日銀など各国銀行)やロックフェラー銀行に還流する仕組みになっていた。米国の納税者達が支払ったUSドルはアメリカ合衆国に形式的に戻ってくるが、そこには自分のお金の筈なのにプラスアルファの高金利が課金されていることになっていた。つまり、雪だるま式に国の負債としてどんどん増えていく仕組みだった。その詐欺手口は、かつてのパリサイ人の神殿でのお札詐欺方法の復元(デ・ジャ・ヴ)で、騙しのからくりと同様である。([参考No602より転載]⇒[庶民の資産の底値で金融強奪して全資産を根本から奪い取り、単なるフェイクに過ぎない[社会的非常事態]を装って、奴らの主導権による金融支配を再確立する新装開店グローバル金融システムの私有化再構築により、突然唐突に脈絡もなく短期間のガラガラポン暴落を企画して、奴らが強制した大詐欺である捏造新マネーやマヤカシの金融システム・スキーム(古代パリサイ人の信者収奪システムの如く)を、現代の羊の奴隷人民に受け入れさせる腹づもりだ。個々人の思想や行動の自由は悪であるとの偽善の緊急事態を喧伝して、巧みにフェイクニュースで集団洗脳し自由思考を絡めとって思想統制ナチズムを完結し、極度に進歩しているとみせかけた偽装かつ劣悪未熟な拝BIGTECH科学技術をプッシュしつつ、結局詐欺にすぎない嘘っぱちの、宇宙規模標準では知能遅れの地球レベルAIで洗脳したり、さらに人の心まで稚拙なAI技術で巧く洗脳できると嘘八百で脅す手口である。しかし、巧妙な庶民洗脳の手口もインターネット・ネットワークの格段の進歩により、自己撞着した拡散グローバル化によって、また自業自得の情報漏洩のパラドックスに陥った下手糞な作戦計画失敗によって、覚醒した世界民衆をおこがましくも分不相応に己の奴隷にしたいと欲ボケしたワンワールド詐欺者共の跳ね上がりペテン師らは、数々の邪悪なたくらみが世界にバレ出てしまっており、とうとう計画未達ドツボに嵌って最悪の結末・落ちになりそうだ。100年ごとの永劫資産回帰により世界を意図的に破産させるという計画[カザールユダヤ人]ゴイム収奪の試みには、もはや誰も騙されなくなってきつつある。[No97転載⇒]極悪サンヘドリンの正体について、2003白昼夢想でも触れていた。※以下引用[イエス・キリストがあれほどサンヘドリンというユダヤ教最高法院を激しく非難したのは、パリサイ派の大祭司や律法学者が神殿で金融詐欺(まがいの)商売を行っていたからであった。宗教を利用した詐欺の構図はこうである。一般の無知な信者がユダヤ神殿にお参りして、神殿の中庭に居る両替商から神に捧げるための犠牲の動物を買う。その時に木製の貨幣を信者の金貨と交換した。神殿に奉納するためには、金貨を木製の架空紙幣と交換しなければならないルールになっていたのである。奉納が済むと架空紙幣は再び両替商に還流して、サンヘドリンには実物の金貨がころがり込んだ。この手の込んだ偽善的な(すり替え)詐欺により、サンヘドリンは神聖な神殿内部であくどい金儲けをしていたのである。この構図は後にカトリックが免罪符を発行した事に通じる。」※これが偽ユダヤ金融資本家の詐欺歴史始原である。イエス・キリストは、パリサイ派サンヘドリンの大司祭たちを、激しく罵倒したのだった。まむしの末、偽善者ども、不法者、忌まわしいもの、などと罵ったのである。これに対してシオンの長老達は、その偽善が真実だったがゆえに、却ってイエスを憎悪して十字架にかけて抹殺した。以下省略]イエスが神殿のサンヘドリン(大祭司パリサイ人)の金利欺瞞と強欲詐欺本性を激しく罵った理由であった。時間の経過=金利という詐欺の発明をした大元が、紀元前ユダヤ人(サンヘドリン・パリサイ人)だったのである。ハルジャス』




【祝】クシュナーさんらノーベル平和賞候補! PA州州務長官引責辞任?2021/02/02
/watch?v=IKeTpcM9rpc



【アメリカ】異常な状況のワシントンとミャンマー・池上彰?2021/02/02
/watch?v=6Ef4WpzJSi0&t=130s


【SAGAWA】ついに来ました! ビルとそのお友達の方々が粛清!? あの大手会社の重鎮も! 大変なことに! パウエル ジュニアーニ 大統領選 トランプ Trump 米大統領選?2021/02/02
/watch?v=0mrAOhX-vuo



自由が失われつつある【第104回】?2021/02/02
/watch?v=cJVjLQ08e30


B政権のコメントから感じるBの不安、ミャンマー の憲法に違反しないクーデター、ミャンマー軍と国民民主連盟(NLD)の権力闘争?2021/02/03
/watch?v=0s8zP8DAVZ4



チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/03
/watch?v=FOAaqX80isY


寅さんの暗○未遂の理由は世界通過リセットだった、メラ〇ア夫人も狙われる!?2021/02/03
/watch?v=Cd-TOVeSLyA


CNNがTV界からFOX、OAN、NEWSMAXを追放しようとする/自らを棚に上げ、「嘘つきを減らすことは言論の自由の検閲ではない」?2021/02/03
/watch?v=Ej7O7SxoqNY


※本物は右利き、偽物は左利き。etc
最新ニュース 2021年1月31日 - 247 Japan [16:00]
/watch?v=RNyR4a6EZgM


【コラボ企画・前編】寅さんはまだ親分なのか!?鈴木弁護士のコメントから読み解く!?2021/02/03
/watch?v=tkjvw5ygHfs



【カナダ人】じじ政権の人事承認 増す国家安全保障の危機?2021/02/03
/watch?v=5hh6qcZ-7KU&t=3s



※ゲサラ法....所得税廃止etc夢みたいな政策転換が120日でできるかな??
【石川新一郎第93弾】ワシントンメッセージそして第1回目の封筒開封です???2021/02/03
/watch?v=iBqV8ZKeT_U



【ネサラゲサラとは】もうすぐ発令、収入が増える!金融システムが大きく変わる?2021/01/23
/watch?v=lcWRToy5DII


最新ニュース 2021年2月3日 - 247 Japan [14:30]
/watch?v=REUpd51hqNA


【その③】11月3日投票日に何が起きていたのか?2021/02/03
/watch?v=8LsFxp9ylQc


【FOX】雇用潰しのジョー、100万もの仕事に悪影響が!??2021/02/03
/watch?v=EF1cl72NQeg


情報が抜き取られてる!? テロはゲノムに及ぶ! ワシントンに軍事厳戒態勢!  パウエル ジュニアーニ 大統領選 トランプ Trump 米大統領選?2021/02/03
/watch?v=Q8xhsafRBiw


【BB】アースアライアンスからのメッセージ + 1通目の封筒 詳細解説!ジョン・F・ケネディ・Jr と NESARA・GESARA!【BBニュース】?2021/02/03
/watch?v=_qNCk7zc--I
 

世界歴史大転換【776】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月 2日(火)11時37分37秒
  『[ヤフーニュース]2月1日早朝、ミャンマーの事実上の最高責任者アウン・サン・スー・チーら政府要人が軍によって拘束された。首都ネピドー周辺では電話、インターネット回線も遮断されていると報じられている。軍は以前から、クーデターに向かう可能性を示唆していた。その理由は、昨年11月の総選挙でスー・チー率いる国民民主同盟(NLD)が、上院224議席中135議席、下院440議席中255議席を獲得し、この圧倒的な勝利によって単独政権を発足できるようになったことだった。ミャンマーでは1988年にやはりクーデターで軍事政権が発足したが、2010年に民主政に移管した歴史がある。ただし、その後も軍人が議会の4分の1を占めるなど、軍が大きな政治的発言力を握ってきた。ところが、昨年11月の選挙では、はじめて軍人の特別枠がなくなり、軍が支援する連邦団結発展党(USDP)は上院で11議席、下院で30議席と圧倒的な少数派に転落した。これは民主主義がミャンマーで定着しつつあることを示したが、政治・経済に根をはった既得権益層である軍の警戒感を募らせることにもなった。その結果、軍は「選挙不正」を訴え、「政治危機を克服するための介入」を示唆するようになった。1月27日、軍の最高実力者ともいわれるミン・アウン・フライン将軍は「憲法がないがしろにされている」と気勢をあげた。その5日後、新政権の閣僚が初めて議会に着席する予定だった2月1日、ついにクーデターが発生したのだ。(以下省略)」アメリカ合衆国の不正選挙の謀略犯罪[事実]と酷似しており、昨年ロヒンギャ難民に対して曲者スーチーが冷たい放置対応を見せたことで、(世界のDSカバール以外の善人から)懸念が生じていた。因みに2003.6にはすでに、筆者本稿の過去コメントでアウンサン・スーチーについて懸念を書いていたので、転載する。「[白昼夢想]→[ミャンマーのアウンサン・スーチーの夫は、MI6のエージェントでミャンマーの麻薬密輸工作員であり、世間でいわれるようにスーチー女史が自由の戦士というのは、はなはだ誤解であろう。しばしば拘束されるのは、当然の話なのである。]英国で結婚したスーチーは、その時に英国カバールの毒牙にかかってしまってダークサイドに落ちたようだ。驚くことに、DS奴隷に対して支給されるケースが常であるノーベル偽装平和賞を、DS/CABALから餌献上の褒美として貰っていたのだ。日本にも留学滞在したことがあるので、更に知日派とも言われている。日本政府も留学生と称する多くの低賃金奴隷労働力を輸入している。見返りは日本からの支援金だ。しかも、スーチーは外面と内面の本性は全く真逆で、ロヒンギャ難民に関して何も発言しなかったことが、悪魔的本性を現した状況証拠になってしまったようだ。ロヒンギャ難民が、奴らカバールのご主人である魔物レプティリアンに献上する供物餌、格好の食用になっている(悪魔儀式)が非常に疑われる。かつまたスーチーとHRC/BOは旧知の仲であり、手を繋いでいる和気藹々の写真が写っていた。昔からのペドファイル関係のお仲間なのであろうか。つまり、スーチーは許し難い奴らの人身売買業者悪党一味になっていたらしい。恐らくトランプ大統領のときに、カバール掃討作戦をミャンマー軍政に委ね任せたのだろう。ハルジャス』


まさに今! アメリカの株、世界経済がとんでもない状態に! 日本経済も危ない!  パウエル ジュニアーニ 大統領選 トランプ Trump 米大統領選?2021/02
/watch?v=gBmz7-VCNhQ



チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/02
/watch?v=3a24Rh6HNDU



【アウンサンスーチーの闇の正体】ミャンマーのクーデター、軍事政権へ?2021/02/02
/watch?v=-eWkptKwDFk


【第92弾】都市伝説がいよいよ現実に展開か???2021/02/02
/watch?v=MNP-iA56Neg
 

世界歴史大転換【775】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 2月 1日(月)12時48分52秒
  『ワシントンDCが米国軍事政権になってから、推定MAX約60000人の州兵らにより防護されており、厳重に有刺鉄線によって周囲の柵が張り巡らせられ、1913年以来10マイル四方の外国所有敷地だった面妖な場所(WHが完全閉鎖中で偽物バイデンはWHに[其処に]居ない)が、完全に施設と議事堂辺りがロックダウン(閉鎖)されたままである。ところが、米国内だけではなく、海外(日本も含む主要国家)のMSM傘下メディアでは、今のWHの虚偽映像やフェイクニュース報道が未だに不思議に継続されつづけているのは、なんとも摩訶不思議な現象だろう。まるで超法規的措置とも思われるような、完全にやり過ぎ[違法な不正選挙]だったのであり、CCPと欧州主要国家(DS/CABAL欧州諸国)が主要な犯人になっていた証拠が山ほど噴出した。2020.11.3にあったアメリカ合衆国大統領選挙とは、多くの各国や一般大衆つまり世間に真相がバレてもよいと考えているとしか思えないド派手な不正満載の大立ち回りで、不正選挙謀略(国家転覆クーデター)という事実が、政治に無知な子供でもシンプルに悪賢い「ズル」だともはや判っている。世間の真っ当な批判心すらも完璧にスルーした意図的なこの世紀の極悪犯罪クーデター(国家転覆罪)に対するトランプ大統領の実際1億票が投票したという米国民の憤慨と鬱積が、うねりの如く起こりつつある。[巨大なズル]がまかり通る世の中が続くよりも、たとえ血が流れても庶民革命を決起する日が近づきつつある。庶民ヒーローのトランプに再出場を期待する機運が高まっているようだ。民間人になったはずのトランプが何故かフロリダの自宅寝室にまで刺客が忍び寄って暗殺を何故試みるのか、不思議な事だろう。暫定軍事政権がまもなく終わるので、株式会社アメリカ合衆国(DC10マイル敷地内の傀儡債権国)の外国(破廉恥バチカン+英魔王室etc)支配が、1913年FRS(FRB)がスタートして以来、約120年振りに[完全終了]したので、カバールの手先共が米国支配継続の邪魔になりうる[厄介者]を早く消しておこうと陰で企んでいるのだと思われる。しばらくは、混乱とカオスが続く情勢になるとみられるが、まもなく新アメリカ共和国が新たに建国宣言が発表される筈であり、その準備態勢は水面下で着々と進行している。それから以後の課題は破産したアメリカ合衆国をどうやって軟着陸させるか、その方法論やアクションプランに焦点が絞られてきているようだ。破産管財人請負として偽物大統領(本物はすでに死亡)バイデンをそのままフェイク政権にして、債権国家団体として承認してしまうことが最適と思える。そのやり方ならば、破産の債権が元の支配層であるバチカンイエズス会と英王室主犯DS/CABAL一味に留まることになり、債権回収責任を奴らカネの亡者に負わせることが法的に可能になるだろう。ただし、奴らも落ちぶれてしまっており、GDP国力的には無理な債権回収と見えるので、この破産選択肢は新アメリカ共和国にとって回収の利が薄いかもしれない。GCR=量子金融リセットによる金本位制は今後勿論新政権のベース政策になるだろうが、それに付帯するいろんな金融制度(変換政策)改革は、どう見計らってもおよそ最低10年くらい金融政策変更の緩衝期間が必要になるものと見られよう。いきなりハードランディグによって、世界でお金の価値が大きく変動てしまうと、米国民すらも路頭に迷い反体制派になりかねないからだ。従って、QAnon諸派があちこちに触れ回って出しているフライング金融革命案など(ゲサラetc)は、まだ時期尚早で架空の絵空事が多く混ぜられており、現時点では単なる机上プランに留まって現実的にすぐ採用されない可能性が高いであろう。希望に満ちて真正大統領、トランプ19代大統領はまもなく再び返り咲くことは確実だが、多難な船出となる予感がしている。ハルジャス』


【トランプ|バイデン】BLMがノーベル平和賞2021にノミネートされる など?2021/01/30
/watch?v=Kn5jNWWg9dg


アメリカの株式市場で起きた庶民の反撃、選挙と同じパターンの歪み事件、一般国民と所謂エリート階級(政治、経済など)の対立?2021/01/31
/watch?v=FqTS-L2Z3as


【石川新一郎第90弾】ワシントンメッセージ、封筒の開封日(2/3)が決まりました??2021/01/31
/watch?v=aEFW9nVS5T8


【アメリカ】バイデンさんとヒラリーさんを検証する?2021/01/31
/watch?v=F8gfdRxvsns


戦略的忍耐=何もしない?【張陽チャンネル第103回】?2021/01/31
/watch?v=IQmahSgZTpc


※【(未確認情報)】日本の地下基地で2020.8月~12月にカバール掃討作戦!!レプティリアンカバール基地??UFOで逃亡した!都心地下基地→福島地下基地→高野山地下基地......逃亡地下経路?[※真偽は各自判定を!GESARA/NESARAが難点疑問点/緊急放送外れ(笑)]

緊急放送の内容が判明した!それは日本人には明かされていない壮大なストーリーTAKUYA ANGEL OFFICAL BLOGより0131
/watch?v=0cnvaqZugfk/
Takuya Angel Official Blog Poweed by Ameba (ameblo.jp)
(https:+)   //ameblo.jp/takuya-angel/


※アドレナクロム
Adrenochrome Harvesting | Data Dump | Part 1
/watch?v=TJJpiOXjOvk&feature=emb_logo


Project Veritasの暴露予告 次の標的は顔本?2021/02/01
/watch?v=Gr-AUe89Wu0


トランプ大統領の共和党内での揺るぎのない地位、イーロン・マスクがレフトとの対立で、でっち上げ調査されている?司法部門がレフトの道具に?2021/02/01
/watch?v=na_4PtNYhC0



チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/02/01
/watch?v=PR0UUnFsSVw


恐ろしい!まさかの空中〇撃?トラさん暗殺未遂?2021/02/01
/watch?v=69Rg1mfhB5w


【石川新一郎第91弾】人類の敵、DSは何を考えているのか???2021/02/01
/watch?v=jJJhQje44ZE
 

世界歴史大転換【774】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 1月30日(土)21時29分53秒
  [Notice of September 10, 2020]
Continuation of the National Emergency With Respect to Foreign Interference in or Undermining Public Confidence in the United States Elections
On September 12, 2018, by Executive Order 13848, I declared a national emergency pursuant to the International Emergency Economic Powers Act (50 USC 1701 et seq.) To deal with the unusual and extraordinary threat to the national security and foreign policy of the United States composed by the threat of foreign interference in or undermining public confidence in United States elections.
Although there has been no evidence of a foreign power altering the outcomes or vote tabulation in any United States election, foreign powers have historically sought to exploit America's free and open political system. In recent years, the proliferation of digital devices and internet-based communications The ability of persons located, in whole or in substantial part, outside the United States to interfere in or undermine public confidence in United States elections, including through the unauthorized. has created significant vulnerabilities and magnified the scope and intensity of the threat of foreign interference. accessing of election and campaign infrastructure or the covert distribution of propaganda and disinformation, continues to pose an unusual and extraordinary threat to the national security and foreign policy of the United States. For this reason, the national emergency declared on September 12, 2018, must continue in effect beyond September 12, 2020. Therefore, in accord ance with section 202 (d) of the National Emergencies Act (50 USC 1622 (d)), I am continuing for 1 year the national emergency declared in Executive Order 13848 with respect to the threat of foreign interference in or undermining public confidence in United States elections.
Start Printed Page 56470
This notice shall be published in the Federal Register and transmitted to the Congress.

Donald Trump (Signed by Donald Trump)


【2020年9月10日のお知らせ米国の選挙における国民の信頼を損なう、または損なう外国の干渉に関する国家緊急事態の継続2018年9月12日、大統領命令13848により、私は国際緊急経済権限法(50 USC 1701以降)に従って国家緊急事態を宣言し、米国の国家安全保障および外交政策に対する異常で異常な脅威に対処しました。合衆国法典への外国の干渉の脅威または米国の選挙に対する国民の信頼を損なうことによって構成される国。米国の選挙で結果や投票集計を変更する外国勢力の証拠はありませんが、外国勢力は歴史的にアメリカの自由で開かれた政治システムを利用しようと努めてきました。近年、デジタルデバイスとインターネットベースの通信の急増米国外にいる人の全体的または大部分が、無許可を含む米国の選挙に対する国民の信頼を妨害または弱体化させる能力。重大な脆弱性を生み出し、外国の干渉の脅威の範囲と強度を拡大しました。選挙とキャンペーンのインフラストラクチャへのアクセス、またはプロパガンダと偽情報の秘密の配布は、米国の国家安全保障と外交政策に異常で異常な脅威をもたらし続けています。このため、2018年9月12日に宣言された国家緊急事態は、2020年9月12日以降も有効である必要があります。したがって、国家緊急事態法(50 USC 1622(d))のセクション202(d)に従い、I米国の選挙に対する外国の干渉の脅威または国民の信頼を損なうことに関して、執行命令13848で宣言された国家緊急事態を1年間継続しています。印刷開始ページ56470この通知は、連邦官報に公開され、議会に送信されるものとします。ドナルド・トランプ(ドナルド・トランプによる署名)】

『2020年9月11日、トランプ大統領のエグゼクティブ・オーダー13848の翻訳である。ここで我々が注目すべき次のフレーズ、「2018年9月12日に宣言された国家緊急事態(※大統領令)は、2020年9月12日以降も有効である必要があります。したがって、国家緊急事態法[50 USC 1622(d)]のセクション202(d)に従い、I.米国の選挙に対する外国の干渉の脅威または国民の信頼を損なうことに関して、執行命令13848で宣言された国家緊急事態を1年間継続することとする。」という命令で、2018年9月の国家緊急事態法が、この日から1年間[2021年9月11日まで]延長されていたこと明記してある。この法律は、ほぼ戒厳令の発令と同等な効力があり、しかも反乱法が2021年1月11日(14日発令執行)に改めてサイン執行されたということなので、戒厳令(マーシャル・ロー1807年)と同等の効力があるものと解釈されるだろう。戒厳令そのものを改めて再びサインしなくても、戒厳令を出した事と効力がイコールとなる解釈である。それは喜ばしいことに今年9月11日まで継続されることになるのだ。スリーピーフェイク大統領バイデンによってなされたというトランプEOの撤回サインをしたという報道内容が、いまだよく確認できていない。また修正したEOのうち多くの通知が、連邦官報に公開されていないと言われている。連邦政府官報[Federal Register]にてBidenサインのEO記載について、筆者自身で検索して直接確認できたのは、21日以降ではNo13997-14006(01.30時点)のみだった。しかも、EOの内容はCo19関連(3)とヘルスケア(2)、労働力と連邦政府労働(2)、制服(1)、刑務所環境改善(1)についてのみだった。トランプ大統領関連/EOの変更修正中止は、現時点で確認できていない。もしこれが正しいなら、MSMマス塵の報道の多く(主要肝心なEO改定)がフェイクニュースだったのである。従って、まず下院議会ではBiden's執行命令のみ審議予定(bySES'[DS]一味の企みだろう)に入ることのみがEO改定執行命令のぎりぎり限界パワーだったようで、主要なEO=Trunp関連が、ほぼ審議入り予定に入っていない(未確認)のため、重要法案について法的に執行命令の実効性が、トランプの発令した複数のEOでは、恐らく改定や中止をほぼ実行できない運命になるだろう。従って、Biden'EOというのはほとんど軽微案件に限られて[無駄な労力]だったようだ。痴呆症の大ボケ爺さんバイデンの耳栓イヤホンからやって来る囁き[DS指令]耳ボイス[フェイクMSM報道]に、スリーピー・バイデン自身および世界が騙されていたようだ。ハルジャス』



バイデンを国民は認めない。なぜならトランプ大統領が帰ってくるからだ!【アメリカを救え!①】?2021/01/28
/watch?v=hJykm8vX7ao


トラさん、共和党下院トップと会談&ワシントンDCの病院で爆発事故!?2021/01/29
/watch?v=PQWPnm-PG6k


FBI機密文書はもみ消しへ アメリカ各地で州境変更の動き?2021/01/30
/watch?v=M0tkBdgwMTo


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/01/30
/watch?v=5nAQk34iYv8


【めいか】2021年1月30日?2021/01/30
/watch?v=vb0i3mf1TkI


【覚醒】緊急事態宣言、ワク○ン、大統領令乱発、尖閣諸島?2021/01/30
/watch?v=ys4qxPMhYKE


※必見・Hのペド人身売買暴露・年550万人の子供/年4000万人/1500億ドル年間市場!
【リ〇ウッ動画】映画『ハンガー・ゲーム』のプロデューサーの暴露動画(日本語字幕)?2021/01/30
/watch?v=p3RYXzlpwYA
 

世界歴史大転換【773】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 1月30日(土)04時17分53秒
  『※今回は海外サイトから「真偽未確認情報」を最近の現地英語2サイト等より翻訳転載してご紹介したい。これらのソースは筆者には裏確認がまだ取れていないため(※印は筆者の翻訳注釈/未確認部分のカットあり)、革命気配の参考情報としてみたい。真偽の確認は各自されたい。

①[ホワイトハウスの米軍が議会を逮捕](※未確認Newsレポート)
「特殊作戦部隊(SOF)は、米国のマーシャル部隊として活動している4,000人の州兵代理を含め、連邦議会の67%を起訴、または逮捕しようとしていた。 1月25日午前3時から6時の間、ホワイトハウスは真っ暗になった中、軍のバン、バス、パトカー、そして大勢の警官隊とともに大忙しだった。「ホワイトハウスのみんなが逮捕されたのを見ただけだ」 匿名の人物が 次の2つのビデオのうちの1つをやっていると宣言した。
マスメディアが報道を拒否したにもかかわらず,米国は1月9日土曜日から戒厳令の下で機能している。 アメリカ暫定軍事政権が実際にアメリカを運営しており、バイデン大統領を反逆者と見なしていた。 ジョー?バイデン氏の就任の数日前,そして2020年の大統領選挙への外国の干渉のため,トランプ氏は反乱法を扇動し,戒厳令を宣言し,米軍への権限を延期していた。1月25日午前3時から6時の間にワシントンDCでホワイトハウス周辺の停電が発生した(※報道=最近の投稿で記載サイト参照)。その現場で撮影された2つの別々のビデオ映像によると,警察と米軍は暗闇のいたるところにいた。 軍のバン バス パトカーがホワイトハウスに来て 乗客を乗せ 道路や橋を渡って 空っぽのバンが戻ってきました。マスタング?メディックの録音では,多くのバスやバンが軍用のマークをつけて国会議事堂に入っていた.。数人がテープで車から降りて警備員に身分証明書を見せ,それから構内に入っていった。それが終わりそうに見えると花火が空を照らした(※銃撃音を紛らわせるため?)。現場の人々からの聞き取り報告によると,その日遅くまでにホワイトハウスは厳重に閉鎖され,今のところそうである。明らかにバイデンのチームはホワイトハウスにいたのではなく,裏で拘束され逮捕された(※未確認)米軍はハリスを反逆罪で逮捕し(※未確認)、バイデン第25改正案を援用する一方で、認知症とその後の職務不能を理由に逮捕した(※未確認)とみられていた。 (ディープステートは、バイデン氏を25日に招集し、ハリス氏を後任に、ペロシ氏を副大統領に任命する計画だった。)1月22日、フアン?オサビン紙は、米国の暫定軍事政権が、ワシントンDCにいるジョー?バイデンと彼の裏切り者ディープステートの政治家を逮捕しようとしていると報じた。これらのエリート政治家の犯罪は、ロシアのミューラー疑惑、トランプとオバマゲートの弾劾の調査結果から明らかになった。逮捕者が多数出ているので,国内の他の地域で計画停電が起こる可能性があった。しばらくの間通信も途絶えるだろう。 2016年にトランプ氏が就任して以来,全国の連邦裁判所に提出された222,286件以上の起訴状のうち,市長,知事,裁判官の名前を記入したものが何人かいる。1月26日火曜日の午前11時頃から午後4時頃まで、東海岸でインターネットとネットワークが大規模に停止し、特殊作戦部隊(SOF)がディープステートの悪人を逮捕した。まもなく緊急放送システム(※RED5のEESは現時点未確認)が作動し, すべてのことを知らせることになる。 軍は少なくとも今後72時間は 政治的エリートの裁判のビデオと トランプ大統領からの7つのメッセージで テレビ番組を作ります ネットワークはすでに 餌が空気に流れないと 刑事責任を負う可能性があると知らされています。世界の金融市場が崩壊する中、1月27日、世界的な通貨再設定が行われた。(※2021.1月27日からNYは釣瓶落としの急落しを始めた!) 1月31日は,トランプ大統領が2020年7月4日に署名した大統領令による自由の日だった。(以下省略)

②[※オランダのニュースソース?Rob Scholte Museum@RSMuseumTIJDELIJK GESLOTENDinsdag t/m zondag geopend van 12.00 - 17.00 uur. Toegang ? 2,50. Kinderen t/m 12 jaar gratis.
※は筆者]
「(前略)----------先週末(※2021.1月16日頃?)ラングレーのCIA本部の襲撃により、暫定軍事米国政府の指導部は、バイデン政権が違法であり、不正に投票され、違憲であり、外国(中国共産党)が賄賂を受け取り、外国が所有し、外国が支配していることを示す決定的な証拠を手にした。反乱軍政府。これにより、バイデン政権は、合衆国憲法にとって異質であり、合衆国憲法政府にとって異質な「交戦」権力となった。ワシントンDCはフェンスで囲まれていた。トランプ大統領は決してホワイトハウスに戻らなかった。新しい国会議事堂が建設され、所得税が廃止される(※不明?)。 1月6日水曜日のワシントンDCMAGAラリーで、事件全体が最高潮に達した。----------(途中省略)----------フェンスの向こう側で、バイデンが就任した翌日、共和党の共和党議員が新たに選出された代表マージョリー・テイラーが、権力の乱用の疑いでバイデン弾劾記事を提出した。 「ジョー・バイデン大統領は大統領職に就くのにふさわしくない。オバマ大統領の副大統領としての彼の権力乱用のパターンは長くあり、気がかりなことです。彼は息子のハンターを救済し、家族のポケットに腐敗した外国のエネルギー会社(※ウクライナのプリズマ社)からの現金を並べるために必要なことは何でもすることを示した。バイデンは、ウクライナ政府が彼の入札をしなかった場合、10億ドルの対外援助を差し控えると脅迫していることを認めている。ホワイトハウスに住むバイデン大統領は国家安全保障への脅威であり、彼は直ちに弾劾されなければならない。」----------(省略)----------ニュースの前に、2021年1月23日土曜日10:44https://beforeitsnews.com/politics/2021/01/martial-law-overrules-as-many-in-us-congress-to-be-arrested-3224093.html....https://robscholtemuseum.nl/?s=Judy+Byingtonhttps://robscholtemuseum.nl/?s=Insurrection+Act

③※時に誤報があるという噂の[Before It's Newsより未確認情報]より。
「戒厳令は、逮捕される米国議会の多くを却下。今週末に米国議会議事堂には(そこで逮捕されると予想されているので)米国の元帥に連邦化された4,000人の州兵がいた。軍はバイデン大統領を反逆的な代理人と見なしたのである。1月9日土曜日以来、米国は、トランプ大統領を最高司令官、フリン将軍が軍を担当するという戒厳令下(※発令未確認で現時点不明)に置かれています。今週末に行動を起こした疑いがあるのは、全国の連邦裁判所に提出された政治的および世界的なエリートに対する(※世界で)222,286件をはるかに超える封印された起訴状でした。
https://operationdisclosure.blogspot.com/2021/01/sealed-indictments-as-of-december-31.html
暫定軍事米国政府は、実際に私たちの国を運営していました。ワシントンDC、ホワイトハウス、国会議事堂の10マイルは、有刺鉄線の柵と60,000人の軍隊で確保されました。米軍はすべての資産、納税者の??ドルを管理し、金資産担保ドルへの返還を行い、共和国が1871年以前(※グラント将軍以前)に書かれた元の憲法の要素に復元されることを保証されます。米国を支配する2つの政府。 (1)憲法および国防総省によって軍事法(11.3)に基づいて権限を与えられた合法的な暫定軍事米国政府、および(2)違法で不正な外国人が支払い、外国人が管理する(コロンビア特別区の外国の土地で)バイデンが管理している場所。それでもまだ、ドナルドJトランプは、テクニカル的にはまだ米国大統領のままでした。バイデンの就任の数日前、そして2020年の大統領選挙での外国の干渉に気づいて、ただちにトランプは反乱法を扇動し、戒厳令を宣言(※公開未確認?)し、彼の権力を米軍に委ねました。現在、米国は正式に戦争状態にあり、憲法の命令の下で、トランプは、中国共産党、キューバ、バチカンの外国政府(他にイタリア、英国、ベネズエラ、イラン、ドイツetc)との、2020年の選挙を盗むために共謀して国家反逆罪を犯したすべての人々が逮捕されるまで実質の大統領として残りました。バイデンが大統領として発足した破産したUSInc Corporation=株式会社アメリカは、実際にはすでに昨年2020年3月に無くなりました。彼らはもはや米国の納税者のドルを没収することができません。 2020年11月2日(※選挙前日)、Deep State 1871 US IncCorporationの破産が確定しました。そのあと復元された米国共和国は、昨年2020年7月4日記念日に、トランプ大統領によって再建されたものです。それに加えて、2021年1月20日水曜日、米国大統領就任式の議会と司法部門の裏切り者は、不正な投票証明書に基づいてバイデンが発足したとき、ついに反逆と暴動を犯しました。このすべての理由は、所謂[お金の理由]に要約されます。このディープステートは、歴史的に行ってきた(※金融詐欺)ように、米国の金に裏打ちされた金融システムへの移行を阻止しようと懸命に努力してきました。米ドルをゴールドスタンダード(※金本位制)にリセットする試み(の妨害)は、なぜディープステートが1963年にJFKを殺害したのか、なぜレーガンが撃たれて1981年3月31日に[ほぼ殺害]された(※晩年認知症にされた)のか(レーガンに対する他の暗殺の試みがいくつかあった)、そしてなぜ(2001年)9 /11にディープステートが行った(※自作自演テロ→本稿過去投稿2003から指摘)、クラッシュした飛行機の中で(※自国民の虐殺)、そして9/11にペンタゴンを襲ったミサイルを介して、ブッシュジュニア大統領、チェイニー副大統領、ラムズフェルドによって処刑されたツインタワーNYCで、3,000人以上の無実のアメリカ人を殺害したのであった。トランプは米ドルを金本位制にリセットする方法を導き、その過程では過去4年間で13回以上の暗殺未遂を乗り越えてきた。2018年(9月)、トランプ大統領が国内外の実体に対する選挙干渉と詐欺に関する大統領命令に署名したとき、戒厳令の下で資産がどのように押収されるかについて概説(※明記)されていた。トランプが辞任する直前に反乱法を扇動して制定された現在の戒厳令(※2021.1.09?or1.11?発令未確認)により、米国納税者のドルを含む陰謀団(DS)のUS Inc資産が押収され、国民に返還される可能性がある(※今後は不明)。
https://themarshallreport.wordpress.com/2021/01/20/trump-ode-to-the-corporation/
同時に、グローバル通貨リセット(※RV)が展開され、209か国の通貨が金資産担保証券に変更された(※未確認で真偽不明)。バイデンの違法な違憲政権とDCの違法な沼地政府は、暫定軍事米国政府によって(※権限が否定され)削除された。暫定軍事米国政府は、国防長官クリス・ミラー、統合参謀本部議長ジョン・ハイテン、国土安全保障省の長官(元海上戦闘官)ピート・ゲイナーが率いることになった。ゲイナーは、ロバート・フェントンがFEMAの責任者を務めることを通じてFEMAを指揮した。マイク・フリン将軍は、非公式の軍事情報指導者であり、トランプと彼の数千人の同盟指導者のチームの舞台裏で連絡を取って指揮していた。ジョー・バイデンは、破産したUS Corporation、Incの真の権力を持たない、違法で非合法に選出された(※フェイク)「大統領」である。バイデン大統領命令(※修正された大統領令も公式ではない)は連邦官報に記録されていません。責任のある公務員は、残りの部隊とともに軍事法廷での逮捕と起訴に直面することを含め、バイデン政権の反逆罪に関与することを知っていたからである。」(以下省略※はハルジャス注釈』)』




【大統領令乱発】アメリカを破壊する大統領(仮)/ワシントンの停電と通信障害?2021/01/29
/watch?v=d3Y3QLLmKuo


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/01/29
/watch?v=lpv_Os3Av1c



【第88弾】不思議な旅は視聴者と共に???2021/01/29
/watch?v=ROMJWBVpC_U


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報?2021/01/29
/watch?v=Is75LNTeMcs


【トランプアップデート】1/25_トランプ新党キックオフか?、ワシントン停電!!(大統領選、リンウッド情報)?2021/01/25
/watch?v=BsneGKV9lvA&feature=youtu.be


【さがわ】声明が一気に加速!? 内戦、紛争、戦争の高鳴り 奴らも復活!? パウエル ジュニアーニ 大統領選 トランプ Trump 米大統領選?2021/01/29
/watch?v=7o5Ii6W67XU
 

/49