[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


世界歴史大転換【833】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月14日(金)11時49分10秒
  [Podesta Military Tribunal: Day 3 Guilty!]
By Michael Baxter -May 7, 2021

On Thursday, the Office of Military Commissions, Rear Adm. Crandall presiding, segued away from Podesta’s fascination with small children and focused instead on criminal actions he had taken against Donald J. Trump and his family.
Rear Adm. Crandall showed the three-officer, all-female panel statements of guilt Podesta had written and signed prior to the tribunal and before the military had rescinded a plea deal removing capital punishment from the table. One statement described how Podesta, Hillary Clinton, and then-DNC Chairwoman Donna Brazile planned to extort Trump into dropping out of the 2016 presidential election. The plan, which was Podesta’s idea, involved kidnapping Trump’s youngest son, Barron, and threatening to “send him home in pieces” unless Trump followed the kidnapper’s demands.
To obfuscate their participation, Podesta suggested using a third party with no ties to the DNC to hire Chinese nationals to grab Barron Trump. At the time, Barron was 10 years old and typically in the company of his mother, Melania Trump. Tuesday and Friday afternoons were the exceptions. For 2 hours on those days, Barron left his mother’s side and travelled with a Secret Service detail to posh NYC toy stores like FAO Schwartz and Kidding Around, child-friendly places the SS had rigorously vetted.
“They learned the Trumps’ schedule. They intended to either pay off the Secret Service or create a distraction to kidnap young Barron. This ill-conceived plot was not carried out, but that’s not the point. Conspiracy to commit a crime is an actionable offense. The level of hubris is mindboggling,” Rear Adm. Crandall told the panel.
Moreover, he showed the panel an email Podesta had sent to Clinton and Brazile. “Difficult but doable. Will cost a lot, probably. But if we get ‘B’ then ‘D’ will have no choice,” the email read.
A reply from Brazile said, “Let’s do it.”

“Clinton and her minion, I mean the defendant, were publicly confident Hillary would win that election. Privately, they had an abundance of fear that Trump was going to win. So fearful they wanted to kidnap his son. A profusion of both arrogance and fear,” Rear Adm. Crandall said.
After a short recess, Rear Adm. Crandall focused on a Podesta-and-Clinton-hatched plot to assassinate President Donald J. Trump during his visit to Vatican City on May 23-24, 2017.
Podesta’s written confession told a horrific tale about hiring someone to murder Trump at the Apostolic Palace. In this case, the plan to kill Trump failed, but still a life was lost.
Rear Adm. Crandall read from Podesta’s confession: “It was both our idea to eliminate Trump because we knew Pence would be more agreeable to work with. Hillary had connections in the Vatican, and she asked me to contact a man I knew only as Vittore Mazzi. We wired him the equivalent of $2,500,000 and told him we didn’t want details, only results. He wrote back, cryptically, he would poison Trump’s dinner plate and make sure it was only Trump who got poisoned food. Since we were not expecting to hear back until the job was completed or network news announced Trump was dead, I didn’t check the email address he responded to until after the dinner was scheduled. If I’d checked earlier, I would’ve told him to find a different way to kill Trump, because we know, of course, that a food tester accompanies him on most domestic and all trips abroad. I learned shortly thereafter that someone besides Trump had eaten food from his plate and died. The administration covered it up because there isn’t supposed to be public knowledge that a president employs a food tester, and his administration was afraid public dissemination would damage public opinion of the Secret Service. That’s what I learned. And I can only assume they asked the Vatican to keep it under wraps.”
“The defendant was a pitiful schemer,” Rear Adm. Crandall said, addressing the panel. “It seems that when Clinton tasked you with planning these crimes, things always went awry. Your involvement is indisputable. Regardless the statements and emails, out of his own mouth he admitted to these crimes at Clinton’s trial. This commission could spend weeks or even months highlighting his expansive criminal career, but we have others to bring to justice.”
A tearful and sullen Podesta slouched in his chair. Beside him, his counsel, Trisha Anderson, stared at the screen of her MacBook and rapped at the keys. She slowly rose to her feet and with an acrimonious smirk on her face, asked to make a statement.

“I remind the commission that my client’s admissions of guilt were based on a good faith agreement. JAG has pulled a bait-and-switch on Mr. Podesta. Had he known he might receive capital punishment, he would not have cooperated. The U.S. military is subverting justice, and Mr. Podesta, by no means a picture-perfect man?who among us is??is being railroaded. I ask that you ladies, you officers, consider JAG’s behavior before deciding Mr. Podesta’s outcome,” Trisha Anderson said.
Rear Adm. Crandall gave a brief review of the charges and reminded the panel that a military commission, unlike a civilian court, needed only a majority vote to convict. He also said the tribunal, again unlike a civilian trial, does not have a separate penalty phase and that judgment be rendered once a determination of guilt is reached. Without a moment’s hesitation, the panel announced it had reached a verdict, finding Podesta guilty on all charges. It recommended Podesta receive capital punishment for his grievous crimes.
“Ms. Anderson, does your client understand the verdict, and does he have a preference as to how this sentence will be carried out?” Rear Adm. Crandall asked.
Podesta broke down in tears, his shoulders heaving fitfully.
“You’re murdering him, you decide,” Trisha Anderson said.
“Very well. This commission decrees John Podesta will face capital punishment by firing squad, the act to be carried out on 1 June. This session of the military commission on tribunals is concluded,” Rear Adm. Crandall said.
As Podesta was helped to his feet and escorted from the tribunal chamber, his counsel said she would appeal the decision to anyone and everyone willing to listen.

“I remind the commission that my client’s admissions of guilt were based on a good faith agreement. JAG has pulled a bait-and-switch on Mr. Podesta. Had he known he might receive capital punishment, he would not have cooperated. The U.S. military is subverting justice, and Mr. Podesta, by no means a picture-perfect man?who among us is??is being railroaded. I ask that you ladies, you officers, consider JAG’s behavior before deciding Mr. Podesta’s outcome,” Trisha Anderson said.
Rear Adm. Crandall gave a brief review of the charges and reminded the panel that a military commission, unlike a civilian court, needed only a majority vote to convict. He also said the tribunal, again unlike a civilian trial, does not have a separate penalty phase and that judgment be rendered once a determination of guilt is reached. Without a moment’s hesitation, the panel announced it had reached a verdict, finding Podesta guilty on all charges. It recommended Podesta receive capital punishment for his grievous crimes.
“Ms. Anderson, does your client understand the verdict, and does he have a preference as to how this sentence will be carried out?” Rear Adm. Crandall asked.
Podesta broke down in tears, his shoulders heaving fitfully.
“You’re murdering him, you decide,” Trisha Anderson said.
“Very well. This commission decrees John Podesta will face capital punishment by firing squad, the act to be carried out on 1 June. This session of the military commission on tribunals is concluded,” Rear Adm. Crandall said.
As Podesta was helped to his feet and escorted from the tribunal chamber, his counsel said she would appeal the decision to anyone and everyone willing to listen.

【[ポデスタ軍事法廷:3日目有罪!]マイケル・バクスター著-2021年5月7日
木曜日に、軍事裁判委員会の事務局、クランダル少将が主宰し、ポデスタの小さな子供たちへの魅力テーマから離れ、代わりにドナルドJ.トランプと彼の家族に対して彼がとった誘拐未遂の犯罪行為に焦点を合わせました。クランダル少将は、ポデスタが法廷の前に、そして軍が死刑をテーブルから取り除く司法取引を取り消す前に、罪状決定の3人の判事、すべて女性判事のパネル声明を書いて署名したことを示した。ある声明は、ポデスタ、ヒラリー・クリントン、そして当時の民主党全国委員会のドナ・ブラジル委員長が、トランプを2016年の大統領選挙から撤退させることをどのように計画したかを説明しました。ポデスタのアイデアであった計画には、トランプの末っ子であるバロンを誘拐し、トランプが誘拐犯の要求に従わない限り、「彼をバラバラに家に送る」と脅迫することが含まれていました。彼らの参加を難しく複雑化するために、ポデスタは、DNCと関係のない第三者を使用して、バロントランプをつかまえるために中国民を雇うことを提案しました。当時、バロンは10歳で、通常は母親のメラニアトランプと一緒にいました。しかし、火曜日と金曜日の午後は例外でした。その日の2時間、バロンは母親の側を離れ、シークレットサービスの詳細スケジュールを持って旅行し、SSが厳しく吟味した子供向けの場所であるFAOシュワルツやキディングアラウンドなどのニューヨークのおもちゃ屋を大勢で豪華にしました。「彼らはトランプのスケジュールを学習しました。彼らはシークレットサービスに仕返しするか、若いバロンを誘拐する気晴らしを作ることを意図していました。この病気じみた企みのプロットは実行されませんでしたが、それは重要ではありません。犯罪を犯すための陰謀は、実行可能な犯罪です。このような傲岸で圧倒的な傲慢さのレベルは気が遠くなるようなものです」とクランダル少将はパネルに語った。さらに、彼は、ポデスタがクリントンとブラジルに送信した電子メールをパネルに示しました。 「難しいが実行可能。おそらく、かなりの費用がかかります。しかし、「B」を取得した場合、「D」は選択の余地がありません」とメールは読めました。ブラジルからの返事は、「やってみよう」と言った。「クリントンと彼女の手先、つまり被告は、ヒラリーがその選挙に勝つと公に確信していた。しかし個人的には、彼らはトランプが勝つだろうという恐れをたくさん持っていました。彼らは彼の息子を誘拐したかったので、とても恐れていました。....傲慢さと恐れの両方が溢れている」とクランダル少将は語った。短い休憩の後、クランダル少将は、2017年5月23~24日にバチカン市国を訪問した際に、ドナルドJ.トランプ大統領を暗殺するためのポデスタとクリントンの孵化した暗殺計画に焦点を合わせました。ポデスタの書面による告白は、バチカン宮殿でトランプを殺害するために誰かを雇うことについての恐ろしい話を語っています。この場合、トランプを殺す計画は失敗しましたが、それゆえポデスタの人生は失われました。クランダル少将は、ポデスタの告白から次のように述べています。ヒラリーはバチカンでコネクションがあり、ポデスタがヴィットーレ・マッツィとして名前しか知らない男に連絡するように私に頼んだ。私たちは彼に2,500,000ドル相当を配信し、なすべき詳細は伝達の必要なく、結果のみを求めていると伝えました。彼は、不可解なことに、トランプのディナープレートに毒をもって毒殺しようとして、毒物を受け取ったのはトランプだけであることを確認したと書き返信しました。その仕事が完了することで、ネットワークニュースがトランプの死を発表するまで返事が来るとは思っていなかったので、夕食が予定されるまで、彼が返信してきたメールアドレスを確認しませんでした。以前には妨害を確認した場合、トランプを殺すための別の方法を見つけるように彼に言ったでしょう。もちろん、毒見役フードテスターがほとんどの国内およびすべての海外旅行で彼に同行することを知っているからです。その後まもなく、トランプ以外の誰かが彼の皿から食べ物を食べて死んだことを知りました。大統領が毒見役フードテスターを雇っているという世論がないはずだったので、政権はそれを覆い隠しました。そしてトランプ政権は公の告知がシークレットサービスの評判を損なうことを恐れていました。それが私が学んだことです。そして、私は彼らがバチカンに事件を覆い隠すように頼んだと推測することができるだけです。」「被告は哀れなプランナーだった」とクランダル少将はパネルに演説した。 「クリントンがあなたにこれらの犯罪を計画するように命じたとき、物事は常にうまくいかなかったようです。あなたの関与は議論の余地がありません。声明や電子メールに関係なく、彼は自分の口から自白してクリントンの裁判でこれらの犯罪を認めました。この委員会は、彼の広範な犯罪歴を強調するために数週間から数か月を費やす可能性がありますが、他の件でも裁判にかけることができます。」涙を流して不機嫌なポデスタが椅子に腰を下ろした。彼のそばで、彼の弁護顧問であるトリシャアンダーソン[Trisha Anderson]は、彼女のマックブック[MacBook]パソコンの画面を見つめて、キーを叩きました。彼は彼女の顔に辛辣なにやにや笑いを浮かべて、ゆっくりと立ち上がって声明を出すように頼んだ。
「私のクライアントの罪状の容認は誠実な合意に基づいていたことを委員会に思い出させます。JAGはポデスタ氏のおとり捜査を引っ張った。もし彼が死刑判決を受けるかもしれないことを知っていたら、彼は協力しなかっただろう。米軍は正義を覆している。そしてポデスタ氏は決して絵に描いたように完璧な男です-私たちの中にこのような人間は誰がいるのか?-がレールに乗っているのだった。ポデスタ氏の判決結果を決定する前に、女性、将校、JAGの行動を考慮してください」とトリシャアンダーソンは言いました。クランダル少将は起訴の簡単なレビューを行い、軍事委員会は文民裁判所とは異なり、有罪判決を下すのに過半数の投票しか必要としないことをパネルによって思い出させた。彼はまた、審判は、やはり民間の裁判とは異なり、別個の罰則段階がなく、有罪の決定に達した時点でただちに判決が下されると述べた。しばらくためらうことなく、パネルはそれが評決に達したと発表し、すべての提出された容疑でポデスタに有罪が認められました。それは、ポデスタが彼の重大な犯罪に対して死刑を科されることを勧めていました。"MS.アンダーソン、あなたのクライアントは評決を理解していますか、そして彼はこの判決文がどのように実行されるかについて選択の好み[※絞首刑or銃殺刑or電気椅子]を持っていますか?」クランダル少将が尋ねた。ポデスタは涙を流し、肩をしっかりと持ち上げた。「あなたは彼を殺害している、あなたが選んで決めることです」とトリシャ・アンダーソンは言った。"結構。この委員会は、ジョン・ポデスタが銃殺隊による死刑に直面することを命じました。これは6月1日に死刑執行が行われる行為は銃殺です。審判に関する軍事委員会のこのセッションは終了しました」とクランダル少将は言いました。ポデスタが倒れそうな彼の足元において助けられ、審判室から護衛されたとき、彼の弁護顧問は彼女が誰にでもそして聞くことをいとわないすべての人に決定を上訴すると悔し紛れに言いました。[おわり]・翻訳文責ハルジャス】


『下記のジュディノート一連のYT中身についての真贋判定は、Q投稿の翻訳をこのサイトで長年携わっていた経験・経緯から、トランプファン層の[Qアノン]ではない本物[個人正体が明かされない]「Q」の主張する陰謀論とかなりのダブリ主張が窺えるので、その点ミニDECLASはほぼ概ね正しいと言えるだろう。しかし、過去のQ投稿解説で筆者が指摘した、マネー価値再評価「RVに関してQは一度のみさらりと指摘していた」のが厳正なファクトであり、Nesara/Gesaraはたったの一度も言葉や解釈としてQは触れていなかった事実が、大いに気になっている。これはQの翻訳者がよく判る真相の真実ファクトであり、世の中の気運はトランプ=Qとか、JFKjr副大統領=Qとして広く想像解釈しはじめているようだが、トランプは非公式にしかQの存在をまだ現時点になっても公には認めていないことでもあり、Q=存在否定しないこと=Qのファン層を政治的に暗黙に了承したことに一応なっている。筆者も度量あるその政治的な姿勢には賛成であるが、ただし、金融リセットの現実的観点からは、まだNesara/Gesaraの具体的なアクションプランは、YTによれば[スイフト]=事実上のスイフト停止と債権両替手続き(ティア1-5)概略や手続きの方法紹介のみのプロパガンダ・コメントなので、殆ど[QFS量子金融システム全体像やディテール詳細へ踏み込んだ解説]がいまだ無く不明なので、このことに関連してGesara詐欺のあった過去の事実も鑑みて、現時点で安易安直にストレートな金融リセットのアクションプランが、実際この5月中旬から「闇の10日間」を挟んでまもなく米国で起こるという、「やや拙速な主張」=有無を言わせない金融革命論には、まだ慎重に見極めるべき段階であり、軽々かつ安直に賛成できないため、ジュディノートのこの論説に組していないからである。再度書くが、敵方DS/CABALの裏の思惑も含めて、世界全体の世論を熟成させていける完全な金融リセットのスケジュール調整には、長くておよそ10年くらい掛かる筈と見込まれると睨んでいる。たとえBiden/Harisら、つまり1871年からの私有FRB[FRS]という単なる私的な私有会社の小間使いパシリ子分のCEO共に、ようやく2020年トランプ大統領に金融システム競争では負けて倒産した旧アメリカ合衆国の莫大な[多分負債は総計で億京ドル単位を遥かに超える数値になるだろう]負債債権を押し付ける[フェイルアウト作戦]がもしも可能になったとしても、[闇ウォール街+産学複合体組織+フェイクマスコミ=CCP=ハイブリッド血族寡頭支配]が100年以上も長く続いてきたので、善悪含めた世界の世論が十分腹の底から了解して金融リセット論をよく理解して呑み込める受け入れ猶予時間、つまり気が遠くなるような準備猶予モラトリアム期間が、きっと相当年月かかり、必ずや必要になりそうである。現実的な視点から観ても、マネー分野のみで金融リセット理論として[理想論として]は賛成であるが、まだまだNesara/Gesaraについて現実世界でのアクション=即行プランを、単に筆者の穿った杞憂かもしれぬが、本当に現時点で短兵急にあえて実施すべきなのか否か、まだまだ実効性を懸念し続けているのが下世話な大衆(and筆者)の本音であろう。なお世界中にあるとされる地下数マイルに潜む未公開要塞DUMBsに監禁されていた=誘拐された子供95%の救出作戦完了(ペンネーム仮名Gene Decode氏)という彼の証言があり、DUMBs作戦関与者の匿名ジーン氏(顔出しは未だ無し)がほぼ作戦完了を証言したと言われている。トランプ大統領の作戦、世界に潜む地底数マイルの地下軍事基地DUMBsトンネル[※CABALのスイス本部はレマン湖の底6Kmにあり、NYからイタリアのジェノバまで敵方CIA職員が宇宙人製の高速列車=リニアモーター列車[フリーエネルギー利用]で数十分以内で到着して、ロシア製のような宇宙人製大深度海底潜水艦で地下トンネル水脈を進み、レマン湖地下本部まで数時間内で素早く行く?らしい)からの子供たち特殊部隊救出作戦は、本当に凄い快挙であり、一般世間には隠れた事実だったことは確かなようである。残る5%児童救出作戦は未完了となるが、残悪党とレプ地底人を残してでも踏み切るべきだろう。子供達の身の上安全確保が見込みある意思決定をQ+トランプ軍がしたのなら、残るこれらの作戦は迷いなく臆せずやるべきだろう。ハルジャス』



ジュディノートより ディープステートの終焉【2021年4月23日】?2021/04/24
/watch?v=u1d_sgHNprI


ジュディノートより ディープステートを逮捕中【2021年4月25日】?2021/04/26
/watch?v=rcYSza3Ztzg


ジュディノートより 明かされる真実【2021年4月26日】?2021/04/27
/watch?v=MIuMGx0pazQ


DSのトップは排除済み、共和国大統領トランプによりGESARAはいつでも発動可能!?一人でも多くの目覚めが必要です!?2021/05/01
/watch?v=DC0FFmi5oOo


※世界DUMBsの95%は救出作戦完了(Gene Decode氏)
ジュディノートより 株式の大暴落、リンウッド弁護士のメッセージ【2021年5月6日】?2021/05/09
/watch?v=YI4UY4u5ujY


ジュディノートより最新情報【2021年5月9日】?2021/05/10
/watch?v=WNSnVNE93DY


【闇の】10日分の水と食料を備蓄して下さい ジュディノートより最新情報【2021年5月10日】?2021/05/11
/watch?v=C_Z1PVR1TH0&t=272s


カバール支配の終わりと新時代の幕開けに人々の覚醒が必要な理由?2021/04/30
/watch?v=5XJJL76Yh5Y


信じられないようなことが起こります ジュディノートより最新情報【2021年5月11日】?2021/05/12
/watch?v=7WcoDPjzoUo


Qから直接??のメッセージです①中国の異常気象 ジュディノートより最新情報【2021年5月12日】?2021/05/13
/watch?v=Bx1H5ItgxZI


Qから直接??のメッセージです②全てが新システムへ ジュディノートより最新情報【2021年5月12日】?2021/05/13
/watch?v=Dgb8XlmxvNA


経済政策とDSへ仕掛けた虎の経済政策①私達は現在ショーを見ている。X22Reportより?2021/04/25
/watch?v=2abIZGlfTyo


トランプさんの外交作戦とバイデン政権②私達は現在ショーを見ている。X22Reportより?2021/04/26
/watch?v=P_2zLy2OkpQ


メドベッドによる医療技術革新!未来の医療テクノロジーとは?テスラから発売中【Medbed】?2021/04/25
/watch?v=D-GW_tOTALk


元エリア51職員のスーパーソルジャーが死ぬ直前に明かしたエリア51の真実について?2021/05/13
/watch?v=pPzsfKD4ZT0


アンドロメダ星人から聞きアレックスコリアが明かした第四密度に移行したらできることについて?2021/05/13
/watch?v=Y9q9J58OHCc


FOXニュースのキャスターがファウチ氏に対する△△を要請!?2021/05/14
/watch?v=MNnhZ2qWqMI
2021.05.13【米国】《生物兵器説の可能性高まる??》パンデミックの責任は現大統領補佐官にあり???FOXアンカー、カールソン「ファウチ博士を犯罪捜査せよ??」【及川幸久-BREAKING-】?2021/05/13
/watch?v=SjFgoy_trSE


アメリカ18州で石油不足、フロリダで非常事態 B爺さんやる気なし無気力か??2021/05/13
/watch?v=fn4rem0yrp8


※推奨YT:2/17to5/12まで日本は39人ワクチン接種死だった!!!
コロナワクチン副反応 速報!5月12日 死亡39人 接種日に死亡3人 1日後6人 女性83% 年齢別20~40代73% 101歳女性死亡 90代女性7人 80代男性2人 ワクチン因果関係は評価できない?2021/05/13
/watch?v=1uoDLyOA_-8
 

世界歴史大転換【832】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月13日(木)12時43分25秒
  [Podesta Military Tribunal: Day 2]
By Michael Baxter -May 6, 2021
Podesta Military Tribunal: Day 2 - Real Raw News:
https://realrawnews.com/2021/05/podesta-military-tribunal-day-2/

[Update: Podesta Military Tribunal, Day 3 GUILTY!]

On Wednesday afternoon Rear Adm. Crandall came out swinging.
“Not only did the defendant abuse innocent, unsuspecting children, but he took medication to carry out his macabre crimes,” Rear Adm. Crandall addressed the three-officer, all-female panel. “See, for much of his adult life, John Podesta has had erectile dysfunction. He admitted to this pre-trial, and you have before you copies of his written statements, with his signature in his handwriting. To remedy his ailment, Podesta did what many men do: He got a prescription for ED medication, in his case Cialis. Unlike most men, however, Podesta didn’t use this medication to have consensual sex with adult partners. He used it to terrorize adolescents. Let that sink in. John Podesta took erectile dysfunction medication to have sex with kids.”
“It’s hard for me to articulate this to you,” Rear Adm. Crandall said, still addressing the panel, “not because you fine officers are all female, but because of the nature of these crimes. I’d have the same difficulty talking to an all-male commission.”
According to Podesta’s statement, he grew weary of taking Cialis, which, he said, left him feeling lethargic and nauseous afterward. In August 2009, he was told of a “miracle remedy” that allegedly treated ailments from the common cold to pneumonia, from erectile dysfunction to stage 4 pancreatic cancer. The person who told Podesta about this cure was none other than William Jefferson Clinton, who, Podesta claimed, had self-administered it for nearly 30 years.
The cure involved a process whereby blood was drawn from the adrenal gland of young, frightened children. The younger and the more frightened, the better, Podesta had written in his statement to JAG. Several vacutainers of blood were taken from children, usually when they were in a state of unfathomable fear. Because the blood was drawn from a small gland above the kidneys, the jab was extremely painful.
“Podesta says the blood was spun through a centrifuge, then refrigerated and sent to an ‘underground’ laboratory in Switzerland, where it was blended with other chemicals and attenuated into a compound that, when injected, rejuvenated the recipient with newfound vim and vigor. He also says it never cured his ED. Mind you, there is no scientific evidence supporting the efficacy of this fairytale compound, but he says he and countless others have taken it to feel youthful, energetic, and, ummm, to extend life,” Rear Adm. Crandall said.
In his statement, Podesta said the pharmaceutical concoction, which he called adrenochrome-C9H9NO3CU7TI9CN5, was administered either by injection or, for greater efficiency, intravenously suspended in a saline solution. He wrote he had received a dozen infusions since 2009.
“This fiend says this product is being used by thousands of wealthy people, wealthy because, he says, it cost about $250,000 per injection or $425,000 per infusion. Let’s be clear: This is sickening and, if true, people who took this will eventually be brought to justice,” Rear Adm. Crandall said.
As he spoke, a handcuffed Podesta sat silently beside his attorney wit his elbows planted firmly on the desk. His head lowered, he avoided glancing at the three officers tasked with deciding his fate.
Rear Adm. Crandall said the prosecution would present its final evidence Thursday afternoon[to be continued].


【[ポデスタ軍事法廷:2日目]
マイケル・バクスター著-2021年5月6日

[更新:ポデスタ軍事法廷、2日目]
水曜日の午後、クランダル少将がやや揺れて出てきた。
「被告は無実の無防備な子供たちを虐待しただけでなく、彼は彼の不気味な犯罪を実行するためにある薬を服用しました」とクランダル少将は3人の判事のすべて女性のパネルに演説しました。 「ほら、彼の成人期の多くの間、ジョン・ポデスタは勃起不全を患っていました。彼はこの審理前それを認めました、そしてあなたはあなたの前に彼の手書きの彼の署名で彼の書かれた声明のコピーを持っています。彼の病気を治療するために、ポデスタは多くの男性がすることをしました:彼はED薬、彼の場合はシアリスの処方箋を受け取りました。ただし、ほとんどの男性とは異なり、ポデスタはこの薬を使用して成人のパートナーとの合意に基づくセックスをしませんでした。彼はそれを使って青年を恐怖に陥れた。それをを深く掘って浸透させましょう。ジョン・ポデスタは、子供とセックスするために勃起不全薬を服用しました。」
クランダル少将は、「これをあなたに明確に伝えるのは難しい」と述べ、「あなたの立派な将校がすべて女性であるからではなく、これらの犯罪の性質のために」と述べた。男性全員の委員会と話すのも同じように難しいでしょう。」
ポデスタの声明によると、彼はシアリスを服用することにうんざりし、その後、無気力で吐き気を催したと彼は言いました。2009年8月、彼は、風邪から肺炎、勃起不全からステージ4の膵臓癌までの病気を治療したとされる「奇跡の治療法」について知らされました。この治療法についてポデスタに話したのは、ポデスタが30年近く自己管理していたと主張するウィリアム・ジェファーソン・クリントンに他なりません。
治療には、おびえた幼い子供たちの副腎から血液を採取するプロセスが含まれていました。ポデスタは、若くて恐ろしいほど、[JAG]への声明の中で書いていました。数人の血のバキュテナーは、通常、彼らが計り知れない恐怖の状態にあったときに、子供たちから連れて行かれました。腎臓の上の小さな腺から採血されたため、ジャブは非常に痛かった。
「ポデスタによると、血液は遠心分離機で回転し、冷蔵してスイスの「地下」研究所に送られ、そこで他の化学物質と混合されて化合物に減衰し、注入されると、新たに発見された活力と活力でレシピエントを若返らせました。彼はまたそれが彼のED[インポテンツ]を決して治さなかったと言います。このおとぎ話の化合物の有効性を裏付ける科学的証拠はありませんが、彼と他の無数の人々が、若くてエネルギッシュで、うーん、寿命を延ばすためにそれを摂取していると彼は言います。
ポデスタは声明の中で、[アドレノクロム-C9H9NO3CU7TI9CN5]と呼ばれる医薬品の調合薬は、注射によって投与されるか、効率を高めるために生理食塩水に静脈内に懸濁されたと述べています。彼は、2009年以来12回のアドレナクロム注入を受けたと書いています。
「この悪鬼は、この製品が何千人もの裕福な人々によって使用されていると言います。なぜなら、一回の注射あたり約250,000ドル、または注入あたり425,000ドルかかるからです。はっきりさせておきましょう。これは気分が悪く、もし本当なら、アドレノクロムを受け取った人々は最終的に裁判にかけられるでしょう」とクランダル少将は言いました。
彼が話している間、手錠をかけられたポデスタは、彼の肘が机の上にしっかりと支えられているのを見て、彼の弁護士のそばに静かに座っていました。彼は頭を項垂れて、運命を決める任務を負った3人の軍事判事をちらっとも見ないようにしていた。
クランダル少将は、検察が木曜日の午後に最終的な証拠を提示すると述べた。最終回DAY3に続く。翻訳文責ハルジャス】

『ギトモ裁判はたったの三日間の法廷のみでポデスタの尋問を早々に終了する予定である。スピード裁判になる自己弁護しかない軍事裁判というものが被告にとって法外の厳しさがあることがよく判る例だろう。別件のペロシは影武者を間違えて捕まってしまったので、多分本物はどこかに姿を消してしまったようだが、追跡の捕り物劇作戦が継続しているという。いずれ、ペロシ魔女の逮捕もそう遠からず行われる筈で、それは時間の問題であり、RRNで発表されることであろう。イスラエルはハマスをミサイル爆撃しており、世界的な世情が攪乱されている。イスラエルは人口約900万のうちの62%が毒入りワクチンの接種を終えたらしいが、接種してからおよそ10日間程度で早くも288名がワクチン接種起因死[公式発表たったの45人ワクチン接種死]が発生していた。[⇒No831転載]「ワクチン接種で今まで[288件の死亡報告]があり(ワクチン接種後10日までの90%)、そのうち64%が男性でした。」しかし、報告書は、「イスラエル保健省によって提供された公式発表データによると、イスラエルでのワクチン関連の死亡はわずか45人でした」と述べています。」恐らくは国内の国民むけの世論逸らしのスピン報道をしてそのナチスのような恐怖ホロコーストの事実を隠蔽したかったのだろう。災いファイザーmRNAワクチンが終末論を引き起こすきっかけの手順=ファーストステップになっているからで、裏でレマン湖低6000Mに存在しているらしいスイス地底CABAL本部とバチカン残党主導のディープステート&カバール闇の工作と連携して、世界中を破壊と混沌の闇に落とし込む実質的な第三次世界大戦の地上地獄の惹起の狙いがあるのだろう。ハルジャス』



【再掲】765〇欺〇訟が始まる! 1000人の弁護士と1万人の〇療関係者。?2021/05/09
/watch?v=7mgoC2GQV5E


国防総省ペンタゴンに入場拒否された梅&捕まったミリー統合参謀長 2021/04/17 - ?2021/05/12
/watch?v=3GPtJc-o08U


ゴムマスク着用の覆面〇〇御用だ御用だ~?2021/05/12
/watch?v=ywql1OqHpVA


※20名死亡が追加され合計39名ワクチン接種死亡!
5月12日ワクチン死亡報告?2021/05/12


緩兵の計【第172回】?2021/05/12
/watch?v=uFxhK8bOekM


17州で戒〇令??ついに緊急放送近いか ??日本の街に〇甲車?? 世界通信??害??イスラエルで????準備??タイガー放送は全世界スマホで送信(^^)???/?2021/05/12
/watch?v=pbDPQQMqR1I


スパイクタンパク質でコロナワクチンは血管障害を引き起こす!? すべてのcovidワクチンは直ちに中止し、回収する必要があります! アメリカの権威○○○研究所?2021/05/12
/watch?v=NexMFsFTRbI


※アクテムラとトシリズマブが日本製でランセット治験成果!
【希望】日本生まれのあの薬がコロナ感染者をより救うとわかった! 開発者の言葉が胸を打つ?2021/05/12
/watch?v=xUDBRXCfOa0


※変異株の仕組み
新型コロナウイルス変異株とは:増殖阻害するアミノ酸5-ALAは効くのか??2021/05/05
/watch?v=eNPDQryT3ms


アミノ酸5-ALAの新型コロナウイルス感染症治療に対する臨床研究始まる。?2021/01/28
/watch?v=v7UnRmJoPZQ


【画像あり】「新型コロナ増殖を100%阻害」 長崎大が5-ALAの研究発表との報道 どう読む??2021/02/17
/watch?v=DzvurnAdKs4


【再び日本最速紹介】新型コロナワクチンの血栓について予兆や検査のさらなる情報が明らかに!?2021/04/20
/watch?v=fKGJQAXaxOc


【これで解決】ワクチンを救いたい 接種者を血栓から救いたい?2021/04/22
/watch?v=7jO9o04CX9Y&t=2s


元エリア51職員のスーパーソルジャーが明かした日本でのレプティリアンとの戦いについて?2021/05/12
/watch?v=qUz1mu97-W8


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたアポロ11号の真実について?2021/05/12
/watch?v=iAwcBl32Njc


アンドロメダ星人から聞きアレックスコリアが明かした日本人の進化を妨げている要因について?2021/05/03
/watch?v=ONo2zXHqGr4


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたタイムトラベラーの見分け方について?2021/05/09
/watch?v=SbQD0fi8adc


【驚愕】C国が作成した論文に記載されていた内容?2021/05/12
/watch?v=4FsPjVDla0o


※詐欺的NesaraGesaraの金融リセット量子金融システムQFSスケジュール情報以外[闇の10日間]は、ほぼ正しいのかも?
Qから直接のメッセージです①中国の異常気象 ジュディノートより最新情報【2021年5月12日】?2021/05/13
/watch?v=Bx1H5ItgxZI


え張りのあほ女釜針さんはもう大統領になった気分?2021/05/13
/watch?v=rxo80TbCkFA


※CCP主要中国会社を上場廃止=宣戦布告か??世界的下落モードに入ったのか?
アメリカで17州が非常事態宣言!世界緊急放送への合図か??2021/05/13
/watch?v=My84xG12nEA
 

世界歴史大転換【831】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月12日(水)09時40分37秒
  [The Israeli People’s Committee Interim Conclusion Report, April 2021]:
[From Uncontrollable Impulse to Criminal Spin]GREATGAMEINDIA

https://greatgameindia.com/israel-report-pfizer-vaccine-side-effects/

Israeli People Committee’s Report Find Catastrophic Side Effects Of Pfizer Vaccine To Every System In Human Body(May 3, 2021)
The Israeli People Committee (IPC), a civilian body made of leading Israeli health experts, has published its April report into the Pfizer vaccine’s side effects indicating damage to almost every system in the human body. If the findings by IPC are genuine, then Pfizer vaccine is linked to more deaths in Israel than AstraZeneca’s in the whole of Europe. The findings are catastrophic on every possible level. This is a detailed report that highlights the most devastating findings.
The verdict of the Israeli People Committee is that “there has never been a vaccine that has harmed as many people.” The report is long and detailed (read full report below).
“We received 288 death reports in proximity to vaccination (90% up to 10 days after the vaccination), 64% of those were men.”
Yet the report states, “according to data provided by the Ministry of Health, only 45 deaths in Israel were vaccine related.”
If these are the genuine numbers, then Israel has failed to report on its experimental results genuinely.
We have been hearing a lot about the rare side effects of the AstraZeneca vaccine and more than 300 cases of blood clots found in Europe.
German scientists have found the exact 2 step process how the AstraZeneca COVID-19 vaccine causes blood clots in recipients. They describe a series of events that has to happen in the body before the vaccines create these large clots.
If the findings by IPC are genuine, then Pfizer vaccine is linked to more deaths in Israel than AstraZeneca’s in the whole of Europe.
Meanwhile, the US CDC and FDA have lifted their recommended pause on use of Johnson & Johnson’s coronavirus vaccine with a condition that it will now include a safety label warning that its vaccine comes with blood clot risks.
“According to Central Bureau of Statistics data during January-February 2021, at the peak of the Israeli mass vaccination campaign, there was a 22% increase in overall mortality in Israel compared with the previous year.”
“In fact, January-February 2021 have been the deadliest months in the last decade, with the highest overall mortality rates compared to corresponding months in the last 10 years.”
The IPC finds that “amongst the 20-29 age group the increase in overall mortality has been most dramatic. In this age group, we detect an increase of 32% in overall mortality in comparison with previous year.”
“Statistical analysis of information from the Central Bureau of Statistics, combined with information from the Ministry of Health, leads to the conclusion that the mortality rate amongst the vaccinated is estimated at about 1: 5000 (1: 13000 at ages 20-49, 1: 6000 at ages 50-69, 1: 1600 at ages 70+).”
“According to this estimate, it is possible to estimate the number of deaths in Israel in proximity of the vaccine, as of today, at about 1000-1100 people.”
If this is a genuine statistical analysis, then numbers reported by health authorities of Israel are misleading to a very great extent.[end]


【[イスラエル人民委員会[IPC]中間結論報告書、2021年4月]:[制御不能な衝動から犯罪へスピンした](2021年5月3日)GREATGAMEINDIAサイトより
https://greatgameindia.com/israel-report-pfizer-vaccine-side-effects/

イスラエル人民委員会[IPC]の報告書:The-Israeli-People-Committee-Interim-Conclusion-Report-April-2021.pdf (americasfrontlinedoctors.com)
は、人体のすべてのシステムに対するファイザーワクチンの壊滅的な副作用を発見しました(2021年5月3日発表)。イスラエルの主要な医療専門家で構成される民間団体であるイスラエル人民委員会(IPC)は、人体のほぼすべての細胞機能システムへの損傷を示すファイザーワクチンの副作用に関する4月のレポートを公開しました。IPCによる調査結果がもし本物である場合、ファイザーワクチンは、ヨーロッパ全体のアストラゼネカよりもイスラエルで多くの死者を出していることになり、(発生率で)とても関連しています。調査結果は、あらゆるレベルで壊滅的なものです。これ[PDF]は、最も壊滅的な発見を強調する詳細なレポートです。イスラエル人民委員会の評決は、「これほど多くの人に害を及ぼしたワクチンはこれまでなかった」というものです。レポートは長く詳細です(以下の完全なレポートをお読みください)。「ワクチン接種で今まで[288件の死亡報告]があり(ワクチン接種後10日までの90%)、そのうち64%が男性でした。」しかし、報告書は、「保健省によって提供された公式発表データによると、イスラエルでのワクチン関連の死亡はわずか45人でした」と述べています。これらが本物の数字である場合、イスラエルはその実験結果を、本物なのでなおさら報告することができませんでした。私たちは、アストラゼネカワクチンのまれな副作用とヨーロッパで見つかった300以上の血栓の症例について多くのことを聞いてきました。ドイツの科学者は、アストラゼネカCOVID-19ワクチンがレシピエント[症例]に血栓を引き起こす正確な2段階のプロセスを発見しました。それらは、ワクチンがこれらの大きな血餅を作る前に体内で起こらなければならない一連の出来事を説明しています。IPCによる調査結果が本物である場合、ファイザーワクチンは、ヨーロッパ全体のアストラゼネカよりもイスラエルで多くの死者を出していることに関連しています。一方、米国CDCとFDAは、ジョンソン&ジョンソンのコロナウイルス・ワクチンの使用を一時停止することを推奨しましたが、それからはコロナワクチンには血栓のリスクがあることを警告する安全ラベルが含まれるようになりました。「2021年1月から2月の中央統計局のデータによると、イスラエルの集団予防接種キャンペーンのピーク時に、イスラエルの全体的な死亡率は前年と比較して22%増加しました。」「実際、2021年1月から2月は、過去10年間で最も致命的な月であり、過去10年間の対応する月と比較して全体的な死亡率が最も高かった。」IPCは、「20~29歳のグループの中で、全体的な死亡率の増加が最も劇的であったことを発見しました。この年齢層では、前年と比較して全体的な死亡率が32%増加していることがわかりました。」「中央統計局からの情報を保健省からの情報と組み合わせて統計分析すると、予防接種を受けた人の死亡率は1:5000(20~49歳で1:13000、1)と推定されるという結論に至ります。:50~69歳で6000、70歳以上1:1600)。」「この推定によれば、ワクチンの接種でのイスラエルの死亡者数は、今日の時点で約1000~1100人と推定することができます。」これが本物の統計分析である場合、イスラエルの保健当局によって報告された数値は非常に誤解を招く可能性があります。[おわり]翻訳文責ハルジャス】

『表の公式発表の45人と本当のワクチン接種に起因した死者数288人は、240人もの乖離が見られ、更に実態(真の実数)を推測すると1000人から1100人の累計死者数になっていたと思われるイスラエル人民委員会(IPC)の報告書である。世界は狂気のmRNAワクチン殺人事件を引き起こしているのである。Plus Ultra The World1さんの05.11投稿引用↓YT「高齢者施設4人に1人がコロナワクチン開始3ヶ月で死亡(ドイツTV放送)EUワクチン接種後死亡合計12498人。内訳ファイザー7296人、モデルナ2865人、アストラゼネカ2102人、ヤンセン235人。(5月10日EUデータベース参照)日本のワクチンはファイザー製。テンペニー博士「コロナワクチンの動物実験は失敗に終わっていた」。これだけ亡くなっても日本のTVは報道しない、ワクチン接種も辞めないのは政府とTVによる人口削除目的としか思えない…」このことはもはや単なる動物実験から、とんでもなく悍ましい犯罪行為のナチスの如き人体実験ジェノサイドに世界ワクチン犯罪へと、マフィア悪党ナチスト共がシフトしていることを意味しているようだ。ハルジャス』

※IPC報告書
https://www.americasfrontlinedoctors.com/wp-content/uploads/The-Israeli-People-Committee-Interim-Conclusion-Report-April-2021.pdf


【帝王学を駆使?】コロナとワクチンの真相DVD生年月日別渡し方!??2021/05/11
/watch?v=b-jk7dlyJms&t=22s



コロナによる本当の死者数は1071人! 裏話 2 答えのない問題で答えを見つける工夫、コツ 陽性者≠感染者 コロナによる死者数1万人はウソ!??2021/05/10
/watch?v=XQnD4so3CZg&t=155s


コロナ 本当の死者数 1071人! [裏話 3] 日本で初めてわかった!? お墨付きを頂いた内容! 事実と感想を分ける 科学的に答えを探す工夫コツ 答えの無い問題に答えを出す毎日 腑に落ちないコロナ報道?2021/05/11
/watch?v=9EpXvV-a9Xs


【武田邦彦】ここへ来て全てがひっくり返りました! トンデモないスクープです! 今回はメディアの正体をノーカットで完全暴露します!?2021/05/11
/watch?v=fIcl8XYA9aU


プーさんが記念日にスピーチでナチスト意識を批判?2021/05/12
/watch?v=KmM0dnuKNps


ワクチン接種後に亡くなった方々日本は19名。報告悩む医療機関…遺族は「国に伝えて」コロナ最前線。ワクチンで亡くなった方々を無駄死にしてはいけない。作家今一生さんと一月万冊清水有高。?2021/05/10
/watch?v=_Mn18qLq7fE


バイデン政府がマリコパ郡の再集計審査に手を、左派マスコミはイメージ操作を【第169回】?2021/05/09
/watch?v=Hi8VJjSfr5w
バイ爺さん釜針も排除の時が来ているのか??2021/05/11/watch?v=eyhKxrFrYVA


※実際の日本の死者数は2071人+アルファ/一日約1300人くらいが正確。
コロナ 本当の死者数は? 実態1071人! 日本で初めてわかった!? 裏話 さかうえさんは90%以上真実を語っている! 日本COVID-19対策ECMOnetからお墨付き!?2021/05/09
/watch?v=cvXbVnmEH_8


米国務省報告書『中国政府はコロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦の準備している!世界が疑っていた『コロナウイルスは中国共産党の生物兵器では?』を証明する報告書がなんとアメリカ国務省から流出?2021/05/10
/watch?v=jLcd8_3_m88


[緩和医院長の焦る接種報告]コロナワクチンをうつとこうなります?2021/05/10
/watch?v=z_kQbnyhGso


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした人類に新時代をもたらしたい組織について?2021/05/1
/watch?v=YNGX-Yl4rdg


パ〇デミック100年周期説の正体・世界の真相を知る動画紹介・その他?2021/05/10
/watch?v=fzPcwOsa6fM


【武田邦彦の本音】※拡散希望※ 取り返しがつかなくなる前に、日本国民の皆様にお伝えしたい“あのワクチンの真実”がございます?2021/05/10
/watch?v=9onKDkZ3hi0
 

世界歴史大転換【830】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月11日(火)12時59分17秒
  [Comey Begs Military: “Please Don’t Kill Me!”]Real Raw News
By Michael Baxter -May 10, 2021
https://realrawnews.com/2021/05/comey-begs-military-please-dont-kill-me/

Having viewed Hillary Clinton’s corpse and learned of John Podesta’s impending doom, a panicked James Comey, currently a guest at GITMO, has been begging the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps for mercy and claiming crimes he committed were always at the request of eminently more powerful Deep State figureheads.
A source involved in Trump’s battle against the Deep State told Real Raw News that although Comey had agreed to cooperate with the military’s ongoing investigation on Barack Hussein Obama, he has not supplied details on a specific incident for which the military wants answers. As reported previously, JAG has evidence linking Comey, Obama, and Susan Rice to an illegal airstrike that killed 16 American patriots who in 2013 had gathered at a safehouse in the Colorado wilderness to protest Obama’s criminal regime.
“Comey has been dropping dimes on a bunch of people, but he isn’t talking about Obama. He’s the kind of guy who’d rat out his mother. Either Comey fears Obama more then he does his own execution, or he really is clueless,” our source said.
But military investigators, our source added, have ample evidence connecting Comey to Obama’s criminal conquests. Said evidence purportedly includes testimony of another GITMO resident and internal FBI documents the military had obtained from a computer server Comey had neglected to purge after the Colorado airstrike. Speculatively, the human testimony came from former CIA Director John Brennan, who arrived at GITMO on 25 March. As Obama’s spook-in-chief, Brennan aided Obama’s war of terror on the American citizenry.
Digital documents, our source said, included an FBI surveillance order authorizing two agents?names redacted?to infiltrate the Colorado chapter of the “Three Percenters,” the militia group which had acquired photographs of guillotines being erected at FEMA camps in 3 states. A week after Comey signed the order, 16 men, women, and children were incinerated or blown to bits in a bomb blast that cratered a densely wooded area in northwest Colorado. Moreover, an after-action document acknowledged the “valiant heroism” of an agent who died in the inferno “to protect and preserve national security.” He was posthumously awarded the FBI Medal for Meritorious achievement.
“When shown the evidence, Comey denied Obama’s involvement. He said he’d taken instruction from Susan Rice, Samantha Power, and Eric Holder, and he insisted Obama never gave him instructions directly,” our source said.
But military investigators said Comey’s statements were disingenuous. They told Comey he’d likely receive capital punishment unless he “came clean” and admitted that Obama had mandated the deaths of the Coloradons and countless other patriots during his time as president.
“I guess you want to go the way of Hillary Clinton,” military investigators reportedly told Comey.
“Oh, God, please don’t kill me. I’ve said everything I know,” Comey replied.
In closing, our source said Comey will face a military tribunal; however, the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps will not schedule his trial until after it has extracted all sensitive info from Comey’s addled mind.[end]


【[コミーが軍隊に頼む:「私を殺さないでください!」]本当の生のニュース
マイケル・バクスター著-2021年5月10日
https://realrawnews.com/2021/05/comey-begs-military-please-dont-kill-me/

ヒラリー・クリントンの死体を見て、ジョン・ポデスタの差し迫った破滅を知った後、パニックに陥ったジェームズ・コミー(現在GITMOのゲスト)は、米海軍の提唱者総隊[JAG]に慈悲を懇願し、彼が犯した犯罪は常にディープステートの首謀者から非常に強力な要求にあったと主張しています。
トランプのディープステートとの戦いに関与したペンタゴン情報筋は、コミーはバラク・フセイン・オバマに関する軍の進行中の調査に協力することに同意したが、軍が回答を求めている特定の事件の詳細を提供していないとReal RawNewsに語った。以前に報告されたように、米海軍の提唱者総隊[JAGC]は、コミー、オバマ、スーザンライスを、2013年にオバマの犯罪体制に抗議するためにコロラドの荒野の隠れ家に集まった16人のアメリカ人愛国者を殺した違法な空爆に結び付ける証拠を持っています。
「コミーはたくさんの人々について当局に通報[通報電話=10セント硬貨を落と]してきたが、彼はオバマについてまだ話していません。彼は母親をネズミにするような卑劣男です。コミーはオバマを自分が処刑されるよりも恐れているか、本当に無知である」と語った。
しかし、私たちの情報筋によると、軍事捜査官は、コミーとオバマの犯罪的覇権行為を結びつける十分な証拠を持っています。この証拠には、別のGITMO居住者の証言と、コロラド州の空爆後にコミーがパージを怠ったコンピューター・サーバーから軍が入手した内部FBI文書が含まれているとされています。勘繰って憶測すれば、この人間の証言は、3月25日にGITMOに到着した元CIA長官ジョンブレナンからやって来ました。オバマの不気味なCIA元局長として、ジョン・ブレナンはアメリカ市民に対するオバマの対テロ戦争を支援しました。私たちの情報筋によると、この証拠のデジタル文書には、3つの州のFEMAキャンプに建設されているギロチン処刑の写真を入手した民兵グループ「ThreePercenters」という名称のコロラド支部に潜入する2人のエージェント(名前は編集済み)を許可するFBI監視命令が含まれていました。コミーが命令に署名してから1週間後、コロラド州北西部の密林地帯をクレーターになるまで空から爆破し、16人の男性、女性、子供が焼却または爆殺されました。さらに、事後報告文書は、「国家安全保障を保護し維持するために」地獄で亡くなったエージェントの「勇敢な英雄」を認めました。彼は死後、功績によりFBIメダルを授与されました。「証拠が示されたとき、コミーはオバマの関与を否定しました。彼はスーザンライス、サマンサパワー、エリックホルダーから指導を受けたと述べ、一方オバマ氏が直接指導したことはないと主張した」と語った。しかし、軍事捜査官は、コミーの発言は不誠実であると述べた。彼らはコミーに、彼が「容疑がきれいになった」場合を除いて死刑を受ける可能性が高いと語り、オバマが大統領時代にコロラド人と他の無数の愛国者の死を命じたことを認めた。
「あなたはヒラリー・クリントンの如き[死刑への]道を進みたいと思うのか」と軍の捜査官はコミーに語ったと伝えられている。「ああ、神様、私を殺さないでください。私が知っていることはすべて言った」とコミーは白々しく答えた。
最後に、私たちの情報筋は、コミーは軍事法廷にきっと直面すると述べた。ただし、米国海軍裁判官の提唱者総隊[JAG]は、コミーの精神からすべての機密情報を抽出するまで、彼の裁判をスケジューリングしていません。[おわり] 翻訳文責ハルジャス】



『FBI元長官ジェームス・コミーはギトモ裁判に掛かるかどうか軍事裁判審査官によって取り調べを受けているようだ。オバマが指図していたことを自白するまでは、厳しくなっている詮議を続ける予定で、実際の裁判がスタートするのは洗いざらい全部ゲロしてからだそうだ。[コミーに関する過去投稿参照⇒No598]「ジェームズ・コーニーとは[No550転載参照]:「司法省文書の検索サーチでこの人「コーニー=Corney」を見つけてみよう、あなた達は見つけたいことを探してみて。元FBI長官「コーニー」(とは一体だれか)。https://search.justice.gov/search?query = corney&op = Search&affiliate =justice?/ https://www.justice.gov/oip/foia-library/foia-processed/general_topics/actions_dag_appointment_mueller/download?/…当時のFBIディレクターJames(コミー)が 8(回)も[監禁]されていた。これはジェームズ「8回のコーニー」(※コミーの意図的?な書き間違え)なのか。>> 7536091。コミーは[トウモロコシ]の収穫物みたいな奴だ。」つまり、検索でコミーという名前が見つからないようにするため、姑息なことにコニーにわざと書き換えられていのである。この例のようにのっぽのコミーは元来姑息で臆病者であり、恐らくオバマ親分に自己以外の家族関係者などが奴に人質に取られているため、オバマが首謀者だと自白できないジレンマに陥っているのだろう。一刻も早い驕慢なDSオバマの逮捕が非常に待たれる。ハルジャス』



FBI元長官コミー氏、「お願いだから○○しないで~」と懇願している。?2021/05/11
/watch?v=ft5j2Yz--


バイデン政府がマリコパ郡の再集計審査に手を、左派マスコミはイメージ操作を【第169回】?2021/05/09
/watch?v=Hi8VJjSfr5w
バイ爺さん釜針も排除の時が来ているのか??2021/05/11/watch?v=eyhKxrFrYVA


※実際の日本の死者数は2071人+アルファ/一日約1300人くらいが正確。
コロナ 本当の死者数は? 実態1071人! 日本で初めてわかった!? 裏話 さかうえさんは90%以上真実を語っている! 日本COVID-19対策ECMOnetからお墨付き!?2021/05/09
/watch?v=cvXbVnmEH_8


米国務省報告書『中国政府はコロナウイルスを含む生物兵器で第3次世界大戦の準備している!世界が疑っていた『コロナウイルスは中国共産党の生物兵器では?』を証明する報告書がなんとアメリカ国務省から流出?2021/05/10
/watch?v=jLcd8_3_m88


[緩和医院長の焦る接種報告]コロナワクチンをうつとこうなります?2021/05/10
/watch?v=z_kQbnyhGso


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした人類に新時代をもたらしたい組織について?2021/05/1
/watch?v=YNGX-Yl4rdg


パ〇デミック100年周期説の正体・世界の真相を知る動画紹介・その他?2021/05/10
/watch?v=fzPcwOsa6fM


【武田邦彦の本音】※拡散希望※ 取り返しがつかなくなる前に、日本国民の皆様にお伝えしたい“あのワクチンの真実”がございます?2021/05/10
/watch?v=9onKDkZ3hi0
 

世界歴史大転換【829】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月10日(月)11時35分44秒
  [Military Apprehends Pelosi Doppelganger]
By Michael Baxter -May 7, 2021

U.S. military assets have fudged a covert mission to apprehend House Speaker Nancy Pelosi, arresting instead a Pelosi doppelganger donning a lifelike mask that mimicked every hideous detail of Pelosi’s face, right down to the most deeply engrained wrinkles.

A confidential source involved in Trump’s war on the Deep State told RRN that the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps on Monday opened a sealed indictment which Donald Trump and acting AG Jeffrey Rosen had authored toward the end of Trump’s term. Trump, our source said, had given JAG the document, with instructions to unseal it once the military had completed its investigation on Pelosi and corroborated a vast list of charges that include treason and sedition.

On Monday, May 3 JAG honcho Vice Adm. John G. Hannink coordinated the arrest with Marine Corps General Gary “Lurch” Thomas, and they picked, what our source called, a Marine reconnaissance squad for the operation.

“The Marines began surveillance on Pelosi’s San Francisco home on Tuesday. They used parabolic microphones and optical gear to keep tabs on her, and they followed her to and from her house for two days, keeping track of her schedule to make sure they’d grab her when no one else was around. Her husband was out of town on business for the week, so it was the perfect time,” our source said.

The Marines, he added, grabbed “Pelosi” whilst she stepped outside to check her mailbox Thursday evening. They zip tied her, gagged her, and tossed her into an unmarked van. Within minutes, as the van sped toward a clandestine safehouse, they realized they’d been duped.

“The woman looked like Pelosi, same face, same measurements, heck a nearly identical voice. But as she struggled, the Marines realized this woman, who apparently is much younger in reality than Pelosi is, had a prosthetic Pelosi mask that covered her entire head, hair and all. It was Hollywood perfection,” our source said.

Realistic masks are common in the film industry and are typically made of polyurethane and silicone.

The Pelosi imposter, our source said, carried duplicates of Pelosi’s drivers license and library card, which the Marines found when they frisked and searched her. She refused to answer questions, saying only that she was an actress hired by Pelosi.

“She refused to identify herself. I don’t think they’ve cut her loose yet. Trump wants answers,” our source said.

In closing, our source said he believes the real Nancy Pelosi was tipped off and vanished into the shadows, there to dwell while the military hunts an unknown number of carbon copies.

“The Deep State is taking drastic action to protect its own,” our source said. “They don’t want what happened to Hillary Clinton to happen to them.”

【[軍はペロシの影武者=ドッペルゲンガーを間違えて捕らえる]マイケル・バクスター著-2021年5月7日.
米軍の軍部は、ナンシー・ペロシ下院議長を逮捕するという秘密の任務を挙行しようとしたが、その代わりに、ペロシの顔のすべての詳細な細部を模倣したリアルなマスクキャップを身に着けているペロシ・ドッペルガンガー[影武者]を逮捕しました。ディープステート捕獲でのトランプの戦争に関与した機密情報筋は、月曜日に米国海軍裁判官擁護総隊がトランプの任期の終わりに向けてドナルド・トランプと代理検察官[AGジェフリーローゼン]が書いた封印された起訴状を開いたと我々のニュースサイト[RRN]に語った。私たちの情報筋によると、トランプは、軍がペロシの隠密調査を完了し、反逆罪と反乱罪の扇動を含む膨大な数の容疑を裏付けた後に、ようやくそれを開封するように指示して、[JAG=Judge Advocate General's Corps=アメリカ海軍法務部]にその文書を与えた。5月3日月曜日、JAG本部の副提督ジョンG.ハニンクは、海兵隊のゲイリー・「ラーチ=ぐらつき偏る人」・トーマス将軍と彼女ペロシの逮捕を日程調整し、彼らは、私たちの情報源がそう呼んでいる、捕獲作戦のために海兵隊偵察部隊を選びました。「海兵隊は火曜日にペロシのサンフランシスコの自宅の監視を開始しました。彼らはパラボラ・マイクと光学機器を使用して彼女を監視し続け、2日間彼女を家に出入りを追跡しつつタイミングを見計らって、他の誰もいないときに彼女を捕らえるようにスケジュールを組みました。彼女の夫は一週間仕事で町を離れていたので、逮捕するには完璧な時期でした」と私たちの情報筋は言いました。海兵隊員は、木曜日の夜に家の郵便受けをチェックするために外に出たときに「ペロシ」を捕まえたと彼は付け加えた。彼らは彼女をジッパーで縛り、猿轡をかませて、車体に印マークのないバンに投げ入れた。数分以内に、バンが秘密の安全な隠れ家(セーフハウス)に向かって急いでいると、彼らは自分たちが騙されていることにハタと気づきました。「女性はペロシのように見え、同じ顔、同じ測定値で、ほぼ同じ声でした。しかし、彼女が逃げ出すのにもがき苦労したとき、海兵隊員は、明らかにペロシよりも実際にはるかに若いこの女性が、彼女の頭全体、髪の毛、そしてすべてを覆う人工ゴムの[ペロシ顔マスク]を持っていることに気づきました。それはまるでハリウッド映画のような出来の完璧さでした」と私たちの情報筋は言いました。リアルなゴムマスクは映画業界では一般的であり、通常はポリウレタンとシリコーンで作られています。私たちの情報筋によると、[ペロシと瓜二つ]を偽装する詐欺師は、ペロシの運転免許証と図書館カードの複製を持っていました。彼女は「ペロシに雇われた女優だ」とだけ言って、質問に答えることを拒否、黙秘しました。「彼女は自分を特定されることを拒否しました。しかし、彼ら海兵隊特殊部隊はまだ彼女(本物ペロシ)が逃亡し、解き放たれたとは思わない。トランプはペロシが逮捕されるという成功結果の答えを望んでいる」と語った。最後に、私たちの情報筋は、本物のナンシー・ペロシ捕獲が土壇場でひっくり返され、どこか影に消えたと信じていると述べました。軍隊が未知数のカーボンコピーを捜している間、ペロシは確かにそこに住んでいました。「ディープステートたちは、自身を保護するために抜本的な警戒策の隠密行動を取っています」と私たちの情報筋は言いました。 「彼らDSは、ヒラリー・クリントンに起こったような逮捕が彼らに起こることを望んでいません。」と語った。翻訳文責ハルジャス】


『ナンシー・ペロシという悪魔は、やはり一筋縄ではいかぬ魔女でずる賢い極悪女であった。CCPと裏で組んでいたペロシは狡猾にもハリウッド女優のように精巧なゴムマスクを被った本物のような瓜二つの影武者を用意していたのである。今年の初め頃には、逮捕できる絶好のチャンスがあったが、多分周辺動向を探るために泳がせていたのだろう。なぜならトランプ大統領は下院マダムスピーカーと民主党[+共和党の一部]議会の不正陰謀を実地に結果として証明しなければならなかったからである。海兵隊特殊部隊によるペロシ逮捕計画は空振り三振に終わったのだった。参照[No760より転載⇒]トランプ弾劾で永久追放を画策している魔女ペロシは、既に彼女が逮捕済ならば、1/20からの上院での弾劾審議(2/3賛成で成立)では、一体誰が音頭を取って審議を進めるのか?さらに通常は20日で45代の任期が終わると、その日の12時から一般人になる[※ただし大統領の権限を維持したままの状態]トランプを、なぜゆえにそこまで憎んで追い落とし、公民権永久剥奪を試みるのだろうか。常識的には、全く不可解な行動に見える。しかし、魔物の地球支配者、火星在住or月裏の仮住人である邪悪な爬虫類人=悪魔レプティリアン[とそのハイブリッド]の絶対命令なら、幼児の人肉食のための誘拐などさえも容易にできると思えるので、鬼畜沙汰の無理筋命令でも聞かざるを得ないのかもしれぬ。DS/CABAL(CCP含む)が人間を[賄賂脅迫篭絡]の三段ステップで、簡単に悪魔主義に洗脳してしまうように、信仰の欠落している無神論者や唯物論者らを洗脳篭絡することは、いともたやすいことだろう。[No759より転載⇒](リアル法律ニュースRRNによると、※今回2021.4/14のペンタゴン・転覆クーデターの首謀者である)海兵隊の実質トップ、バーガー将軍「あなたのためには働かない」とバイデン氏就任式に海兵隊に5000人の出動警備要請をしたペロシ氏に対して、断固としてバイデン氏就任式に海兵隊の出動要請をきっぱりと断った。[⇒参照No759]「我々に命令できるのはトランプ大統領だけだ。彼の支持者と対峙してほしければ大統領に電話して直接私に命令させてみろ。その邪悪な唇から発する言葉は反逆罪に等しい。」と断言し厳しく叱責したのであった。デビッド・H・バーガー米海兵隊最高司令官は、ナンシー・ペロシ下院議長による部隊の応援要求をきっぱりと拒否した。バイデンの1月20日の就任式を、トランプ支持者と反乱主義者[Qアノンら]から守るために要請していたのである。匿名の約束の下で話す国防総省の情報筋は、リアル・法律・ニュースRRNによると、ペロシは月曜日の夜遅くにバーガー将軍に電話連絡を取り、彼女はバーガー将軍に平和的なバイデン政権への権力移行を確実にし、国会議事堂の1月6日の違法包囲の繰り返しを防ぐために5,000人の軍隊をコミットするように頼んだと語った。しかしバーガー将軍は、我々の情報源では、ペロシが「連邦と州当局によって組み立てられた、すでに印象的な軍事力を増強するために追加の兵士を必要とする理由をよく理解していない」と言いました。その部隊には、D.C、デラウェア州、マサチューセッツ州、ロードアイランド州の15,000人の州兵と、日曜日の夜にD.Cに到着したFBIとDHSのエージェントの未公開数が含まれます。ペロシは、「過激化したトランプ支持者とクーデターのキーマン・Qアノン陰謀の人々」がD.Cに集結しようとしているので、彼女は「戦いの準備ができている」援軍を望んでいると言いました。彼女は、蜂起を鎮圧し、バイデンの執務室への昇任を保証するのは、将軍の愛国的義務であると主張し、再考するよう彼に懇願した。「彼女の要請は一般的にいうと将軍の激怒の爆発を作った」と私たちの情報源は言いました。「愛国心について私に講義しないでください、マダムスピーカー。私は40年間、政治と区別してこの国に仕えてきました。私は我が国のために血を流してきたのだ。しかし自給自足の選出された役人である皆さんは、一体あなたの国のために何をしたのか。」とベルガー将軍は毅然としてペロシに難癖をつけて説教して言った。ペロシはさらに、将軍が議会の期待に応えることができると言ったので、彼をなおさら激怒させた。「私は大統領だけに応えます、私が理解しているように、ドナルド・J・トランプはこの時点でまだ大統領であり最高司令官です。「私は憲法を守り、あなたの憲法解釈ではなく、その文字に書かれたとおり行動する」とベルガー将軍はペロシに言下に強く警告しました。私たちの情報源を引用して、「彼女の脅迫戦術がベルガー将軍を揺るがすことができなかったとき、ペロシは豹変して別の[物乞いとお世辞の篭絡]戦術を試みました。さらにペロシは、「州兵が「週末だけの戦士」に過ぎないと言って、「狂ったトランプ主義者」の軍隊を撃退する準備ができていない」と主張した。しかし、「戦闘が硬化したときは海兵隊員は「ラブル・ラウザー」の敵?を倒す能力が高い」と彼女はお世辞を言った。「あなた(将軍)は世界で最高の訓練を受けた兵士を持っており、アメリカはそれらを必要としています。」しかし、ベルガー将軍は頑として動かなかった。「海兵隊が配備される唯一の方法は、トランプ大統領自身がその命令を出した場合だけだ」と彼は彼女に冷静に語った。「彼の支持者との戦いを手伝ってほしいのなら、彼トランプを電話に出して、彼にそれを伝えるよう頼むことをお勧めします。もし彼が私に命令してくれたら、私は部下に命令します。そうでなければ、私はあなたの[ひび割れた、有毒な唇から]漏れる醜い言葉から、トランプ大統領に頼み、彼の言葉に本当に一生懸命に耳を傾けることをお勧めします。これらの行動は反逆罪に等しいものだ。私たちはあなたのために働いていません」と警告、ベルガー将軍は彼女に断固拒否すると明言したと伝えられています。※過去のペロシについての投稿[No757参照⇒]一時保釈された魔女ペロシが、女の連邦保安官[United States Marsha=USMSls ]に伴われて警備されながらも、トランプ弾劾のために下院議会場に現れたのは、マフィアの悪党だったペロシの父親がJFKに過去告発された私怨理由もあったようだ。それから時が経って、JFKジュニアの娘と噂されているマケナニー報道官が、トランプ大統領側近の美人報道官として、あれほどマス塵の矢面に立ち踏ん張って来られたのは、公式表明では父とされるJFKjrが暗殺未遂で行方不明になっているからであったようだ。闇でHRCに暗殺されそうになった父親の敵討ちの気持ちが、きっと心の底にあるとお察しする。魔女ペロシがこの時に逮捕されたという噂はフェイクニュースとされたが、連邦保安官に連行される写真からもこの時逮捕の事実は間違いなく有ったようである。[転載おわり]ハルジャス』


※コロナ感染は偽物だった!!分離できなかったRNA断片のみはPCR検査同定不能。
この病気の原因ウイルスは実際にはインフルエンザ「A」または「B」でした!【デレク・ナウス博士】?2021/04/16/watch?v=vGhJa32ut-k


ゲーツは更なるvaccine計画を考えてるのか?フロリダで遺伝子組み換えの蚊が放出された~?2021/05/10
/watch?v=CTMRCjjZetE


※QFSサイモンの正式宣言
サイモン・パークス氏ブログより 量子金融システムはすでに始まっている?2021/05/08
/watch?v=ESg1tgKZos8


アンドロメダ星人から聞きアレックスコリアが明かした人類の進化のためにしてくれていることについて?2021/05/08
/watch?v=MOLlWD1-7sQ


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたスーパーソルジャーについて?2021/05/08
/watch?v=O5o5UuG_hf0


元ファ〇ザー副社長が覚悟の内部告発!・新コロの隠された真実語る・ワク〇ンで普通の生活に戻らない。?2021/04/28
/watch?v=HGyEcCwAsCo


【衝撃告発】キャリー・マディ医師からの緊急メッセージ。ワ◯◯ンの真実。遺伝子組み換え。信じるか信じないかはあなた次第。。。2021/03/06
/watch?v=4WybpDpjy3A
 

世界歴史大転換【828】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月 9日(日)03時56分49秒
  [Podesta Military Tribunal: Day 1]Real Law News
By Michael Baxter -May 4, 2021


Sparks flew at Guantanamo Bay Tuesday morning as the U.S. military opened its case against former Clinton co-conspirator John Podesta, who stands accused of treason, accessory to murder, and innumerable child sex crimes.

Rear Adm. Darse E. Crandall of the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps began the proceedings by painting Podesta as a sanctimonious, smug lackey whom Hillary Clinton had recruited into her “nefarious cabal” in the early 1990s. Podesta’s unquenchable thirst for power and Clinton Cash morphed a barely competent attorney into a literal “yes man” who sacrificed his soul and committed unspeakable crimes to appease his Clinton masters, Rear Adm. Crandall told the three-officer, all-female panel picked to judge the merits of the military’s case.

In full dress uniform of their respective branches, the officers heard Rear Adm. Crandall rifle off names of 50 male and female minors Podesta had allegedly molested between 2003-2014. The admiral produced a dozen sworn affidavits from victims who had escaped Podesta’s clutches. Now adults, most were between 9 and 12 years old when Podesta convinced the victims’ parents that their children were being groomed for a future in politics, modelling, or Hollywood stardom. Two affidavits, authored by unrelated persons who did not know each other, told a strikingly similar story.

In July 2012, 10-year-old Henry Rayburn (not his real name) was introduced to Podesta as a friend of his parents, Washington socialites who spent more time hobnobbing at diplomatic soirees than they did caring for their child. Henry’s parents did not blink twice when Podesta offered to take young Henry on a trip to Disneyworld to meet Micky Mouse. According to the affidavit, Podesta chartered a private plane and “chaperoned” a group of four children to Orlando.

Rear Adm. Crandall read part of it aloud to the panel: “I never met Micky Mouse. After arriving in Florida, John Podesta told us we were going to a hotel and he was going to order pizza and soda for us to eat before meeting Micky. As much as I’ve tried to forget it, I remember one thing vividly: feeling lightheaded and dizzy after eating and waking up in sweat, blindfolded, face down and strapped down to a metal table in what I now know was an abandoned warehouse. I hurt all over, hurt so bad I thought it had to have been a nightmare. I tried to scream, but my words came out slow and odd. I heard John Podesta’s voice saying ‘this is the best time to draw blood’ as someone else, at least I assume it was someone else, sodomized me. I drifted into unconsciousness again, and then remember waking up on the airplane back to D.C. Podesta wasn’t on the plane, or at least I didn’t see him. Another man I didn’t recognize told me I was being sent home early because I had gotten sick and wouldn’t be able to meet Micky Mouse. I asked about the other kids and was told they were still in Orlando. When I told my parents, they tried to convince me that my imagination had been playing tricks on me, even though I was bruised all over and had huge hematomas on my forearms where they’d done blood draws. Although my parents never admitted to it, I believe they were bribed into silence. I kept quiet. Who would’ve believed a bratty 10-year-old kid.”

“The other 11 affidavits tell similar stores with one common denominator: John Podesta,” Rear Adm. Crandall told the panel. “These are not arguments to be contested. John Podesta admitted as much at pre-trial, and we have it all on tape. He engaged in serial, ritual abuse on children, and bribed and blackmailed parents to stay quiet. He and Clinton participated in these crimes with wanton abandon.”

Unlike Clinton, who was executed at GITMO on April 26, Podesta had retained a defense attorney to speak on his behalf. His counsel, Trisha Anderson, was no stranger to Guantanamo Bay. From 2013-2016, she served as primary defense counsel for 17 Yemeni Jihadists at GITMO.

She argued that Podesta’s admission of guilt was contingent on a plea deal the military had rescinded only two days prior to the tribunal. She said Podesta had signed the agreement in good faith, and that JAG had violated his rights by “pulling the rug out from under him.”

“My client confessed to avoid a death sentence from this Kangaroo Court, not because he is guilty of the crimes. You have ancient hearsay and flimsy evidence. If these tribunals allowed expert witnesses, I could shred this evidence to pieces. JAG’s behavior is a direct violation of my client’s rights,” Anderson protested.

Rear Adm. Crandall reminded the panel that Podesta, detained as an unlawful combatant, had no rights, and that it was their duty, not Ms. Anderson’s, to judge the validity of evidence.

“So now that we’ve withdrawn the plea agreement, he suddenly didn’t commit the crimes he’s charged with. Fascinating,” Rear Adm. Crandall said.

After a brief recess, he presented his next piece of evidence, recorded video testimony of a 19-year-old man claiming that in 2013 Podesta had “exposed himself” to both he and his sister at a “pool party” hosted by Hillary Clinton at her Chappaqua, NY mansion. He identified himself as the son of a couple who had been longtime friends of the Clintons.

“John Podesta told us all kids want to see it,” the man’s quavering voice said. “Hillary was there, so was Bill. So was Chuck Schumer. Actor Tom Hanks. Many people I didn’t recognize. They all knew what was going on. He wanted me and my sister to touch his penis. He started wagging that tiny thing around.”

In the courtroom rivulets of tears streamed down Podesta’s face from behind his spectacles.

“He’s crying not for remorse but because he’s caught,” Rear Adm. Crandall said. “You fine officers have children of your own. Imagine, as unthinkable as it is, if these were your children. We have much more to present, but if there’s no objection, this commission will recess until eleven hundred hours tomorrow.”

A cowering Podesta, shackled at the wrists, was escorted from the courtroom, his attorney at his side..[to be continued]

【[ジョン・ポデスタ軍事法廷:1日目](リアルローニュースより)。
マイケル・バクスター著-2021年5月4日

火曜日の朝、米軍が反逆罪、殺人の付属品、無数の児童性犯罪で起訴された元クリントン共謀者ジョン・ポデスタに対して訴訟を起こしたとき、火花がグアンタナモ湾に飛んだ。米海軍のダースE.クランドル少将は、1990年代初頭にヒラリー・クリントンが彼女の「邪悪なカバール」に採用した、神聖で独善的な怠け者としてポデスタを描いており、司法手続きを開始しました。ポデスタの権力への抑えきれない渇望とクリントン・キャッシュは、かろうじて有能な弁護士を文字通りの「イエス・マン」に変身させ、彼は彼の魂を犠牲にし、彼のクリントンのマスターをなだめるために言いようのない犯罪を犯した、とクランダル提督は、軍による訴訟のメリットを判断しています。警官たちは、それぞれの支部の正装の制服を着て、ポデスタが2003年から2014年の間に痴漢したとされる50人の[男性と女性の未成年者]の名前からクランダル提督の[ライフル銃]を聞いた。提督は、ポデスタの手に負えなくなった犠牲者から、12の宣誓供述書を作成しました。現在、大人になっているが、ポデスタが犠牲者の両親に、子供たちが政治、モデリング、またはハリウッドのスターダムの将来のために手入れされていると確信したとき、ほとんどが9歳から12歳でした。お互いを知らない無関係の人によって書かれた2つの宣誓供述書は、驚くほど似たような話をしました。2012年7月、10歳のヘンリー・レイバーン(本名ではない仮名)は、両親の友人であるワシントンの社交界の人々としてポデスタに紹介されました。ポデスタがミッキーマウスに会うためにディズニーワールドへの旅行に若いヘンリーを連れて行くことを申し出たとき、ヘンリーの両親は二度瞬きしませんでした。宣誓供述書によると、ポデスタはプライベート飛行機をチャーターし、4人の子供たちのグループをオーランドに招待「シャペロン」しました。クランダル少将はその一部をパネルに声を出して読んだ。「私はミッキーマウスに会ったことは一度もない。フロリダに到着した後、ジョン・ポデスタは私たちがホテルに行くと言って、ミッキーに会う前に私たちが食べるためにピザとソーダを注文するつもりでした。.....それを忘れようとしたのと同じくらい、私は1つのことを鮮明に覚えています。それは、食べて汗をかいて目覚めた後、目隠しをされており、顔を伏せられていました。そこは廃墟となった倉庫であることがわかってきて、金属製のテーブルに縛り付けられた後、立ちくらみとめまいを感じたことです。私はいたるところに傷つき、とてもひどく傷つき、それは悪夢だったに違いないと思った。私は悲鳴を上げようとしましたが、私の言葉はゆっくりと奇妙に出てきました。ジョン・ポデスタが「これは血を引くのに最適な時期です」という声を他の誰かとして聞いた。少なくとも、それは他の誰かだったと思うので、私を[ソドミー]=男色強姦した。私は再び意識を失い、飛行機で目を覚ましてワシントンD.C.に戻ったのを覚えています。ポデスタは飛行機に乗っていなかったか、少なくとも彼に会いませんでした。気づかなかった別の男性が、病気になってミッキーマウスに会えなくなったので早く帰宅したと言っていました。私は他の子供たちについて尋ねたところ、彼らはまだオーランドにいると言われました。私が両親に話したとき、両親は、私がいたるところに打撲傷を負い、前腕に巨大な血腫があり、採血を行っていたにもかかわらず、私の想像力が私に悪戯をしていることを私に納得させようとしました。私の両親はそれを決して認めませんでしたが、私は彼らが黙って賄賂を受け取ったと信じています。私はただ黙っていた。勇敢な10歳の子供を誰が信じたでしょうか。」「他の11の宣誓供述書は、ジョン・ポデスタという1つの共通の分母で同様の店舗に伝えています」とクランダル少将はパネルで語った。 「これらは争われるべき議論ではありません。ジョン・ポデスタは、裁判前に同じくらい認めました。そして、我々はそれをすべてテープに録音して持っています。彼は子供たちに対する連続的な儀式的虐待に従事し、静かにとどまるために両親に賄賂を贈り脅迫しました。彼とクリントンは、これらの犯罪に参加しました。4月26日にGITMOで処刑されたクリントンとは異なり、ポデスタは彼に代わって話すために弁護人を雇っていた。彼の弁護顧問であるトリシャ・アンダーソンは、グアンタナモ湾にとって見知らぬ人ではありませんでした。 2013年から2016年まで、彼女はGITMOで17人のイエメンジハード主義者の主任弁護人を務めました。彼女は、ポデスタの有罪の自白は、軍が審判のわずか2日前に取り消した司法取引を条件としていると主張した。彼女は、ポデスタが誠意を持って協定に署名し、JAGが「彼の下から敷物を引き抜くこと」によって彼の権利を侵害したと述べた。「私の依頼人は、彼が犯罪で有罪であるという理由ではなく、このカンガルー裁判所からの死刑判決を避けることを告白しました。あなたは古代からの伝聞と薄っぺらな証拠を持っています。これらの審判が専門家証人を許可した場合、私はこの証拠を細かく砕くことができます。 JAGの行動は、私のクライアントの権利を直接侵害しています」とアンダーソンは抗議しました。クランダル少将は、不法戦闘員として拘留されたポデスタには権利がなく、証拠の有効性を判断するのはアンダーソン氏ではなく彼ら自身の義務であることをパネルによって思い出させた。「私たちが司法取引を取り下げたので、彼は突然、彼が起訴された犯罪を犯しませんでした。魅力的な主張だ」とクランダル少将は語った。短い休憩の後、彼は次の証拠を提示し、2013年に、彼女のチャパクア、ニューヨークの邸宅でヒラリー・クリントンが主催した「プールパーティー」で彼と彼の妹の両方にポデスタが「自分自身の一物をさらした」と主張する19歳の男性のビデオ証言を記録しました。彼は、クリントンの長年の友人であった夫婦の息子であると自分自身を特定しました。「ジョン・ポデスタは、すべての子供たちが[それ]を見たいと言ったから」と男の震える声は言った。 「ヒラリーがそこにいたので、夫のビルもそこにいました。チャック・シューマーもそこに居たのだった。俳優のトム・ハンクスもいた。他にも知らなかった人がたくさんいた。彼らは皆、何が起こっているのかを知っていました。彼は私と私の妹に彼[ポデスタ]のペニスに触れてほしかった。彼はその小さなモノを振り回し始めました。」法廷では、ポデスタの眼鏡の後ろには小川のように涙が流れ落ちました。「彼は犯罪した贖罪の後悔ではなく、捕まったから泣いているだ」とクランダル少将は言った。 「あなたの会社の立派な役員にはあなた自身の子供がいます。これらがあなたの子供だったとしたら、想像もできないほどに....あえて想像してみてください。提示するものはまだまだたくさんありますが、異議がなければ、この委員会は明日11:00時まで休会します。」手首に縛られたカウリングのポデスタは、彼の側にいる彼の弁護士である軍事法廷判事から護衛されて退出した。ポデスタ裁判は続く。翻訳ハルジャス】

『ジョン・ポデスタJohn Podesta[ジョン・ポデスタHRC選対=[JohnPodesta]→No183/191/204/331/364]、悪名高きポデスタ兄弟については[No466参照※転載⇒]{ヒラリー・クリントン氏の選対本部長を務めたジョン・ポデスタ[兄弟の弟]は、1月にトランプ大統領に関するロシア疑惑文書が公開された後、その調査文書の作成に携わったヒュージョンGPS幹部のグレン・シンプソン氏と面会していたことが判明した。「Russia Scandal Befalls Two Brothers: John and Tony Podesta(ポデスタ兄弟、弟ジョンと兄トニーの2人に降りかかるロシア疑惑)」というタイトル通り、その記事ではジョン・ポデスタだけでなく、「ワシントンで最高の収益を誇るロビー団体の一つを立ち上げた。」兄のトニー・ポデスタにまつわるもう一つの「ロシア疑惑」についても伝えている。トニーのロビー団体は、「ロッキード・マーティンのような防衛産業、ウェルズ・ファーゴのような金融機関、マイランのような製薬会社、エジプトの元独裁者ホスニー・ムバラク大統領のような外国政権を含む様々な産業と思想にまたがる顧客を持つ」とされている。また、「トニーは贅沢な生活ぶりでも有名だが、資金集めに関しても有名であり、2016年にはヒラリー・クリントンの選挙活動と民主党のために約90万ドルを献金、つまり調達した」とされている。NYTは、トニーに関してこれまで明らかになった「ロシア疑惑」との関りを以下のようにまとめている。トニー・ポデスタは数カ月前から辞任について協議していたものの、マナフォート氏とゲイツ氏の起訴状の中で、自身の団体が遠回しに言及された数時間後に辞任した。先週の起訴では、ポデスタ・グループやそのウクライナの件で一緒に仕事をしたもう一つの団体、マーキュリー・パブリック・アフェアズ(Mercury Public Affairs)の名前は挙げられていなかった。どちらの団体も、比較的厳格でない国内のロビー活動条例に従って議会に活動内容を公表していたが、当初は外国代理人登録法に基づく登録を行っていなかった。起訴状ではそれが(資金をブリュッセルの非営利団体を経由させることによって)故意になされたとされており、それは「ロビー活動の公表を最小限にするため」であり、ヤヌコーヴィチ氏(ウクライナの元大統領)とその政党及び政府の「最終的な指示に基づくものだった」とされている。トニー・ポデスタとその弁護士は、ミュラー特別検察官の捜査とそれに伴う右派からの非難で持ち上がった問題に対処しようと取り組んでいる。保守派の報道機関は、ポデスタ兄弟がロシアに利益をもたらすためにマナフォート氏と協力していたと主張しており、これに対しても既に撤回を要求している。また、弟のジョン・ポデスタは、疑惑のトランプ・ロシア疑惑文書との関りを否定していたが、それを覆す証言が報道された。ジョン・ポデスタのほうは、大統領選挙以来トランプ氏とその側近とロシアとのつながりを暴露しようとすることに時間を費やして来た。ジョン・ポデスタの関係者の一人によると、それらのつながりに関するイギリスの元スパイ=クリストファー・スティールによる(一部に猥褻な主張が含まれた)C.ステール文書が選挙後に公開された後、ジョン・ポデスタはロシアの関与についての情報交換のために、反対陣営に関する不利な情報の調査を任されていた会社の共同創業者であるグレン・シンプソン氏と面会していた。総選挙の期間中、同社(ヒュージョンGPS)に資金を提供していたのはクリントン陣営と民主党全国委員会(DNC)だったが、ジョン・ポデスタは議会捜査チームに対してその支払いについては知らないと答えていた。ポデスタの関係者は、シンプソン氏がトランプのロシア関連調査を自社で続けられるか、そしてどのように続けるか検討するためにその会議が行われたと言っている。ジョン・ポデスタと、トニー・ポデスタ兄弟は、昨年の大統領選挙中、DNCへの「ハッキング」とされる事件によってジョンのメールがウィキリークスに公開され大きな話題になった。パフォーマンス・アーティストのマリーナ・アブラモビッチ(→No303)がジョン・ポデスタに宛てたそのメールの中で、「スピリット・クッキング」と呼ばれるパーティーに兄のトニー・ポデスタも参加できるか尋ねていた。当時、「スピリット・クッキング」が悪魔崇拝的な儀式を意味しているのではないかという憶測を呼び、ポデスタ氏の奇妙かつ卑猥な芸術的趣味のことも相まって、いくつかの米国保守系メディアの間では話題になっていた。....俗悪な悪党共は結局破滅するのが世の常だろう。}※転載おわり。ハルジャス』


※ゴムだったペロシの影武者逮捕。
ゴム○○のな~んちゃってゴムペロ婆さんが○○!ほんまもんは雲隠れか!??2021/05/08
/watch?v=k4dKqWxKL00


トランプ 共和党指導部を片付ける【第168回】?2021/05/07
/watch?v=2WmM92IIuGQ


すすり泣くポデ氏 5月6日 3日目 さよなら~が決まりました。(前半)?2021/05/08
/watch?v=iID9NncDYBo


すすり泣くポデ氏 5月6日 3日目 さよなら~が決まりました。(後半)?2021/05/08
/watch?v=PBmbx1wTG3M
 

世界歴史大転換【827】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月 7日(金)17時12分38秒
  ①[Pentagon Coup! Joint Chiefs Overthrown]
[Gen. Mark A. Milley and Gen. Daniel R. Hokanson were arrested]
By Michael Baxter -May 5, 2021[Real Raw News]

https://realrawnews.com/2021/05/pentagon-coup-joint-chiefs-overthrown/

Last month Real Raw News reported on a shocking incident at the Pentagon, the seat of America’s military might: The man who calls himself president, Joseph R. Biden, had visited the Pentagon under the pretense of conducting a surprise presidential inspection. His real impetus was to learn whether a rumor he had heard was true, that Donald J. Trump was in the building meeting secretly with Marine Corps General David H. Berger, which could explain why Pentagon police denied him access to the property. While RRN cannot confirm Trump’s presence, we can now authenticate earlier reports that pointed to a dramatic shift in power at the nation’s most fortified structure.

On April 14, two days before the Pentagon Protection Force turned away a shocked and confused Biden, Chairman of the Joint Chiefs of Staff Gen. Mark A. Milley summoned the 7 other Joint Chiefs to the Pentagon for an emergency meeting, according to a confidential source involved in Trump’s mission to eliminate Deep State operatives throughout the nation.

Gen. Milley, our source said, lambasted his colleagues for allowing high-ranking officers from all branches of the U.S. Armed Forces to undermine Biden’s presidency. Gen. Milley said Biden was the democratically elected President of the United States, and that all armed forces personnel, from the lowest private to the highest general, had a patriotic duty to support and protect Democracy, Joseph Biden, and Kamala Harris.

“From what we know, he went off, ballistic-like. He was a cursing machine, swearing at and excoriating these highly decorated, lifelong members of our country’s military. He said he’d heard they were helping Trump do what he called ‘secret and illegal arrests’ of prominent active and retired politicians. He kept blasting them and told them he was going to recommend that Biden and Harris fire them,” our source said.

Gen. Milley reportedly offered the other Joint Chiefs of Staff a final chance to abandon their allegiance to Donald J. Trump and swear fealty to Joseph R. Biden and Kamala Harris.

Of all the Chiefs, only one leapt to his feet in support of Biden. Gen. Daniel R. Hokanson, Chief of the National Guard Bureau, denounced Donald Trump and told Gen. Milley that he and the National Guard would honor their oath to the Constitution He said they were prepared to defend Biden’s presidency with their lives, if necessary.

Our source said Commandant of the U.S. Marine Corps David H. Berger, a longtime supporter of Donald Trump, passed Gen. Milley an envelope. The envelope held an arrest warrant issued by the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps. It named Gen. Milley as a traitor to America and its people.

“Except for you and this coward,” Gen. Berger said, pointing at Gen. Hokanson, “we all support this great nation and what it stands for, and we reject the forces of darkness destroying what our Founding Fathers worked so hard to codify. We stand for a nation, not a man. Why are you so eager to say Kamala Harris’s name in every sentence with Biden’s name? We know why.”

Gen. Milley, our source added, shredded the warrant, calling it a joke, and promised Gen. Berger he would hang for treasonous behavior.

“If anyone hangs, it won’t be me,” Gen. Berger reportedly said. “We’ve been expecting this for a long time.”

A dozen armed members of the Pentagon Protection Force entered the conference room and handcuffed Generals Milley and Hokanson.

In closing, our source said Milley and Hokanson have since been shipped to Guantanamo Bay, where they will ultimately answer to a military tribunal.

Asked if Donald J. Trump was at the Pentagon on April 16, our source replied: “I cannot say yes or not. I can tell that what’s happening now is a prelude to his reinauguration on Independence Day.”[end]


【ペンタゴン・クーデター!統合参謀本部が転覆された][マーク・A・ミリー将軍とダニエル・R・ホーカンソン将軍が逮捕された]マイケルバクスター著-2021年5月5日[リアル法律ニュースより]
https://realrawnews.com/2021/05/pentagon-coup-joint-chiefs-overthrown/
先月、Real Raw Newsは、アメリカの軍事力の座である国防総省での衝撃的な事件について報告しました。彼自身を自称大統領と呼ぶ男、ジョセフR.バイデンは、驚きの大統領検査を行ったふりをして国防総省を訪れました。彼の本当の目的は、ドナルド・J・トランプが海兵隊のデビッド・H・バーガー将軍と密かに会談しているという噂が真実かどうかを知ることでした。[RRN]はトランプの存在を確認できませんが、米国で最も要塞化された構造での権力の劇的な変化を指摘した以前の報告を認証できるようになりました。ペンタゴン保護部隊が、入館を断られてショックを受け混乱したバイデンを退ける2日前の4月14日、統合参謀本部議長のマークA.ミリー将軍は、緊急会議のために他の7人の統合参謀本部議長を国防総省に召喚しました。全国のディープステート工作員を排除するというトランプの使命に関与する情報源を知っている、私たちの情報筋によると、ミリー将軍は、米軍のすべての軍支部からの高官がバイデンの大統領職を弱体化させることを許可したことで同僚の将軍たちを非難した。ミリー将軍は、バイデンは民主的に選出された米国大統領であり、最低の民間人から最高の将軍まで、すべての軍人は民主主義、ジョセフ・バイデン、カマラ・ハリスを支援し保護する愛国的な義務を負っていると述べた。「私たちが知っていることから、彼は鉄砲の弾道のように発言し始めました。彼は呪いの機械みたいであり、私たちの国の軍隊に所属している非常に勲章装飾された生涯のメンバーを罵倒し、非難しました。ミリー参謀は、彼らがトランプが著名な現役および引退した政治家の「秘密の違法な逮捕」を行うのを助けていると聞いたと述べた。彼は彼らを激高し爆破し続け、バイデンとハリスが彼らを解雇することを勧めるつもりだと彼らに言った」と私たちの情報筋は言った。ミリー将軍は、他の統合参謀本部議長に、ドナルドJ.トランプへの忠誠を放棄し、ジョセフR.バイデンとカマラハリスに忠誠を誓う最後の機会を提供したと伝えられています。すべての首長のうち、バイデンを支持してミリー参謀の足元に跳ね上がったのは1人だけでした。州兵局長官のダニエル・R・ホカンソン将軍だけはドナルド・トランプを非難し、ミリー将軍に彼と部下の州兵は憲法への誓いを尊重すると述べた。私たちの情報筋によると、ドナルド・トランプの長年の支持者である米海兵隊総司令官のデビッド・H・バーガーがミリー将軍に封筒を渡したという。その封筒には、米海軍の提唱者総隊が発行した逮捕状が入っていた。それはアメリカとその人民への裏切り者としてミリー将軍を名指ししていた。「あなたとこの臆病者の2人除いて、私たちは皆、この偉大な国とその憲法を支持し、建国の父が成文化するために一生懸命働いた法律の成果を破壊する闇の勢力を拒否します。私たちは人ではなく国を代表しています。なぜあなたはバイデンの名前だけでなく、すべての文の中でカマラ・ハリスの名前を言いたがっているのですか?理由はわかっています。」私たちの情報筋によると、ミリー将軍は令状を細かく切り刻み破り捨て、それを冗談と呼び、バーガー将軍の反逆的な行動をとったことに対する処分を約束した。「誰かが人にぶら下がったとしても、それは私ではありません」とバーガー将軍はきっぱりと言ったと伝えられています。 「私たちは長い間あなたの逮捕を期待してきました。」そして国防総省の保護部隊の12人の武装した憲兵隊メンバーが会議室に入り、ミリー将軍とホーカンソン将軍に手錠をかけた。最後に、私たちの情報筋によると、ミリーとホーカンソンはその後グアンタナモ湾のギトモ裁判所に送られ、そこで最終的に軍事法廷で尋問される予定です。ドナルド・J・トランプが4月16日に国防総省にいたかどうか尋ねられた私たちの情報筋は、次のように答えました。今起こっていることは、独立記念日の彼の[再就任の前置き]であることがわかります。」[終了]翻訳文責ハルジャス】



②[Alert The "Vaccine" Is a Bioweapon - 5 Doctors Testify]
Monday, April 26, 2021 13:00[Before It's News]

UPDATES: [VACCINES ? A TRANSHUMANIST CULT RITUAL]
[COVID-19 VACCINES COULD KILL OVER 1.2 MILLION PEOPLE THIS YEAR]
[STAY AWAY FROM THE VAXXED, IT IS OFFICIAL, FROM PFIZER’S OWN DOCUMENTS]
April 30, 2021:  Dr. Carrie Madej: Covid Shots, DNA & Transhumanism!

How to Report a Vaccine Injury Online or by Mail ? Anyone can submit a Vaccine Injury to VAERS, including patients, family members, healthcare providers, and vaccine manufacturers, even if it isn’t clear if the vaccine caused the health problem.
[HEALTH IMPACT NEWS] -  Ever since reports have surfaced in recent days that people who have chosen NOT to receive the experimental COVID-19 shots but have been exposed to those who have received them, and have suffered what appear to be infections coming from these fully "vaccinated" people, affecting mainly women who have reported menstruation difficulties, heavy bleeding, miscarriages, and reduction of breast milk, I have been watching my newsfeed to see if any of the dissenting doctors and scientists we feature regularly here at Health Impact News would address these issues.

Fortunately, a team of 5 doctors in the U.S., all of whom we have featured in the past here at Health Impact News and are highly qualified to address this topic, just held a round-table discussion a couple of days ago to address these issues.
The issues they discuss affect ALL of us in the U.S. (and around the world) right now, and it is imperative that you take 79 minutes of your time to watch this video.
Not only do these highly qualified doctors discuss why they think this is happening, they also give practical advice at the end about what we can be doing right now to protect ourselves and stop this attack on the human race by the Globalists seeking to reduce the world's population.
Every single one of these doctors believe that these shots are NOT vaccines, but bioweapons designed to kill human beings.[Omiited below]



【[警告「ワクチン」は生物兵器です-5人の医師が証言します]
2021年4月26日月曜日13:00 [Before It's Newsより]

更新:[ワクチン?トランス・ヒューマニストのカルト儀式]
[COVID-19ワクチンは今年120万人以上を殺す可能性がある]
[ファイザー自身の公式文書から、ワクチン接種から離れてください。それは公式文書です]
2021年4月30日:キャリー・マジェ博士:コロナ予防注射(Covid Shots)とは、DNA&超人道主義(Transhumanism)!

オンラインまたは郵送でワクチン損傷を報告する方法?ワクチンが健康上の問題を引き起こしたかどうかが明確でない場合でも、患者、家族、医療提供者、ワクチン製造業者を含む誰でもオープンVAERSサイトにワクチン損傷を報告提出できます。
[健康への影響のニュース]-最近、実験的なCOVID-19注射を受け取らないことを選択したが、それらを受け取った人々にさらされ、これらから来る感染症のように見えるものに苦しんでいるという報告が表面化して以来、完全に「ワクチン接種された」人々が、主に月経困難、重度の出血、流産、母乳の減少を報告した非接種の女性に影響を与えています。私はニュースフィードを見て、ここのHealth ImpactNewsで定期的に取り上げている反対意見の医師や科学者がいるかどうかを確認しています。彼らはこれらの問題に対処します。幸いなことに、米国の5人の医師のチームは、過去にここHealth Impact Newsで取り上げられ、このワクチントピックに取り組む資格があり、数日前にこれらの問題に取り組むための円卓会議を開催しました。彼らが話し合っている問題は、現在、米国(および世界中)の私たち全員に影響を及ぼしています。このビデオを見るには、79分かかることが不可欠です。これらの優秀な医師は、なぜこれが起こっていると思うのかを話し合うだけでなく、自分たちを守り、世界の人口を減らしようとしているグローバリストによる人類への人口削減攻撃を阻止するために今何ができるかについて、最後に実践的なアドバイスをします。これらの医師の一人一人は、これらの予防注射はワクチンではなく、人間を殺すために設計された生物兵器であると信じています。[以下省略]翻訳ハルジャス】



『ペンタゴン内の内紛は、以前から裏切りの噂のあった国家反逆罪者2名の将軍が憲兵に逮捕されて遂にギトモ刑務所に送られ、軍事裁判に掛けられる高官同士の身内クーデターで決着したようである。1/11計画予定されていた戒厳令(マーシャルロウ)あるいは反乱法(2018.9)の発布予定がこの裏切り者らによって[違法に封殺]されていたのである。[⇒No810参照]日付の記載がない本来無効な筈の公的文書であり、8人のペンタゴン将軍らのサインがされた[偽造バイデン政権承認文書]は、その時の世界中のトランプ支持者らを憤慨させたり、大いに失望させていたのだ。DSの飼い犬に手を噛まれることになったトランプであるが、ミリー参謀本部議長選出の経緯では深い恩義のある優しい温情のあるトランプ大統領であった。しかし、身内に潜んでいたDS最後の大鰐に足首を噛まれたのであった。しかし、寝首を掻くまでの狡猾な大物ではなかったので、優柔不断な臆病者の小物だったこともトランプ大統領にとっては幸いしたようである。ギトモ裁判で国家反逆罪によって[絞首刑か銃殺刑か電気椅子]に自ら選択して掛けられる運命だろう。ここでも例外なく天網恢恢疎にして漏らさず、の因果法則だ。7/4か8/8までには晴れて19代(or45代のままかも?)トランプ大統領が復帰してもらいたいものである。
 世界は既にコロナワクチンの正体がまさしく生物兵器[Bioweapon]であるとの認識を共有し確認しつつあるようだ。有意の医師たちが率先してこの恐るべき事実を暴露し本当のワクチン効果が人体に齎す損傷について、深く真相を証言しているからだ。そのような人類の抹殺行為に至る疫病流行こそは地球支配者グローバリスト[95%がレプティリアンのハイブリッド]による陰湿なプランデミックであり、事前に企まれしかも予告公表され計画されていた企ての陰謀証拠[↓世界経済フォーラム2019.10]が明らかになっている。10億人程度がこの狭い地球人口には相応しいとその講演でホザいた悪魔君ビル・ゲイツは、最大70億人もの人口削減計画を臆面もなく世間に事前にオープンにして、あけすけに企てていたのである。非人道主義のマルキスト無神論者で狂気の沙汰であるワクチン・ジェノサイド陰謀者は、こうして世間にあまり隠すことなく大っぴらに毒入りワクチンのプランデミックをとぼけたピエロ奴隷として推進してきたのである。ハルジャス』



※世界経済フォーラム・Event 201[2019.10.08]でB.ゲイツがパンデミック予告済。
コロナウイルス:コロナ・コンスピラシー?2020/03/13
/watch?v=Lm0rvcpTgLM&t=192s


※必見の講演
20201112 UPLAN 天笠啓祐「感染症利権と新型コロナワクチンの危険性」おまけ講演・西尾正道北海道がんセンター 名誉院長がビルゲイツ陰謀を話す?2020/11/13
/watch?v=bXQ4L0J99QE


【やばすぎる】mRNAワクチンは危険?-70℃で保存しなければいけない理由2020/12/22
/watch?v=M_g2wkM9xB4


ファイザーワクチンがイスラエルで心筋炎報告 はたして大丈夫なのか??2021/04/30
/watch?v=On3yCOB4EN4


コロナの本当の死者数は1071人では? PCR検査陽性は感染ではない 厚生労働省の見解 陽性者 感染者 発症者の違い 重症者1083人 死亡1万人は正確か??2021/05/06
/watch?v=h1bAF2_a_-k


【再掲必見VTR岡田正彦医師】新型コロナワクチンは極めて危険?2021/02/19
/watch?v=WEM2xoyz900&t=13s


中共のインドと日本への侮辱はクワッドをより強固に、共和党よりも保守派をより重要視【第167回】?2021/05/06
/watch?v=5hzlXbiqj_0


緊急事態宣言も営業自粛も効果がなかった! PCR検査は感染を証明するものではない 無症状の人から感染した論文・証拠はない?2021/05/04
/watch?v=rh-pUsBAyTo


※19名日本の死者は、翌日から一週間目までに死亡!!
ワ●チン接種1週間以内に死亡11件に... 殺人行為ではなく「評価不能」で終わらせる異様な事態に...?2021/05/07
/watch?v=SlGqwzlWgvU



ファイザーうつなら避妊するべきだと思う?2021/05/07
/watch?v=N837F4hcxG4

ワクチン副反応報告の見方?2021/05/06
/watch?v=d0AagcGFDAs


医療関係者のうちどのくらいが打つか?2021/05/05
/watch?v=8kA40IEYKL4


ワクチン接種するなら毎週チェックすべき厚労省のサイト?2021/05/02
/watch?v=gXGodZgBF5w


※トランプの推奨ワクチンはヒーリング軍事テクノロジーだった!?
トラさんのワクチンはメドベッドに連動?QFS量子金融システム始動はDOW株価ゼロが合図?(光の銀河連合チャネラーM・フィールディングさんインタビュー)?2021/05/07
/watch?v=_kRtpHSvibA


※ペンタゴンでクーデター??ミリー参謀2名がギトモ裁判へ??
新たに2人がビーチへお引越しが決定!??2021/05/06
/watch?v=9VTQ3Kb6sRU
 

世界歴史大転換【826】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月 6日(木)18時00分12秒
  [米私立学校、ワクチン接種した教師と生徒の接触禁止](2021年4月28日) 発信地:マイアミ/米国フロリダ州 [?北米?]米フロリダ州マイアミにある私立学校セントナー・アカデミー(2018年開校)。(c)CHANDAN KHANNA / AFPニュースより


【米フロリダ州の私立学校が、新型コロナウイルスワクチンを接種した人は周囲に危険を及ぼす可能性があるという[誤った情報に基づき](※原文ママ以下同様)、接種した教師と生徒の接触を禁止した。米政府がワクチン接種を進める中、[※誤情報の危うさ]を顕著に示す例として批判が上がっている。(※は原文のまま)。セントナー・アカデミー(Centner Academy)は26日、共同創立者のレイラ・セントナー(Leila Centner)氏が保護者宛ての電子メールで、ワクチンを接種した人は「体から何かを発している可能性がある」として、周囲の人々、特に「女性と子どもの生殖器官や生殖能力、正常な成長と発達」に悪影響を及ぼす恐れがあると主張した。
 セントナー氏は[※この誤った]主張について、「まだ分かったばかりで研究されていない」と説明している。同校はさらに、「この実験的な薬が未接種者に影響を与えるかどうかについて、さらなる調査が行われるまで」接種を控えるべきだと主張し、年度末まで接種を待つようワクチンを未接種の教職員に促した。こうした主張はソーシャルメディアで拡散しているが、すでに専門家やファクトチェッカーによって否定されている。カナダ・サイモンフレーザー大学(Simon Fraser University)のジェイミー・スコット(Jamie Scott)名誉教授(分子免疫学)は、「ワクチンを接種した人が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)を排出する証拠はない。どのワクチンも細胞内で作らせるのはスパイクタンパクのみで、ウイルスの他の成分を作らせることはない。つまり、ワクチンによって新型コロナウイルスが生成されることはあり得ない」と説明した。メールに対する保護者の意見は割れている。ある保護者はAFPに、「私たちは学校の決定を100%支持する」と語った。「この実験的ワクチンについてはあまり情報がなく、信用できない」別の保護者はNBC系列の地元テレビ局に、「彼らは『私の体は私が決める』(人工中絶制限の合法化に反対するスローガン)を強く支持しているのに、レイラ氏はそれとは真逆のことを教師に言っている。これでは『私の体は彼女が決める』だ」と語った。
 セントナー・アカデミーは元起業家のデビッド・セントナー(David Centner)氏と妻のレイラ氏が2018年に創立。公式サイトによると、生徒数は約300人、中等部の授業料は年間約3万ドル(約330万円)となっている。
 保護者へのメールを最初に報じた米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、セントナー夫妻はドナルド・トランプ(Donald Trump)陣営や共和党に多額の寄付をしてきたという。(c)AFP/Leila MACOR】



『なんとも衝撃的なワクチンによる他者障害事象のニュースで、ワクチン接種者が非接種者に接近するだけで、副反応が誘発されて起きる事象が確認された[下記↓看護師証言VTR参照]。ワクチンは危険なので禁止するとの公式発表をフロリダ州のハイクラス子弟の私立学校が表明したのである。さらに校長は、ワクチン接種をした教員は解雇すると通知したのだ。解雇理由は、ワクチン接種者は周囲の未接種者に健康被害を与える[特にワクチン未接種女生徒への接近が生理不順、月経異常、膣出血、流産、早産など女性特有の健康被害を起こす原因となる]ということだった。この方針を受けて、学校教員のなかには、生徒の両親がワクチン接種している場合、周囲にいると健康被害を受けるので、子供と5秒以上はハグしてはならないと生徒に通告した。この現状報告には大きな反響があり、学期終了とともに子供の他校への転校を願い出る親が出てくる一方、「セントナー・アカデミー」には、新規の入学希望者や教員志望者が殺到したという。世界的なワクチン接種反対運動が、各国の医師グループ[ドイツなど]を先頭に起こりつつあるという。それはフェイク専門のマス塵によって上記ニュースの如く言下に否定されたり黙殺されているのが実情である。しかし、多くの覚醒した市民にはじわじわと正しいワクチン情報が拡散され始めており、日本以外ではワクチンそのものの接種禁止を暫定的にだが決めたヨーロッパのハンガリーなどの英断国家があり、mRNAワクチンの正体は生物兵器という恐ろしい真実が暴露されつつある。ロシアのプーチン指導下のロシア健康省の公式発表のように、国を挙げて欧米製ワクチンの被害を訴える国家も出てきている。さらにプーチン大統領は地球の支配者層の95%はハイブリッド[※レプティリアン]とさえ明らかにして暴露したのである。毒入りワクチンの正体がメッセンジャーmRNA[ウイルス※未分離で存在証明できない幻]から転写されたcDNA遺伝子[バクテリア]であり、筆者が推定するとゲノム改変されたGMOにより組み換えられた人殺しキラーバクテリア[細菌兵器=※DNAとなり分離可能になったので(SARS-CoV-2=Covit19が=実在証明可となる]であるとも示唆=実質のコロナの正体を暴露したようだ。5Gマイクロウエーブをこの殺人バクテリア遺伝子に照射して効率よく人体細胞を増幅かつ破壊し遺伝子に損傷を与えることが可能になるため、無辜のマジョリティー人民である地球人類の殆どを、レプティリアンのハイブリッド悪魔共が奴隷地球人間にワクチンシャブを指令して、無差別に[悪魔の飽食]=人体実験している実態なのだ。つまりワクチンと自称[偽称]されているこの毒殺薬物[似非ワクチン]は生物兵器の作成過程でGMO改造され人工的に[=意図的に毒入りと承知の上で]製造された殺人生物兵器の劇薬そのものであった。人間の自然免疫機能を一生に渡り[死ぬまで恒常的に]ダメにするだけでなく、若い人[男女とも]は不妊にならせることで大人口を削減することが奴らの隠された真の狙いで、77億の人類をじわじわと隠密ジェノサイドしていくプランデミック決行こそが[グレート人口リセット]というキーワードで凝縮される示唆言葉で暗示された悪魔共の隠されている所期大目的だったのである。ハルジャス』


※必見「ウイルスベクターワクチン、メッセンジャーワクチン」によって生成されたS蛋白質(スパイクプロテイン=spike protein)」が、接種者の体内で培養され、有害物質を非接種者にまき散らし、健康被害を及ぼす事象[看護師証言↓]
NURSE WARNS STAY AWAY FROM VAXXED PEOPLE
https://www.bitchute.com/video/maE077DlFlgA/



※ワクチン接種によって、変異株が増強される。【再掲】コロナワクチン☆著名ボッシェ博士の警鐘「パンデミックにワクチンを使っちゃダメ!」【イーコンセプション】?2021/03/16
/watch?v=Djp7vaxmyyE

コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした太陽系に宇宙人が来る理由について?2021/05/05
/watch?v=Ec0NDCH_MEc


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした地球外離脱文明との契約の際にアイゼンハワーが考えていたことについて?2021/05/03
/watch?v=2zLIRW7isQw


アレックスコリアが明かしたETたちが人類を支配した理由について?2021/05/01
/watch?v=3t2PZ0M4Rbo
 

世界歴史大転換【825】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月 5日(水)14時03分11秒
  [COVID Shots to “Decimate World Population,” Warns Dr. Bhakdi April 16, 2021]
htpps://thenewamerican.com/covid-shots-to-decimate-world-population-warns-dr-bhakdi/

In this exclusive interview with The New American magazine’s Senior Editor Alex Newman, world-renown German-Thai-American microbiologist Dr. Sucharit Bhakdi warns that the COVID hysteria is based on lies and that the COVID “vaccines” are set to cause a global catastrophe and a decimation of the human population. Starting off, he explains that the PCR test has been abused to produce fear in a way that is unscientific. Next, he explains what the mRNA vaccines are going to do to the human body in terms and using analogies that anyone can understand. Among other concerns, he expects massive deadly clotting as well as immune system responses that will destroy the human body. Finally, Bhakdi, who warned of impending “doom” during a Fox News interview that went viral, calls for criminal prosecutions of the people responsible and an immediate halt to this global experiment.

※?? Help share this video by uploading and sharing it wherever you can!
Download Here※Download mp4File  from↑ htpps://thenewamerican.com/covid-shots-to-decimate-world-population-warns-dr-bhakdi/

【Bhakdi教授「なぜ医師と科学者は声を上げないのか!?バカ野郎と言いたい。」(ドイツ・マインツ大学名誉教授スチャリット・バクディ博士)。
バクディ教授はこれまでドイツで1万2000人の医師を育ててきた功績者であり、世界的に知られる微生物学、ウィルス学、伝染病学の専門家です。
(インタビュア)
『正に私の次の質問でした。なぜもっと多くの医療従事者が声を上げないのでしょう?』
(バクディ教授)「なぜ医師らは語らないのか!?なぜ医師と科学者は声を上げないのか!?
バカ野郎と言いたい。酷すぎますよ。彼らがやっていることは、「ワクチン」を強要し、私はこの「ワクチン」で、彼らが人殺しをしていると思いますよ。それに、自分が良い医師だと思うなら、または、評判が良い医師なら、なぜこんな事態になるのでしょう?恥ずかしいと思わないのでしょうか?」
(インタビュア)
『あなたは、「ワクチン」が危険だとお考えですね。何が起こっているのでしょう?なぜ危険なんですか?あなたの見解では、今後どうなっていくと思いますか?このまま続き、大勢の人が「ワクチン」接種し、ある段階で、50%の人口が「ワクチン」を打った場合、どうなるのでしょうか?』
(バクディ教授)
「事態は非常に悪くなるでしょう。史上最悪の破滅的状況へと向かっていますよ。」
インタビュア『ワオ。。。』
(バクディ教授)
「警告します。このままなら、イスラエルのような状況になってしまいますよ。イスラエルはワクチン接種で生き地獄に変貌しました。そして、私の生まれ故郷である米国も、
生き地獄になろうとしています。私は二度と米国には戻れないですよ。二度と、です。」[以下省略]インタビューVTR映像参照】[mp4ファイル]210415_DrBhakdi_Export1.mp4

『ドイツの研究者Dr Bhakdi博士はコロナワクチン接種すると悲惨な結果になると緊急警告している。イスラエルは殆どの国民が接種し、およそ国民の約8割以上が接種完了しているらしいが、その結果は実際に悲惨なことになっているという。F製コロナワクチンを打った人は数日でいちコロで即死したり、多くが強烈なアナフィラキシーなどの副反応になっている異変発生の現状を指摘している。ワクチンシャブによって過剰な炎症反応、サイトカインストーム、および免疫不全を引き起こし、ウイルスが私たちの肺や他の主要な臓器に、多種多様な多臓器不全や甚大な損傷を引き起こす多くの証拠、現象としてのファクトデータがあるからだ[Open VAERS COVIDREPORTS]オープンヴァエルス=有害事象報告統計(No818)参照]。ワクチン接種回数が「1億回」を超えたインドで、コロナ感染確認数がパンデミック以来最大の1日20万人から40万人に跳ね上がって新記録を出した。インド国民が 1億1000万人接種(4月16日)した結果について注目すべき反応現象は、驚くべき「幾何級数的増加曲線の鋭角ぶりである。コロナワクチンの接種が始まって以来の爆発的増加は「以前とは明らかに異なるフェーズに入った」また「コロナワクチンの接種が大規模に進められたことによる悪化していく相乗効果」としか見えないのだ。[引用ツイート:Quote TweetCyako@cyako831? Apr 16]https://earthreview.net/infections-in-india-reached-a-record-high-of-200000-per-day/…インドで爆発的流行が始まったのは、ワクチン接種開始後約 2ヶ月後。
「ワクチンを接種したほうが8倍感染しやすくなる」また「南アフリカ変異種は、ワクチン接種を受けていない人たちより、ワクチン接種を受けた人々のほうが 8倍多く感染していた」(イスラエルの研究)。さらに猛毒入りワクチン接種した人から接種していない人に吐息により空気感染するらしいことも実例があるらしい。この恐ろしい毒性のワクチンによるマッシブ・ジェノサイドは接種が始まった後からではもうどうにもならない。幾何級数的な感染増大を止める打ち手がもはや無くなるからだ。[細菌=バクテリア]ではないRNAウイルスの増殖もしくは変異がなぜそんな異常な特異性を持ってしまうのか、真の因果関係や感染原理はまだ解明されていないので、色んな仮説が飛び交っているのが現状である。5G照射によってミトコンドリア細胞のcDNA細菌[mRNA転写された]機能が変化して、生まれつきある自然抗体が永久に遺伝子組み換えされアンチ抗体の免疫不全暴走を惹起してしまい、死ぬまで永続的な[アンチ抗体効果]を齎すというロシア保険省の説がある。ヨーロッパのカバール支配下の医療機関よりはロシア保健省のほうがまだ良心的で信用できるので、この説の信憑性とワクチン効果の妥当性はかなり高い。ただし、この5G誘因説は主要な論拠が明記されていないので、これからの研究検証に頼るしかないのが欠点だ。ベルギーに住む免疫学のGeert Vanden Bossche PhD[ボッシュ博士]もまた反ワクチン派に寝返ったDSのひとりである。ビル&メリンダ財団の研究メンバーでもあった博士で、華々しい経歴に道義心が芽生えたためなのか、最近はアンチワクチン派になっている。[参照YT⇒]コロナワクチン☆ウイルス博士の警鐘「パンデミックにワクチンを使っちゃダメ!」【イーコンセプション】?2021/03/16/watch?v=Djp7vaxmyyE/
ボッシュ博士のアンチワクチン説は自然の免疫抗体がワクチンによって一生かつ永久に非免疫抗体に変貌するというものである。そして生きている限り永遠にその抑圧免疫効果が継続されていく[遺伝子組み換えのような免疫不全機能]を持つということであるらしい。この説ではアンチ抗体効果はmRNAワクチン接種が触媒となるワクチン誘因という説だろう。5G照射や誘因説がどの遺伝子組み換え細胞[特定の酵素や遺伝子?]に当たると猛毒化するのかは現時点で謎である。おそらく特定の混入された酵素あるいはcDNAに転写されたmRNA遺伝子が誘因きっかけとなり、毒性の強化または異物反発反応=非抗体化による強毒作用が起こるのかもしれない。ワクチン強毒化の誘因原理はまだ不明で謎である。コロナRNAウイルスは日々RNA遺伝子が増殖していくので、増殖化を完璧に防ぐことができる抗ウイルス薬であるAvigan=Favipiravirこそが唯一無二の現在ある特効薬であり、これさえあればワクチンが全くもって不要な存在になるのである。つまり抗ウイルス特効薬が既に存在していたら、人類のグレートリセット闇計画はそもそも不成立になるからだ。この特効薬存在の事実を承知の上で人口大削減が目的のプランデミックはスタートしたのであり、大勢に期待されたアビガンは今まで認可されずDS/CABALにとって完全に邪魔な存在として無視され承認妨害されて徹底的に隠蔽されてきたのである。ハルジャス』


※FDA報告ファイザーのコロナワクチン承認!効果と副反応は?医者はメッセンジャーRNAワクチン打たない??2020/12/12
/watch?v=L0cGUnjGgbw


アンドロメダ星人から聞きアレックスコリアが明かした月の真実について?2021/05/04
/watch?v=4Kf3H-jkxEM


大脳静脈洞血栓症の頻度?2021/05/04
/watch?v=fQk3u5N-bkw


若い方が重症化しない理由?2021/05/03
/watch?v=G0cgnl_47EU


日本導入予定の新型コロナワクチンをうつと実際に体はどうなるのか? くわしいデータを入手!!?2020/12/17
/watch?v=2bnlidzxVf4
 

世界歴史大転換【824】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 5月 5日(水)01時47分8秒
  [Israel COVID-19 study finds South Africa variant able to 'break through' Pfizer vaccine](FOX NEWS).
South Africa variant proved to be eight times more prevalent among tested patients.

A new study from Israel indicates the South Africa variant of the coronavirus can "break through" the Pfizer/BioNTech vaccine to some degree.
A team from Tel Aviv University and Clalit Health Services found that the prevalence of the South Africa variant among patients who received both doses of the vaccine was around eight times higher than those unvaccinated ? 5.4% versus 0.7%.
The study compared over 400 people who received at least one shot of the vaccine and contracted the coronavirus with the same number who were infected and unvaccinated.

CHINESE COVID-19 VACCINE EFFECTIVENESS 'NOT HIGH,' GOVERNMENT EXPLORING OPTIONS: OFFICIALS
"We found a disproportionately higher rate of the South African variant among people vaccinated with a second dose, compared to the unvaccinated group," said Tel Aviv University’s Adi Stern. "This means that the South African variant is able, to some extent, to break through the vaccine’s protection."
The study, published Saturday, still requires peer review to verify the results, according to Reuters.

CONCERN IN ITALY THAT MAFIA REDIRECTING VACCINE TO FRIENDS AS ELDERLY DIE
"It is the first in the world to be based on real-world data, showing that the vaccine is less effective against the South Africa variant, compared to both the original virus and the British variant," said Professor Ran Balicer, director of research at Clalit.
Balicer noted that the results indicate a need for continued health policy, including social distancing and wearing masks in indoor spaces.

BIDEN ADMINISTRATION DENIES WHITMER'S REQUEST FOR EXTRA VACCINES AS COVID CASES SURGE IN MICHIGAN
The study appears to corroborate a recent study from Ben-Gurion University of the Negev, according to the Times of Israel: The Ben-Gurion study analyzed blood samples, while the new research is based on sequenced test results.
The new study most notably does not indicate the full prevalence of the variant, which is largely uncommon so far, though it is much more virulent than the original strain of COVID-19.
"Even if the South African variant does break through the vaccine’s protection, it has not spread widely through the population," said Stern.
Israel has conducted a number of important studies into vaccine efficacy as the nation clears full vaccination for over 50% of its population. About a third of the population is under the age of 16, meaning they are not eligible for the shot.
Peter Aitken is a New York born-and-raised reporter with a focus on national and global news.

【[イスラエルのCOVID-19研究は、南アフリカの亜種がファイザーワクチンを「突破」できることを発見しました] FOXニュース。
南アフリカの亜種は、テストされた患者の間で8倍普及していることが証明されました。イスラエルからの新しい研究は、コロナウイルスの南アフリカの亜種がファイザー/ BioNTechワクチンをある程度「突破」できることを示しています。テルアビブ大学とクラリット・ヘルスサービスのチームは、両方のワクチンを接種した患者の南アフリカ変異の有病率は、ワクチン未接種の患者の約8倍であり、5.4%対0.7%であることがわかりました。この研究では、ワクチンを少なくとも1回接種し、コロナウイルスに感染し、ワクチンを接種していない同数の400人以上を比較しました。中国のCOVID-19ワクチンの有効性「高くない」、政府の調査オプション:公務員テルアビブ大学のアディスターンは、「ワクチン未接種のグループと比較して、2回目のワクチン接種を受けた人々の間で南アフリカの亜種の割合が不釣り合いに高いことを発見しました」と述べています。 「これは、南アフリカの亜種がある程度、ワクチンの保護を突破できることを意味します。」ロイターによれば、土曜日に発表されたこの研究は、結果を検証するためにピアレビューを必要としている。イタリアでは、マフィアが高齢者としてワクチンを友人に向け直すことを懸念している「実世界のデータに基づくのは世界で初めてであり、ワクチンが南アフリカの亜種に対して、元のウイルスと英国の亜種の両方と比較して効果が低いことを示しています」と研究責任者のラン・バリサー教授は述べています。クラリットで。バリサー氏は、この結果は、社会的距離の拡大や屋内空間でのマスクの着用など、継続的な健康政策の必要性を示していると述べた。バイデン政権は、ミシガン州でのCOVIDケースの急増に伴い、ホイットマーの追加ワクチンの要求を拒否しました。Times of Israelによると、この研究はネゲブのベングリオン大学による最近の研究を裏付けているようです。ベングリオン研究は血液サンプルを分析しましたが、新しい研究はシーケンスされたテスト結果に基づいています。新しい研究は、COVID-19の元の株よりもはるかに毒性が強いものの、これまでのところほとんど珍しい変異体の完全な蔓延を最も顕著に示していません。「南アフリカの亜種がワクチンの保護を突破したとしても、それは人口全体に広く広がっていません」とスターンは言いました。イスラエルは、人口の50%以上に対して完全なワクチン接種を許可しているため、ワクチンの有効性について多くの重要な研究を行ってきました。人口の約3分の1は16歳未満であり、ショットの資格がないことを意味します。[Peter Aitkenは、ニューヨークで生まれ育ったレポーターであり、国内および世界のニュースに焦点を当てています。]ほぼ機械翻訳 監修ハルジャス】


『「PCRはRNAウイルスの検査に使用すべきではない」(ヒカルランド出版)という画期的な本を出版した徳島大学名誉教授(感染症と免疫学の専門家、京都大学卒業)は、この隠されたきたPCR真実の発表暴露が、世界支配者の奴隷国の日本においてほんとうに画期的だった。このような[反マスコミの洗脳解除]を意図したど真ん中正論による真っ当な論理を持つ控え目謙虚な人徳のある著者は、やはり洗脳され切っている賄賂漬けの似非世間のウソだらけの似非権威から猛烈なバッシングを受けており、徳島大学に問い合わせると「我関知せず」という公式な回答になっているようだ。ある新米の京都大学講師が稚拙な批判文で知名度を挙げようとして愚かにも大先輩に対して基礎的な免疫学の取り組み姿勢[コッホの原則]を青臭い馬鹿者の素人学生のように批判した。きっと裏で誰かに唆されたのだろう。ブラックなカバール製薬会社の手先は、このような公式的批判には論拠が脆く崩されるので、特に正当な論拠や医学的根拠が無いコロナ判定には全く使いものにならぬ似非PCR検査の弱点を途端に突かれてしまうと、こんなにも浅ましく疚しい心が動揺して多少の道義心が刺激されるのか焦って愚かな人格攻撃[スミアキャンペーン]を卑劣に始めて、所属の学会からまた卑怯にも所属大学からさえも追放工作をし始めていくといった一連の誹謗中傷工作手口を見せるのである。第二次世界大戦末期の日本軍部のような狂気の沙汰である「一億総突撃」のように血迷ったワクチンしゃぶ推進行為は、既に現在無辜の人々[最初の犠牲者は有意の医療関係者19名死者]になって残酷にも被害者がこんなにも発生しているのにも関わらずである。つまり4月のワクチン接種原因とほぼ断定できる死者数は厚労省発表で19人にも上ってしまったのだ。筆者が先週予告した通りの幾何級数的なワクチン死者数の増大になりつつある。愚かな弁解は通り一遍の言葉に留まって、「ワクチン死因との因果関係は無い」という木で鼻をくくった如き非論理的非人道的な言い訳のみを機械的に繰り返していく愚かさである。やはりというか、この闇組織カバールWHOと悪徳ビッグテック製薬会社に賄賂漬けになったマス塵の狂気の子供じみた感覚的「痛くない」ワクチン煽り作戦は、ようやく有意の識者からも懸念されて大批判の的になり、その多くは正義漢のある冷静な論理で懸念の声を挙げているのである。これはもっともな事態で当然の趨勢であり正当な論理的帰結であろう。猛烈な反ワクチン[免疫機能を永久に破壊する遺伝子改造反GMOによるmRNA人工ワクチン]運動が世界中で彷彿と沸きあがりつつあり、もはや誰もその声を暗闇の圧政と圧力で潰すことはできなくなってきたようだ。天網恢恢疎にして漏らさず、の諺の通り、カバール闇工作陰謀は明らかに意図が隠された意図が世界にもはや露見しており、悪因悪果の因果がめぐって惨憺たる不法社会になってきているのである。ハルジャス』

※必見
20210428 UPLAN 岡田幹治「新型コロナワクチンの正体を知る」?2021/04/29
/watch?v=62635s9YmGg

※必見
コロナ 緊急事態宣言は茶番? テレビで言わない 陽性者 感染者 発症者の違いを知る 陽性者は感染者ではない 事実と感想は別 100万人当り死者数を指標に?2021/04/26
/watch?v=eFdOzlgpJ6g


コロナワクチンも茶番か? あなたは打ちますか? 希望する人しない人の割合は? 年齢別に違う SNSでの情報収集を重視 接種状況300万回 世界の状況は??2021/04/28
/watch?v=x7JoNzyIy4s


コロナワクチン報道の無責任。医療現場から39~40度の発熱報告多数。悪い情報はきちんと流してワクチンを打ってもらおうよ。医者にも隠す厚生労働省の情報公開。安冨歩教授電話出演。一月万冊清水有高。?2021/04/25
/watch?v=htfR5hF1jN8


ワクチン副反応 医療従事者270万人接種 4月統計死亡者12人→19人に! アナフィラキシーショック633人 重篤511人 副反応4402人 厚生労働省のHPより?2021/05/03


コロナワクチン モデルナワクチン5月から モデルナアームとは? ファイザーのワクチンにはない症状 GW緊急事態宣言で外出制限 解除されない??2021/05/02
/watch?v=Sq8z1Ssv0ac


コロナワクチン☆ウイルス博士の警鐘「パンデミックにワクチンを使っちゃダメ!」【イーコンセプション】?2021/03/16
/watch?v=Djp7vaxmyyE
 

世界歴史大転換【823】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月30日(金)02時33分44秒
  Warning: DON’T TAKE THE VACCINE! [? General McInerney]



https://thetruedefender.com/warning-dont-take-the-vaccine-general-mcinerney/

【[警告:コロナワクチンを接種しないでください!?マキナニー将軍]
(TheTrueDefender)newsより[インタビューVTR by rumbleあり]

この記事は、抗COVIDワクチンの警告が[単なる空の言葉]だと思っている人を対象としています。そんなあなた方は3つ星の将軍を聞く必要があります!そうすれば、警告が何であるかを理解できます!マキナニー将軍は、魅力的で有益なインタビューを行いました。それから、不正選挙、トランプの復活、COVIDの開始に関する民主党と中国の合意などについてさらに学ぶことができます。
[ここでTrueDefender Telegram Chanelに参加して。:]
彼によると、米国は現在のように、これほど危険な立場にあることはありません。この情報に続いて、彼はワクチンについて話し始めました!ワクチンの最初の注射を受けた後、将軍は野生の180を持っていました。彼の話を聞いて、彼の警告を尊重することをお勧めします!】


『老兵マケナニー将軍(General McInerney)が今のワクチンをとても危険なものと警告した貴重なインタビュー↑である。DSのグレートリセット策謀で一連の世界謀略であると示唆しており、やはり人類反逆のプランデミックと見なしているようだ。また下記サイトの新情報によると、マイクロウエーブの5G電波がワクチンに含まれている隠された要素[恐らく毒性惹起して組み合わせる酵素か?]を惹起して強毒化を促している隠密カラクリの可能性を指摘している。これに悪用される予定の5G携帯は使用禁止が当面必要であるようだ。コロナそのものは単なる風邪の如き程度の軽い症状現象であるものの、プラスして5G+nRNAワクチンと組み合わせると、mRNA毒入りワクチン接種による異常な死者数となる詐欺統計の水増し増大と相乗効果となる強毒化と感染力を爆発的かつ飛躍的に[流行存在]そのものを拡大するようだ。こうなってくると[コロナ存在の有無]について学者が理屈で存在論を議論してもアカデミックな基礎学問レベルに留まりやすく、洗脳されたマジョリティー人民にはなんらの社会的な影響力もなくなってくる。まずは詐欺パンデミックの第一段階である「PCR捏造の道具工作」を暴いていくことが先決であり、そのためにはPCR詐欺の手口を世間一般に周知して知らしめた大橋眞徳島大学教授の功績は偉大である。細菌かウイルスの違いを批判して検証しても、詐欺パンデミック計画は社会的策謀に踏み込んだ厄介な大掛かりな作戦なので、悪質なDS/CABAL潰しには一つずつ詐欺の盲点を突いていく地道な洗脳解除が必要だろう。ハルジャス』




※コンテナ船には5G兵器が乗っていた!気象改造兵器のビルゲイツ陰謀とは。
スエズ運河のコンテナ船 エバーグリーン エバーギブン 大損害を出した荷物 トルコのTV番組より 2021/04/10?2021/04/25
/watch?v=-hGjAye1N4g

アレックスコリアが明かしたクローンと人間の違いについて?2021/04/26
/watch?v=7M3vz1HqwsE


ファイザーワクチンと血管傷害?2021/04/26
/watch?v=5zgn3lzOzWg


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたストーンヘンジの真実について?2021/04/26
/watch?v=Ykn743sUMlc


アレックスコリアが明かしたクローンと人間の違いについて?2021/04/26
/watch?v=7M3vz1HqwsE&t=116s


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたレプと組んだ○○の基地に起きたことについて?2021/04/23
/watch?v=pj-wSegEuKI


アンドロメダ星人から聞きアレックスコリアが明かした日本への警告内容について?2021/04/23
/watch?v=w8zlP5IfhuM


※4/26午後905HRC絞首刑ヒラヒラ栗きんとん、キューバで最期の日 2021/04/262021/04/27
/watch?v=C-9-pUzFkcA


ひらひら栗金とん 4月26日 最後の日、遂に旅立ちました~?2021/04/27
/watch?v=ydxawxzqbt0


アリゾナ州 投票審査が開始【第155回】?2021/04/27
/watch?v=W5u9c0CbmXA


アレックスコリアが明かしたアンドロメダン評議会で決定したことについて?2021/04/28
/watch?v=v0tA8TQ4ju0


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした米○が地球外から受け取った物について?2021/04/28
/watch?v=9myzeY4BZ9Q


ト〇ンプ大統領、恒例のMAGA集会を数週間以内に再開か!?2021/04/29
/watch?v=YpkojZZBqmY


アレックスコリアが明かしたアンドロメダ人の警告内容について?2021/04/29
/watch?v=WAKoyv26qyg


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした火星での戦○について?2021/04/29
/watch?v=fY512DF14yY


【そろそろクライマックス??】※削除動画 再投稿?2021/04/29
/watch?v=VfWw3hCf7Mc


アリゾナ州の審査をめぐる激しい法律戦(続編)【第159回】?2021/04/29/watch?v=Drht9lqVMDY
 

世界歴史大転換【822】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月25日(日)21時23分20秒
  [ 田中宇:コロナ危機誇張の要諦は PCR 検査 ]2021年4月24日   田中 宇投稿から抜粋。
田中宇の国際ニュース解説 ?http://tanakanews.com/

※以下は主要ポイントのみピックアップ[筆者が抜粋した一部記事]
「新型コロナのPCR検査は、検査対象者の咽頭から拭い取った体液に含まれている遺伝子類を何回も増幅して人工的に増やし、染色して可視化するが、この増幅をやりすぎると、無関係な「ノイズ」をコロナウイルスの遺伝子と誤判断する「偽陽性」が多発する。」
「増幅度が35サイクル(2の35乗=344億倍)を超えるPCR検査は(誤判断=偽陽性が多すぎて)無意味だ」と発言したが、日本や米国の多くのPCR検査は増幅度が40サイクルだ。英国政府が昨年3月に作った新型コロナのPCR検査のマニュアルでは、増幅度が45サイクルになっている。」
「フランス・マルセイユの研究所が、この方法でPCR検査の真の陽性の比率を調べたところ、25サイクルで70%(偽陽性30%)だったが、30サイクルだと20%(偽陽性80%)、35サイクルだと3%(偽陽性97%)だった。この調査では、35サイクルでも偽陽性が97%なので使い物にならない。PCR検査は25サイクル以下でないとダメだ」
「日本や米国の多くのPCR検査は40サイクル、英国は45サイクルである。どうみても陽性と判定された人のほとんどが偽陽性だ。40サイクルは、30サイクルに比べて2の10乗=1024倍の誇張だ。」
「世界的に、PCR検査の実際のサイクル数は非公開・秘密にされている。サイクル数や、それに関連する陽性判定の基準などを微妙に変えることで、当局や研究機関が偽陽性の比率を恣意的に変えられる。陽性が本物かどうか患者や主治医は知るすべがないという、とんでもない状況が続き、そのとんでもなさ自体が、医者の多くにも認知されていないというとんでもなさだ。」
「中国やロシアは、コロナを乗り越えて経済発展している。中国は人口13億人なのに日々の新たな陽性者が数百人ずつしか出ていない。これは、独裁体制を生かした強力な感染追跡システムを作ったからだと喧伝されているが、それとは別に(本質はそこでなく)PCR検査の増幅率を適切に下げて偽陽性の出現を減らしている可能性がある。中国経済はあまり規制されず、活況を呈している。ロシアも今夏に集団免疫に達しそうだと発表しており、経済が回復している。」
「WHOや国連を動かす国際覇権勢力は、米欧日(米国側)に対し、高すぎる増幅によるPCR検査で感染拡大を誇張し続けることを強要し、その対策として愚策な都市閉鎖を強要し、経済を自滅させている。この勢力は同時に、中露など非米諸国の側に対しては、コロナ危機の誇張を早めにやめて経済回復することを許し、米国側が覇権を自滅させ、中露など非米側が台頭して覇権構造が米単独から多極型に転換するように誘導している。」
「実のところ、コロナで多くの人が死んだのかどうか怪しい。米ジョンズホプキンス大学の研究者(Genevieve Briand)は昨年末、米政府のCDCが発表する統計資料を使い、米国の高齢者の死因別の死者数を、コロナ発生の前と後で比較したところ、死者の総数にほとんど変化がなく、新たに発生した分であるコロナの死者数が、コロナ以外の死因の死者数の減少分とほぼ同じだった。」
「死因がコロナと診断された人のほとんどが、他の原因で死んだ人の死因をコロナと誤診した結果だった」と考えるのが最も自然だ。コロナ危機が始まったばかりの昨年2月ごろ、米金融界の分析者は「これから増えるコロナによる死者のほとんどは、他の病気で死ぬべき人がコロナによる死と診断されるだけで、人類全体の死者数はほとんど増えない」と予測的に看破していたが、それが正しかった」
「米国の病院は、コロナによる死者が出ると政府から補助金をもらえるので、別の死因の人をコロナで死んだと診断し、もらえる補助金を水増ししてきた。米政府もコロナ危機を誇張したいので、喜んで補助金の水増しを黙認した。コロナ危機はこうして誇張されてきた。」
「コロナで死んだ人はほとんどいない」というのが正しい指摘だろう。」
「人をほとんど死なせないコロナウイルスとは、つまるところ「風邪」である。コロナ危機で死者の総数がほとんど増えていないことは同時に、よく言われている「コロナより都市閉鎖の方が、他の病気で病院に行きたい人が行けなくて悪化して死ぬなど、死者の増加につながる」という説も、統計に反映されていないので間違いだということになる。」
「コロナが大した病気でなく、高サイクルのPCR検査が偽陽性(感染していないのに感染したと断定される人)を大量に発生させているとなると、そもそも新型コロナなる病気が今も存在しているのとかどうか、という疑問になる。」
「コロナが風邪の一種なら、ヒトの身体としては汎用的な自然免疫で治す病気なので、ワクチンを接種して個別の免疫を作っても、身体の方が「これは要らない」と考えて残存させず、数カ月ぐらいで個別の免疫が消え、何度もワクチン接種をしなければならないという、製薬会社を儲けさせるだけの話になる」[以下省略]


『コロナ詐欺統計による針小棒大で過剰な疫病大流行カラ騒ぎの裏のカラクリ真相がよく判る画期的な論考指摘であり、筆者が過去述べていた視点と重なる論点が多く、殆どのコメントが正しい着眼視点であろう。面白いのはコロナ死因+その他の病気死因=例年の死者数統計値とほぼ同数、という目から鱗の着眼である。確かにコロナ禍は、流行現象として[社会的に存在]している。この現象的な事実は「疫病が存在していない」という説を打ち消す論拠の重さには変わりがない。ただし、恐らくCDCが特許出願しているCovid19の遺伝子配列は、顕微鏡観察[in vitro]=Microscopic observationのよってのみ[相互確認]できる共有された認知証明だけであり、やはりコロナ病原体の実存証明となると、実際に誰しも「眼で見て客観的に確認すること」はほぼ不可能な事実である。このパラドックスのジレンマと認識ギャップこそ巨大スケールの詐欺が可能になる理由で曖昧な領域が裏に隠れてあることになる。必然的にCovid19の流行自体がそもそも大衆洗脳による大掛かりな騙しのうそっぱち策略を前提として計画してきた[プランデミック]だったことがよく理解されよう。この穿った見方やパラドキシカルな真相解釈ができると、目から鱗が取れてきて視野が突然開けてくるため、ウソの大衆洗脳からすっかり洗脳開放される論理的な証明が構築できるのである。単なる「風邪の一種」として究明解釈して定義づけて大多数が社会的に見なせば、たとえ人工的に遺伝子改造されたゲノム配列であったとしても、この病原体が人にどの程度有害で致死的影響を与える病気なのかは、大衆洗脳によるマジョリティー=人類意識総体の認識と解釈次第で、大きく大多数の基本的な意識や認識が変わるからだ。つまり、仮にもし大衆洗脳が効果絶大なら、仮にもし大流行しているとの見せかけるフェイクイメージ洗脳が成功したなら、実際に大衆意識がコロナは絶対流行していると「信じる」結果になるという心理的かつ普遍的な認識一致の共有化になるのだ。[(真相解釈例)実際にはインフルエンザ死者数年間1万人VSコロナ死者数3千人の事実][イワシの頭も信心から]とは、この心理的テクニック効果を的確に表現している諺である。猫に小判ならぬ、人に疫病流行さえ洗脳して信じ込ませる絶妙な上手い大衆洗脳テクニックにより、もしマジョリティーに対して、たとえ「空想の病気」であったとしても、深く闇のシナリオや虚構を信じ込ませることができたならば、深層心理的に人は[イワシの頭]つまり何であれ、大多数は心から信じ込みやすいのである。信念の法則を逆手に取った信仰洗脳テクニックによって、厄介な現象であるコロナ禍を、地球人の大多数の人口が計画捏造された[コロナ大流行という幻]を信じ込まされているのだ。この心理洗脳こそ世界情報戦争=[グレート心理リセット」という意味であり核兵器に勝る最大の武器であるからだ。ハルジャス』


※コロナ死因より事故死や自殺死のほうが遥かに多数という統計!
コロナは茶番? マスコミが報道しない事実とは? 年齢別死者数 100万人当り死者数を世界各国と比較する スペイン風邪とは? コロナによる自殺者数は??2021/01/04
/watch?v=729WG5Q46LE

看護師達の生の声!厚生省の摂取回避の神文章!続々とコロナワクチン副反応報告?2021/04/23
/watch?v=XKEvEfNligQ



※死亡7例目
2週間に一度のワクチン接種後死亡報告?2021/04/23
/watch?v=d0J_c9_AeBs



アデノウイルスベクターだけが危険なのか?2021/04/19
/watch?v=6QdjVY3Su0E



※抗ウイルス薬・モルヌピラビルはアビガンと同様なRNA変異を防ぐ効果?
【希望】日本で新型コロナ感染初期から家でも使える飲み薬の研究が発表 1回打ちワクチンも新展開?2021/04/23


光の銀河連合とドラコ文明、7次元以上の世界に住む戦士のような外見ロイヤルホワイトドラコは15フィートにもなり?体重は1トン?チャネリング:エレナベラスケスによるドラコ文明からのメッセージ?2021/04/25
/watch?v=TqCsUVj8-Ok
 

世界歴史大転換【821】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月24日(土)11時21分57秒
  [A medical worker prepares a dose of Oxford/AstraZeneca's COVID-19 vaccine at a vaccination centre in Antwerp, Belgium, 18 March 2021Norway: Risk of Dying From AstraZeneca Higher Than of COVID-19© REUTERS / YVES HERMAN]by Sputnik International

While waiting for the final decision on the controversial vaccine, Norway has decided to distribute its stock of AstraZeneca to fellow Nordic countries that actually want to use them despite the associated risks.

Norwegians run a greater risk of dying from being inoculated with AstraZeneca's vaccine than from COVID-19, the National Institute of Public Health (FHI) concluded in its analysis, recommending the vaccine, previously linked to serious complications in the form of rare blood clotting and haemorrhage amid low platelet counts.

Abstaining from the vaccine could possibly prevent up to 10 deaths related to side effects, the FHI said, according to the newspaper Verdens Gang.

So far, Norway has seen five cases of serious incidents reported shortly after vaccination, with three fatalities. FHI has calculated the mortality rate from the AstraZeneca vaccine as 2.3 people per 100,000 vaccinated.

The FHI stressed that continuing to inoculate will by contrast expose younger women to an “unreasonably high risk”, given the current relatively levels of infection in Norway.

Furthermore, the institute is against offering the vaccine on a voluntary basis, which has been proposed both in Norway and fellow Scandinavian nations.

“We believe that such an alternative may appear unethical and with a high risk that those who make such a choice have not fully understood the risk to which they are exposed,” the institute said.
The FHI also ventured that recommending the AstraZeneca vaccine for further use could lead to lower confidence among the population in vaccination programmes in general.

“This could lead to a lower vaccination rate and vaccination rate in the long run, and that patients in risk groups will also say no to vaccines.”
A recent survey by the FHI in collaboration with Mindshare and Norstat, indicated that 76 percent of the respondents were sceptical of at least one of the vaccines, even though 82 percent were initially positive about getting vaccinated. Of the vaccines, AstraZeneca gained the highest level of scepticism at 99 percent, compared with Moderna (9 percent) and Pfizer (8 percent).

However, the government believes it is too early to discontinue the vaccine completely, and is instead launching a new expert group to further investigate both AstraZeneca and Johnson & Johnson, which triggered similar concerns.

Pending a final decision, however, Norway has decided to distribute its stock of AstraZeneca to fellow Nordic countries that actually want to use them.

Of the Norwegian stock, Sweden will borrow 200,000, while 16,000 will go to Iceland.

“If the use of the AstraZeneca vaccine is resumed, we will get back the doses we lend as soon as we request it. Sweden and Iceland will then send back the doses from their first deliveries from AstraZeneca,” Health Minister Bent Høie said, as quoted by Verdens Gang.

The Swedish Public Health Agency has made a different assessment of the AstraZeneca vaccine and has concluded that the benefits of the vaccine outweigh the risks and the side effects.

The agency's Swedish equivalent, the Swedish Public Health Agency, has, however, made a completely different assessment and believes that the benefits of the vaccine far outweigh the risk of side effects.

State epidemiologist Anders Tegnell described the contentious vaccine as having a “high protective effect” and “reducing the risk of serious illness and death, especially among the elderly and weak”.

Earlier this spring, dozens of countries temporarily stopped the use of the AstraZeneca shot amid reports of side effects. Of them, many, like Sweden, have since resumed inoculation, citing a precarious infection situation and shortages of other vaccines.[ommited below]

【[スプートニク・インターナショナルNews]international[医療従事者は、2021年3月18日、ベルギーのアントワープにあるワクチン接種センターでオックスフォード/アストラゼネカのCOVID-19ワクチンを準備しています。ノルウェー:COVID-19よりもアストラゼネカで死亡するリスクが高いことが判明しました。©REUTERS / YVES HERMAN]物議を醸しているワクチンの最終決定を待っている間、ノルウェーは、関連するリスクにもかかわらず実際にそれらを使用したい仲間の北欧諸国にアストラゼネカの在庫を配布することを決定しました。ノルウェー人は、COVID-19よりもアストラゼネカのワクチンを接種することで死亡するリスクが高いと国立公衆衛生研究所(FHI)は分析で結論付け、以前はまれな血液凝固の形で深刻な合併症に関連していたワクチンを推奨しました。血小板数が少ない中での出血。新聞VerdensGangによると、ワクチンを控えることで、副作用に関連する最大10人の死亡を防ぐことができるとFHIは述べました。これまでのところ、ノルウェーではワクチン接種直後に5件の重大な事件が報告されており、3人が死亡しています。 FHIは、アストラゼネカ製ワクチンの死亡率をワクチン接種した10万人あたり2.3人と計算しています。FHIは、ノルウェーでの現在の比較的高い感染レベルを考えると、対照的に、接種を続けると若い女性が「不当に高いリスク」にさらされることを強調しました。さらに、該当の研究所は、ノルウェーと他のスカンジナビア諸国の両方で提案されている自主的なワクチンの提供に反対しています。「そのような代替案は非倫理的であり、そのような選択をした人々が彼らがさらされているリスクを完全に理解していないという高いリスクがあるように見えるかもしれないと私たちは信じています」と研究所は言いました。FHIはまた、アストラゼネカ製ワクチンをさらに使用することを推奨すると、一般的なワクチン接種プログラムに対する国民の信頼が低下する可能性があると考えました。「これは長期的にはワクチン接種率とワクチン接種率の低下につながる可能性があり、リスクグループの患者もワクチンにノーと言うでしょう。」FHIがMindshareおよびNorstatと共同で行った最近の調査によると、回答者の76%は、当初はワクチン接種に積極的でしたが、少なくとも1つのワクチンに懐疑的でした。ワクチンに対するアンケート調査の中で、アストラゼネカは、モデルナ(9%)およびファイザー(8%)と比較して、99%となり最高レベルの懐疑論を獲得しました。しかし、政府はワクチンを完全に中止するには時期尚早であると考えており、代わりに新しい専門家グループを立ち上げて、アストラゼネカとジョンソン&ジョンソンの両方をさらに調査し、さらに同様の懸念を引き起こしました。しかし、最終決定が出るまで、ノルウェーはアストラゼネカの在庫を実際に使用したい北欧諸国に配布することを決定しました。ノルウェーのワクチン株のうち、スウェーデンは200,000を借り、16,000はアイスランドに行きます。「アストラゼネカ製ワクチンの使用が再開された場合、要求があり次第、貸与した用量を取り戻します。スウェーデンとアイスランドは、アストラゼネカからの最初の配達からの線量を送り返します」と、ヴェルデンス・ギャングが引用したベント・ヘイエ保健相は述べました。スウェーデンの公衆衛生局は、アストラゼネカ製ワクチンについて異なる評価を行い、ワクチンの利点がリスクと副作用を上回っていると結論付けました。しかし、同機関のスウェーデンの同等物であるスウェーデン公衆衛生局は、まったく異なる評価を行っており、ワクチンの利点が副作用のリスクをはるかに上回っていると考えています。国家疫学者のAndersTegnellは、論争の的となっているワクチンは「高い防御効果」を持ち、「特に高齢者や弱者の間で深刻な病気や死亡のリスクを軽減する」と説明しました。今年の春の初め、副作用の報告がある中、数十カ国がアストラゼネカショットの使用を一時的に停止しました。それらの多くは、スウェーデンのように、不安定な感染状況と他のワクチンの不足を理由に、その後接種を再開しました。[以下省略ほぼ機械翻訳]】


『ロシアのプーチン大統領がWHO[傘下の国すべて]が禁止タブーしているコロナによって死亡した人の死体解剖を敢えて実施したそうだ。恐らく鋭い勘のよい人はすでに予感していたことだが、その結果、5G回線の照射によって不可解にも病気重篤化を惹起する遺伝子改変要素がCovid19のRNA遺伝子にある??ことが判明したらしいという驚愕の新事実ビッグニュース↓だろう。まだ詳細情報は不明であるが、巷では陰謀論と言われていた5Gインターネット回線マイクロウエーブ照射による何らかの「コロナ遺伝情報重篤活性化」がコロナ感染に合わせて起動惹起される筈という大方の推理である。推測すると免疫不全反応システムの中に、Covid19という[遺伝子改変された生物兵器の遺伝ゲノム情報]がmRNA毒入りワクチン接種と同様に隠蔽されて予め仕組まれているらしい。この5G連動の事実を発見した賢いロシア医療技術は、人道的観点から奴らの陰謀ということで急いで世界中に暴露したかったようだ。今後のmRNA毒入りワクチン接種による異常な死者数となる詐欺統計の増大がコロナによる死者数を上回ってくる(↑ニュース)ようなら、真っ当な反ワクチンムーブメントが世界中で彷彿と勃興していくことになり、Covid19が大流行した2019年のかなり以前に既に[遺伝子改変特許]を取っていて、計画的なパンデミック[Plandemic詐欺]だったことがようやく大衆洗脳されていた全世界と一般世間に明らかにされることだろう。天網恢恢疎にして漏らさず、悪因悪果の天道様節理がこの移し世3次元の基本的な仕組み構造であり、渡来宇宙人であれ地球に棲む誰であれ、例外なく因果は正確にめぐるのである。ハルジャス』


※プーチンがコロナ死と5G関係で死ぬ原因=WHO禁止の[死体解剖]で突き止め判明した!!
ロシアに感謝!プーさん有難う、遂に全てが判った!プーさんのリーダーシップは凄い!?2021/04/23
/watch?v=X2_Iof1p0Do


共和党の金主らがトランプおろしを?【第154回】?2021/04/22
/watch?v=Ot7Zf47F_30


※血栓のこと
【これで解決】ワクチンを救いたい 接種者を血栓から救いたい?2021/04/22
/watch?v=7jO9o04CX9Y
 

世界歴史大転換【820】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月22日(木)13時50分5秒
  [日本や世界や宇宙の動向]より投稿勝手転載。凄く共感できる①②のワクチン接種詐欺引用情報。※もし記事元さんが公に公開記事の拡散を希望されない場合は、すぐに削除致しますので下記[管理者へメール]でどうぞお知らせくださいませ。

[No1]ワクチン接種詐欺について
[2021年04月21日09:13]カテゴリ4/21-[その2] DS側のコロナとワクチンを使った人道に対する極悪犯罪が、今年1月から民主党(偽バイデン)政権が始まってから世界情勢が益々悪化しているように見えます。偽バイデン政権は(特に移民、中共との裏取引、コロナ、ワクチンに関して)調子に乗って暴走しています。ワクチンメーカーによるコロナワクチンの治験中にも死者が出ており深刻な副反応も報告されています。しかし各国政府はそのことを隠蔽し(治験の結果など無視して)ワクチンの集団接種を開始しました。それと、危険な血栓の副反応はどのメーカーのワクチンでも出ているそうです。アストラゼネカ社だけではないようです。最近、世界中がかなりきな臭くなってきましたが、世界中でコロナとワクチンを使った全体主義体制も日増しに強化されています。日本でも変異型コロナの恐怖を煽る報道、押し付けワクチン接種、ワクチンによる副反応や死者の隠蔽、押し付けマスク着用、押し付けソーシャルディスタンス、押し付けまん防、押し付け緊急事態で、政府(地方自治体も)による国民の締め付けが増すのではないでしょうか。これでは経済も崩壊してしまい、国民は益々不安になり、国全体が荒廃していきます。変異型コロナウイルスに関しても、ワクチン接種者が体内で変異型ウイルスを作り出し他人に移しているケースも多いと思います。またワクチン接種者は免疫力が低下しますからウイルスに感染すると悪化しやすくなるそうです。変異型コロナウイルスは感染力が強いのかもしれませんが、検査件数を増やすことで陽性者を意図的に増やしているのも事実でしょう。変異型インフルエンザや変異型風邪ウイルスと同じようなものではないでしょうか。変異型コロナウイルスによる重傷者数は発表されていません。適切に治療すれば治ってしまうレベルなのではないでしょうか。今後、コロナワクチンの被害者、犠牲者の方が多くなるのではないでしょうか。今日は以下の4つの記事の内容を簡単にご紹介させていただきます。勢いを増しているように見える左翼DS側が押し付ける偽旗コロナ・パンデミックとワクチン接種により世界中が益々混乱していくような気がします。もし、偽バイデン政権と中共がこのまま続くなら、今年末までにワクチンの犠牲者の急増、ロックダウンや緊急事態の継続、経済崩壊、武力衝突、侵略など世界が混とんとしそうです。ただし今でもトランプがワクチン接種を推進していた事実は軽視できないと感じています。地球上で依然として悪者が跋扈し悪者による世界統治が進んでいけば、次元上昇中のガイアは、地球をさらなる地獄に落としたくないので身体(地球)をぶるぶる振るって大きな自然災害を起こしてきれいさっぱり洗い流すのではないでしょうか。(記事①)MASKLESS Tulsa Health & Freedom Conference was Fauci’s worst nightmare because nobody died ? NaturalNews.com[4月20日付け]今週末、オクラホマ州タルサに、ヘルスレンジャー(ナチュラル・ニュース)のマイク・アダムズ氏を含む数十人のスピーカーの健康維持と自由に関するお話を聴くために4500人以上の人々が集まりました。彼らは誰もマスクをつけていません。それでも彼らの中から感染者は出ていません。つまりアンソニー・ファウチはコロナ・パンデミックを完全にでっち上げていたということです。最近、マスクをしていない人たちの間で変異型コロナウイルスの感染が広がっているとの報道がありますが、不織布マスク自体が健康を害しているのです。タルサでの集会では誰もマスクをつけておらす、ごく日常的な行動(お互いにハグしたり顔を近づけて話したり)をとっていましたが、誰も体調を崩していません。従ってマスクとソーシャル・ディスタンスが人々の健康を守るというのは説明がつきません。なぜ、タルサに集まった人たち(普通の生活をしている人たち)はコロナを恐れている人たちよりもこんなにも気なのでしょうか?
                     ↓
(記事②)April 20th: Now they want to mask TWO YEAR OLDS… and in Oregon, they’re pushing to make masks PERMANENT ? NaturalNews.com[4月20日付]今や、コロナの専制政治は人道に対する犯罪レベルに達しています。政府はコロナ詐欺を行いながら、国民の健康や命を守るのではなく、国民を奴隷にして大量殺害しています。彼らのやり方が益々狂気じみています。民主党行政のミシガン州では、コロナ感染リスクがほぼゼロの2歳児~4歳児の幼児にもマスクを着けさせることにしました。一方、子供たちにマスクを着用させソーシャル・ディスタンスを守らせていると、子供たちのメンタルヘルスと社会性の発達にかなりの悪影響が出ていることがわかりました。子供たちにマスクとソーシャル・ディスタンスを押し付けているということは、基本的に子供たちは腐敗した医療エスタブリッシュメントから拷問を受けているということです。民主党行政のオレゴン州でも州民にはマスクを永久着用させようとしています。そしてオレゴン州でファシズムを実行している保健当局者はマスクを着用していない州民を悪者扱いしています。まさにこれも人道に対する犯罪そのものです。マスクの押し付け、ワクチンの押し付け、コロナ・パンデミックの押し付けを行っている人たちは、ホロコースト級の犯罪者です。彼らは大量虐殺と大量不妊を実現したくて仕方ないようです。
                    ↓
(記事 ③)Adverse Vaccine Reactions are Hushed Up: Since the mass media have betrayed us to Big Pharma, we must rely on anecdotal evidence that taking the COVID vaccines is very risky. Here | Alternative | Before It's News[4月20日付]元記事:Adverse Vaccine Reactions are Hushed Up: Since the mass media have betrayed us to Big Pharma, we must rely on anecdotal evidence that taking the COVID vaccines is very risky. Here ? Ultimate-Survival (law.blog)(以下は今年1月の記事です。)ワクチンの副反応がもみ消されています。主要メディアは大手製薬会社のために、視聴者(国民)を裏切りワクチンの副反応については報道しないようにしています。しかしワクチンがいかに危険かということを示す動かぬ証拠(ランダムサンプリングにて)があります。以下は2人の読者からの情報です。そのうちの1人は老人ホームの職員です。[情報1]:私の知人の友人は民主党行政州の大病院で働いています。病院のスタッフは同病院の医師から、「ワクチンは安全であり深刻な副反応(重度のアレルギー、他)は出ない。今週中にワクチンを打つための予約をした。」と伝えられました。しかしその2日後に同じ医師から「ワクチンは安全だと言ったことは忘れてほしい。そしていかなる場合でも絶対にワクチンは打たないでほしい。」と告げられました。なぜなら、複数のスタッフがワクチン接種直後に死亡し、また多くのスタッフから深刻な副反応が出たからです。しかしこの医師によると、政府はワクチン接種後に死亡したケースや深刻な副反応が出ていることを隠蔽しています。
(Google, DDG suppressing this image)(1月7日時点の情報として)ファイザー社のワクチンの治験を受けた被験者のうち、2人が死亡、4人が顔面麻痺になりました。イスラエルでもワクチン接種による死者(複数)が報告されています。しかしこのようなことは北米では報道されません。病院では3人のスタッフ以外は誰もワクチンを接種したがっていません。今後数週間のうちに政府は老人ホームの利用者らに対してモデルナ社のワクチンの接種を開始する予定です。医療スタッフこそが最もワクチンを嫌がっている集団だと思います。なぜなら、薬やワクチンは使用前に安全性の検証を行わなければならないのにコロナワクチンについてはそれが行われていないことを彼らは知っているからです。しかもファイザー社とモデルナ社のワクチンはまだ承認されていないテクノロジーを使っているのです。主要メディアや政治家の言うことを信じている人々はコロナワクチンによる副反応は稀であると思っているのかもしれませんが、実際は、ワクチン接種直後に多くの副反応が出ておりその症状がどのくらい続くのかもわかっていないのです。[情報2]:10年以上現場で働いてきた医療スタッフのカール・ダンキンさんがコロナワクチンを接種した後にどうなったかを彼の奥さんが話してくれました。「12月26日に夫はモデルナ社のワクチンを打ちましたがその直後に発熱と倦怠感を伴う副反応が出ました。そしてその翌日から夫は高熱、寒気、頭痛、吐き気に苦しみ寝込んでしまいました。彼は腕を上げることさえできなくなってしまい、緊急入院のために複数の病院に連絡しましたが、拒否されました。その間、彼の症状は悪化していきました。最終的に彼が働いていた病院に数日間緊急入院し専門医から様々な検査と治療を受けました。その2日後にメディアはワクチン接種を全国民に押し進める報道を開始しました。」[以下省略]                    ↓(記事 ④)Government data reveal that ALL emergency use authorization “vaccines” for Covid-19 cause blood clots ? NaturalNews.com[4月20日付]VAERS連邦政府ワクチン副反応報告システムが発表した最新データ(2020年12月14日~2021年4月8日までの統計)によると、FDAの下で緊急使用が許可されたコロナワクチン(アストラゼネカ社、ジョンソン&ジョンソン、ファイザー社、モデルナ社)はみな血栓を誘発させます。上記全社のワクチンが同じように血栓を誘発させるにもかかわらず、現在、ワクチン接種が一時的に停止されたのはアストラゼネカ社とジョンソン&ジョンソンのみです。そしてファイザー社とモデルナ社のワクチンは継続的に全世界の人々に使われています。VAERSが発表した最新データによると、米国でコロナワクチンによる副反応の件数は68347件であり、死者数は2602人です。死者数は前の週よりも260人増えています。しかし専門家(?Megan Redshaw, J.D)は、それらがワクチンによる副反応かどうかはまだ確認されておらずさらなる調査が必要であるとLifeSiteNewsに記しています。深刻な副反応の件数も前の週よりも314人も増えています。VAERSに報告されたワクチン関連の副反応と死者数は全体の1%に過ぎず、実際に血栓が発生した人や深刻な副反応が出た人が何人いるのかは正式に確認されていません。ただし公式に発表された数だけでもこれほど多いのです。コロナの感染を防ぐためにマスクを着用するよう命令するなら、その前に接種者を殺害しているコロナワクチンをすぐに止め一人でも多くの命を守るべきです。たとえ一人であってもワクチンから命を救うことができるなら、トランプのオペレーション・ワープ・スピード・プログラムを終了させる価値はあります。我々が知っていることは、コロナワクチン接種後48時間以内に4人に1人の割合で亡くなっているということです。そしてコロナワクチン接種後24時間以内に約5人に1人の割合で亡くなっています。コロナワクチン接種後に死亡した人たちの19%が心疾患で亡くなっています。死者の殆どが男性で平均年齢は77才です。ワクチン接種後に亡くなった最年少者は18才です。4月8日時点でコロナワクチンを接種した8408人の妊婦から深刻な副反応が出ています。そのうちの114人が流産或いは未熟児を出産しました。また678人に顔面麻痺の副反応が出ました。そのうちの59%がファイザー社+BioNTec社のワクチンを接種しました。また、コロナワクチン接種後、77人がギラン・バレー症候群になりました。彼らの殆どがファイザー社+BioNTec社のワクチンを打っています。またコロナワクチン接種後、20021人にアナフィラキシー反応が出ました。遺伝子操作ワクチンが人体にもたらす影響については誰もわかっていません。

[No2]PCRは洗脳機械に使用されているレプティリアンの奴隷化道具だった。

[2021年04月19日]11:04カテゴリ4/19-[その2] レプティリアンのPCR検査全国で今でも綿棒を鼻の奥まで差し込むPCR検査が実施されているのかどうかはわかりませんが(日本では唾液を容器に入れて検査する方法が一般的と思われます。)、PCR検査に関する不気味な記事を目にしましたのでご紹介させていただきます。鼻の奥に綿棒を突き刺されるのは想像するのも嫌ですね。幸い、日本で一般的に行われている検査方法は綿棒を使わない方法でしょうからよかったと思います。綿棒を使ったPCR検査は受けない方が身のためです!!脳神経を刺激してしまうため恐怖心が付きまとうようになるそうです。悪魔のレプティリアンが人間を支配する方法も恐怖心を植え付けます。人間の恐怖心からエネルギーを吸収して活動しているのがレプティリアンです。PCR検査もレプティリアンの人間奴隷化ツールなのでしょうか。Reptilian PCR Test: The Easiest Way To Control People To Do Anything ? In The Same Way Egyptians Built The Pyramids | Prophecy | Before It's News?(概要)[4月18日付]レプティリアンのPCR検査は、人々を奴隷にして支配するための最も簡単な方法です。古代エジプトでもピラミッド建造の奴隷たちに同じことが行われていました。鼻の奥深くまで綿棒を差し込むような苦痛を伴う荒々しい虚偽検査が脳のバリアを破壊していることを考えたとき、以下のことを思い出しました。2年前に私が読んだハトシェプスト女王葬祭殿に刻まれた象形文字に関する著書にこの方法が記載されていました。この方法は古代エジプトでも採用されていました。古代エジプト人も誰かからこの方法を教えてもらったのだと思います。なぜなら鼻の奥深くに棒を突き刺す方法は、上皮損傷を生じさせ、人々をパニック状態にさせたり恐怖を感じさせたりするからです。恐怖心を引き起こすこの方法は科学的にはレプティリアン・ブレインストーム(発作的な精神的錯乱)と呼ばれています。1918年のスペイン風邪の治療に使われたハーブはコロナにも効果があります。詳細はこちらから:?How Herbs Used in the 1918 Flu Pandemic Can Be Effective Today古代エジプトで、ピラミッドを建造するために捕まえられた奴隷たちは、奴隷労働の前に鼻の奥に棒を突っ込まれていました。その理由は、人間のレプティリアン脳の神経を改変するためです。そして現在でも鼻の奥に綿棒を突っ込むPCR検査が実施されていますが、この検査を受けた人は死の恐怖を感じるようになるため、非常に危険なピラミッド(イルミのシンボル)の建造に使ったなら、従順で影響されやすい完璧な奴隷労働者になります。今やこの方法はメディアや政治家が国民を脅すために使われています。PCR検査の結果が極めて重要であるため人々はPCR検査を怖がっています。そして、PCR検査によって、レプティリアンの脳幹の前部にある下垂体の表皮組織に傷がつくと永遠に恐怖を感じる精神病患者になります。PCR検査により恐怖を感じるようになった人たちは従順になり命令通りにマスクを着けます。そしてたとえ自分の子供や親が殺害され黒い死体袋に入れられても誰にも反発しようとしません。古代の治療法(天然の抗生剤):Medieval Lessons: The Most Powerful Natural Antibiotic Ever ? Killes Any Infections In The Bodyテーベ遺跡の壁には、恐怖心を植え付けることで奴隷を従順な奴隷にする方法について詳細に書かれています。[転載おわり]

『なかなかの秀逸な解析である。一部の数値以外は殆ど納得できる共感性の高い分析であると思う。補足することはほぼ無いくらいで、斬新な視点がかなり多い。さらに付け加えるとしたら、ワクチン接種による[強毒化した変異ウイルス発生]の経緯プロセスと原因分析があると助かると思う。変異そのものはすべてRNAウイルスに例外なく[Covid19]には約2か月くらいで起こるものなので、通常通りの変異なら必ず「弱毒化」していくのがRNAウイルスの常識だ。しかし、その常識に反して却って強毒化している偽装統計がまことに不可解な疑問であったからだ。愚かな素人考えで筆者が稚拙に推理してみよう。恐らく強毒化の仕組み[原因]は、mRNA組み換え遺伝子を使用しているせいで、遺伝子が異物としてみなされて接種による体に抗体反応や免疫反応を起こさせるので、如何なるワクチンでもmRNA⇒cDNAへ転写するタイミングで自分の細胞にある自然抗体の特定箇所が変質して、より抗体耐性度を強化していくため血栓が造られやすくなり、つまりアンチ自己抗体になって突然に変質するので、自己の持つ自然抗体に対してアンチ自己抗体が逆襲してくる仕組みなのかもしれない。あたかも抗生物質の取りすぎた過剰接種と似たような免疫不全化原理なのだろう。この点に気づいて指摘している人やサイトはまだ見かけないので、更にウイルス強毒化の真の仕組みの解析が進めば、奴らの[変異ウイルス増強詐欺]が完璧にmRNAワクチン非合法接種による人類抹殺計画謀略と悪意あるN.W.Oグレートリセット策略の必然的結果であることが、世間にとうとう露呈して暴露されることになるだろう。ハルジャス』


※ワクチン打つ前の製薬会社のアナウンス。未承認と明言!!
米国食品医薬品局FDAによるファクトシート?2021/04/21
/watch?v=SaejgYsqrWw


※血栓は病歴のない若い層に起こっている。
【実録】とうとう回って来ましたワクチン順番 優先接種の対象は誰??2021/04/21
/watch?v=wEMq43xs-_Y


※ワクチン接種による死亡数が増大。マスコミの隠蔽が際立ってきた。↑の元記事サイト。
[日本や世界や宇宙の動向]より。
DS側のコロナとワクチンを使った人道に対する極悪犯罪 : 日本や世界や宇宙の動向 (livedoor.jp)より
blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52063937.html



アレックスコリアが明かした地球が生命体である根拠について?2021/04/22
/watch?v=gKo0cQlg_b4


アレックスコリアが明かした地球が生命体である根拠について?2021/04/22
/watch?v=gKo0cQlg_b4&t=220s


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたテレポートした人類に起こ変化について?2021/04/22
/watch?v=9qxQHmBpYpI
 

世界歴史大転換【819】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月21日(水)11時25分13秒
  【[March 10, 2021J&J社製のコロナワクチンについて知っておくべきこと]J&J社製コロナワクチン - Consumer Health News | HealthDayより。
https://consumer.healthday.com/b-3-2-what-you-need-to-know-about-the-new-j-j-covid-vaccine-2651013991.html

「米食品医薬品局(FDA)は2月27日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン社(以下、J&J社)が開発した1回接種型の新型コロナウイルスワクチンを緊急承認した。同ワクチンが承認されたことで、米国が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックと戦うための武器が3つに増えた。J&J社製のワクチンの有効性は66%と報告されており、ファイザー社製とモデルナ社製のワクチンの有効性(95%程度)と比べると低い。しかし、J&J社製のワクチンはCOVID-19の重症化予防に優れており、その有効性は、米国で86%に達していたほか、高い感染性が懸念されている変異ウイルスが流行中の南アフリカでも82%であったことが示されている。また、約2万2,000人を対象にした臨床試験では、COVID-19による死亡例はなかった。そのため、J&J社製のワクチンについて専門家からは、「多くの米国人にとって重要な選択肢の一つになる」との声が上がっている。
米テキサス大学ヒューストン医療科学センター(UTHealth)のKatelyn Jetelina氏は、「数値からJ&J社製のワクチンの有効性は低いと判断するのは簡単だ。しかし、新型コロナウイルスワクチンの開発競争が始まった頃、科学者たちは50%の有効性を得ることに望みをかけていた。ところが、実際にはそれを大きく上回る成果が3回も得られた。われわれ疫学者は、たとえ有効性が劣るという印象を受けるとしても、このワクチンが開発されたことに、今でも胸を躍らせている」と話す。そして、「接種対象の人は、その機会を逃さないようにすることが重要だ。米国で承認されたワクチンは、いずれも安全で有効だ。われわれは、これらのワクチンによってパンデミックが収束することを願っている」と述べている。
J&J社製のワクチンは、ファイザー社製やモデルナ社製のワクチンと何が違うのか。大きな違いは、開発に使われた技術だ。J&J社製のワクチンの開発では、呼吸器感染症の原因ウイルスとしてよく知られている[アデノウイルス]を使うという、既存の技術が用いられている。新型コロナウイルスの表面にあるスパイクタンパク質の遺伝子情報を、弱毒化したアデノウイルスを使って体内に入れることで、新型コロナウイルスに対する免疫が誘導される仕組みとなっている。※[補足]中島聡氏のコメント↓も参照。「J&Jのワクチンは、ウィルスベクター型のワクチンで、無害(もしくは弱毒性の)ウィルス(J&Jのワクチンの場合には、アデノウイルス26型)に、新型コロナウィルスのスパイクタンパクのDNAを[遺伝子操作によりワクチンに組み込んだ上]で、人間をそのウィルスに感染させてスパイクタンパクを作るようにして、免疫反応で抗体を作らせるもの[※転写技術]です。ベクターウィルス型のワクチンは、mRNA形のワクチンと比べて安定しているので、冷凍保存は不要だし、摂取も1回で十分です。中略。米国のFDA(Food and Drug Admiinstration)が、J&J製のワクチンの投与を一時停止指示を出したとの報道....血栓が出る仕組みがアストラゼネカと同じとみなされたらしい。」
これに対して、ファイザー社製やモデルナ社製のワクチン開発で用いられた技術では、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質をコード化(※転写)する遺伝物質(mRNA組み換え遺伝子)を使っている。mRNAは温度変化に弱く極めて壊れやすいため、-70度cの超低温での保存が必要となる。
では、J&J社製のワクチンの安全性と有効性はどのようなものなのか。「JAMA」に3月1日掲載された記事によると、まず、同ワクチンを接種した人の90%で1回の接種後に新型コロナウイルスに対する抗体が作られていることが確認されている。また、J&J社によると、同ワクチンの1回接種後の有効性は、中等症~重症のCOVID-19の予防については66%、COVID-19による入院や死亡の予防については100%であった。さらに、重度のアレルギー反応の報告はなく、発熱などの副反応の発生に関しては他のワクチンと同程度で、重篤な合併症の原因となる可能性も示されていない。
感染症に詳しい公衆衛生学の専門家である、米バージニア工科大学のLisa Lee氏は、「COVID-19に対して3つ目のワクチンが加わったことで、米国が集団免疫を獲得するまでの期間は大幅に短縮されるだろう。ファイザー社製とモデルナ社製のワクチンとは異なり、このワクチンは超低温冷凍での輸送や保管システムが不要で、接種も1回で済むからだ」と期待を示している。(HealthDay News 2021年3月2日)?Steven Reinbergand?HealthDay Japan TranslationCONSUMER JAPANESE??】

『J&J開発のワクチンは昨年大統領ドナルド・トランプがワープスピードで開発させた米国ワクチンで、最近娘のイバンカがこのワクチン?を打っている動画が公開されていた、大統領コメントでは、お勧めのワクチンで信頼できるとされた従来型のワクチンであるらしい。その成分にはmRNAが混入されていないということだが、遺伝子組み換えテクニックは部分的に使用されている。上記コメントで説明されたように[J&J社製のワクチンの開発では、呼吸器感染症の原因ウイルスとしてよく知られている[アデノウイルス]を使うという、既存の技術が用いられている。新型コロナウイルスの表面にあるスパイクタンパク質の遺伝子情報を、弱毒化したアデノウイルスを使って体内に入れる技術[※↑コメント引用=スパイクタンパクのDNAを[遺伝子操作により組み込んだ上]で、人間をそのウィルスに感染させてスパイクタンパクを作るようにして、自己免疫反応で抗体を作らせる]もので、[※自己免疫反応で抗体を作らせること自体が逆に免疫反応の逆襲原因となって意図しない血栓ができる副作用の仕組みだった。]新型コロナウイルスに対する免疫が誘導される仕組みとなっている。]というパラドックスである。つまり、J&J製ワクチンでも血栓が出来得る遺伝子組み換え技術は使用されているのだ。ただし、ある程度のアナフィラキシーや血栓発症頻度が他のmRNA遺伝子組み換えワクチンよりもかなり低いと言われている。しかし、血栓が発症する確率は低いものの、皆無になったわけではない。新しい遺伝子を体内に恒久混入する新技術であり、新型コロナウイルスのmRNAワクチンそのものは、ワクチンとは言えず単なる遺伝子治療薬とみなされるのである。如何なるメーカーのワクチンでもmRNA自己細胞に[永久不変に]固定導入されるなどの[DNAへの転写テクニック]が使われた場合、慎重によく副作用を見極めて選択を一旦保留する必要があるということだ。従って周囲の置かれた環境つまり世間の集団圧力の強制的な空気がある場合は、危険な血栓発症リスクを鑑みるとけして決定打ではないが、消去法でJ&Jワクチンを選択するしか方法があるまい。mRNA遺伝子組み換えワクチンを安全性確証の無いまま慌てて[今]選択して使うよりは、mRNA遺伝子治療薬タイプでなければ安全性が[比較的]担保されやすいと思われるからである。別件であるが、(Natural Newsによると)?フロリダではmRNA混入の遺伝子改変[GM]蚊[がばら撒きされているらしい。https://www.naturalnews.com/2021-04-15-gmo-mosquitoes-being-released-in-florida-keys.html/
ワクチン拒否した不届きな人間に対しては絶対[mRNA遺伝子組み換え]から逃れられない闇の謀略や裏工作があるのだ。その情報によると2021年から2022年の間に[7億5000万の遺伝子組み換えGM蚊[GMO mosquitos]がフロリダ州キーズに放出され、この地域の人々と地元の野生生物が計り知れない危険にさらされたという。なんとも空恐ろしいカバール悪魔君ビル・ゲイツらの大量世界人口削減への悪質極まるしつこい偏執狂の地獄執念だろう。果たしてこの闇ワクチン接種ばら撒き工作により世界の人々の命運が如何になるのか、よく見届けたい。人類の貴重な命に関わる人道的視点から見て、大衆の心理的趨勢と洗脳化度合を見極めていく義務と責任が地球に棲む人類一人一人にはあるだろう。※ハンガリーでは国家判断でワクチン接種禁止措置が早速取られたという。闇組織の思惑に頓着しない大英断であろう。ゆめゆめ安直極まる[mRNA遺伝子改変治療薬]=偽装された名称の似非ワクチン(=ワクチンではない怪しいまがい物)により、これだけが最後の治療法で人類救済の望みであるとの大ウソで洗脳させられて、塵のマスコミやフェイクのプロパガンダ強制盲信に陥って軽挙しないように気を付けてほしいものだ。大衆洗脳させられた拙速な猛毒入りワクチン接種は絶対に避けるべき時であろう。ハルジャス』

※参考=[ワクチン接種賛成推進派の投稿]
[中島聡氏(なかじま・さとし)投稿=MAG2NEWSより。[COVID-19ワクチン接種リポート]※筆者注

「先日(3月30日)にCOVID-19ワクチンの第1回目の接種をしてきました。モデルナのものです。アナフィラキシーは、ほとんどの場合、ワクチンの接種後15分以内に起こることが分かっているため、万が一の場合に備えて、店にいてもらうのです。※中略。
米国では、ファイザーのものとモデルナのものが最初に認可を受け、最初はその2種類のワクチンでスタートしましたが、最近になってJ&J製のものも認可を受け、今は3種類のワクチンで摂取が行われています。ワクチンの種類は場所によって異なり、かつ、公開されているので、その情報を使って、どのワクチンを受けるかを選ぶことが可能です。私の場合、mRNAワクチンである、ファイザーかモデルナであればどちらでも良かったので、モデルナを投与してくれる、ドラッグストアを選びました。3つのワクチンの違いについて、簡単にまとめておきます。ファイザーとモデルナのワクチンは、mRNAワクチンと呼ばれ、抗原となる新型コロナウィルスの持つ突起(スパイク)のタンパク質を作るインストラクションであるmRNA(message RNA)を直接体に投与することにより、体の中にタンパク質を作り、それを異物としてみなした体に免疫反応を起こさせるというものです。
生物は、必要なタンパク質を作る際には、自分のDNAの情報を元に作りますが、DNAに書かれた情報を読み出す際には、一度mRNAの形に転写した後で、行います。
DNAの場合は、A(アデニン)、T(チミン)、C(シトシン)、G(グ.アニン)の4進数として扱うのが特徴です。またDNAの場合には、Aを反転させたものがT、Cを反転させたものがGという決まりがあり、一つの情報に対して、反転させたものをペアとして持つことにより、情報を安定化させています。※中略。タンパク質生成の際に必要なmRNAは片側だけなので、不安定で、すぐに壊れてしまいます。(DNAからmRNAに転写される際にはTがUになりますが、情報としては同義です)。[※転写図省略]
mRNAは常温だとすぐに壊れてしまうため、冷凍保存しておく必要があります。また、体の中に入って指定されたタンパク質を作らせると、すぐに壊れてしまうため、長期的な影響はありません。それもあって、ワクチンの摂取は2回必要です。
[mRNAワクチンを危険視する人は、体の中に入ったmRNAがその人のDNAそのものを変えてしまう、と不安を煽っていますが、そんな心配はありません。](※根拠なき楽観論ばかりで信用できない。)ウィルスの中には、自分の遺伝子を宿主のDNAに潜り込ませてしまう種類のウィルス(レトロウィルス)も存在しますが、それらのウィルスは、RNAをDNAに転写する際に必要な特殊な酵素を持っているからです。
J&Jのワクチンは、ウィルスベクター型のワクチンで、無害(もしくは弱毒性の)ウィルス(J&Jのワクチンの場合には、アデノウイルス26型)に、新型コロナウィルスのスパイクタンパクのDNAを遺伝子操作により組み込んだ上で、人間をそのウィルスに感染させてスパイクタンパクを作るようにして、免疫反応で抗体を作らせるものです。
ベクターウィルス型のワクチンは、mRNA形のワクチンと比べて安定しているので、冷凍保存は不要だし、摂取も1回で十分です。参考までに書いておくと、英国で大規模な投与がされているアストラゼネカ製のものは、J&J製のものと同じアデノウィルスを使ったベクター型のワクチンです。投与後に、血栓が出来るという情報もあり、米国ではまだ認可されていません。※中略。米国のFDA(Food and Drug Admiinstration)が、J&J製のワクチンの投与を一時停止の指示を出したとの報道がありました。アストラゼネカ製と同様に、血栓が出来るケースがあることが報告されたからだそうです。
どちらもウィルスベクター型のワクチンであることから推測するに、その仕組みそのものに血栓を作り出すリスクがある可能性も否定できません。[※遺伝子改変の仕組み自体が多臓器血栓のリスク大になる。遺伝子改変する恒久的遺伝子組み換えであり、これをワクチンという名称とするは僭称で違法なこと。]※以下略」


【再び日本最速紹介・緩和医院長】新型コロナワクチンの血栓について予兆や検査のさらなる情報が明らかに!?2021/04/20
/watch?v=fKGJQAXaxOc


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたNASAが○○を公表した件について?2021/04/20
/watch?v=0do4QJgW_co


アンドロメダ星人から聞いたアレックスコリアが明かしたフリーエネルギーが公表されるタイミングについて?2021/04/20
/watch?v=0jpgnqljQ5E


アレックスコリアが明かしたケネディーが○くなる10日前に言っていたことについて?2021/04/21
/watch?v=1Ink-SygnFc


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした人類で初めて火星にいった人物について?2021/04/21
/watch?v=m1xU0Bj8Kxg
 

世界歴史大転換【818】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月20日(火)12時23分25秒
  『米国VAERS(Vaccine Adverse Events Reporting System, USA)の有害事象報告統計では、4/2時点では死者数2342人だった。その一週間後4/9時点ではコロナワクチン[モデルナ、ファイザー、ジャンセン、および不明な製薬会社による接種後]2602件の死亡事例、深刻な重症者累計8285件、副作用累計68347件、その内アナフィラキシー[Anaphylaxis]週間累計458人となっていて、該当年齢は25-50歳で比較的若い層に多く出現していた。これは数値捏造がほぼできないVARES(米国ワクチン有害事象報告制度)による数値なので信頼できる事実であろう。(COVID DATA - OpenVaers:2021年4月9日付)。このうち死亡数は一週間単位で集計されており、4/9までのたった一週間[4/2-4/9]で、なんと驚くことに米国における申告済報告のワクチンに死亡件数だけで260人(=2602人-2342人)も死者が増加したことになる。世界規模で集計すれば、この数の10倍から30倍以上になっていることだろうと推定できる規模だ。更に今後の世界の発生死者数は幾何級数的に増大が予測される。このような非合法[似非ワクチン]を何故各国が承認していたのか、汚職利権まみれのWHOや悪魔の仕置き人ファウチの根拠無きお墨付き推奨もあるが、さらに根拠を探ると、ワクチン開発の製薬会社の「開発会社免責」のためにワクチンという名称を偽装してでもクスリに名前を付ければ、mRNA遺伝子組み換えワクチンを緊急採用した政府機関免責や国家免責になって、大きな似非ワクチン非合法の合法化が採択理由になったからであった。そもそも世界人口の大規模削減が狙いなら、核戦争勃発のほうが手っ取り早いのに、まどろこしい削減効果を狙って悪手を敢えて使っていくのは何故か?分析するキーポイントは[グレートリセット]いう地球人を闇支配している最高権力カバール共の基本方針であるからだろう。確かに核戦争惹起は最悪自らも殺すので、聖書予言ハルマゲドン盲信以外には絶対採れないタブーの際どい手段である。従って最高支配者層が生き残ったまま地球人を5億人程度まで気長に激減させるワクチンによるロングスパンのマッシブジェノサイドや、ウソの詐欺統計である地球温暖化捏造で、じわじわ進める大詐欺も、このグレートリセット長期計画の路線にあるものだ。しかし、粗っぽい殺人策略は世界中で非合法な[mRNA混入ニセワクチン]に起因した多大な犠牲者が発生しており、似非ワクチン排除の排斥運動や真っ当な医師グループからも非人道的行為であるとようやく訴えられ非難されつつあり、遠からず大がかりなこのワクチン詐欺が表のフェイク報道でも取り上げざるを得なくなることであろう。空虚なコロナ理屈で空っぽの頭によって、似非ワクチン権威を悪用した狂気の質の悪い人類抹殺計画は、必ず暴かれて頓挫していくことが必定と予測される。悪の権化DSだらけのCDCやWHO議長おかまテドロスや極悪非道なアメリカ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長アンソニー・スティーヴン・ファウチ(Anthony Stephen?Fauci)らのジェノサイド巨悪は、いずれそう遠くなく世界の番人[Q]チームによって逮捕拘束されるであろう。天網恢恢疎にして漏らさず、この実現法則は時間空間の拘束が永久にない3次元法則なので、HRCのギトモ刑務所裁判[グアンタナモHRC裁判珍記録↓参照]の悪因果帰結=4/26絞首刑ように、この世の絶対的因果法則[悪因果悪結果]において、いかにこの世の栄華を得た人間といえども、何人たりとも全く因果法則の例外はないからである。ハルジャス』


※710万人のワクチン接種で血栓が出た!クスリはリスクだ。脳の無神経障害も。
【怖すぎ情報:ワクちゃんのマウス実験で狂牛病が確認された。身体障害者やホームレスには強制摂取。】賛否両論あるかとは思いますが、これからの判断材料の一つとしてご活用下さい。〔2倍速推奨〕?2021/04/18
/watch?v=LytGOsQsOkI&lc=z22rdppqaoeduf0x504t1aokgfm5pvb25kpbbp5sqnnbrk0h00410


※カバール奴隷キチ外ファウチのとち狂った言い草。
ファウチ氏「ワクチン接種しても感染の可能性がある。マスクは必要」「ワクチンは3回うつ必要がある」/ネット:ワクチンを打ち続けて、マスクを一生しろということか?2021/04/1
/watch?v=DFrbaneKRZs


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かしたETたちが地球を欲しがる理由について?2021/04/19
/watch?v=pw6XT6rKVkM


アンドロメダ星人から聞いたアレックスコリアが明かした人類の力を奪っているものについて?2021/04/19
/watch?v=qLaSaf-ibDk


[グアンタナモHRC裁判珍記録]3/2逮捕され3/5より監獄収監。4/26死刑決定?

※アドレナクロムの禁断症状が出る。
ヒラヒラのキューバの檻の中での奇行生活 2021/03/18 - 3/30?2021/04/14
/watch?v=u756Z3WINY4


①ヒラヒラ栗きんとんが裁きを受ける日 1日目 2021/04/08?2021/04/15
/watch?v=DXhqLiy_T8Y


②ヒラヒラ栗きんとんが裁きを受ける日 2日目 2021/04/12?2021/04/16
/watch?v=IEZp1zArTvI&t=285s


③ヒラヒラ栗きんとんが裁きを受ける日 3日目 2021/04/13?2021/04/17
/watch?v=KPHcSctBx2k


※ポデスタは4/4逮捕。
④ヒラヒラ栗きんとんが裁きを受ける日 4日目 2021/04/14?2021/04/18
/watch?v=ogX22dIxT-k


※HRCは4/26に絞首刑による処刑予定。
⑤ヒラヒラ栗きんとんが裁きを受ける日 5日目 最終日 2021/04/15?2021/04/19
/watch?v=FjguJbAnE40
 

世界歴史大転換【817】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月19日(月)11時08分49秒
  The PCR test was, after all, a bogus test, a tool that continued to deceive people around the world. Makoto Ohashi, a professor emeritus at Tokushima University (Infectious diseases and immunology experts graduated from Kyoto University), who published the book "PCR should not be used for testing RNA viruses" (Hikaru Land Publishing), that this hidden truth release was epoch-making for us especially amateurs. It is a masterpiece that finally gives you [Release from Brainwashing], and is a must-read for everyone. Dr. Kary Mullis, who developed the PCR test method and received the Nobel Prize, complained that it was inevitable that PCR could be not used for pathogen identification (confirmation of specific match) just before death, but unfortunately, he has a mysterious died with his mouth closed. Even now, the assassination theory by the black hat Cabal has not disappeared. Perhaps it was a plot that would trigger a corona pandemic if the "very smelly" lied PCR test method became widespread through brainwashing. The deception and false non-testing methods that allow endless pathogen identification tests allow a large number of non-sick people to be repeatedly identified as false-positive infected individuals. [* The following is quoted from Wikipedia] "Polymerase chain reaction (PCR) is a specific region (* some genetic information fragments) of a DNA sample that is millions to billions of times larger. A reaction or technique that amplifies DNA. The acronym for English notation is called the PCR method, or simply PCR, and it is sometimes read in English as "polymerase chain reaction." A small amount of DNA sample by exponentially amplifying a copy of an arbitrary gene region or genomic region through a series of temperature change cycles using the action of an enzyme called DNA polymerase. The purpose is to amplify it to an amount sufficient to study its details. A useful technology widely used in fields such as medicine, molecular biology and forensic medicine, it was invented by Kary Mullis in 1983 and won the Nobel Prize. With the establishment of the PCR method, experiments such as DNA sequence cloning, sequencing, and gene mutation induction have become possible, and are used in research fields such as molecular genetics, physiology, and taxonomy, as well as analysis of ancient DNA samples. DNA typing used in forensic medicine and paternity testing, technological development related to identification of infectious pathogens and diagnosis of infectious diseases (nucleic acid amplification test), etc. have made great strides. In addition, technologies such as reverse transcription-polymerase chain reaction, real-time PCR, and DNA sequencing have been developed from the PCR method. Therefore, PCR methods are now the basis of gene analysis in a wide range of fields including biology and medicine [Omitted below]". As shown here, PCR, which was originally a method for identifying genetic information, can identify only DNA fragments, so it is necessary to identify RNA pathogens (determination and identification of whether coronavirus is a pathogen by RNA). So PCR is something that couldn't be used the method for identifying RNA genetic information. Mutant RNA viruses become unusable if mutated by 2% or more by PCR method. Corona infection onset = false positive patients are not the only ones. The current general trend of being infected with false positives is the ignorant masses of unscientific fake media and similar non-doctors (both similar non-doctors such as Corona Advisory Committee and Infectious Disease Hospital) by fake advertising media. It was a fake propaganda that was made up by a large-scale brainwashing all the time. Without being aware of this karakuri, a large fraud called a similar non-corona pandemic, in which PCR was a major precondition for corona judgment, was widespread, and it was deceived by Covid19 and spread all over the world. However, it's almost time to wake up from the fake planded pandemic [Plandemic]. This is because the aim of the Cabal pharmaceutical company was not to increase the number of corona patients, but to spread the mRNA recombinant vaccine from the beginning, and it was a mutant strain ("con"=fraudulent mutant strain) that was advertised as a completely unscientific infection [increased lethality]. This is because it is spreading a new type of fraudulent propaganda that the infectivity increases and the  poison's power increases. It is yet unknown whether the RNA virus actually exists as a fact of scientific existence, and since it is for the purpose of determining DNA, RNA virus cannot be identified by PCR in the first place. In addition, that is  like a [Mayfly fraud] that pretended that the existence of the corona pathogen is possible [Covid19, a non-existent illusion] as the existence of the devil has deceived the majority of innocent people all over the world.

[Mayfly fraud] or [Covid19, a non-existent illusion]. This is because the aim of the Cabal pharmaceutical company was not to increase the number of corona patients, but to spread the mRNA recombinant vaccine from the beginning, and it was a mutant strain (mutates every two months) that was advertised as a completely unscientific infection [increased lethality]. This is because it is spreading a new type of fraudulent propaganda that the infectivity increases [and] the toxic power increases. It is unknown whether this RNA virus actually exists, and since it is for the purpose of determining DNA, RNA virus cannot be identified by PCR in the first place. In addition, as the existence of the devil has deceived the majority of innocent people all over the world that pretended that the existence of the corona pathogen is real possible.However, in the future, it is estimated that "God's hand" may intervene from all aspects by measuring the balance between good and evil, so it is expected that the world movement that will destroy the devil's minion Cabal pharmaceutical company will gradually break out. No, of course we have to wake it up. Billions of deceived ordinary people are still unaware of the dangers of the deadly killing [mRNA recombinant vaccine] and are autoimmune to death, which can lead to a reduction in life expectancy system. This is because it becomes a devilish [Pathogen of modified gene] it'sself that repeats multiple organ destruction,  autoimmune failure, and new immune diseases. mRNA also has the property of inactivating cancer-suppressing proteins and can promote the growth of cancer cells. Common sense tells us that there is no merit in rushing and rushing to believe in a malicious similar "non"-treatment method without clinical trials for a new vaccine, which normally takes 5 to 10 years or more. It was like a [near similar  named as a vaccine=vaccine con] full of toxics and full of poisons containing nanochips, and was actually a [devil's satietied vaccine]. [English translation by Harjas]


【PCRテストは、結局のところ、偽のテストであり、世界中の人々を欺き続けているツールでした。 「PCRはRNAウイルスの検査に使用すべきではない」(ひかるランド出版)という本を出版した徳島大学名誉教授(感染症と免疫学の専門家、京都大学卒業)は、この隠されたPCR真実の発表は画期的だった。この本は私たち、特にアマチュアのために作られています。ついに【洗脳からの解放】をお届けする傑作であり、誰にとっても必読書です。PCR検査法を開発してノーベル賞を受賞したキャリー・マリス博士は、死の直前に病原体の同定(病原体特定一致の確認)にPCRを使用できないと不満を述べたが、残念ながら彼には口を封じられて死んだらしいとされた死の謎があります。今でも、ブラックハットのカバルによる暗殺説は消えていない。おそらくそれは、「ひどく臭う」嘘つきPCR検査法が大衆洗脳によって広まった場合に、コロナパンデミックを引き起こす策略プロットでした。無限の病原体同定検査を可能にするウソ欺瞞と似非検査方法が、多数の[非病気の人々]が偽陽性として感染した個人特定ツールで繰り返し識別使用される手段を可能にしています。検査される対象が動物や植物でも陽性として誤判定され擬陽性となってしまいます。このようなPCRの判定リスクは機能上、まったく改良不可能なのです。その理由は開発された機械の意図にありました。[*以下はウィキペディアから引用]「ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)は、数百万から数十億倍大きいDNAサンプルの特定の領域(*いくつかの遺伝子情報フラグメント)です。DNAを増幅する反応または技術。略語英語表記の場合、PCR法または単にPCRと呼ばれ、英語では「ポリメラーゼ連鎖反応」と呼ばれることもあります。一連の一連の遺伝子領域またはゲノム領域のコピーを指数関数的に増幅することによる少量のDNAサンプルDNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の作用を利用した温度変化サイクルその詳細を研究するのに十分な量まで増幅することを目的とし、医学、分子生物学、法医学などの分野で広く使用されている有用な技術であり、Karyによって発明されました。マリスは1983年にノーベル賞を受賞しました。PCR法の確立により、DNA配列のクローニング、配列決定、遺伝子変異誘導などの実験が可能になり、海外で使用されています。分子遺伝学、生理学、分類学などの分野、および古代DNAサンプルの分析。法医学や親子鑑定で使用されるDNA鑑定、感染性病原体の同定や感染症の診断(核酸増幅検査)などの技術開発は大きく進歩しました。さらに、[逆転写ポリメラーゼ連鎖反応、リアルタイムPCR、DNAシーケンシングなどの技術]がPCR法から他者により開発されました。そのため、PCR法は生物学や医学など幅広い分野で遺伝子解析の基礎となっています[以下省略]」。ここに示すように、もともと遺伝子情報を同定確認する方法であったPCRはDNAの一部断片しか同定できないため、 もともとはコロナウイルス=RNA病原体の特定(コロナウイルスがRNAによる病原体であるかどうかの判断と俯瞰全体的に特定)が必要であるため、例えばPCR法にRNAウイルス[逆転写ポリメラーゼ連鎖反応]などに応用しては実際に使用できません。従ってさらにPCR法で2%以上変異する変異RNAウイルスは使用できなくなります。コロナ感染発症=偽陽性のみなし患者だけではありません。偽陽性のみなし感染する現在の一般的な傾向は、非科学的なフェイクメディアと同様の似非医師(コロナ諮問委員会と国立感染症病院などの同様の大衆洗脳する藪医師の両方)のほぼ無知か意図的悪意のある闇集団です。これは、常に大規模な洗脳によって構成された偽の広告メディアによる偽の宣伝でした。この隠された意図と[裏のからくり]に気付かずに、同様のコロナパンデミックと呼ばれる世界規模の大規模な詐欺PCRがコロナ判定の主要な前提条件であることが広く普及したので、Covid19大流行にだまされて世界中に広まりました。しかし、偽の計画されたパンデミック=[Plandemic]から目覚める時が近づいています。これは、カバール陰謀団の製薬会社の目的がコロナ患者の数を増やすことではなく、流行当初からmRNA組換えワクチンそのものを頒布拡散して広めることであり、それが次の定義のように一斉宣伝された変異株(「con」=不正な変異株として定義)であったためです。完全に非科学的な感染症[致死率の増加]という脅し。これは、感染力が高まり、かつ病原毒の力が増すという新しいタイプの詐欺宣伝が広まっているためです。 RNAウイルスが実際に存在するかどうかは科学的顕微鏡で検証不明であり、DNA断片の確認一致を決定するだけのためのPCRであるため、そもそもPCRで変異した後のRNAウイルスを99%特定することはできません。もし当たればロシアンルーレットのまぐれです。さらに、それは、[悪魔の存在]が世界中の無実の人々の大多数をだましている結果、コロナ病原体が実存可能であると偽ったためです。
[カゲロウの存在如き詐欺]または[Covid19は実在しない幻想]。これは、陰謀団の製薬会社の目的がコロナ患者数を増やす脅しと恐怖の強制が狙いではなく、流行の最初からmRNA組換えワクチンを広めることが真の目的であり、次のステップは完全に非科学的な感染症として宣伝されたのは変異株(強毒化および致死率の増加捏造という変異株定義)の捏造詐欺だったためです。これは、感染力が増加し[かつまた]毒性の強さと致死数が増加するという新しいタイプのウソくさい詐欺的な宣伝が広まっているからです。そもそもCovid19という、RNAウイルスが実際に存在するかどうかは顕微鏡で科学的に検証不能と言われており、PCRはDNAを特定するためだけのものであるため、PCR法でRNAウイルス病原体(Covid19かどうかを)特定することはできません。また、悪魔の存在[CABAL一味)が世界中の無辜の人々の大多数を騙し続けた結果、コロナ病原体の存在は今ここにある危機の現実であり、大衆洗脳によって実在可能であると偽ったのです……。しかし、将来的には「神の手=善と悪のバランスを天秤にかけることであらゆる方面から介入する筈でしょう。悪魔の手先であるカバール製薬会社を滅すべく世界運動が徐々に勃興すると予想されます。いいえ、もちろん私たちは洗脳を解く行動を起こさなければなりません。何十億ものまんまと騙された一般無辜の人々は、致命的な殺害[mRNA組換えワクチン]の危険性にまだ気づいておらず、余命の低下(残り平均余命最短2年)につながる可能性のある死に至る改変された自己免疫崩壊システムを生涯永久に渡り遺伝改変情報を身体内で不変に持つことになります。例えばmRNAは癌抑制タンパク質を不活化する恒久的性質があります。そして癌細胞の成長を促進する潜在活性化傾向があります。これは、mRNAワクチンによって自己免疫機能が破壊され、多臓器不全や、新たな免疫疾患を繰り返す悪魔のような[改変された遺伝子の病原体]そのものになるからです。常識的に言えば、通常5年から10年以上かかる新規ワクチンの臨床試験無しと免責ありのままに、悪意のある同様の似非治療法を急いで注射してよいと信じることには何らの科学的根拠やメリットもありません。まだ罹ってもいないコロナを過剰に恐れる必要はまったくありません。それは、暗黒なナノチップなどを含む毒素に満ちた[類似の似非ワクチンに似た、単にワクチンと呼称するだけの異物まがい物が混入された猛毒入り注射]のようであり、実際には[悪魔の飽食ワクチン]なのです。[文面改定・校正・英訳ハルジャス]】


「変異」を知れば、新型コロナの変異株も怖くない![緩和医院長]医者が全てをお伝えします?2021/04/17
/watch?v=nNOycagTjao

※推薦図書「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」(ヒカルランド出版)大橋眞[徳島大学名誉教授]
 

世界歴史大転換【816】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月18日(日)15時23分31秒
  『PCR検査は結局インチキ検査であり、世界中で人々を騙し続ける道具であった。この真実をその著書「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」を(ヒカルランド出版)出した大橋眞徳島大学名誉教授(京大卒)は、我々素人に対して画期的な[洗脳解除]をようやく与えてくれる名作で、万人必読書である。PCR検査法を開発してノーベル賞を貰ったキャリー・マリス博士は、死ぬ直前にPCRは病原体の同定(特定一致確認)に使用していくのは間違いと必至になって訴えていたが、残念ながら口封じで怪しい謎の死を遂げていた。今でもカバール一味の暗殺説が消えていないままだ。胡散臭いPCR検査法が洗脳により世間一般に広まっていくとコロナパンデミック惹起のきっかけになると恐らく策謀したのだろう。エンドレスで病原体特定検査を行えるという騙しと虚偽の似非検査法によって、病人では無い人でも多量に疑陽性感染者として偽装された同定を繰り返すことが可能になるからだ。[※以下はウィキペディアより引用]「ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、PCR=polymerase chain reaction)とは、DNAサンプルの特定領域(※一部の遺伝情報断片)を数百万~数十億倍に増幅させる反応または技術。英語表記の頭文字を取ってPCR法、あるいは単純にPCRと呼ばれ、「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」と英語読みされる場合もある。DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きを利用して、一連の温度変化のサイクルを経て任意の遺伝子領域やゲノム領域のコピーを指数関数的(ねずみ算的、連鎖的)に増幅することで、少量のDNAサンプルからその詳細を研究するに十分な量にまで増幅することが目的である。医療や分子生物学や法医学などの分野で広く使用されている有用な技術であり、1983年にキャリー・マリス(Kary Mullis)によって発明され、ノーベル賞を受賞した。PCR法が確立したことにより、DNA配列クローニングや配列決定、遺伝子変異誘導といった実験が可能になり、分子遺伝学や生理学、分類学などの研究分野で活用されている他、古代DNAサンプルの解析、法医学や親子鑑定などで利用されるDNA型鑑定、感染性病原体の特定や感染症診断に関わる技術開発(核酸増幅検査)、などが飛躍的に進んだ。また、PCR法から逆転写ポリメラーゼ連鎖反応やリアルタイムPCR、DNAシークエンシング等の技術が派生して開発されている。そのため今日では、PCR法は生物学や医学をはじめとする幅広い分野における遺伝子解析の基礎となっている。[以下略]ここにあるように元々遺伝情報の特定方法であったPCRは、DNAの断片しか特定できないので、RNA病原体の同定(コロナウイルスはRNAで病原体かどうかの判定や特定)には99%使えないものだったのだ。変異するRNAウイルスでは2%以上変異すると使用不可となる。コロナ感染発症者=疑似陽性患者ではけして無いということだ。疑陽性でも一緒くたに感染者にされてきた今の世間一般の風潮は、非科学的マスコミや似非医師(コロナ諮問委員会や感染症病院などの似非医師共)たちのフェイク宣伝メディアによる無知な大衆の四六時中大規模洗脳によって、でっち上げされたウソっぱちのフェイクプロパガンダだったのである。このカラクリに気づかないまま、PCRがコロナ判定の大前提条件にされた似非コロナパンデミックという大詐欺が蔓延して、コロッと騙され世界中で大流行させられているのである。しかし、もうそろそろフェイクパンデミックから騒ぎから覚醒しても良さそうな時期に差し掛かっている。なぜなら、カバール製薬会社の狙いはコロナ患者増加ではなく事の最初から[mRNA遺伝子組み換えワクチン拡散]だったからであり、全く科学的判定不能な感染[致死力増大]というウソっぱち宣伝の変異株(変異株になると感染力は増すが強度パワーが落ちるのが常識)という新手の詐欺プロパガンダを拡散しつつあるからだ。RNAウイルスは実存しているか否かも不明で、DNA判定目的なのでまったくRNAがそもそもPCR検査同定できない。またコロナ病原体の存在識別が不可能な[Covid19という実存ではない幻]を悪魔の実在と見せかけたこれまでの[カゲロウ詐欺仕掛け]は、今までまんまと世界中の大多数無垢の人々を騙せてきた。しかし、今後は善悪両天秤を測ってあらゆる面から「神の手」が介入するものと推察しているので、悪魔の手先カバール製薬会社を壊滅させる世界ムーブメントが徐々に勃発して起こるものと期待している。いや、当然のこと起こさねばならないのだ。騙された何十億の普通の人々は致命的な殺傷力を持つ[mRNA遺伝子組み換えワクチン]の危険性にまだ気づいておらず、敢えて余命を減らす原因となり死ぬまで自己致死に至る自己免疫力の破壊と多臓器不全や免疫疾患を繰り返す悪魔的[病原]になるからである。常識的に言っても通常は5年から10年以上かかる新型ワクチンの臨床試験無しの悪意の似非治療法を信じ込まされて、慌てて拙速に打つメリットは露程も無いものと考えるべきで、ほぼデメリットだらけの[似非ワクチン]でしかもナノチップ入りの毒だらけ、正体は[悪魔の飽食ワクチン]だったのである。ハルジャス』


※再掲[PCR検査はRNA変異ウイルスを発見できない!!]
【衝撃作】「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」を世界一わかりやすく要約してみた【紹介推薦本要約】?2021/03/20
/watch?v=A-1kL0J0kWI


Dr.苫米地 ヒトに初めて実用化接種されるmRNAワクチンとは?2021/03/01
/watch?v=KZTVjlUMuUc&t=1s



偽陽性!PCR検査の問題点?3/23のやなチャン国会質疑!#参議院??#国会中継?2?2021/03/23
/watch?v=Kpu2-XUCUPs



コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした地下文明が人類にしていることについて?2021/04/16
/watch?v=Jybt54mZl44


バッファロー男(ジェイクアンジェリ氏)の「アメリカ宇宙軍:テクノロジーと歴史」の和訳7話(最終回)です。「知識は常に力に打ち勝つ!」?2021/04/15
/watch?v=i_uQ0k3eD6A



アレックスコリアが明かしたレプティリアンが政府に要求したことについて?2021/04/17
/watch?v=7oXxaR4vcUw


ペンス 心臓手術を受けた【第150回】?2021/04/17
/watch?v=nH6VMr_VJMU


アレックスコリアが明かした高次元の存在が本当に求めているものについて?2021/04/18
/watch?v=FNtsUwBxC5g


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした月での宇宙人同士の争いについて?2021/04/18
/watch?v=GDzwj-IQj4o


※マーク・ミリー参謀本部議長が失脚した?ペンタゴンもクーデター??
バイ爺さん 入りたいけど、ペンタゴンに未だに入れてもらえない?2021/04/18


アジアを植民地から解放した大東亜戦争と東京裁判?2021/04/18
/watch?v=LguuoCd_yi0
 

世界歴史大転換【815】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月15日(木)23時38分25秒
  [VAERS COVID REPORTS] Open VAERS
56,869 Reports Through April 2, 2021*


VAERS ID: 1157502 ?
AGE: UNK SEX: M
seizures; severe chills; severe fever; cardiac arrest; heart failure; feeling ill; very bad headache; this spontaneous report received from parent of patient via social media post and concerned a 32 year old male. the patient's height, and weight were not reported. the patient did not have any underlying health conditions. the patient received covid-19 vaccine ad26.cov2.s (suspension for injection, route of admin not reported) dose was not reported, administered on 13-mar-2021 for prophylactic vaccination. the batch number was not reported. the company is unable to perform follow-up to request batch/lot numbers. no concomitant medications were reported. on 13-mar-2021, the patient had a very bad headache. patient was feeling ill, went to sleep and then woke up to severe fever and chills at 1 am on 14-mar-2021. he had seizures at 4 am on 14-mar-2021 and went into cardiac arrest minutes later. it was reported that emergency services tried to revive him at his apartment and they tried at the hospital until he was declared dead at 6:05 am, less than 24 hours after receiving the vaccine. on 14-mar-2021, the patient died from cardiac arrest, and heart failure. an autopsy was performed on an unspecified date. it was reported that the autopsy came back suspicious and inconclusive pending further investigation. the action taken with covid-19 vaccine ad26.cov2.s was not applicable. the outcome for feeling ill, seizures, headache, fever and chills was unknown. this report was serious (death, and other medically important condition).; sender's comments: v0 this spontaneous report received via a social media post reported a 32-year-old male, with no reported significant underlying health issues, who received the janssen covid-19 vaccine for prevention of covid-19 infection and died less than 24 hours later. concomitant medications were not reported. the day that the patient received his vaccination, he experienced a "very bad" headache. he reportedly was feeling "ill" and went to sleep. early the next morning (1:00 am), he awoke with "severe" fever and chills. three hours later, he reportedly experienced seizures and "minutes later" went into "cardiac arrest". the patient subsequently died of "cardiac arrest" and "heart failure". autopsy results reportedly came back as "suspicious and inconclusive pending further investigation". there is insufficient information provided in this case to make a meaningful medical assessment.; reported cause(s) of death: cardiac arrest; heart failure
READ FULL REPORT >

VAERS ID: 1157494 ?
AGE: 53 SEX: M
cardiac arrest; this spontaneous report received from a consumer concerned a 53 year old male. the patient's height, and weight were not reported. the patient's concurrent conditions included type 2 diabetes, picc line, and diabetic foot ulcer. the patient had no known allergies. the patient had no previous history of heart conditions. the patient received covid-19 vaccine ad26.cov2.s (suspension for injection, route of admin not reported, batch number: 1805022, expiry: unknown) dose was not reported, administered on 11-mar-2021 for prophylactic vaccination. concomitant medications included ceftriaxone for diabetic foot ulcer, and heparin for picc line prophylaxis. on saturday, 20-mar-2021, the patient reported that his chest felt funny but he wasn't sure about the cause. on monday, 22-mar-2021 morning; the patient had collapsed when he got out of the shower and yelled for help. the patient was gasping for breath and reading on pulse oximeter dropped into the 70's and also reported that he felt light headed. it was unknown weather the patient died in ambulance or at hospital. it was unspecified if an autopsy was performed. laboratory data included: oxygen saturation decreased (nr: not provided) dropped to 70's. on 22-mar-2021, the subject died from cardiac arrest. the action taken with covid-19 vaccine ad26.cov2.s was not applicable. this report was serious (death).; sender's comments: v0: 20210342361 -covid-19 vaccine ad26.cov2.s- cardiac arrest. this event is considered not related. the event has a compatible/suggestive temporal relationship, is unlabeled, and has unknown scientific plausibility. there are other factors more likely to be associated with the event than the drug. specifically: medical history.; reported cause(s) of death: cardiac arrest
READ FULL REPORT >
VAERS ID: 1157733 ?
AGE: 60 SEX: F
patient experienced a brain hemorrhage and was hospitalized on monday, march 15. despite numerous tests, doctors could not find the source or cause of the bleeding. over time, the bleeding spread to other areas of her brain including her brain stem. damage from the bleeding was so severe that she would not recover. she passed away on march 24 after being removed from life support.
READ FULL REPORT >
VAERS ID: 1157683 ?
AGE: 86 SEX: M
patient had his vaccine on 2-28-2021. patient passed away on 3-3-2021. do not know the cause, just found out from our tech and thought we should report it in case.
READ FULL REPORT >
VAERS ID: 1157534 ?
AGE: UNK SEX: F
death; this spontaneous report received from a consumer via a company representative concerned a female of unspecified age. the patient's weight, height, and medical history were not reported. the patient received covid-19 vaccine ad26.cov2.s (suspension for injection, route of admin not reported, batch number: unknown, expiry date: unknown) dose, start therapy date were not reported for prophylactic vaccination. the company is unable to perform follow-up to request batch/lot numbers. no concomitant medications were reported. on 28-mar-2021, the patient received vaccine shot and she died on the same day. the action taken with covid-19 vaccine ad26.cov2.s was not applicable. this report was serious (death and other medically important condition).; sender's comments: 20210356482 - covid-19 vaccine ad26.cov2.s - death. this event is considered unassessable. the event has a compatible/suggestive temporal relationship, is unlabeled, and has unknown scientific plausibility. there is no information on any other factors potentially associated with the event.
READ FULL REPORT >
VAERS ID: 1157515 ?
AGE: UNK SEX: U
death; this spontaneous report received from a consumer concerned multiple patients. the patient's weight, height, and medical history were not reported. the patient received covid-19 vaccine ad26.cov2.s (suspension for injection, route of admin not reported, batch number: unknown) dose, start therapy date were not reported for prophylactic vaccination. the batch number was not reported, per procedure no follow up will be requested for this case. no concomitant medications were reported. the reported called for an agency, during call she had mentioned "several deaths were reported with the vaccine". she read it on a website. the cause of the deaths was not reported. it was unknown if autopsy was performed. the action taken with covid-19 vaccine ad26.cov2.s was not applicable. this report was serious (death).; sender's comments: 20210350272-covid-19 vaccine ad26.cov2.s-death. this event(s) is considered unassessable. the event(s) has an unknown/unclear temporal relationship, is unlabeled, and has unknown scientific plausibility. there is no information on any other factors potentially associated with the event(s).
READ FULL REPORT >
VAERS ID: 1157506 ?
AGE: UNK SEX: F
feeling better for the most part; death; looked pale; stomach cramps; ear aches; arm hurts; beyond exhausted; headache; this spontaneous report received from physician via social media post and concerned a 25 year old female. the patient's weight, height and medical history were not reported. the patient received covid-19 vaccine ad26.cov2.s (suspension for injection, route of administration, and batch number were not reported) dose was not reported, administered on 09-mar-2021 for prophylactic vaccination. the batch number was not reported and has been requested. no concomitant medications were reported. on 10-mar-2021, the patient felt "the vaccine is killing me today" and "its taking it's toll on me". the patient was told that she looked pale on an unspecified date in mar-2021. on 10-mar-2021, the patient developed stomach cramps, ear aches, arm hurt, was beyond exhausted, and headache. on an unspecified date, the patient had reported feeling better for the most part. on 17-mar-2021, the patient died from an unknown cause. it was unknown if an autopsy was performed. the action taken with covid-19 vaccine ad26.cov2.s was not applicable. the outcome for looked pale, stomach cramps, ear aches, feeling better for the most part, arm hurts, beyond exhausted and headache was unknown. this report was serious (death).; sender's comments: v0 this spontaneous report from a physician reporting a social media post involved a 25-year-old female who received the janssen covid-19 vaccine for prevention of covid-19 infection and died approximately one week later. medical history and concomitant medications were not reported. the patient reported no adverse effect on the day of the vaccination. the next day, she reported that "the vaccine is killing me today. my arm hurts, beyond exhausted, headache, stomach cramps and earaches." she also reported that people told her she looked pale. the following day, the patient reported that she was feeling better "for the most part".[Omitted below]


【[VAERS COVIDREPORTS]オープンVAERS.2021年4月2日までの56,869件のワクチン接種後死亡レポート

*VAERS ID:1157502?年齢:UNK性別:M発作;ひどい悪寒;重度の発熱;心停止;心不全;気分が悪い;非常にひどい頭痛;この自発的な報告は、ソーシャルメディアの投稿を介して患者の親から受け取り、32歳の男性に関するものでした。患者の身長と体重は報告されていません。患者には根本的な健康状態はありませんでした。患者はcovid-19ワクチンad26.cov2.s(注射のための懸濁液、投与経路は報告されていません)を受けましたが、予防接種のために2021年3月13日に投与された用量は報告されませんでした。バッチ番号は報告されませんでした。会社は、バッチ/ロット番号を要求するためのフォローアップを実行できません。併用薬は報告されていません。 2021年3月13日、患者は非常にひどい頭痛を持っていました。患者は気分が悪く、眠りについた後、2021年3月14日の午前1時に激しい発熱と悪寒に目覚めました。彼は2021年3月14日の午前4時に発作を起こし、数分後に心停止に陥りました。救急隊が彼のアパートで彼を復活させようとし、ワクチン接種後24時間以内の午前6時5分に彼が死亡したと宣言されるまで病院で??試みたと報告されました。 2021年3月14日、患者は心停止と心不全で亡くなりました。不特定の日に剖検が行われた。さらなる調査が行われるまで、剖検は疑わしく、決定的ではなかったと報告されました。 covid-19ワクチンad26.cov2.sで取られた措置は適用されませんでした。気分が悪くなる、発作、頭痛、発熱、悪寒の結果は不明でした。この報告は深刻でした(死亡、およびその他の医学的に重要な状態)。送信者のコメント:v0ソーシャルメディアの投稿を通じて受け取ったこの自発的な報告は、32歳の男性を報告しましたが、重大な根本的な健康問題は報告されていません。この男性は、covid-19感染予防のためにヤンセンcovid-19ワクチンを接種し、24歳未満で死亡しました。時間後。併用薬は報告されていません。患者がワクチン接種を受けた日、??彼は「非常にひどい」頭痛を経験しました。伝えられるところによると、彼は「気分が悪い」と感じて眠りについた。翌朝早く(午前1時)、彼は「ひどい」熱と悪寒で目が覚めました。 3時間後、彼は発作を経験し、「数分後」は「心停止」に入ったと伝えられています。その後、患者は「心停止」と「心不全」で亡くなりました。伝えられるところによると、剖検結果は「さらなる調査が行われるまで疑わしく、決定的ではない」として戻ってきた。この場合、意味のある医学的評価を行うには十分な情報が提供されていません。報告された死亡原因:心停止;心不全完全なレポートを読む>VAERS ID:1157494?年齢:53性別:M心停止;消費者から受け取ったこの自発的な報告は、53歳の男性に関するものでした。患者の身長と体重は報告されていません。患者の併発症状には、2型糖尿病、piccライン、および糖尿病性足潰瘍が含まれていました。患者には既知のアレルギーはありませんでした。患者は心臓病の既往歴がありませんでした。患者はcovid-19ワクチンad26.cov2.s(注射の中断、投与経路は報告されていない、バッチ番号:1805022、有効期限:不明)を投与され、予防的ワクチン接種のために2021年3月11日に投与されました。併用薬には、糖尿病性足潰瘍用のセフトリアキソン、およびpiccライン予防用のヘパリンが含まれていました。 2021年3月20日土曜日、患者は胸がおかしいと感じたと報告しましたが、原因については確信がありませんでした。月曜日、2021年3月22日朝。患者はシャワーを降りたときに倒れ、助けを求めて叫んだ。患者は息を切らしていて、パルスオキシメータの測定値が70年代に低下し、ふらつきを感じたと報告しました。患者が救急車または病院で死亡したのは不明な天候でした。剖検が行われたかどうかは特定されていません。含まれる実験データ:酸素飽和度の低下(nr:提供なし)は70年代に低下しました。 2021年3月22日、被験者は心停止で死亡しました。 covid-19ワクチンad26.cov2.sで取られた措置は適用されませんでした。この報告は深刻でした(死)。送信者のコメント:v0:20210342361-covid-19ワクチンad26.cov2.s-心停止。このイベントは関連していないと見なされます。イベントには互換性のある/示唆的な時間的関係があり、ラベルが付けられておらず、科学的な妥当性は不明です。薬物よりもイベントに関連する可能性が高い他の要因があります。具体的には:病歴。報告された死亡原因:心停止完全なレポートを読む>VAERS ID:1157733?年齢:60性別:F患者は脳出血を経験し、3月15日月曜日に入院しました。多くの検査にもかかわらず、医師は出血の原因や原因を見つけることができませんでした。時間が経つにつれて、出血は彼女の脳幹を含む彼女の脳の他の領域に広がりました。出血による損傷はひどく、彼女は回復しませんでした。彼女は生命維持装置から外された後、3月24日に亡くなりました。完全なレポートを読む>VAERS ID:1157683?年齢:86性別:M患者は2-28-2021にワクチンを接種しました。患者は3-3-2021に亡くなりました。原因がわからない、私たちの技術から見つけたばかりで、万が一に備えて報告する必要があると考えました。完全なレポートを読む>VAERS ID:1157534?年齢:UNKセックス:F死;会社の代表者を介して消費者から受け取ったこの自発的な報告は、年齢不明の女性に関するものでした。患者の体重、身長、病歴は報告されていません。患者はcovid-19ワクチンad26.cov2.s(注射の中断、投与経路は報告されていない、バッチ番号:不明、有効期限:不明)の投与を受け、予防的ワクチン接種の治療開始日は報告されていません。会社は、バッチ/ロット番号を要求するためのフォローアップを実行できません。併用薬は報告されていません。 2021年3月28日、患者はワクチン接種を受け、同じ日に死亡しました。 covid-19ワクチンad26.cov2.sで取られた措置は適用されませんでした。この報告は深刻でした(死亡およびその他の医学的に重要な状態)。送信者のコメント:20210356482-covid-19ワクチンad26.cov2.s-死亡。このイベントは評価不能と見なされます。イベントには互換性のある/示唆的な時間的関係があり、ラベルが付けられておらず、科学的な妥当性は不明です。イベントに関連する可能性のあるその他の要因に関する情報はありません。完全なレポートを読む>VAERS ID:1157515?年齢:UNKセックス:U死;消費者から受け取ったこの自発的な報告は、複数の患者に関係していました。患者の体重、身長、病歴は報告されていません。患者はcovid-19ワクチンad26.cov2.s(注射の中断、投与経路は報告されていない、バッチ番号:不明)の投与を受け、予防的ワクチン接種の治療開始日は報告されていません。バッチ番号は報告されませんでした。手順ごとに、この場合のフォローアップは要求されません。併用薬は報告されていません。報告によると、彼女は「ワクチンで数人の死亡が報告された」と述べた。彼女はそれをウェブサイトで読んだ。死亡の原因は報告されていません。剖検が行われたかどうかは不明でした。 covid-19ワクチンad26.cov2.sで取られた措置は適用されませんでした。この報告は深刻でした(死)。送信者のコメント:20210350272-covid-19ワクチンad26.cov2.s-death。このイベントは評価不能と見なされます。イベントには、未知/不明確な時間的関係があり、ラベルが付けられておらず、科学的妥当性が不明です。イベントに関連する可能性のあるその他の要因に関する情報はありません。完全なレポートを読む>VAERS ID:1157506?年齢:UNK性別:F
ほとんどの部分で気分が良くなります。死;青ざめた。胃のけいれん;耳が痛む;腕が痛い;疲れ果てた以上;頭痛;この自発的な報告は、ソーシャルメディアの投稿を介して医師から受け取り、25歳の女性に関するものでした。患者の体重、身長、病歴は報告されていません。患者はcovid-19ワクチンad26.cov2.s(注射の中断、投与経路、およびバッチ番号は報告されていません)を受けましたが、予防接種のために2021年3月9日に投与された用量は報告されませんでした。バッチ番号は報告されておらず、要求されています。併用薬は報告されていません。 2021年3月10日、患者は「ワクチンが今日私を殺している」と「それが私に負担をかけている」と感じました。患者は、2021年3月の不特定の日に青ざめたように見えたと言われました。 2021年3月10日、患者は胃のけいれん、耳の痛み、腕の怪我を発症し、疲れ果てて頭痛を起こしました。不特定の日に、患者はほとんどの部分で気分が良くなったと報告しました。 2021年3月17日、患者は原因不明で亡くなりました。剖検が行われたかどうかは不明でした。 covid-19ワクチンad26.cov2.sで取られた措置は適用されませんでした。顔色が悪く、胃のけいれん、耳の痛み、ほとんどの部分で気分が良くなった、腕が痛い、疲れ果てた、頭痛の結果は不明でした。この報告は深刻でした(死)。送信者のコメント:v0ソーシャルメディアの投稿を報告している医師からのこの自発的な報告には、covid-19感染予防のためにヤンセンcovid-19ワクチンを接種し、約1週間後に死亡した25歳の女性が含まれていました。病歴および併用薬は報告されていません。患者はワクチン接種の日に悪影響を報告しなかった。翌日、彼女は「ワクチンが今日私を殺している。私の腕は、疲労感、頭痛、胃のけいれん、耳痛を超えて痛い」と報告した。彼女はまた人々が彼女が青ざめているように見えると彼女に言ったと報告した。翌日、患者は「大部分」気分が良くなったと報告した[以下省略]機械翻訳 ハルジャス監修】


『米国のサイト[Open VAERS]で、3月8日までにワクチン接種後死亡した例が生々しく記載された驚愕のデータが一般に公開されている。この時点の死者増加数は、2249人米国で死亡。(3月末時点)から4日間経った後には死者2342人に増えたので、約100人死亡数が短期間に増えており、そのあとは幾何級数的に増えるものと見込まれている。日本マスコミの死亡事例報道はほんの僅かで、当局者の発表は建前的コメントが多く、多くは「死亡とワクチンの因果関係がまだ認められない」とか白じらしくいう木を鼻でくくった冷酷な対応ばかりである。当然のことだが、「オープンVAERS」のような良心的でまともな精密解析は皆無である。不思議なことに感染者数の水増し疑惑にも一切マス塵は触れていない。勘のよく働く人は素朴な疑問が湧いているようで、毎冬のインフルエンザ感染者数は一体どうなったの?といった疑問が湧く筈であろう。しかし、インチキコロナ統計をひた隠しにして、すべてインフルエンザ患者をコロナ患者数として合算、なんと奴らは姑息にもコロナ感染者数に上乗せしていたのだ。迷惑なのはウソっぱちのコロナ患者にさせられ、ワクチン騒動を煽られた本当のインフルエンザ患者だ。精度5%以下の似非PCR検査によって不条理にも疑似陽性コロナ患者にさせられて強制入院させられるだろうからである。リー・メリット博士の証言によると、この遺伝子組み換えワクチンは、そもそもメッセンジャーRNAワクチンの入った似非[ワクチン]という偽装名の猛毒生物兵器として開発されたという。mRNAワクチンは、過去のよくある通常の所謂各種の生ワクチンではない。自己多臓器不全や免疫疾患を誘導するアナフィラキシーショックを惹起して自己免疫システムを恒常的に破壊する攻撃力が潜んでいる。たった一度でもワクチン接種すると取り返しのつかないエンドレスのワクチン接種マッチポンプ[自己免疫疾患]を誘導する自殺致死行為なのである。混入されている[ポリエチレン・グリコール(PEG)]は猛毒作用があり、効果が不可逆的かつ永久に打った人の免疫抑制剤として働き、血栓を造ったり終いには廃人化したり、多臓器不全や脳出血を早期に引き起こし、人体には入れていけない猛毒で最悪死に至る生物兵器なのである。この死亡データのように幾何級数的に増大しているワクチン死亡例を見るにつけ、巨悪CABALけして許すまじのアンチワクチン&反対廃止運動がきっと世界中で沸き起きることだろう。特効薬が存在しているのでもはや怖くないコロナ罹患そのものより、死ぬほど恐ろしいのはmRNAワクチン接種とは[闇の勢力のプロパガンダ]だったのである。ハルジャス』

※ワクチン接種死亡数データサイト
https://www.openvaers.com/covid-data
ワ◯チン接種後の副作用を調べたら恐るべき死亡症例報告の数々...あなたが後悔する前にコレは確認してください?2021/02/25
/watch?v=S6hylApPt9s


※免疫力低下リスク
義務か個人の自由か ワクチン接種拒否で「退職」も(2021年4月10日)?2021/04/11
/watch?v=9whWakSPA0s


※ポリエチレン・グリコール(PEG)は猛毒!!ナノチップは未確認【やばすぎる】mRNAワクチンは危険!!-70℃で保存しなければいけない理由?2020/12/22
/watch?v=M_g2wkM9xB4



ファイザーワクチンと脳出血事例?2021/04/15
/watch?v=8yeLN2EQqOI


※アナフィラキシーショック!自己免疫システム壊すリスク大。
私が遺伝子ワクチンの副反応を怖れる理由?2021/02/27
/watch?v=4rYZvP1n1yM


※自己免疫疾患を誘導する。
遺伝子ワクチンと遺伝子組み換えワクチンの違い?2021/03/28
/watch?v=BtKr_oGxZdU


※打った痕跡が一生消えない。
33名死亡?ワクチン副反応・医療現場の声と名誉教授の見解?2021/04/07
/watch?v=0U7maZAQg-8


ファイザー遺伝子ワクチンのわかっている副反応?2021/02/08
/watch?v=AzM1IcZECAU


ファイザーワクチンは血液脳関門を通過するか?2021/02/12
/watch?v=Rkpg990dfRQ


※動物実験で2年後に全部死亡した!!ワクチンではなく新型生物兵器である。
新型コロナワクチンは本当に「ワクチン」なのか?【CGS 神谷宗幣 武田邦彦 第190-2回】?2021/03/10
/watch?v=PtvsFEuRu0w


ファイザー社が最終的に目指すところ?2021/02/17
/watch?v=oKPBPIeLslI


遺伝子ワクチンと血栓症?2021/03/13
/watch?v=A7wFKIjJp2U



※驚愕!2249人米国で死亡(3月末)//さらに15件の脳卒中もあった。
26歳看護師死亡例(2人目)ワ○チン接種4日後にくも膜下出血死...因果関係は評価不能も、アメリカでは多数の症例がみられました...?2021/04/08
/watch?v=r0WlvzROWfQ



※ワクチン接種による死亡例が増大中。米国2342人死亡!たった4日で100人増加!
【驚愕】ワ○チン接種後死が6名に密かに増えている現実... メディアの沈黙が何よりも恐ろしい...?2021/04/12
/watch?v=h3KAqnQ1wiE


※リー・メリット博士証言=mRNAのデータ非公開で検索ができない。免疫増強死を引き起こす兵器だ。
米海軍医で生物兵器の元研究者が「今回のワ○チンは兵器化された生物兵器薬物」と警鐘を鳴らす異例の事態に...?2021/02/17
/watch?v=Qoihlw9xN8E
 

世界歴史大転換【814】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年 4月15日(木)15時11分42秒
  [JAMAnetwork. Published online March 8, 2021]
Acute Allergic Reactions to mRNA COVID-19 Vaccines.
Kimberly G. Blumenthal, MD, MSc1; Lacey B. Robinson, MD, MPH1; Carlos A. Camargo Jr, MD, DrPH2; et alErica S. Shenoy, MD, PhD3; Aleena Banerji, MD1; Adam B. Landman, MD4; Paige Wickner, MD, MPH5.
[Author Affiliations Article Information]
doi:10.1001/jama.2021.3976
COVID-19 Resource Center
related articles icon RelatedArticles.

[Acute Allergic Reactions to mRNA COVID-19 Vaccines | Allergy and Clinical Immunology | JAMA | JAMA Network]

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2777417/

Anaphylaxis to the mRNA COVID-19 vaccines is currently estimated to occur in 2.5 to 11.1 cases per million doses, largely in individuals with a history of allergy.1 Allergic concerns contribute to vaccine hesitancy; we investigated acute allergic reaction incidence after more than 60?000 mRNA COVID-19 vaccine administrations.
[Methods]
We prospectively studied Mass General Brigham (MGB) employees who received their first dose of an mRNA COVID-19 vaccine (12/16/2020-2/12/2021, with follow-up through 2/18/2021) (eMethods in the Supplement). For 3 days after vaccination, employees completed symptom surveys through a multipronged approach including email, text message, phone, and smartphone application links. Acute allergic reaction symptoms solicited included itching, rash, hives, swelling, and/or respiratory symptoms (eAppendix in the Supplement).
To identify anaphylaxis, allergists/immunologists reviewed the electronic health records of employees (1) reporting 2 or more allergy symptoms, (2) described as having an allergic reaction in MGB safety reports, (3) logged by the on-call MGB allergy/immunology team supporting employee vaccination, and (4) referred to MGB allergy/immunology. Episodes were scored using the Brighton Criteria2 and the National Institute of Allergy and Infectious Diseases/Food Allergy and Anaphylaxis Network (NIAID/FAAN) criteria.3 Confirmed anaphylaxis required meeting at least 1 of these 2 sets of criteria.
We described characteristics and outcomes of anaphylaxis cases. We calculated incidence rates and 95% CIs of self-reported acute allergic reactions and confirmed anaphylaxis, using vaccine administrations as the denominator. We compared frequencies using χ2 tests, considering a 2-sided P value of .05 statistically significant. Analyses were conducted in SAS version 9.4. This study was approved by the MGB Human Research Committee with a waiver of informed consent.
[Results]
Of 64?900 employees who received their first dose of a COVID-19 vaccine, 25?929 (40%) received the Pfizer-BioNTech vaccine and 38?971 (60%) received the Moderna vaccine. At least 1 symptom survey was completed by 52?805 (81%).
Acute allergic reactions were reported by 1365 employees overall (2.10% [95% CI, 1.99%-2.22%]), more frequently with the Moderna vaccine compared with Pfizer-BioNTech (2.20% [95% CI, 2.06%-2.35%] vs 1.95% [95% CI, 1.79%-2.13%]; P?=?.03, Table 1). Anaphylaxis was confirmed in 16 employees (0.025% [95% CI, 0.014%-0.040%]): 7 cases from the Pfizer-BioNTech vaccine (0.027% [95% CI, 0.011%-0.056%]) and 9 cases from the Moderna vaccine (0.023% [95% CI, 0.011%-0.044%]) (P?=?.76).
Individuals with anaphylaxis were a mean (SD) age of 41 (13) years, and 15 (94%) were female (Table 2); 10 (63%) had a prior allergy history and 5 (31%) had an anaphylaxis history. Mean time to anaphylaxis onset was 17 minutes (SD, 28; range, 1-120). One patient was admitted to intensive care, 9 (56%) received intramuscular epinephrine, and all recovered. Three employees, with prior anaphylaxis history, did not seek care.[ommited below]

【[JAMAnetworkより。2021年3月8日オンライン公開]mRNACOVID-19ワクチンに対する急性アレルギー反応。Kimberly G. Blumenthal、MD、MSc1;レイシーB.ロビンソン、MD、MPH1;カルロスA.カマルゴジュニア、MD、DrPH2; et alErica S. Shenoy、MD、PhD3; Aleena Banerji、MD1;アダムB.ランドマン、MD4;ペイジウィックナー、MD、MPH5。【著者所属記事情報】doi:10.1001 / jama.2021.3976COVID-19リソースセンター関連記事アイコンRelatedArticles。mRNA COVID-19ワクチンのアナフィラキシーは、現在、主にアレルギーの病歴のある個人で、100万回の投与あたり2.5~11.1例で発生すると推定されています。1アレルギーの懸念がワクチンの躊躇に寄与しています。 60000回以上のmRNACOVID-19ワクチン投与後の急性アレルギー反応の発生率を調査しました。【方法】mRNA COVID-19ワクチンの初回投与を受けたMassGeneral Brigham(MGB)の従業員を前向きに調査しました(12/16 / 2020-2 / 12/2021、フォローアップは2/18/2021まで)(eMethods in the補足)。予防接種後3日間、従業員は電子メール、テキストメッセージ、電話、スマートフォンアプリケーションのリンクなどの多面的なアプローチを通じて症状調査を完了しました。求められた急性アレルギー反応の症状には、かゆみ、発疹、じんましん、腫れ、および/または呼吸器症状が含まれていました(補足のeAppendix)。アナフィラキシーを特定するために、アレルギー専門医/免疫学者は、(1)2つ以上のアレルギー症状を報告している、(2)MGB安全性レポートにアレルギー反応があると記載されている、(3)オンコールMGBアレルギーによって記録されている従業員の電子健康記録を確認しました。従業員の予防接種をサポートする免疫学チーム、および(4)MGBアレルギー/免疫学に言及しました。エピソードは、ブライトン基準2および国立アレルギー感染症研究所/食物アレルギーおよびアナフィラキシーネットワーク(NIAID / FAAN)基準を使用してスコアリングされました。3確認されたアナフィラキシーは、これら2セットの基準の少なくとも1つを満たす必要がありました。アナフィラキシー症例の特徴と結果について説明しました。自己申告による急性アレルギー反応の発生率と95%CIを計算し、ワクチン投与を分母としてアナフィラキシーを確認しました。統計的に有意な.05の両側P値を考慮して、χ2検定を使用して頻度を比較しました。分析はSASバージョン9.4で実施されました。この研究は、インフォームドコンセントを放棄してMGB人体実験委員会によって承認されました。[結果]COVID-19ワクチンの初回接種を受けた64900人の従業員のうち、25929(40%)がPfizer-BioNTechワクチンを接種し、38971(60%)がModernaワクチンを接種しました。 52805(81%)までに少なくとも1つの症状調査が完了しました。急性アレルギー反応は、全体で1365人の従業員によって報告され(2.10%[95%CI、1.99%-2.22%])、ファイザー-BioNTechと比較してModernaワクチンでより頻繁に報告されました(2.20%[95%CI、2.06%-2.35%])。 vs 1.95%[95%CI、1.79%-2.13%]; P = .03、表1)。アナフィラキシーは16人の従業員(0.025%[95%CI、0.014%-0.040%])で確認されました:ファイザー-BioNTechワクチンからの7例(0.027%[95%CI、0.011%-0.056%])およびモデルナワクチン(0.023%[95%CI、0.011%-0.044%])(P = .76)。アナフィラキシーのある個人は平均(SD)年齢が41(13)歳で、15(94%)が女性でした(表2)。 10人(63%)は以前にアレルギー歴があり、5人(31%)はアナフィラキシー歴がありました。アナフィラキシー発症までの平均時間は17分でした(SD、28;範囲、1-120)。 1人の患者が集中治療室に入院し、9人(56%)が筋肉内エピネフリンを投与され、すべてが回復しました。アナフィラキシーの既往歴のある3人の従業員は、ケアを求めていませんでした。[以下省略]機械翻訳。ハルジャス監修】

『専門臨床医師でもない顕微鏡研究者のノー天気なコメント「アナフィラキシーは稀に起こりますが、治療法が確立しています。接種後に15分から30分程度、緊急対応の出来る場所で経過観察を行えば、安心です」(山〇伸〇による新型コロナウイルス情報発信)。このような非科学的戯れ言は素人には心底腹の立つ言い草であり、全くもって呆れて無責任極まる人心惑わしの狂言であろう。出現率がたとえ0.025%としても、1000万人なら25000人にも上る大量な人数が、アナフィラキシーに掛かることになる異常な数値である。当然死亡率はそれに比例して高くなってくる。この研究者は当初から詐欺パンデミックに加担している疑いを掛けられていた注意人物なのであるが、有名人のごもっともな言い分なのだろう。更に上記の論文については以下のようにコメントしている。「アメリカ・ボストンの2つの有力病院(マサチューセッツ総合病院およびブリガム・アンド・ウィメンズ病院)の医療従事者約6万5千人に対して行われた1回目の接種(6割がファイザー社製、4割がモデルナ社製)において、接種3日後の副反応の有無を調査しています。これによると接種部位以外の発赤、痒み、蕁麻疹といったアレルギー反応は約2%で認められ、全身性の蕁麻疹、呼吸困難、血圧低下といったアナフィラキシーは16名に発生しました。このうち15名は女性、10名はアレルギーの既往、5名はアナフィラキシーの既往がありました。接種からアナフィラキシー発生までの時間は1から120分で、平均17分でした。9名はエピネフリンの投与を受け、1名はICUに入院しました。全員が回復しました。本報告におけるアナフィラキシーの発生頻度は1万回に2.47回と、上記のCDCの報告よりも高い頻度で発生しています。しかし、この頻度は他の薬剤、例えば造影剤に対するアナフィラキシー発生頻度(Anaphylaxis to Iodinated Contrast Media: Clinical Characteristics Related with Development of Anaphylactic Shock (plos.org))と同程度で、稀な現象であるとしています。」発生頻度1万回に2.47回が高いのか低いのか評価基準は示されていない。このように、とりわけファイザー製薬製のワクチンを持ち上げており、もしかして懐が暖かくなったのかもしれぬと勘繰られる話だろう。「ファイザー社製のワクチンはアメリカを中心に接種が進み、副反応に関する査読後の論文がいくつか報告されています。重い副反応である(※アレルギー反応)アナフィラキシーについて、2月の論文では発生頻度は100万回に数回と報告されていましたが、3月にボストンの病院で、接種者全員の調査を行った結果では、1万人に数回程度とより高い頻度が報告されています。[いずれも適切な処置で全員が回復しています。]2月12日のアメリカ医師会誌の論文(査読後)では、12月14日から1月18日までに行われたファイザー社製ワクチン約1000万回、モデルナ社製ワクチン約750万回の接種において、(※出現数平均約35回/100万回の内)アナフィラキシーと呼ばれる強いアレルギー反応はファイザー社製が100万回に4.7回、モデルナ社製は100万回に2.5回と、[非常に少ない頻度]で報告されています。アナフィラキシーが起こった人の94%は女性、77%は過去にアレルギー反応の既往がありました。76%は接種後15分以内、89%は30分以内に発症しています。そして、[全例とも適切な治療により速やかに回復]されています。この論文ではアメリカ疾患対策センター(CDC)に報告があったケースのみが報告されています。」というふうに[打つリスク]を前提として全く語らないまま、無理矢理製薬会社を評価基準の根拠なくヨイショしている。結局は「ファイザー社製のワクチンは安全」と言いたいのか、全く根拠不明の非検証の非科学的で決めつけた無根拠の結論を出す始末である。疑似陽性者=無症状感染者という騙しテクニックと統計詐欺=無効PCRによる感染者数の捏造が今見られるコロナパンデミック詐欺手口であった。そもそも[変異株]は何型であれ、ほぼ無効なPCR検査では、2%以上変異したRNAウイルス自体をまったく測定できる物理的証拠が全くないのである。つまりRNA遺伝子とコロナウイルス自体は別物で無関係なのだ。この矛盾とはCovid19の存在自体が[偽装された抗体検査数]のみではウイルス実在証明や陽性鑑定不能という意味であり、物理的にコロナが実在している証明が不可能な科学的事実ということ。疑似陽性者=無症状感染者という騙しテクニックと統計詐欺=精度5%以下PCRによる感染者数の捏造手口であった。そもそも[変異株]はPCR検査では2%以上変異したRNAウイルスは完全に測定できないことが判っている。矛盾はCovid19の存在は物理的に不可能な非科学的事実ということ。変異株ごとに新しいタイプの無限回になるワクチン接種が必須になる。結局は新しく発生した変異株毎に、無限ループにて新開発された異なるタイプのワクチン接種が永久に必要になるのだ。つまり、これは素人推理の素朴な疑問なのだ。カバール製薬会社に賄賂漬けになって多分賄賂で篭絡されてしまった奴隷マス塵や政府厚〇省の高官たちや、腐れ医師会と似非専門家委員らが、この世に存在していないかもしれぬCovid19コロナ流行騒ぎに加担しており、さらに連日のマス塵の過剰な恐怖を煽るプロパガンダ印象操作によって、ほぼ地球人全員皆コロッと騙されているのが詐欺コロナ騒ぎの真相と言えよう。フェイクメディアが朝から晩まで時間とコストを大量に注ぎ込み、悲壮的に繰り返し煽りまくっている大人しい羊らの大衆心理洗脳は、殆どのフェイクメディア放送が資本関係のあるDS/CABAL(大手外国製薬会社)の子分奴隷かつ利権関与組織=ビックテック製薬会社の仲間だからである。つまり、オレオレ詐欺ならぬ強制的なワクチン接種[打て打て詐欺]である。[第一段階]存在非証明のコロナ騒ぎ惹起⇒[第二段階]ほぼ精度数%程度の無効極まる[騙しのPCR検査]による疑似陽性患者数増大によって、とことん大流行みせかけ詐欺捏造⇒[第三段階]mRNA[遺伝子組み換えワクチン]の無限回投与で人類廃人化[世界人口億単位の削減]を促進するのがカバール最終目的という三段跳び詐欺の構図[3ステップ闇作戦]のマッシブ・ジェノサイドなのであろう。もしも変異してもRNAウイルスを完璧に根絶し流行をストップできる特効薬[AviganやHQCなど]は既にこの世界に実在しているのにも関わらず、それらの事実を隠蔽しながら、正義の人の主張を抹殺しながら陰謀コロナ詐欺が続いている。ハルジャス』


※ワクチン誘発性血栓症とは。
【日本最速紹介】新型コロナワクチンの血栓についてさらなる発見が! まさかの対処法も判明?2021/04/14
/watch?v=3ywgYcNcE_g


【裏事情】コロナの反ワクチン運動に関して知っておくべきこと 有名医学誌が背景を暴露?2021/03/19
/watch?v=0YtVIhEF7-I


※必見です!
【衝撃作】「PCRは、RNAウイルスの検査に使ってはならない」(大橋まこと著)を世界一わかりやすく要約してみた【本要約】?2021/03/20
/watch?v=A-1kL0J0kWI


コズミックディスクロージャーでコーリー・グッドが明かした○○がレプと取引していたことに関して?2021/04/15
/watch?v=oVkEn5Hiifc


アレックスコリアが明かしたグレイに連れて行かれたNSA職員が月面で見たものについて?2021/04/15
/watch?v=O0vuR3E04sg
 

/51