[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


世界歴史大転換【937】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月20日(木)12時01分14秒
  [Military Arrests Melinda French Gates]Real Raw News
By Mike Baxter [-January 18, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/military-arrests-melinda-french-gates/

U.S. Marines on Monday served a military arrest warrant on Melinda French Gates, wife to the late Bill Gates, at her earth-sheltered mansion in Medina, Washington, a JAG source told Real Raw News.
In September, Melinda Gates testified against her ex-husband at his military tribunal at Guantanamo Bay. Although he was found guilty and subsequently hanged, she had purportedly been granted immunity from prosecution in exchange for her testimony.
“Her deal was provisional. It stipulated that she admit to her full involvement in Bill’s crimes. Well, we’ve found more evidence that she was less than forthcoming and was deeply involved in and complicit in Bill’s child trafficking and his promotion of deadly vaccines. I can’t discuss evidence now. It’ll be made known later,” our source said.
Asked whether Melinda French Gates will face a military tribunal, he said, “When civilian authorities ignore these heinous crimes, when they refuse to prosecute criminals in their good graces, when they accept bribes and compensation to let these villains walk free, JAG has the responsibility to ensure justice.”
The Insurrection Act of 1807, which President Donald J. Trump activated ahead of the stolen election, supersedes the Posse Comitatus Act of 1878, which limits the powers of military personnel to enforce domestic policies within the United States.
“We have authority to make these arrests without bias or prejudice. We’re not out arresting everyday citizens. We’re taking the worst of the worst into custody, people who’ve committed treason and crimes that impact society. Melinda is one of those people, and, yes, she will answer to a military tribunal,” our source said.
This is the second time JAG has revoked an immunity deal. The first was Marc Mezvinsky’s.[end]


【[軍はメリンダ・フレンチ・ゲイツを逮捕]
マイク・バクスター著[-2022年1月18日]

https://realrawnews.com/2022/01/military-arrests-melinda-french-gates/

米海兵隊は月曜日、ワシントン州メディナにある地球上にある警備保護された邸宅で、故ビル・ゲイツの妻であるメリンダ・フレンチ・ゲイツに軍事逮捕状を出したと、JAG筋はReal Raw Newsに語った。
9月、メリンダ・ゲイツは、かつてグアンタナモ湾裁判所の軍事法廷で、元夫に対して証言しました。それによって彼は有罪とされ、その後絞首刑にされました。だが、彼女は証言と引き換えに起訴免責を与えられたとされている。
「彼女の免責取引は暫定的なものでした。彼女はビルの犯罪に完全関与していることを認められる場合には免責されないと規定されていた。それ故に、彼女が犯罪に近づいていなかったとウソの証言していたものの、ビルによる子供人身売買と致命的ワクチン宣伝に深く関わっていて、深く関与して共謀している証拠が更に多く見つかったからです。今ここでは、その証拠について話し合うことができません。後の裁判の中で判明するでしょう」と私たちの情報筋は語った。
メリンダ・フレンチ・ゲイツが軍事法廷に直面するかどうかを尋ねられた彼は、正義を確保する責任について述べていました。」
ドナルド・J・トランプ大統領が盗まれた選挙に先立って発動した1807年の反乱法は、1878年の民警団法に取って代わります。
「私たちには、バイアスや先入観なしにこれらの逮捕を行う権限があります。私たちは日常的に市民を毎日逮捕しているわけではありません。我々は、社会的にインパクトの大きい影響を与える反逆罪や重い犯罪を犯した人々の中で、最悪の事件を起こした者を拘留しています。メリンダはそのような人々の一人である。そう、彼女は軍事法廷において答えなければなりません」と私たちの情報筋は言った。
JAGが免責契約を取り消すのはこれが2度目です。最初の取り消しは(チェルシーの夫)マーク・メズビンスキーの免責でした。[終わり]翻訳文責ハルジャス】



『メリンダ・ゲイツはかつての夫ビル・ゲイツ犯罪裁判で、正直にゲイツ犯罪の裏付けの証言をしたので、交換条件で免責放免されるという契約取引をしていた。しかし、その後になってから、ビルの重罪である幼児人身売買と、致死的な毒入りワクチン製造および宣伝にも深く関与していた証拠が出てきたのである。とくに闇工作プランデミックを引き起こす猛毒入りワクチン詐欺犯罪、感染誇張宣伝偽装については、とうとうワクチン現在に至って接種禁止になる結末が各国各地の最高裁判所等で確定されそうだ。世界的な巨大薬害事件の主犯としてビル・ゲイツこそが、様々な大規模ワクチン関連会社に投資して巨大資金提供をしていた大元悪魔の本家資本家であり、数えきれぬ犯罪証拠から控え目に見ても猛毒入りワクチン開発推進者の当事者だった。それ故に、カマトトぶった妻メリンダも深くワクチン薬害犯罪に関わっていた関与経緯は否定されにくく、共犯共謀だったという容疑が拭えないのは想像に難くないだろう。下記の最新版「2022年1月19日現在、GCRを介しての共和国復元」では、猛毒入り血栓発症ワクチンには、酸化グラフェンと気味悪い人工生物ヒドラ寄生虫が入っている顕微鏡写真証拠が写真に載っており、また更にワクチン接種者の遺体解剖からも見つかった現物証拠があるようだ。ワクチン薬害殺人になる主な殺人犯とは、疑似薬品の偽称ワクチンにわざわざ意図的に混入されていた[死にガラ]ではない奇怪な疑似人工生物兵器ウイルスが混入されており、なんとも信じられぬトゲトゲ[生きたままワクチン成分になっていたスパイク・プロテイン(タンパク質)]そのものだったのである。ハルジャス』

※以下は参照です。

[Restored Republic via a GCR as of January 19,2022]
(Preamble omitted)
Dr. Explains Dangers of Vax: https://gab.com/BeachMilk/posts/107640374618294362 “Very soon all of the vaccines will be completely stopped. People don’t know it yet….it is not on the news.”
UK Gov. issuing studies showing injections reducing immunity, making people sick, causes permanent heart damage and were more susceptible to viruses: https://gab.com/BeachMilk/posts/107640513955604367
Officially Recorded in government documents 70% of the people in the UK who die have been double jabbed. That’s 7 out of 10 people. Remember This is a fact, not a conspiracy theory. If you’re double vaccinated and are thinking about getting that vile booster, congratulations you have been successfully brainwashed, and now is the time to start worrying.
A Hydra Parasite enters into blood through a Covid Vaccine. It waits to be fed by Graphen Oxide in booster shots. The round shapes are red blood cells. https://t.me/GitmoTV/6523
Big Pharma, Government Leaders face arrest as Court convicts them of Genocide, prohibits injections: https://t.me/GitmoTV/8050
In Auckland five children collapsed in pharmacy after receiving the jab, the TV crew present refused to report it: https://gab.com/BeachMilk/posts/107636087179472481
Mon. 17 Jan: Doctors confirm detection of the vaccine spike protein in a person who died after vaccination against Covid-19. The suspicion that the spike protein formed in the body as a result of the “vaccination” against Covid-19 could be responsible for the pathologically observed inflammations and lesions of vessels has now been confirmed immunohistologically for the first time. The pathologists Prof. Dr. Arne Burkhardt and Prof. Dr. Walter Lang and their team have succeeded in reliably detecting the vaccine spike protein in the vessels of a person who died 4 months after “vaccination” and who had vascular lesions and also vaccine-induced myocarditis. Detection was successful using an antibody specific for the spike protein by conventional immunohistochemistry on the tissue sections.
Melbourne, Australia: Three children died from vaccine in one day. Injecting of 5-11 year old started this week in Australia, along with the deaths. Status / Gab Social https://gab.com/Robert55/posts/107637758365683725/
(Ommited below)


【ドクターはワクチン接種(Vax)の危険性について説明:Restored Republic via a GCR as of January 19,2022より抜粋]
https://gab.com/BeachMilk/posts/107640374618294362/
「まもなくすべてのワクチンが完全に停止されます。人々はまだそのことを知りません…。それはまだニュースになっていません。」
英国政府は、ワクチン注射によって免疫力が低下し、人々が病気になり、心筋炎など永続的な心臓の損傷を引き起こし、ウイルスに感染しやすくなることを示す研究を発表した:
https://gab.com/BeachMilk/posts/107640513955604367/
政府文書に公式に記録されている英国の死者の70%が2回目ワクチン接種(ダブルジャブ)されています。 10人中7人です。これは事実であり、陰謀説ではないことを忘れないでください。あなたが二重ワクチン接種を受けていて、その悪辣なブースター接種を手に入れることを考えているなら、あなたへの洗脳に成功したことを祝福していますので、そして今からが心配し始める時です。
ヒドラ寄生虫は、コビッドワクチンを介して血液に入ります。それはブースターショットでグラフェン酸化物という[餌]が供給されるのを待っています。写真の丸い形↓は赤血球です。 https://t.me/GitmoTV/6523
裁判所がジェノサイドの咎で有罪判決を下し、ワクチン注射を禁止しているため、政府の指導者であるビッグファーマは逮捕に直面しています:https://t.me/GitmoTV/8050
オークランド(NZ)では、ジャブを受け取った後、5人の子供が薬局で倒れ、テレビレポーターはそれを報告することを拒否しました:
https://gab.com/BeachMilk/posts/107636087179472481/
月曜日1月17日:ある医師は、Covid-19に対するワクチン接種後に死亡した人の身体に、ワクチン・スパイクタンパク質の検出を確認しました。 Covid-19に対する「ワクチン接種」の結果として体内に形成されたスパイクタンパク質が、病理学的に観察された炎症や血管の病変の原因である可能性があるという疑いが、免疫組織学的に初めて確認されました。病理学者ArneBurkhardt博士とWalterLang博士とそのチームは、「ワクチン接種」のあと4か月後に死亡し、血管病変とワクチンによって誘発された心筋炎を持っていた人の血管内のワクチンのスパイクタンパク質を確実に検出することに成功しました。組織切片の従来の免疫組織の化学的解剖により、スパイクタンパク質に特異的な抗体を使用して検出に成功しました。
オーストラリア、メルボルン:1日で3人の子供がワクチンで亡くなりました。今週オーストラリアで5~11歳の注射が開始され、死亡者も出ました。ステータス/ Gab Social https://gab.com/Robert55/posts/107637758365683725/(以下省略)翻訳文責ハルジャス】




エプスタイン続報??捕まる第1号はクリントンに決定?DSはもう諦めモードか??中国地方政府が財政破綻に??
2022/01/19
/watch?v=IvHtBlD2-z8

 

世界歴史大転換【936】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月19日(水)12時36分20秒
  [National Guard Doctors Find Hospitals Empty of Covid Patients] Real Raw News
By Mike Baxter [-January 18, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/national-guard-doctors-find-hospitals-empty-of-covid-patients/

On Monday, the criminal Biden administration and its complicit states’ governors activated a program that deployed 1,000 military medical workers to six U.S. states to help hospitals besieged by an imaginary crisis?a non-existent surge of Omicron patients.
But physicians attached to the New Jersey Army National Guard, Task Force Secaucus, found their assigned location, Hudson Regional Hospital, empty of even a single Covid patient, said Lt. Michael McKenzie, a physician assistant.
Lt. McKenzie and 11 other Guardsmen?doctors, nurses, and physician assistants?were dispatched to the hospital with the impression its ICU was at-capacity and packed with deathly ill Omicron patients. Their duty was to relieve “overwhelmed” hospital staff, so the hospital’s existing medical professionals could focus their attention on non-Omicron patients.
“We were all surprised. I mean?we got told Omicron patients inundated the hospital. That’s not what we saw. Four of the hospital’s 14 ICU beds were occupied, but none with Covid patients,” Lt. McKenzie told Real Raw News.
The Guardsmen, he added, examined each patient’s medical chart. Not one mentioned Covid-19 as a reason for hospital admission. Two were cardiac patients. One had taken a gunshot wound to the abdomen. The other had been admitted for maladies not linked to Covid-19.
Interestingly, Lt. McKenzie said he was present when his CO asked hospital administrators why, if the hospital had no Covid patients, the National Guardsmen were there at all, as their orders expressly stated they were at the hospital to mitigate an Omicron surge.
“CO got told ‘I have nothing to do with your men being here. You’re here, I guess, because President Biden and Governor Phil Murphy want you here. Personally, I view your presence at this hospital a disruption and an inconvenience.’ CO made some phone calls. I guess he told his CO weren’t any Covid cases here, but we were told to stay at the hospital,” Lt. McKenzie said.
Moreover, not only was the hospital devoid of Covid-19 patients, but it was also short on staff. Lt. McKenzie said he saw “hardly any” hospital doctors or nurses patrolling the labyrinth of corridors or peeking their heads in patients’ rooms. Curious, he took it upon himself to discretely question a nurse and an orderly as to why Hudson Regional was short-staffed. He got two disparate answers.
“First, I was told many doctors and nurses had Omicron themselves and had to isolate at home until they tested negative. Then I got told the staffing issue was because the hospital fired 1/3 of its staff for refusing to get vaccinated. One thing’s for sure: someone isn’t telling the truth,” Lt. McKenzie said.
In closing, RRN reached out to both the NJ Army National Guard and Hudson Regional for comments. A Guard spokesperson refused to comment, and a member of the hospital’s administrative staff, Beth Johnson, said, “It’s hospital policy to not give specific information on who is hospitalized here or why. I can tell you 7 of 14 ICU beds are in use.”
Her statement alone contradicts Gov. Murphy’s assertion that Hudson Regional is “at capacity.”
Note: For those curious, Cheney’s tribunal did not begin until this morning, 10:00 a.m. GITMO time. I probably will not receive an update until late tonight and will publish on it tomorrow morning.[end]



【[州兵医師団が地区病院にオミクロン患者が全く居ないことを発見]Real Raw Newsより
マイク・バクスター著[-2022年1月18日]

https://realrawnews.com/2022/01/national-guard-doctors-find-hospitals-empty-of-covid-patients/

月曜日に、犯罪者であるバイデン政権とその共謀加担州の知事らは、架空の危機、つまり存在しないオミクロン株の感染患者急増によって包囲された病院を支援するために、1,000人の軍事医療従事者を、米国6州に派遣するプログラムを開始しました。
しかし、ニュージャージー陸軍国家警護隊のタスクフォース・セコーカスに所属する医師は、割り当てられた場所であるハドソン地域病院に行くと、Covid患者が1人もいないことを発見したと、医師助手であるマイケル・マッケンジー中尉は述べた。
マッケンジー中尉と他の11人の警護隊員(医師、看護師、医師助手)たちは、ICUが定員に達し、致命的な病気オミクロン感染患者でいっぱいであるという印象の先入観を持って、病院に派遣されていました。彼らのタスク義務は「圧倒され崩壊した」病院スタッフを救済するミッションでした。そのため、病院に居た既存の医療専門家が、オミクロン株感染以外の致死的な患者に注意を向けることができました。
「私たちは皆んな驚いた。つまり、致死的なオミクロン株に感染した患者さんが病院に氾濫していると言われて来ました。其処では見たのは私たちが想像していたのと異なり、そんなに満床になった入院光景ではなかった。病院のICUにある14のベッドのうち4つが占有されていましたが、Covid患者のベッドは1つもありませんでした」とマッケンジー中尉がReal Raw Newsに語った。
さらに警護隊員は、各患者のカルテを調べてみたと彼は付け加えた。入院の理由としてCovid-19について言及された者は誰もいませんでした。 実際に入院していた2人は心臓病患者でした。 他の1人は腹部に銃創を負っていた。更にもう1人は、Covid-19に関連していない病気で入院していました。
興味深いことに、マッケンジー中尉は、病院にCovid患者がいない場合、まったくもって州兵が其処にいるのは一体何故かと理由を尋ねたときに、其処に居たCO(= 協力者 )が病院管理者に尋ねると、オミクロン株感染の急増を緩和するために病院にいると明確に述べていた。
「協力者(CO)曰く、「あなた達の部下が此処にいる事とは何の関係もありません。バイデン大統領とフィル・マーフィー知事があなた達をここに連れてこいと望んでいるので、あなた達がここにいるのだと思います。個人的には、この病院でのあなた達の存在は混乱と不都合があるように思います。」協力者(CO)はいくつかの電話をかけていました。COは此処ではCovidの症例はないと言ったと思いますが、私たち警護隊はその病院にとどまるように言われました」とマッケンジー中尉は言いました。
さらに、病院にはCovid-19患者が居なかっただけでなく、病院スタッフも不足していました。マッケンジー中尉は、「ほとんど」の病院医師や看護師が廊下の迷路をパトロールしたり、病室で入院患者の頭を覗いたりしているのを見たと述べた。不思議なことに、彼は、ハドソン・リージョナル病院が人員不足である理由について、看護師と秩序だてた質問をそれとなく個別に行うことにしました。すると2つの異なる答えを得ました。
「最初に、多くの医師や看護師が、自分たちでオミクロン感染を持っていたため、彼らが陰性になるまで自宅で隔離されなければならないと、私ら看護師は言われました。それから、人員配置の不足問題は、病院経営者がワクチン接種を拒否したスタッフの3分の1を解雇したためだと言われました。確かなことの1つは、誰かが真実を語っていないということです」とマッケンジー中尉は言った。
最後に、RRNはNJ陸軍国家警護隊とハドソン・リージョナル病院の両方にコメントを求めました。警護隊員のスポークスパーソンはコメントするのを拒否したため、病院の管理スタッフのメンバーであるベス・ジョンソンさんが、次のようにだけ述べています。 病院にある14台のICUベッドのうち7台だけが使用されていると言えます。」
彼女の発言だけでも、ハドソン・リージョナル病院が「定員満床に達している」というマーフィー知事の言い分と矛盾しています。(終わり)

作者注:好奇心旺盛な方のために、チェイニーの法廷は今朝、GITMO裁判所の午前10時までに始まりませんでした。おそらく今夜遅くまでアップデート情報は受け取れず、明日の朝に公開予定です。[終了]翻訳文責ハルジャス】



『世界各国では人工生物兵器であるカバール司令塔拠点ダボス会議シュワブ指令のコビット流行大詐欺が、尾身黒株という偽装人工変異株によって更に酷く蔓延しており、属国日本においても悪徳メディア・公共放送や大手マスゴミというDS/CABAL奴隷の手下により、盛んに尾身黒株大流行のウソが喧伝されている。その空虚なプロパガンダの大流行ウソ八百喧伝の勢いは、洗脳誘導自滅的岸田属国政権に変わっても、以前のカスとアへ政権と何ら方針が変わることなく、格別のCovid政策転換が見受けられることは残念ながらいまだ無い。日本の尾身黒株について、いまだインフルエンザと95%確率で判別不能というポンコツPCR詐欺の主要判定道具として、公共放送と民放TVによって洗脳され続ける羊の国民(Sheeple)をまんまと子供騙しして延々と繰り返す万年「オレオレ詐欺」を国と厚顔省が率先として積極的にやっているという情けないおそ松詐欺師に堕ちた惨状の有り様だ。鬼畜悪魔シュワブ議長は、身辺に迫りくる多くの刺客を恐れて、世間に今年1月に登場する筈だった次回悪魔ダボス会議の延期を決めた。昨年11月には自身の逮捕報道という自作自演フェイクニュースで偽装し煙幕を張って、身の保身を何より優先し図った捏造工作だった。延期は約半年後になると発表したのだが、恐らく実際のシュワブ逮捕や排除によって、無期延期になりそうな雲行きだ。感染力が強いものの、致死性が極めて低い風邪みたいなちんけな尾身黒株は、コビット流行をトドメで終わらせるための、最終的流行を画策したホワイトハットによる善なる人工兵器とも噂されている。それがもし本当なら、次の大流行がもう無くなったということだ。ハルジャス』





※AT&TはDS
TRUTH IS BEING THREATENED: Trump slams AT&T over Banning OAN on DirecTV!...
2022/01/18
/watch?v=Edr_K1Ok_So


Tucker: Here comes Hillary
2022/01/13
/watch?v=Jy2ZSQmlszY


01-19 今度はキャノンが工場閉鎖
2022/01/19
/watch?v=oI-Sfo6ZTBw


トランプ前大統領の声明[日本語朗読]040119
2022/01/19
/watch?v=-fYdMYpWnKc
 

世界歴史大転換【935】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月18日(火)10時48分41秒
  [“Trump Has A Plan,” Says Mar-a-Lago Source] Real Raw News
By Mike Baxter[ -January 16, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/trump-has-a-plan-says-mar-a-lago-source/

Last night the 45th President of the United States received thunderous applause at an Arizona rally that pulled in tens of thousands of MAGAs from across the nation. Speaking for 90-minutes, an indefatigable Trump hit on many familiar talking points, reiterating his irrefutable assertion that rampant voter fraud led to a stolen election. He made clear he is still in the “Save America” fight and asked supporters to keep embracing the patriotic principles he holds dear.
Notably, Trump spent little time discussing Covid-19; he correctly accused the criminal Biden administration of disproportionally rationing testing supplies to ethnicities of its choosing.
More important, Trump abandoned the pro-vaccine rhetoric he had been spewing over the last few months. Not once did he mention his vaccination status or implore supporters to get vaccinated and boosted.
Last night, RRN spoke to a Mar-a-Lago source who has frequent contact with Trump to gauge 45’s mindset and stance, and although we didn’t get the exact answers we sought, we did get a glimpse of what the future might bring.
Asked whether Trump’s newfound silence on vaccine endorsements was based, at least in part, on advice he had received from “White Hat” military commanders such as Marine Corps Gen. David H. Berger, our source said, “I can’t knowledgeably speak to that. Trump’s always fought for our freedoms. Even when we don’t see or hear him, he’s working tirelessly behind the scenes. The Swamp is much deeper, murkier than he first thought. The problem is, many of his supporters have pedestalized him, given him deification, and expect him to walk on water. Trump is a man, like you and me, and men sometimes take bad advice that leads to mistakes. That doesn’t make them bad men.”
And asked whether 45 still plans to invalidate the stolen election and resume his station as President of the United States, our source gave a cryptic reply: “Donald Trump has never really left office.”
He said Donald J. Trump has “a plan” that cannot be revealed publicly.
“Even if I know details, I wouldn’t speak openly about it. We’re always asked ‘What’s the plan? What’s the plan?’ Well, disclosing it would make it available to the people he’s fighting against, and give them a chance to respond. Right now Trump’s efforts are focused on the midterms and getting rid of criminals in the House and the Senate. After that, we’ll see. Big things are going to happen,” our source said.[end]


【[「トランプには隠された計画がある」とマー・アー・ラゴの情報源]Real Raw Newsより
マイク・バクスター著[-2022年1月16日]

https://realrawnews.com/2022/01/trump-has-a-plan-says-mar-a-lago-source/

昨夜15日夜、米国の第45代大統領は、全国から数万のMAGA群衆を引き寄せたアリゾナ集会で万来の拍手を受けました。 90分間スピーチした中で、不屈のトランプは多くを語り続け、よく知られた主張論点を繰り返して、横行している不正投票が選挙盗難につながったという彼の反駁できない自説を繰り返していた。彼は今もまだ「アメリカを救う」戦いに参加していることを明らかにし、彼が大切にしている愛国的な原則を受け入れ続けるように支持者に期待し求めた。
ただ特には、トランプはチャイナウイルスCovid-19についての議論にほとんど時間を費やしませんでした。彼は、バイデン政権が選択した試験的薬品(※疑似薬品=通称ワクチン)を不釣り合いに配給していると正しく咎め非難した。
さらに重要なことに、トランプは、過去数か月にわたって彼が撒いて吐き出していたワクチン接種前の推奨レトリックを取り下げて放棄していた。彼は一度も彼自身の予防接種状況について言及自慢したり、予防接種を受けて後押しするように聴衆支持者に懇願したりしませんでした。
昨夜、RRNが45代大統領の考え方と立ち位置スタンスを測定するために、トランプと頻繁に接触しているマー・アー・ラゴの情報源とコンタクトして話をした。私たちが求めた正確な回答は得られませんでしたが、近未来にもたらされるかもしれない予期される事を垣間見せられました。
トランプがワクチン承認についての新たな沈黙が、少なくとも部分的には、海兵隊のデイビッドH.バーガー大将らの「ホワイトハット」軍事司令官から受けたアドバイスに基づいているか否かを尋ねられた。この情報源は、「それについてはあたかも知った風な知識によって我々が話すことはできない」と述べた。「トランプは常に私たちの自由のために戦ってきました。私たちが彼自身の姿を見たり話を聞いたりしなくても、彼は舞台裏で精力的に働いてきたのです。汚染された沼は彼が最初に想像したよりもはるかに深く、濁っています。問題は、彼の支持者の多くの人が彼を超人化・神格化して、雲の上の玉座に乗せ崇め過ぎて、彼がキリストのように水の上を歩く奇跡を期待していることです。トランプはあなたや私のような生身の人間の男であり、人間とは時々間違ったり、悪いアドバイスを受けてしまいます。その一部の言動だけで、彼を悪者と決めつけて断言できません。」
そして、45代大統領が盗まれた選挙を新たに無効にして、米国大統領としての地位を回復する計画がまだあるかどうか尋ねられた。すると私たちの情報源は謎めいた不可解な回答を返してきた:「ドナルド・トランプは、実のところWHのオフィスを去ったことがありませんよ。」
またドナルド・J・トランプは公に明らかにすることができない「内密の計画」が内心あるらしいと彼が言いました。
「しかし、もしその詳細を知っていても、公然と話すことはできません。私たちはいつもその「計画とは何ですか?」と尋ねられます。計画は一体何ですか?と」まあ、それを開示することが、彼が戦って敵対している人々に、その隠された情報利用による反撃を可能にしたり、それらに前もって事前対処する機会を与えるからでしょう。現在、トランプの傾注は中間選挙勝利に焦点を当てており、下院と上院での犯罪者共を排除しつつあります。その後になって、見ることになるでしょう。きっと大きなサプライズ出来事の数々が起こるから」と私たちの情報筋は予言するように述べた。[終了]翻訳文責ハルジャス】



『1月15日現地夜遅く、アリゾナ州でトランプ選挙集会が久々に開催され、米国の第45代大統領は、全国から数万のMAGA群衆の前で滔々とスピーチし淀みの無い記念すべき演説トランプ節を披露した。最近トランプのワクチン推奨コメントが米軍内で喫緊の課題になっていたので、軍のお目付け役とも言える暴露ニュースサイトのRRNが、素早くこのラリーの様子全編を速報したのである。意外にもトランプの演説には、以前には言葉が有ったワクチン推奨コメントが今回ほぼ無くなっていた。バーガー将軍に恐らく示唆指摘された模様なのか、賢明なトランプは政治力学的な錯綜化した事情をよく察して、取り敢えず発言を嫌々だけど封殺し妥協したのかもしれない。あるいは、もし軍の支援が無くなった場合、今後予想される自身の復活復権の動きも、政治的に抹殺されて消えてしまう懸念をよく計算して恐れたのかもしれぬ。トランプの唯我独尊、狷介不羈な性格から考えると、たとえ当初は彼を担いだ大元で、今はブロック塀で固められている「保留地」になってしまった半端なペンタゴン組織とはいえ、総勢8人の上層部の将軍たちは、大統領の顧問団であり文民統制での「部下」であるため、トップ独自のポリシーを政策や作戦上で貫く隠密戦略においては、他の誰にも(側近部下にも)相談せずに独自に進めたいと考えていた節が見られる。昨年1月初旬、最側近と見られていた参謀本部議長ミリー将軍にもまんまと手のひら返しされて裏切られた経験から、コンクリートブロック化のペンタゴンの軍上層部参謀の部下らに対しても、少なからず不信感が残っていたのだろうと推察できるからであ。しかし、裏切り者ミリー将軍は間抜けかつ腑抜けのカバール一味であり、国家転覆意図見え見えの反トランプの反逆徒党だった。軍の実権そのものをバーガー将軍に遂に寝取られてしまっていたのである。その身分は形式的に残されていたものの、9月にはアフガニスタン撤退失政の件により、実質的な参謀本部議長の立場すら奪われてしまったようだ。まだ公式に未発表だが、いずれその秘匿されていた裏切り経歴の数々と汚い正体がいずれ明かされる筈だ。昨年4月の本人逮捕と当時における処分事件の経緯が、公の場でも公開されることだろう。米国主流MSMネットサイトで、一般国民からの実際の巷の評判が、実に最悪(以前の過去投稿No915等参照→) 「アフガン撤退に見事失敗したバイデンフェイクニセ大統領と、軍事作戦の責任者であるミリー参謀本部議長(ダブル)は、現在米国民から猛烈にバッシングされ誹謗非難されている。久々にTVに登場したミリー参謀本部議長は、当時撤退のあと批判的インタビューの矢面に立たされ、苦しく弁解する受動的回答者の情けない画面となっていた。MSMでは4月14日のトップ参謀ら2名による本物のクーデター以来、逮捕拘束されTVに登場した形跡が殆ど無くなっていた。しかし、アフガン失態失政が政権の国家的大問題になった8月末に、軍事作戦責任者として矢面に立たされ、TVインタビューに答えるべき惨めな姿の説明場面があったのである。筆者も「何故ギトモに拘束されていた筈のミリー参謀本部議長がここTVに生ライブで登場しているのか、影武者ダブルではないのか、と目を疑う驚きだった。それで、今一度過去のRRNについて裁判記事を読み返してみた。すると4月14日後になってからミリーのギトモ裁判が始まったというRRNのニュースは全然無く、その後ミリー参謀本部議長の消息は不思議にもMSM・TVからもプッツリ途絶えていた。多分、証拠不十分で仮釈放にされて背後に隠れた司令塔=DS/CABALの動きを掴むように泳がせているのだろうと、勝手に推測していた。だが、実はこの度の不可解なアフガニスタン・エバキュエーション=撤退(魔訶不思議な軍備の完全放棄)作戦が、実のところバーガー将軍主導による軍の囮作戦であり、国賊反逆罪をバイデン政権とミリー参謀本部議長に着せるために影の大統領トランプが裏でトドメに仕組んだもので、彼ら2名を陥れる5次元チェスだったことにハタと気づいたのである。それゆえに本物の被告人ミリー参謀本部議長容疑者のギトモ裁判が、アメリカの国民が得心するために今までは実施されなかったのだろう。これによって確固たるミリーの国家反逆罪DS共謀の拭うことなき外国勢力共謀の具体的な証拠が固まったのである。TVに登場する影武者ダブルのミリー参謀本部議長が、あまりにもGCIぽく精巧に出来ているので、正直思わず目を疑われるが、今回のRRNニュースの話で大方の得心が行ったことになろう。ただし、絶対的な反逆罪確証は、後のギトモ裁判を待たねば最終的な決着にならないだろう。事の真偽はその公開されたギトモ裁判内容できっと公的にも判明することだろう。」※裏切り者ミリー参謀のギトモ裁判が確定した!!何故ミリーを泳がせていたのか判明【再掲BREAKING】勝手に人民解放軍を攻撃しないと密通、トランプ大統領の裏で、人民解放軍に情報を漏らす、米軍ミリー参謀本部議長、裏切り者・国家反逆罪の大罪(2021/09/15)/watch?v=jrFN9EtM39A
このようなマトモではない軍リーダー器量でない愚か者、けしてありえない最低の屑、利己的ダメ男評判であった。[GCRを介して復元された共和国:2022年1月16日より転載→]「世界で実施されたワクチンSHOTは、各国の主流メディア情報の偽りの流れをコントロールしているディープステートを倒すために必要だった。ホワイトハットは、ディープステート&カバールがディープステート闇計画を解き放つのに任せて、進行中の犯罪をリアルタイムで記録しなければならなかったのだ。それは、軍の情報機関が、資金、プレーヤー、妥協した機関の御用医師、腐った科学者、ディープステート軍、銀行などを追跡し、彼らの犯罪をすべて記録するための軍による唯一の方法だったのである。これは世紀の犯罪であり、このような特殊なやり方にならざるを得なかった。世界中で暴露が始まる。軍隊が世界各地に配置され、米30州に州兵が配置されたので、主要国では軍事戒厳令が敷かれることになる。」このような非公開の情報戦争の苦しい言い訳はごもっともでそれら言い分の大体が頷けよう。また、横行している焦ったDS/CABALにより起動された世界の新規ニセ旗作戦も、我々は注意しておかねばなるまい。「地震警報が出ていない火山活動はあり得ない。これは人工的な爆発である。1月15日(土)に南太平洋のフンガ・トンガで起きた激しい大規模噴火は、気象学的に見てもかなりそれが信じられないもの。噴火による落雷は1時間に1万回以上、1秒間に167回以上という驚異的な異様数値を記録しています。https://twitter.com/US_Stormwatch/status/1481775019281707010/
つまり南太平洋に発生したトンガの海底火山の噴火は、「人為的なもの」と考えられている。津波は、アラスカ、日本の東海岸全域、奄美大島南部とタカラ列島、太平洋諸島、日本、ニュージーランドに発生し、ペルーとエクアドルの海岸線にも津波が到達した。
https://www.rt.com/news/546171-california-tsunami-warning-tonga/
トンガの地底(※多分地下約10km)には、アメリカ、オーストラリア、そしておそらく南米大陸につながるDUMBSがあった。Whiplash347:1月16日(土)に発生したトンガの海底火山噴火は、人為的なものと考えられている。それはトンガで倒壊したDUMB、つまり地下深くの軍事トンネル基地だったのである。」奴らカバール一味は、放射能が拡散しない核爆弾をDUMBSからトンガに持ち込んで地下にセットして巨大爆発させたようだ。鹿児島大学火山噴火の専門家によれば、その人工的起爆証拠として、火砕流汚泥や噴火による土石流等による海水の状態は、衛星写真で見ても全く濁っておらず、付近の海水が綺麗なまま澄んだ状態だったという。あと、度重なるロシア疑惑によるニセ旗作戦補足として、カザフスタン暴動とその政府転覆策謀がある。カザール似非ユダヤ人が昔の故郷として安心帰国できる土地として、特にイスラエル原理主義のカバール一味は、カザフスタンをイスラエル人が帰る母国領地にしようと企んでいたらしい。そこで、ロシアプーチン大統領が侵入してくるというウソデマ騙しのニセ旗作戦を思いついたのであろう。ハルジャス』



Donald Trump Rally LIVE aus Arizona
アリゾナ、トランプラリー 2022年1月15日:
https://rumble.com/vsodmt-arizona-trump-rally-january-15th-2022.html
https://rumble.com/vsnvbo-trump-rally-live-arizona.html


LIVE: President Donald J. Trump in Florence, Arizona
Donald J. Trump  Published January 14, 2022
https://rumble.com/vsky8v-live-president-donald-j.-trump-in-florence-arizona.html
 

世界歴史大転換【934】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月17日(月)09時54分22秒
  [Military: Biden’s Surgeon General is CGI]Real Raw News
By Mike Baxter [-January 15, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/military-bidens-surgeon-general-is-cgi/

The entity masquerading as the administration’s surgeon general, Vivek Murthy, is not a man but computer-generated imagery (CGI) superimposed on a dynamic algorithm that pushes a fictitious Covid narrative from some hidden crevice in Washington, D.C., said Lt. David Hoffer, a program analyst at U.S. Army Cyber Command Headquarters at Fort Gordon.
In October, the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps launched an investigation into Murthy’s past; the goal was to accumulate evidence proving he had conspired with federal health agencies to promote Covid-19 propaganda. With such evidence in hand, JAG and the OMC could have charged him with treason and compelled him to face a military tribunal.
But the month-long probe yielded perplexing results. JAG found no proof that Vivek Murthy, an uncommon name for someone living in the United States, actually exists, despite his having a rich biographical history on Wikipedia, an online encyclopedia written and maintained by a community of volunteers.
On paper, Murthy is an American physician and a vice admiral (in this case, a ceremonial title) in the United States Public Health Service Commissioned Corps who has served as the 19th and 21st surgeon general of the United States under President Obama and President Biden. Wiki claims he earned an MD from Yale School of Medicine and an MBA from Yale School of Management. It says Murthy is a family man, with a wife and two children, living in a luxurious home, in an affluent D.C. neighborhood.
JAG, to start, could not verify Murthy’s educational background. Investigators obtained Yale’s enrollment records for the years Murthy had purportedly attended school, but his name?nor any similar name?appeared nowhere, not on paper, not in Yale’s administrative database. There was no evidence Murthy had written or filed a thesis, and later research papers bearing Murthy’s name seemed plagiarized. Investigators discretely interviewed professors who taught classes Murthy had allegedly been enrolled in, but none of them recalled a student named Vivek Murthy. In short, his educational accolades and subsequent internships were fabricated of whole cloth.
So too was his personal life, a JAG source told RRN.
Investigators had done surveillance on Murthy’s home, which, although purchased in his name, showed no signs of occupancy. Inside lights ran 24/7. No one was seen entering or leaving the home during the 10-day surveillance period. The household received no mail, despite it being listed as the primary residence. They checked if anyone claiming to be Vivek Murthy had rented a post office box?nothing. Nonetheless, an assessment of district records showed that both utilities and taxes had been paid with debit and credit cards in Murthy’s name.
“We covered so many bases. No school records for his children. No real history for his wife. We questioned neighbors who all said the house is always empty and they’ve never seen anyone living there. We checked out a vacation rental in Cape Cod?still nothing. It was as if someone had gone to great lengths to manufacture his and his family’s identities. One thing we did notice, a Chase Bank credit card was issued in Murthy’s name only 3 days before Obama appointed him. We became suspicious whether this guy was a real living, breathing human being, and that’s when we asked our contacts at Cyber Command to look into his digital footprint,” our JAG source said.
Lt. Hoffer at Cyber Command said he and other experts had meticulously analyzed 50 publicly available videos of Murthy, the earliest of which was uploaded to YouTube in 2014, when the criminal Barack Hussein Obama still ruled the country. There is no video or photographic evidence of Murthy’s existence prior to that year, Lt. Hoffer said.
“We spotted enormous incongruities the moment we started scrutinizing videos. The most glaring is he, miraculously, hasn’t aged much. Over an eight-year period we’d expect to see signs of age, some sign, however slight, of weight gain or loss, and facial changes even if the subject is caked in cosmetics. Our technology sees beneath cosmetics. Sure, his sideburns are a bit greyer, but that’s easily alterable with a few lines of code. I can’t discuss technology specifics because it would give the opposition knowledge of how we spot body doubles and clones. But in Murthy’s case, it’s CGI, and poor CGI at that,” Lt. Hoffer said.
The computer-generated Vivek Murthy, he added, was likely created in the Obama-era but never upgraded to reflect technological advancements. Even low-budget, made-for-TV movies, he added, use better CGI.
“Watch his eyes. His mouth movements. Muscles we expect to see moving with certain movements are not. Frankly, I’m amazed this wasn’t called out years ago, because I’m 99.8% sure he’s purely a manufactured construct, controlled by an algorithm that dynamically responds to questions he’d be asked,” Lt. Hoffer said.
Asked how Murthy, if a CGI construct, is able to make personal appearances, Lt. Hoffer replied, “Broadcast is CGI. What we’ve seen is he rarely appears in person anywhere, and when he does, you’re seeing a blended mix of holography and algorithm.”
RRN has embedded several videos below, so readers can make their own informed judgement.[end]


【[軍情報:バイデンの外科医総監は実在しない偽造CGIだった] Real Raw Newsより
マイク・バクスター著[-2022年1月15日]

https://realrawnews.com/2022/01/military-bidens-surgeon-general-is-cgi/

ワシントンDCの隠された隙間から架空のCovid捏造物語を押し出すダイナミックAIアルゴリズムに重ね合わされたCGIテクノロジーがある。ヴィベーク・マーシー(Vivek Murthy)という仮想動画アバターは、人間ではないコンピューター生成画像(CGI=コンピューター生成画像:computer-generated imagery)で作成されていた。つまり、CGIの「彼」は政府外科医総監を装った仮想実体映像であると、フォートゴードンにある米陸軍サイバーコマンド本部のプログラム・アナリストのディビット・ホッファー(David Hoffer)中尉は述べている。
昨年10月、米軍裁判官提唱者総隊(JAG)は、実存している筈のマーシーの過去調査を開始した。目標は、彼がCovid-19プロパガンダを促進するために連邦保健機関と共謀したことを証明する裁判証拠を蓄積することでした。そのような証拠が手元にあれば、JAGとミリタリー事務局(OMC)は彼を反逆罪で起訴し、軍事法廷に立ち向かわせることができたはずである。
しかし、1か月にわたる調査では、複雑怪奇な結果が得られたのである。 JAGは、ボランティアらのコミュニティによって作成かつ維持されているオンライン百科事典ウィキペディア(Wikipedia)では、彼が豊富な経歴を持っている筈にもかかわらず、米国に住む人の珍しい名前であるヴィベーク・マーシー(Vivek Murthy)なる人間が、実際に存在しているという証拠を見つけられませんでした。
ウィキペディア記録上の経歴では、マーシーはアメリカの医師であり、オバマ大統領とバイデン大統領の下で、米国政府19番目と21番目の外科医総監を務めた米国公衆衛生局士官隊の副提督(この場合は儀式の称号)ということになっています。またウィキでは、彼がイェール大学医学部で医学博士号を取得、イェール大学マネジメント・スクールでMBAを取得したと主張しています。マーシーは、裕福なワシントンD.C.近所の豪華な家に住んでおり、妻と2人の子供を持つ家族と一緒に住む男性だと書かれています。
JAGは、最初に経歴を調べたときには、マーシーの学歴を確認できませんでした。捜査官は、マーシーが学校に通っていたとされる数年間、イェール大学の学籍登録記録を入手しましたが、彼の名前も同様の似た名前も、イェール大学管理データベースにも、紙ベース登録情報にも、どこにも全く現れませんでした。マーシーが論文を書いたり提出したりした証拠形跡はなく、マーシーの名前が付けられた後の研究論文はまるで剽窃され盗用されたように見えました。調査員は、マーシーが在籍していたとされるクラスで教えた教授らに個別インタビューしましたが、ヴィベック・マーシーという名前の学生を思い出せた人はいませんでした。要するに、彼の学歴称賛とその後のインターンシップは完全なウソの布製であり架空にでっち上げられていました。
彼の私生活もまたそうだった、とJAGの情報筋はRRNに語った。
捜査官はマーシーの家らしき家屋を監視していました。彼の名前で購入したらしいものの、誰かが住居として占拠していた兆候は見つかりませんでした。家屋の中のインサイド・ライトは24時間年中無休で点灯稼働していました。 10日間の監視期間中、結局家に出入りする人は誰もいなかった。主たる住居として記載されているにもかかわらず、その世帯は郵便物を受け取っていません。彼らは、ヴィベック・マーシー(Vivek Murthy)であると主張する人が私書箱を借りたかどうかを確認しましたが、借りた形跡が何もありませんでした。それにもかかわらず、地区の役所データ記録の評価には、公共料金と税金の両方がマーシーの名前のデビットカードとクレジットカードで支払われたことが示されていました。
「私たちは非常に多くの拠点の痕跡をカバーした。しかし、彼の子供たちの学校管理記録はありません。彼の妻のリアルな歴史もありません。家はいつも空き家の空っぽで、そこに住んでいる人を見たことがないと言っている近所の人にも質問しました。夏場の人気スポットのケープコッド海岸でバケーションのグッズレンタル有無もチェックしましたが、まだ何も出てきていません。それはまるで誰かが彼と彼の家族の実在(アイデンティティ)をわざわざ架空製造するために多大な努力をしたかのようでした。私たちが気づいたことの1つは、オバマが彼を任命するわずか3日前に、チェースM銀行のクレジットカードがマーシー名で発行されていたことです。よって、この男がリアルに生きていて、呼吸している実在の人間であるかどうかも疑わしくなりました。そのときになって初めて、サイバーコマンド連絡先に彼のデジタルデータ足跡を調査するよう依頼したのです」とJAGの情報筋は述べています。
サイバーコマンドのホッファー中尉は、彼と他の専門家がマーシーの公開されている50本の動画を綿密に分析したと述べた。ホファー中尉は、その年より以前にマーシーが存在したことを示すビデオや写真による実在証拠はない、とはっきり述べた。
「動画を精査し始めた瞬間、私たちは大きな違和感を感じる点を見つけました。最も明白なのは、奇跡的に彼はあまり年をとっていないという経年変化のない兆候です。 8年間で、年齢とともに変化していく兆候、わずかではあるが体重の増減の兆候、および観察対象が仮に化粧品により固まっていたとしても、顔の変化が見られる筈と予想されます。私たちの技術によれば、化粧品の下の皮膚変化もクリアに見えてくるものです。確かに、彼のもみあげは少し灰色がかっていますが、数行のコード操作で簡単にカラー変更できます。ボディダブルとクローンを見つける方法について反対派にその知識が得られてしまうため、そのテクノロジーの詳細については今は説明できません。しかし、マーシーの場合、それはまさしくCGIであり、この過去のCGIテクノロジーなら性能が貧弱です」とホファー中尉は言いました。
コンピューターで生成されたVivek Murthyなる人物は、オバマ時代に架空の人物としてCGI作成された可能性が高いが、技術の進歩を反映するようにその後アップグレードされることはなかったと彼は付け加えた。低予算のテレビ向けのすげ替え映画でさえ、これより精密で良質なCGIを使用しているものだと彼は補足して付け加えた。
「彼の<目>の動作を見てください。 彼の<口>の動きも。 特定の動作で動くと予想される筋肉は実際そんなものではありません。 率直に言って、これが何年も前に発見されて監査で呼び出されなかったことに驚いています。なぜなら、彼は純粋に架空製造されたボデイCGI構造であることが明白で、尋ねられる質問に動的に応答するAIアルゴリズムによって制御されていると確信できるからです」とホファー中尉は言いました。
マーシーがCGI構成映像である場合、どのように個人的な外観を作ることができるのかを尋ねられたホファー中尉は、次のように答えた。 私たちが[見たもの]は、彼がどこにでも実際直接このリアル世界に現れることはめったにないということです。彼が現れると、ホログラフィーとアルゴリズムが混ざり合っている加工だというカラクリがわかります。」
RRNは以下に参考になるいくつかの加工されたビデオ映像を埋め込んでいるので、読者はこの情報に基づいて独自の判断を下すことができます。[終了]翻訳文責ハルジャス】



『オバマによって偽装悪用された映像加工テクノロジー[CGI(コンピューター生成画像)とは] http://www.hollywoodlexicon.com/cgi.htmlより。
定義:シーンまたは完全なフィルムの部分的または全体的な制作のために、静的および動的の両方の3次元画像を作成するためのコンピューターソフトウェア。 CGIは、VFXの最新コンポーネントであり、実写ではキャプチャできないポストプロダクションでのビジュアルのデジタル作成です。このプロセスは、特殊なグラフィックソフトウェアを使用して、生きている無生物のオブジェクトの表面の数学的3次元モデルを開発することから始まります。これらのモデルは、フレームの視野内の位置、オブジェクトの相対的な位置、オブジェクトの色、および該当する場合はサーフェステクスチャをマッピングする幾何学的パターンによって定義されます。
【GCIテクノロジー】
レイトレーシングは、画面の中央にある目から始まります。線は目から画面内のすべてのピクセルに投影され、各ピクセルから、線はそのパスの最初のプログラムされたサーフェスに投影されます。このサーフェスポイントから、ポイントを照らすことができるすべての光源に線が投影されます。その後、このプロセスが逆になります。表面の色に対する光線の影響が計算され、結果の色相が投影されてピクセルの色が作成されます。
最もリアルな3D効果と映画制作の標準は、「レイトレーシング」と呼ばれるプロセスによって実現されます。ここで、フレームはフレームの解像度に見合ったポイントに分割されます(例:640 x 400ピクセル)。目からフレーム内の各ポイントに線が投影され、そこからオブジェクトの表面との交点まで延長されます。線がオブジェクトと接触しない場合、そのピクセルは指定された背景色を想定します。交差が発生すると、交差は、反射光と屈折光の光源を含む、シーンの1つまたは複数の光源に投影されます。フレーム内の各ポイントの色は、シーンの光源によって照らされたときに定義された場所に表示されるように、指定されたサーフェスの色によって決定されます。
CGIの開発は、常にコンピューター処理能力の進歩と結びついています。このダイナミックな動きは、最終的に映画のスターがコンピューターによって視覚的に作成されたペルソナに置き換えられるという結論を示しています。
[GCIの歴史]:映画へのCGIの適用は、ジョージ・ルーカスがインダストリアルライト&マジック(ILM)を作成した1975年に効果的に始まりました。ルーカスの制作会社であるルーカスフィルムの一部門であるILMは、当初、映画「スターウォーズ」の視覚効果の開発を担当していました。しかし、その長期的な使命は、映画業界に販売するためのCGIソフトウェアとサービスの開発でした。これには、1979年にルーカスがニューヨーク工科大学のCGIアニメーション・コンポーネントであるコンピュータ・グラフィックスラボから主要な人員を採用したときに、アニメーション映画製作が含まれるようになります。
当時、その機能は控えめでしたが、CGI映画製作の可能性は、Intelの共同創設者であるGordonMooreによる1975年の観察によって保証されました。 「ゴードン・ムーアの法則」によれば、マイクロチップの集積回路内のトランジスタの数は、約2年ごとに無期限に2倍になります。この処理効率の指数関数的な向上は、映画製作に必要な指数関数的なCGI機能につながると期待されていました。1986年、ムーアの法則はスティーブ・ジョブズに影響を与え、ILMのグラフィックス・グループ会社を購入しました。これはピクサー・アニメーションスタジオになります。ルーカスがグラフィックス・グループを売却した理由には、研究開発費、スターウォーズのライセンス収入の減少、離婚の和解から生じるキャッシュフローの問題がありました。最近AppleComputerから追放された故ジョブズは、ピクサーに500万ドルを支払い、すぐにさらに500万ドルを会社に投資しました。最終的に、ピクサーへの彼の投資は5000万ドルに近づいた。
1990年代になって初めて、CGIは、カラー以来の映画製作における最も重要な技術的進歩としての約束を実現し始めました。初期の勝利には、それぞれの年のトップグロス映画が含まれていました。最初に、ILMはスティーブン・スピルバーグの「ジュラシックパーク」の恐竜を作成しました。これは1993年にリリースされ、総額3億3,700万ドルでした。ピクサーが1995年にリリースした最初のCGIアニメーション映画「トイストーリー」は、1億9,200万ドルの収益を上げました。
CGIの重要性の証言は、2つの例外を除いて、1995年から2018年までの毎年の最も売上の多い映画は、サイエンスフィクション、ファンタジー、またはアニメーションであった。唯一の例外は、ジェームズ・キャメロン監督の1998年の映画「タイタニック」でした。 CGI映画製作のパイオニアであるキャメロンは、ルーカスのILMを使用して、「アビス」(1989年)と「ターミネーター2:ジャッジメントデイ」(1991年)のCGI映像エフェクトを作成しました。彼は「タイタニック」のCGI効果にデジタルドメインを採用しました。
キャメロンは、2006年まで、CGIが「アバター」(2009)のビジョンを追求するのに十分なほど進歩したと見なしました。これは、これまでで最も複雑なCGIの取り組みです。[以下省略]ホログラム・テクノロジーとAIアルゴリズムが偽造加工映像に更に畳みかけて加わっており、飛躍的なテクニカル精密加工技術の向上が、DSによって本物に酷似した偽造アバター化された有名な政治家、俳優、宗教家、CEOらのダブル影武者やクローン偽者を自在な創作物語を作って大衆洗脳にも悪用されおり、巧妙に奴らの捏造物語をでっち上げているのである。なお、世界が注目した昨日のトランプのアリゾナ・ラリー集会は非常に大盛況で盛り上がり、無事に終了した。(↓ラリー・フルバージョンで全編が観れた。)課題だった軍との軋轢発言も、ワクチン推奨コメントを今回封印したため、大きな問題になる発言はほぼ無く、いつものトランプ節炸裂以外は言及していなかった。ワクチン推進については話していなかった。最高裁で大規模会社の接種義務訴訟で勝訴した結果を褒めたたえていたので、かなり無難に収めたスピーチになり終了したようだ。翻訳監修ハルジャス』


2022.1.16【米国】バイデンの接種義務命令・民間企業1000人以上を最高裁が却下??但し、医療従事者1000万人に対しては許可接種義務??【及川幸久-BREAKING-】
2022/01/16
/watch?v=fuCSbfpnfJI


TRUMP IN  AZ  RALLY at 16/01/2022 AT GETRR
https://stream.video.gettr.com/eYsOOFZFW7UBQc01DXWLiJPonxTPPJitUbcMzhIQNQG4.m3u8/
https://gettr.com/streaming/pohqtd3ad7/


中国がスパイ宣言??北京五輪の闇に迫る??中国と決別を発表する日本企業も出てきた??
2022/01/16
/watch?v=Yb0XQVyvme0


チームトランプ最新情報 アリゾナ演説
2022/01/16
/watch?v=QJnhoTcHNV4


トラの演説【AZ】アウチさんがアウチ?
01/16
/watch?v=bzAkCqy2HkM


IT'S TIME!!! TRUMP IN  AZ  RALLY(full ver.)
il Donaldo Trumpo Published January 15, 2022
https://rumble.com/vso7lb-its-time.html


トランプ前大統領 今年初の集会を開催(2022年1月17日)
2022/01/17
/watch?v=-pNG-_mre_4


米トランプ前大統領??中間選挙に向けて大規模集会????2022年1月17日????♂?
/watch?v=x0f3Ov3XQZg

 

世界歴史大転換【933】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月16日(日)11時17分54秒
  [JAG Schedules Dr. Francis Collins’ Military Tribunal]Real Raw News
By Mike Baxter [-January 14, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/jag-schedules-dr-francis-collins-military-tribunal/

The U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps and the Office of Military Commissions have scheduled former NIH honcho Dr. Francis Collins’ military tribunal for Monday, January 31, a JAG source told Real Raw News.
As reported, U.S. Special Forces arrested Collins on December 20 while he was driving from Maryland to his daughter’s home in Virginia. Upon being served a military arrest warrant charging him with treason and murder, the sniveling Deep State doctor collapsed in tears, said he had done no wrong, and seemed shocked that administration officials were being charged with crimes against the nation.
He was processed and shipped to Guantanamo Bay, where he reportedly admitted to JAG investigators that he is unvaccinated, that he’d received a saline solution to appear as though he’d gotten the jab. He tried to absolve himself of any impropriety by implicating Dr. Anthony Fauci as the plandemic mastermind.
JAG, however, has evidence proving the disreputable doctors acted in unison to deceive Americans into accepting their Covid narrative.
Part of that evidence, our source said, includes emails, some of which have already been made public via the Freedom of Information Act, between Collins and Fauci, in which they plotted to discredit or silence credible scientists and medical professionals that contradicted the administration’s vaccine narrative.
“We have more emails not yet made public where they discussed assassinating the opposition. Two people named in their emails soon after died under mysterious circumstances. The breadth of the crimes and evidence against him will be disclosed at tribunal,” our source said.
Asked why Fauci is still at large, he said, “He won’t be for much longer.”[to be continued....]


【[JAGはフランシス・コリンズ博士の軍事法廷を予定]Real Raw Newsより
マイク・バクスター著[-2022年1月14日]

https://realrawnews.com/2022/01/jag-schedules-dr-francis-collins-military-tribunal/

軍裁判所判事総体(JAG)とミリタリー事務局(OMC)は、元NIH責任者のフランシス・コリンズ博士の軍事法廷を1月31日月曜日に予定していると、JAG情報筋はReal RawNewsに語った。
既に報告されているように、米軍特殊部隊は12月20日に、メリーランド州からバージニア州の娘の家まで車で移動しているときに、コリンズを逮捕しました。彼に反逆罪と殺人罪で起訴された軍の逮捕状が提示されたとき、鼻持ちならないディープステートの医師は涙を流して怯え、間違いを犯していないと言い張った。行政当局の幹部が国に対する犯罪で起訴されていることにショックを受けた様子だった。
彼は逮捕の手続き処理をされてからグアンタナモ湾刑務所に送られ、そこで彼はワクチン接種を受けていないことをJAGの調査員に認めた。あたかもワクチン接種を受け入れたかのように見せかける生理食塩水を接種していたと伝えられている。彼は、アンソニー・ファウチ博士がDS捏造物語のプランデミック闇計画の首謀者であると暗に示唆することによって、自分自身の不正犯行を免除しようとしたのである。
しかし、JAGは、この評判の悪い医師らがアメリカ人をだましてCovid流行創作物語を受け入れるように一斉に暗躍したことを証明する確かな証拠を持っています。
その証拠の一部には、情報公開法によってコリンズとファウチの間のメールやり取りが、すでに公開されている証拠文書として含まれており、政府のワクチン捏造物語政策と矛盾する反論意見を言っている人々、信頼できる科学者や医療専門家に対して、信用を傷つけたり沈黙させたりする中傷キャンペーンを企てていました。
「反対派の暗殺について話し合ったメール内容は、まだ公開されていません。メールに名前が挙げられたその2人がミステリアスな状況で亡くなっていた。彼らが犯した犯罪の幅と具体的証拠は法廷で明らかにされるだろう」と私たちの情報筋は述べた。ファウチがまだ逮捕されないでいる理由を尋ねられた彼は、「逮捕されるまでに、それほど長くかからないだろう」と述べた。翻訳文責ハルジャス】



『JAGが偽善者のフランシス・コリンズ博士の軍事法廷計画について明確に予定したことをRRNが公開した。来たる裁判の中でファウチとコリンズの犯した極悪犯罪の幅と具体的証拠は今後の法廷で明らかにされると予告したのだ。特に衆目の興味関心事となっている極悪ファウチ逮捕の行く末は、間を置かずもうすぐ確実に起こるだろうとJAG情報筋が予期と可能性を示唆している。偽善者コリンズはウソ泣きしてまで醜態を見せて、主犯はファウチなんだと他人に罪を着せようとした。しかし、閻魔様の極悪犯罪監視団JAG裁判がそのような軽々な妄言を重罪者に許す筈もなく、冷徹冷酷に証拠に基づき法によって正確無比に善悪判定し裁くことだろう。ファウチ裁判がDS悪党共に対する無数にあるカバール審判のフィナーレを飾るEBS放送に代わって終演になるのかもしれぬ。それは恐らくワクチン接種詐欺主犯に対する取って置きの世界公開裁判になるだろう。血迷った悪党DS親玉鬼畜シュワブの暗殺刺客らが周辺に出没しているらしい!不穏なヤバい世情になってきたためといった利己的理由で、昨年11月にシュワブの偽装したニセ逮捕情報まで出す警戒感であり、フェイクメディアから偽装を報道させていた。そこで捏造偽装工作を前置きで演出しておいて、今年1月に予定されていたダボス会議が半年後に延期された、ではなく、とうとう無期延期されたらしい(=シュワブの永久的追放)といった未確認の噂もあるようだ。ホワイトハット善軍が、ワザと最期にするため意図的に偽装流行させた最終的人工兵器変異株になる尾身黒株によって、早ければ今年中にはDSカバールのほぼ完全壊滅と同時に闇ワクチン接種詐欺コロナ・プランデミック捏造物語の行く末が、最終的に終息する見込みだと噂されている。終幕のエンディングは神仏による公正な審判(※六師外道によらぬ正しい)因果法則が下界に示される勧善懲悪の厳しい審判、および無辜の地球世界に住む善人たちのハッピーエンドが、きっと誰にとっても楽観的に想定される平和な劇の終わりになることだろう。ハルジャス』



【津波逃げて!】90%以上発生!南海トラフ巨大地震発生は90%以上起きる?(煽りすぎかな)
2022/01/16
/watch?v=V_BC0rDNIVc


※マイク・リンデルの会社口座凍結>DSがトランプ派に焦り。
中国が遂に他国に侵略??規模は手遅れ状態に??
2022/01/15
/watch?v=HdSbr5ilnnM



佐川チャンネル
2022/01/16
/watch?v=nlGXa6pZFI8


トランプ前大統領演説は日本時間1月16日11時ころ予定?[040116]
2022/01/16
/watch?v=EyLGuc1Kv2A
 

世界歴史大転換【932】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月15日(土)14時43分32秒
  [Enmity Grows Between Trump, Military Over Vaccine Advocacy]Real Raw News
By Mike Baxter[ -January 14, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/enmity-grows-between-trump-military-over-vaccine-advocacy/

An impassible chasm now separates Donald J. Trump from the high-ranking “White Hat” military commanders who not long ago pledged to support his war on the Deep State in hopes of restoring American prosperity to patriotic citizens. Although still pursuing, capturing, and incarcerating Deep State players, the military has reached a breaking point with Trump over his glowing endorsement for vaccinations and booster shots.
As reported previously, Trump last month irritated a MAGA crowd in Dallas when he urged supporters to get vaccines and boosters, saying he had been boosted and that Covid-19 vaccines had saved tens of millions of lives. He then butt-heads with conservative commentator Candace Owens, who challenged his position on vaccine safety and efficacy. Trump claimed without evidence that hospitals are overwhelmed with unvaccinated patients, and he alleged that persons who had received vaccines and boosters “do not get sick.” His amorous adulation for Operation Warp Speed and the vaccines earned him a telephone call from the man who was his key military ally, Marine Corps General David H. Berger. He asked the 45th president to dampen the vaccine rhetoric.
More recently, Trump’s ambivalence on who should get vaccinated and when has put MAGAs in a quandary, as they are uncertain where he stands.  In a Wednesday NPR interview, Trump hyped vaccinations:

“The vaccines, I recommend taking them. Many people recommend them. And I think that’s very important. Personally, I feel very comfortable having taken them. I’ve had absolutely no reverberation.” The next day he said he didn’t understand why anyone who has had and recovered from Covid-19, and presumably has antibodies, would get vaccinated.
His seesawing has now expanded the divide between him and the U.S. military.
“He’s sending mixed messages that damage his credibility. No one wants to impugn his character, but Trump must deliver a clear and consistent message. He’s either for vaccines and boosters, or against them. We have a right to know, and so does his base,” said Marine Corps Captain Thomas Wheeler, who serves under Gen. Berger.
A second influential military source, this one wishing to remain anonymous, ascribed Trump’s vaccine advocacy to his ego.
“Donald Trump has a lot of pride and doesn’t like to admit failure. He got tricked into launching Operation Warp Speed and rushing dangerous vaccines to market. Look, Trump has done a lot for this country, that’s not in question, but he ought to come out and say he was deceived and tell the truth about the thousands and thousands of people getting sick or dead from the vaccination. Omicron isn’t killing anyone, it’s the vaccines. And his reluctance to be forthcoming is damaging our mission and him too,” that source said.
Furthermore, RRN reached out to contacts at the U.S. Navy Judge Admiral General’s Corps.
“Many of the people we prosecuted were convicted, at least in part, because of their Covid crimes?Bill Gates, Andrew Cuomo, and Gavin Newsom come to mind. How can we in good conscience target them if Trump is promoting, even if he’s not in favor of mandates, the vaccines in the media. Saying he opposes mandates isn’t a strong enough statement. He’s either chosen this direction himself, or he’s getting bad advice, and it isn’t coming from us,” said Captain Nathan Brown of JAG’s Criminal Law Division.
Asked what stance JAG will take if Trump continues on course, Captain Brown said, “That’s ultimately not my decision. People higher than me in the chain of command are not pleased and want him to do an about-face. I can say this: Trump activated the Insurrection act, but he’s not Immune to it.”[end]


【[ワクチン擁護をめぐる軍隊の間でトランプへの敵意が高まる] Real Raw Newsより
マイク・バクスター著[-2022年1月14日]

https://realrawnews.com/2022/01/enmity-grows-between-trump-military-over-vaccine-advocacy/

ドナルド・J・トランプは、アメリカの繁栄を愛国的な国民によって達成することを期待していた。しかし、少し前に対ディープステート戦争を支援することを約束した高位「ホワイトハット」軍事司令官とドナルド・J・トランプとの間には、今や超えがたい溝が見られる。両者の間には修復不能な意見相違(スタンスの裂け目)が顕在化しているからだ。また、我々軍部はディープステートプレーヤーを追跡し、捕獲し、投獄しているが、軍はワクチン接種とブースターショットに対する彼トランプの熱烈な支持をめぐって、トランプと軍の意見相違が限界点に達した。
以前報告されたように、トランプは先月、彼がブースター注射を受けたことや、Covid-19ワクチンが数千万人の命を救ったのだと言って、トランプサポーターにワクチンとブースター接種をするように勧め促したとき、ダラスのラリーに集まった「MAGA群衆」を苛立たせた。その後、彼はワクチンの安全性と有効性に関する彼の立場に、面と向かって異議を唱えた保守的なコメンテーター、キャンディス・オーウェンズ女史の頭を悩ませました。トランプ氏は、病院がワクチン未接種の患者で一杯に溢れて圧倒されているという証拠なしに、ワクチンと追加免疫注射を受けた人は「病気にならない」と根拠なく主張したからでした。オペレーション・ワープ・スピード作戦やワクチンに対する彼の称賛について、主要な軍事同盟者リーダーである海兵隊の将軍、デビッド・H・バーガー将軍から問い合わせ(※詰問)の電話を受けました。彼は第45代大統領に対してワクチン推奨の文言レトリックを弱めるように礼儀よく頼んだのです。(※⇒No918 参照:(注記)トランプの発言部分は省略されていた )
最近では、誰がワクチン接種を受けるべきか、いつMAGA群衆を困惑させたのかについて、トランプの曖昧な言葉やスタンスがあるために、発言の意図が一体どこに立脚しているのかよくわからないためです。水曜日のNPRインタビューでも、トランプはワクチン接種を誇大に宣伝しました。
「私はそれらワクチン接種をお勧めします。多くの人がそれらをお勧めしています。そして、それは非常に重要なことだと思います。個人的には、とても気持ちよく打ちました。(接種後遺症の)残響などはまったくありません。」翌日、彼は、Covid-19に感染してから回復したので、おそらく抗体を持っている人が何故ワクチン接種を受けるのか理由がわからないとも述べました。
彼の二律背反している矛盾発言やスタンスが今や彼と米軍との間の意見の隔たりを拡大しているのである。
「彼は、信頼性を損なう矛盾かつ混合したメッセージを発信しています。誰も彼の資質を傷つけたくないが、トランプは明確で一貫したメッセージを伝えなければならない。彼はワクチンとブースターのどちらか、またはどちらにも反対していると言うべき。私たちには彼の真意を知る権利があり、彼の拠って立つスタンス基盤もそうあるべきです」と、バーガー将軍の下で仕える海兵隊のキャプテン、トーマス・ウィーラー氏は語った。
また2番目に影響力のある軍の情報源であり、匿名を希望する情報源は、トランプのワクチン擁護スタンスを彼自身のエゴに帰していた。
「ドナルド・トランプは多くのプライドを持っており、失敗を認めたくないエゴイストです。彼はDSに騙されてオペレーション・ワープスピード作戦計画を立ち上げ、危険なワクチンを急いで市場に出してしまいました。そう、トランプ大統領はこの国のためにたくさんの良いことをやってくれましたので、それ自体は何ら問題ではありません、しかし彼は人前に出て来て、彼が騙されたんだと正直に言ってほしい。ワクチン接種で何千人もの人々が病気になったり死んだりしている現実の実態について、真実を話すべきです。オミクロンは誰も殺していません、コロナ後遺症とはワクチン接種が原因なのです。そして、彼が人前にやって来たがらない根拠曖昧な姿勢は、私たち軍の使命と彼自身にも損害を与えています」とその匿名情報筋は述べていた。
さらに、RRNは、米軍海軍大将の将軍部隊連絡先に連絡を取ってみました。
「私たちが起訴した人々の多く容疑者達は、少なくとも部分的には、彼らのCovidによる犯罪のために有罪判決を受けました。ビル・ゲイツ、アンドリュー・クオモ、ギャビン・ニューサムらが思い浮かびます。トランプがメディアでワクチン義務化には賛成していないと発言したとしても、トランプ自身がワクチン接種を推奨宣伝している場合は、我々が良心的にどのようにして彼ら犯罪者らを裁判の標的にすることができるのか。トランプがワクチン接種強制命令に反対していると言うだけでは、けして十分に強力な声明にはなりません。彼は自分で何故こんな二律背反する方向を選んだか判らないが、きっと悪いアドバイスを受けており、それは私たちからの助言ではありません」とJAG刑法部門のキャプテン、ネイサン・ブラウン大尉は述べた。
ブラウン大尉は、トランプがこのような矛盾した姿勢で行く進路を継続した場合に、JAGがどのようなスタンスを取るのかを尋ねられ、「それは最終的な意思なので私の意思決定ではありません。ただ指揮系統の中で私よりも高位の人々はトランプの曖昧な言動を喜んでおらず、顔を突き合わせて両者が話し合うべきで、決着してもらいたいと思っています。私はこれだけは言えます:トランプは反乱法を活性化したが、しかし彼は反乱法に免疫がありません。」[終わり]翻訳文責※注記ハルジャス】



『トランプの所謂「失政問題」(=ワクチン接種推奨の公的発言問題)によって、軍とトランプの間でコミュニケーション不足による軋轢があり、課題山積になってしまい、意見が俄かに対立してきたようだ。トランプの真意はまだこの時点で深く隠されたままになっている。なぜ故毒入りワクチン接種の副作用がこんなに顕在化している今になっても、トランプ支持派の米軍関係者やトランプサポーター達に対して、殆どが嫌がる毒入りワクチン接種の推奨を推し進める発言を何故するのか、筆者も大いに疑問であった。トランプのエゴイズムであると匿名の大尉が述べて批判したが、恐らくその指摘も一理あるだろう。却って言い訳をしたら自慢のワープスピード作戦自体が台無しになり失敗したことになるからであろう。しかし、現実にワクチン接種後遺症や接種後の死者が数十万人以上になっている悲惨な有様になっている今現在、その接種推奨の主張を継続して言い張ることは現実問題としてそぐわない論拠のない通用しない無理な言い訳だろう。もし我々が知らない敢えて裏に隠されている5次元的理由があるなら、論理的にその背景をラリー等でちゃんと公言してほしいものだ。過ちを素直に認めて反省すべきは反省したほうが、本人のためにもベストな選択になるからである。例えばトランプバッシングを進めている胡散臭い異星人情報をワザと読み手に曲解させるよう根拠曖昧に小出しして、盲目的直感により無暗に発信している宇宙人オタクサイトにおいても、彼らは自分達のデマ誤報発信の不正直さをよく自分自身知っているにも拘わらず、不埒なデマ発信を承知の上の判断ミスによる似非情報ディスインフォメーション発信を頑なに続けて貫いており、引くに引けない余計な信仰宗教教祖の如き自惚れた過剰尊大プライドで、間違った自分の意見を引込めて反省したり、間違いが判明した後でも、けして自説は正しいと言い張って、改めない愚かなダメ輩が時々見られたり散見される。過ちを改めるに憚ることなかれ、とは古来からある正しい格言である。今更訂正するのは、面子がつぶれると勘違いして意固地になる虚飾の教祖プライドこそが、本人の信用を損ねる根本原因になるだろう。限界点に達してしまったトランプと軍部のスタンス対立と感情的軋轢が、もしこのまま両者の相違意見が解消されないならば、軍がトランプを担ぐ軍主導スタンスを恐らくはシフトさせる可能性もある。人気絶頂な流行スタータレントのトランプが、第19代アメリカ共和国の真正大統領として復帰を果たすためにも、此処は軍部には折れて手打ちしてある程度妥協すべき絶対的に引き返すことのできないターニング最終ポイントになると思える。ハルジャス』




アンドリュー王子が役職剥奪へ??ビックテックに召喚状が出た??北京五輪に携帯電話持ち込み禁止に??
2022/01/14
/watch?v=tPNed6YPYTk


ゼレンコ医師:このウイルスとワクチンの危機を引き起こした犯罪者とモンスターの背後にある動機 12/25/2021
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39871146?ref=series&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VyaWVzIiwiY29udGV4dCI6eyJzZXJpZXNJZCI6Mjg5MjQ0fX0


【緊急声明】長尾和宏 医師 PCRで騒動再燃させる事を国民は気付く時
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39846658


医師・内海聡氏、コロナワクチン3回目は絶対に打ってはいけない!世界に発信。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39832532


【第304回】過大評価と過小評価、中米の違い?
2022/01/14
/watch?v=nlJZoFAJdyo


01-15 また来た「スイスの銀行に蓄財」情報
2022/01/15
/watch?v=9rmMbAKhMVs


トランプ?前大統領の声明~1月15日~と?気になる書き込み[日本語朗読]040115
2022/01/15
/watch?v=ZdURE87JW28


チームトランプ最新情報 トランプさん情報
2022/01/14
/watch?v=eHMh1QkyhGE


チームトランプ最新情報 リンウッドさんの衝撃情報
2022/01/14
/watch?v=WnM1hOu8cuU


新疆綿をIOCが宣伝して米議会が激怒??真実の追求まで発展??中共スパイの金額が判明??
2022/01/15
/watch?v=vwotVZ2dev0


【不幸の科学に所属する芸能人】清水〇美加の出家した裏事情
2021/11/21
/watch?v=izXv-b1_VeE
 

世界歴史大転換【931】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月14日(金)14時39分33秒
  [COVID-19 vaccine surveillance report]UK Health Security Agency
(Week 42)

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1027511/Vaccine-surveillance-report-week-42.pdf

[Contents]
Summary................................................................................................3
Vaccine effectiveness.........................................................................................3
Population impact...................................................................................................3
Vaccine effectiveness ..............................................................................................................4
Effectiveness against symptomatic disease .............................................................................4
Effectiveness against hospitalisation......................................................................................5
Effectiveness against mortality .................................................................................................5
Effectiveness against infection .................................................................................................5
Effectiveness against transmission...........................................................................................6
.(ommited below)


[Summary]
Four coronavirus (COVID-19) vaccines have now been approved for use in the UK. Rigorous clinical trials have been undertaken to understand the immune response, safety profile and efficacy of these vaccines as part of the regulatory process. Ongoing monitoring of the vaccines as they are rolled out in the population is important to continually ensure that clinical and public health guidance on the vaccination programme is built upon the best available evidence.
UK Health Security Agency(UKHSA), formerly Public Health England (PHE), works closely with the Medicines and Healthcare Regulatory Agency (MHRA), NHS England, and other government, devolved administration and academic partners to monitor the COVID-19
vaccination programme. Details of the vaccine surveillance strategy are set on the page COVID-19: vaccine surveillance strategy (1).
As with all vaccines, the safety of COVID-19 vaccines is continuously being monitored by the MHRA. They conclude that overall, the benefits of COVID-19 vaccines outweigh any potential risks (2).
Vaccine effectiveness Several studies of vaccine effectiveness have been conducted in the UK which indicate that 2 doses of vaccine are between 65 and 95% effective at preventing symptomatic disease with COVID-19 with the Delta variant, with higher levels of protection against severe disease including hospitalisation and death. There is some evidence of waning of protection against infection and symptomatic disease over time, though protection against severe disease remains high in most groups at least 5 months after the second dose.Population impact The impact of the vaccination programme on the population is assessed by taking into account vaccine coverage, evidence on vaccine effectiveness and the latest COVID-19 disease surveillance indicators. Vaccine coverage tells us about the proportion of the population that have received 1 and 2 doses of COVID-19 vaccines. By 10 October 2021, the overall vaccine
uptake in England for dose 1 was 65.5% and 60.4% for dose 2.
In line with the programme rollout, coverage is highest in the oldest age groups.We present data on COVID-19 cases, hospitalisations and deaths by vaccination status.
Based on antibody testing of blood donors, 98.0% of the adult population now have antibodies to COVID-19 from either infection or vaccination compared to 18.7% that have antibodies from infection alone.
[COVID-19 vaccine surveillance report ? week 42]
[4 .Vaccine effectiveness]
Large clinical trials have been undertaken for each of the COVID-19 vaccines approved in the UK which found that they are highly efficacious at preventing symptomatic disease in the populations that were studied. The clinical trials have been designed to be able to assess the efficacy of the vaccine against laboratory confirmed symptomatic disease with a relatively short follow up period so that effective vaccines can be introduced as rapidly as possible.
[Vaccine effectiveness]
Large clinical trials have been undertaken for each of the COVID-19 vaccines approved in the UK which found that they are highly efficacious at preventing symptomatic disease in the populations that were studied. The clinical trials have been designed to be able to assess the efficacy of the vaccine against laboratory confirmed symptomatic disease with a relatively short follow up period so that effective vaccines can be introduced as rapidly as possible.
Nevertheless, understanding the effectiveness against different outcomes (such as severe disease and onwards transmission), effectiveness in different subgroups of the population and understanding the duration of protection are equally important in decision making around which vaccines should be implemented as the programme evolves, who they should be offered to and
whether booster doses are required.
Vaccine effectiveness is estimated by comparing rates of disease in vaccinated individuals to rates in unvaccinated individuals. Below we outline the latest real-world evidence on vaccine effectiveness from studies in UK populations. We focus on data related to the Delta variant which is currently dominant in the UK. The findings are also summarised in Table 1.
[Effectiveness against symptomatic disease]
Vaccine effectiveness against symptomatic COVID-19 has been assessed in England based on community testing data linked to vaccination data from the National Immunisation Management
System (NIMS), cohort studies such as the COVID Infection Survey and GP electronic health record data. After 2 doses, observed vaccine effectiveness against symptomatic disease with the Delta variant reaches approximately 65 to 70% with AstraZeneca Vaxzevria and 80 to 95% with Pfizer-BioNTech Comirnaty and Moderna Spikevax (3, 4) Vaccine effectiveness is generally slightly higher in younger compared to older age groups. With both Vaxzevria and Comirnaty, there is evidence of waning of protection over time, most notably among older adults. There is not yet enough follow-up with Spikevax to assess waning (3).
Data (based primarily on the Alpha variant) suggest that in most clinical risk groups, immune response to vaccination is maintained and high levels of VE are seen with both the Pfizer and AstraZeneca vaccines. Reduced antibody response and vaccine effectiveness were seen after one dose of vaccine among the immunosuppressed group, however, after a second dose the reduction in vaccine effectiveness is smaller (5).
Analyses by dosing interval suggest that immune response to vaccination and vaccine effectiveness against symptomatic disease improves with a longer (greater than 6 week interval) compared to a shorter interval of 3 to 4 weeks (6, 3)
[COVID-19 vaccine surveillance report ? week 42]
[5 Effectiveness against hospitalisation]
Several studies have estimated vaccine effectiveness against hospitalisation in older ages, all of which indicate higher levels of protection against hospitalisation with all vaccines against the
Alpha variant (7, 8, 9, 10). Effectiveness against hospitalisation of over 90% is also observed with the Delta variant with all 3 vaccines (3). In most groups there is relatively limited waning of protection against hospitalisation over a period of at least 5 months after the second dose.
Greater waning appears to occur among those in clinical risk groups (3).
[Effectiveness against mortality]
High levels of protection (over 90%) are also seen against mortality with all 3 vaccines and against both the Alpha and Delta variants (7, 11, 3). Relatively limited waning of protection against mortality is seen over a period of at least 5 months.
[Effectiveness against infection]
Although individuals may not develop symptoms of COVID-19 after vaccination, it is possible that they could still be infected with the virus and could transmit to others. Understanding how effective vaccines are at preventing infection is therefore important to predict the likely impact of the vaccination programme on the wider population. In order to estimate vaccine effectiveness against infection, repeat asymptomatic testing of a defined cohort of individuals is required.
Studies have now reported on vaccine effectiveness against infection in healthcare workers, care home residents and the general population (12, 13, 14, 15). With the delta variant, vaccine effectiveness against infection has been estimated at around 65% with Vaxzevria and 80% with Comirnaty (4).
[COVID-19 vaccine surveillance report ? week 42]
[6 Effectiveness against transmission]
As described above, several studies have provided evidence that vaccines are effective ...(ommited)
[Effectiveness against transmission]
As described above, several studies have provided evidence that vaccines are effective at preventing infection. Uninfected individuals cannot transmit; therefore, the vaccines are also effective at preventing transmission. There may be additional benefit, beyond that due to prevention of infection, if some of those individuals who become infected despite vaccination are also at a reduced risk of transmitting (for example, because of reduced duration or level of
viral shedding). A household transmission study in England found that household contacts of cases vaccinated with a single dose had approximately 35 to 50% reduced risk of becoming a
confirmed case of COVID-19. This study used routine testing data so would only include household contacts that developed symptoms and went on to request a test via pillar 2.
It cannot exclude asymptomatic secondary cases or mildly symptomatic cases who chose not to request a COVID-19 test (16). Data from Scotland has also shown that household contacts of
vaccinated healthcare workers are at reduced risk of becoming a case, which is in line with the studies on infection (17). Both of these studies relate to a period when the Alpha variant dominated. An analysis from the ONS Community Infection Survey found that contacts of vaccinated index cases had around 65 to 80% reduced odds of testing positive with the Alpha variant and 35 to 65% reduced odds of testing positive with the Delta variant compare to
contacts of unvaccinated index cases (18).
[COVID-19 vaccine surveillance report ? week 42]
7 A summary of vaccine effectiveness evidence can be seen in Table 1.Table 1. Summary of evidence on vaccine effectiveness against different outcomes Delta Outcome Vaccine effectiveness*
.(ommited below)



【[COVID-19ワクチン監視レポート]英国健康安全保障局
(42週目)

https://assets.publishing.service.gov.uk/government/uploads/system/uploads/attachment_data/file/1027511/Vaccine-surveillance-report-week-42.pdf

[コンテンツ]
概要................................................. ............................................... 3
ワクチンの有効性................................................ .............................3
集団への影響................................................ ......................................3
ワクチンの有効性................................................ ..............................4
症候性疾患に対する有効性............................................................... 4
入院に対する有効性............................................................ 5
死亡率に対する有効性............................................................ 5
感染に対する有効性.....................................................................5
感染に対する有効性.................................................................... 6
。(以下省略)


[概要]
現在、4つのコロナウイルス(COVID-19)ワクチンが英国での使用が承認されています。規制プロセスの一環として、これらのワクチンの免疫応答、安全性プロファイル、および有効性を理解するために、厳格な臨床試験が実施されています。ワクチンが集団で展開されている間、ワクチンの継続的な監視は、ワクチン接種プログラムに関する臨床および公衆衛生のガイダンスが利用可能な最良の証拠に基づいて構築されていることを継続的に保証するために重要です。
UK Health Security Agency(UKHSA)(旧Public Health England(PHE))は、Medicines and Healthcare Regulatory Agency(MHRA)、NHS England、およびその他の政府、政府機関、学術パートナーと緊密に連携してCOVID-19を監視しています。
予防接種プログラム。ワクチン監視戦略の詳細は、COVID-19:ワクチン監視戦略(1)のページに記載されています。
すべてのワクチンと同様に、COVID-19ワクチンの安全性はMHRAによって継続的に監視されています。彼らは、全体として、COVID-19ワクチンの利点は潜在的なリスクを上回っていると結論付けています(2)。
ワクチンの有効性ワクチンの有効性に関するいくつかの研究が英国で実施されており、2回のワクチン投与がデルタ変異体を伴うCOVID-19による症候性疾患の予防に65~95%有効であり、入院を含む重篤な疾患に対するより高いレベルの防御を示しています。と死。重度の疾患に対する防御は、2回目の投与後少なくとも5か月でほとんどのグループで高いままですが、感染および症候性疾患に対する防御が時間の経過とともに衰えるといういくつかの証拠があります。集団への影響ワクチン接種プログラムの集団への影響は、ワクチンの適用範囲、ワクチンの有効性に関する証拠、および最新のCOVID-19疾患監視指標を考慮に入れます。ワクチン接種率は、COVID-19ワクチンを1回および2回接種した人口の割合を示しています。 2021年10月10日までにワクチン全体の英国での1回目の摂取量は65.5%、2回目は60.4%でした。
プログラムの展開に沿って、カバレッジは最も古い年齢層で最も高くなります。COVID-19の症例、入院、およびワクチン接種状況別の死亡に関するデータを提示します。
献血者の抗体検査に基づくと、成人人口の98.0%が感染またはワクチン接種のいずれかからのCOVID-19に対する抗体を持っているのに対し、感染のみからの抗体を持っているのは18.7%です。
[COVID-19ワクチン監視レポート?42週目]
[4.ワクチンの有効性]
英国で承認されたCOVID-19ワクチンのそれぞれについて大規模な臨床試験が行われ、研究された集団の症候性疾患の予防に非常に効果的であることがわかりました。臨床試験は、効果的なワクチンを可能な限り迅速に導入できるように、比較的短いフォローアップ期間で検査室で確認された症候性疾患に対するワクチンの有効性を評価できるように設計されています。
【ワクチン有効性】
英国で承認されたCOVID-19ワクチンのそれぞれについて大規模な臨床試験が行われ、研究された集団の症候性疾患の予防に非常に効果的であることがわかりました。臨床試験は、効果的なワクチンを可能な限り迅速に導入できるように、比較的短いフォローアップ期間で検査室で確認された症候性疾患に対するワクチンの有効性を評価できるように設計されています。
それにもかかわらず、さまざまな結果(重度の病気やその後の感染など)に対する有効性を理解し、母集団のさまざまなサブグループでの有効性を理解し、保護期間を理解することは、プログラムの進展に応じてどのワクチンを実施すべきかを決定する上で等しく重要です。に提供されるべきであり、
ブースター用量が必要かどうか。
ワクチンの有効性は、ワクチン接種を受けた個人の病気の割合をワクチン接種を受けていない個人の割合と比較することによって推定されます。以下に、英国の集団での研究から得られたワクチン有効性に関する最新の実世界の証拠の概要を示します。現在英国で優勢なデルタバリアントに関連するデータに焦点を当てています。調査結果は表1にもまとめられています。
【症候性疾患に対する有効性】
症候性COVID-19に対するワクチンの有効性は、National ImmunizationManagementのワクチン接種データにリンクされたコミュニティ・テストデータに基づいて英国で評価されています。
システム(NIMS)、COVID感染調査やGP電子健康記録データなどのコホート研究で 2回の投与後、Deltaバリアントで観察された症候性疾患に対するワクチンの有効性は、AstraZeneca Vaxzevriaで約65~70%、Pfizer-BioNTechComirnatyおよびModernaSpikevaxで80~95%に達します(3、4)。高齢者向けの VaxzevriaとComirnatyの両方で、特に高齢者の間で、時間の経過とともに保護が弱まっているという証拠があります。衰退を評価するためのSpikevaxによる十分なフォローアップはまだありません(3)。
データ(主にアルファ・バリアントに基づく)は、ほとんどの臨床リスクグループで、ワクチン接種に対する免疫応答が維持され、ファイザーワクチンとアストラゼネカワクチンの両方で高レベルのVEが見られることを示唆しています。免疫抑制群では、1回のワクチン投与後に抗体反応とワクチン有効性の低下が見られましたが、2回目の投与後のワクチン有効性の低下はわずかです(5)。
投薬間隔による分析は、ワクチン接種に対する免疫応答および症候性疾患に対するワクチン有効性が、3~4週間のより短い間隔と比較してより長い(6週間間隔より長い)で改善することを示唆している(6、3)
[COVID-19ワクチン監視レポート?42週目]
[入院に対する5つの有効性]
いくつかの研究は、高齢者の入院に対するワクチンの有効性を推定しており、そのすべてが、すべてのワクチンに対する入院に対するより高いレベルの防御を示しています。
アルファバリアント(7、8、9、10)。 90%以上の入院に対する有効性は、3つのワクチンすべてを含むデルタ変異体でも観察されます(3)。ほとんどのグループでは、2回目の投与後少なくとも5か月間、入院に対する保護の衰退は比較的限られています。
臨床的リスクグループの人々の間では、より大きな衰退が起こっているようです(3)。
【死亡に対する有効性】
3つのワクチンすべての死亡率、およびアルファとデルタの両方の変異体に対しても、高レベルの防御(90%以上)が見られます(7、11、3)。死亡率に対する保護の比較的限られた衰退は、少なくとも5か月の期間にわたって見られます。
【感染に対する有効性】
個人はワクチン接種後にCOVID-19の症状を発症しないかもしれませんが、それでもウイルスに感染し、他の人に感染する可能性があります。したがって、ワクチンが感染を予防するのにどれほど効果的であるかを理解することは、より広い人口に対するワクチン接種プログラムの予想される影響を予測するために重要です。感染に対するワクチンの有効性を推定するために、定義された個人のコホートの無症候性検査を繰り返す必要があります。
現在、医療従事者、介護施設の居住者、および一般の人々の感染に対するワクチンの有効性に関する研究が報告されています(12、13、14、15)。デルタバリアントでは、感染に対するワクチンの有効性は、Vaxzevriaで約65%、Comirnatyで80%と推定されています。
[COVID-19ワクチン監視レポート?42週目]
[6.感染に対する有効性]
上記のように、いくつかの研究はワクチンが効果的であるという証拠を提供しました。(中略)
【感染に対する有効性】
上記のように、いくつかの研究は、ワクチンが感染を防ぐのに効果的であるという証拠を提供しました。感染していない人は感染させることができません。したがって、ワクチンは感染の予防にも効果的です。ワクチン接種にもかかわらず感染した個人の一部が感染のリスクも低下している場合(たとえば、期間やレベルが低下しているため)、感染の予防によるもの以外にも、ウイルス排出追加の利点がある可能性があります。
英国での家庭内感染研究では、単回ワクチン接種を受けた症例の家庭内接触により、COVID-19の確認された症例。この研究では定期検査データを使用したため、症状を発症し、柱2を介して検査を要求した世帯の連絡先のみが含まれます。
COVID-19検査を要求しないことを選択した無症候性の二次症例または軽度の症候性症例を除外することはできません(16)。スコットランドからのデータはまた、ワクチン接種を受けた医療従事者は、感染に関する研究と一致して、症例になるリスクが低くなっています(17)。これらの研究は両方とも、アルファバリアントが優勢だった時期に関連しています。 ONS Community Infection Surveyの分析によると、ワクチン接種されたインデックスケースの連絡先では、Alphaバリアントで陽性となる可能性が約65~80%減少し、Deltaバリアントで陽性となる可能性が35~65%低下しました。
ワクチン未接種の発端者の連絡先(18)。
[COVID-19ワクチン監視レポート?42週目]
7ワクチン有効性のエビデンスの要約を表1に示します。表1.さまざまな結果に対するワクチン有効性に関するエビデンスの要約DeltaOutcomeワクチン有効性*
。(以下省略)】



『この[COVID-19ワクチン監視レポート](英国健康安全保障局)を読むと、ほぼDSサイドに立って欺瞞と虚偽に満ちていることが判る。ただ「英国政府は、ワクチンが二重接種を受けた人の自然免疫系を損傷し、一度ブースター二重接種を受けると、コヴィド19の亜種や他のウイルスに対する完全な自然免疫を二度と獲得することができないことを認めている。」(GCRを介して復元された共和国より:2022年1月13日付)よりの緩い指摘があったで、あるいはそうかもしれないと糠喜びし翻訳してみたが、やっぱり欺瞞とウソだらけだったのが残念だった。下記のニュースで、国内の上昌弘医師によると、尾身黒株の誇張マス塵プロパガンダによって、そうとは無難に断言していないが似非ポンコツPCR検査による過大な感染数集計詐欺に多分気づいた模様↓である。ただ、尾身黒株がインフルエンザ並みの強い感染力があるものの、致死的毒性はかなり低く、感染者数とされている公式発表には偽陽性および季節性のインフルエンザが恐らく殆ど90%以上含まれているのではないかと勘で見抜いたようである。ポンコツPCR検査ではコロナ検査の厳密さと正確性が極めて低く偽陽性が最大95%確率で出る事実を知ったらしいと、最近やっと検査偽装を指摘して公式発表した米国疾病対策予防センターCDC(※日本の厚労省に当たる愚かな国家機関)は、PCR検査が偽陽性を無限に発生させ、かなり多数の間違い偽陽性(or欺瞞陽性)感染者を出してしまう代物であって、厳密なCovid検査が全くできないポンコツ検査機器セットである事実(※確信犯詐欺)をとうとう暗に認めたようだ。それにも拘わらず、日本にある御立派な視聴料の墓ったくり公共放送犬HKは、DSコビット本尊のWHOによるコロナ検査専用の騙すPCR機という打ち出の小槌信仰をいまだに温存継続させており、いまだに邪な悪を承知の上で確信犯的な統計詐欺犯罪を繰り返して止まないようだ。ダダ漏れ汚水の如く止むことがない虚偽虚構の権威である悪党日本人医師会と金塗れ木っ端厚顔省無恥役人の非国民詐欺行為とは、犬HKのみしかTVを見ない忠実な大人しい羊の大衆(シープル)なのをよいことに、無辜の大衆に対して死に至る邪悪な洗脳を促進しているのである。よって似非TV医師のプロパガンダ洗脳という悪徳かつ残酷な行為によって奴らの虚妄な虚言に追随して騙される愚かな大衆も、毒入りワクチン盲目信仰で自ら憤死してしまう結果になるのを自由に選択しているのだ。この詐欺行為に例え消極的にでも関与した迂闊な輩は、沈黙の戦争終戦後に恐らく世界各地で開催されるであろうニュルンベルク裁判3.0で、当然厳しく閻魔様に裁かれる極悪犯罪者となることだろう。猛毒入り偽薬品詐欺だと少しでも勘で気づいた真っ当なSheepleの人々は、元に戻れないノーリターン・ポイントから、さっさと覚醒して引き返すことができるチャンスがまだあるにも拘わらず、まるでフレミングという北欧ネズミの大群と同様に、辺境に突き出している高い岸壁に向かって、将に集団死せんと盲目的に突っ走っている戦前日本の勇ましい特攻隊の集団死のような国家転覆的な愚かさである。ハルジャス』



「オミクロン株の危険性」ばかり強調するマスコミを疑え。上昌広医師が緊急提言
国内2022.01.14
https://www.mag2.com/p/news/524607/2


※チャリー・ワードショー&サイモン・パークス氏January 10th, 2022.
WILL THERE BE AN ALIEN FALSE FLAG? 10 DAYS OF DARKENSS WITH SIMON PARKES, MEL K & CHARLIE WARD
https://www.bitchute.com/video/IZWS5D45Vfw1/


※ワクチン内部通報者とチャリー・ワード
GEORGE FUTURE, LOOKING GLASS, GLOBAL FINANCIAL RESET WITH TOM NUMBERS, RACHAEL & CHARLIE WARD
https://www.bitchute.com/video/tw4Rm72s5RmS/
 

世界歴史大転換【930】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月13日(木)14時47分25秒
  [SCJ Sotomayor Unvaccinated]Real Raw News
By Mike Baxter [-January 12, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/scj-sotomayor-unvaccinated/

As most know, the Supreme Court is currently entertaining arguments as to whether the criminal Biden Administration’s Covid-19 vaccination mandates are lawful and constitutional. Conservative Justices have either withheld an opinion or said that both Section 564 of the Food, Drug, and Cosmetic Act and the Constitution of the United States prohibit a government body from compelling a citizen to undergo medical treatment. Covid-19 vaccinations are analogous to medical care, SCJ Brett Kavanaugh has said. On the other hand, the Court’s liberal quartet has preached the opposite, saying that the Biden administration has a duty and responsibility to protect American lives through vigorously enforced mandates.
The most vociferous proponent of mandates is Sonia Sotomayor, an Obama appointee who last week falsely claimed that 100,000 American children are currently hospitalized with Covid-19. Her claim was so outrageously specious that even her MSM and CDC allies were quick to refute it.
But it is not the first time Sotomayor misused her platform. Whereas a SCJ’s function is to unbiasedly interpret the law, Sotomayor often subverts it by infusing a noxious mixture of opinion and attitude into her judicial rulings. Prior to receiving ethics complaints, she promoted social justice reform and medical mandates on her now vacuous Twitter account.
Worse, she’s the worst kind of hypocrite.
Unlike her colleagues, Sotomayor, who has said she’s been vaccinated and boosted, is not hearing arguments in the courtroom. Rather, she cowers in her office and, double masked, broadcasts her pudgy face over ZOOM into the courtroom. She has said she does this for fear of catching Covid.
The truth, at least according to former law clerks and unpaid interns of Sotomayor’s, is that Sotomayor is unvaccinated and could justifiably be called an anti-vaxxer.
Penny Sampson is a 24-year-old law student who was accepted into the Supreme Court internship program in Spring of 2021, just before it began a moratorium due to the Plandemic. Her responsibilities at the Office of the Clerk included responding to case-related inquiries from attorneys and litigants, both in-person and on the telephone, and assisting the full-time Clerk’s Office employees with a wide variety of tasks, including the processing and maintenance of Court filings and records. The internship also put her in sporadic contact with Sotomayor.
In the Spring of 2021, as millions of gullible citizens stormed vaccination sites, clamoring for clot shots, Ms. Sampson found herself in a curious situation.
“I asked permission to leave the offices early on a Wednesday, so I could get vaccinated, and since I have, well, underlying health issues, I qualified for Phase I distribution. Anyway, I bumped into Justice Sotomayor on my way out. We had two personal conversations before, so I told her I was on my way to get vaccinated. That’s when she gave me a funny look and said something I never would have expected,” Ms. Sampson told Real Raw News.
Sotomayor, she said, cautioned her against getting vaccinated.
“I can’t quote what she said verbatim because we’re talking 18 months ago. The gist of it was that I was young and thin and probably wouldn’t get sick and not need a vaccination. I very politely asked if she’s been vaccinated, and it was my understanding all the Justices were, but she answered aloofly, saying something like I shouldn’t make health decisions based on what someone else does. I told her I had diabetes?it’s an untruth that all people with diabetes are overweight?and she told me I still shouldn’t get vaccinated. She said she was looking out for me, and we parted ways. I had an intuitive feeling she wasn’t vaccinated, and for whatever reason, didn’t want me to get vaccinated, even though I later did,” Ms. Sampson went on.
Intuition and speculation, of course, prove nothing, and we included Ms. Sampson’s story only because it supports the contention of a law clerk whose testimony supplies a more concrete view of Sotomayor’s stance on vaccinations.
Between 2020-2021, Mark Cull, an alias, was one of eight law clerks that had worked under Sotomayor during that period. He asked to remain anonymous fearing that speaking openly might derail potential employment opportunities.
In February 2021, Mr. Cull overheard a telephone conversation between Sotomayor and the Evil One, Barack Hussein Obama. Although Mr. Cull did not hear Obama’s voice, he is certain it was him because Sotomayor kept addressing the caller as “Mr. President” and at the conclusion of the call said, “Give my best to Michelle.”
“Justice Sotomayor was on the phone 20 minutes or so. At one point, she got silent a moment, then said ‘Yes, I’ve been warned already. I’m not taking the vaccine, and neither is my family, and, yes, I’ll be extremely judicious who I advise.’ I was at my desk in the vestibule outside her office, and she probably paid me no mind because I’d had earbuds in my ears with the music off. It was clear to me that something had to be wrong with the vaccine. That’s why I’m still unvaccinated,” Mr. Cull said.
In closing, it’s painfully apparent that Sotomayor, like most devious Democrats, has a public and private face. On one side, she’s advocating that every American citizen get vaccinated; on the other, she’s not only avoiding getting vaccinated herself but also advising her colleagues and family to follow her lead.[end]


【[SCJソトマヨール判事はワクチン未接種だった] Real Raw Newsより
マイク・バクスター著[-2022年1月12日]

https://realrawnews.com/2022/01/scj-sotomayor-unvaccinated/

最もよく知られているように最高裁判所は現在、バイデン政権のCovid-19ワクチン接種義務が合法かつ合憲であるかどうかについてエンターテインメントぽい議論を展開しています。保守的な裁判官は、意見を差し控えるか、あるいは食品医薬品法第564条と米国憲法の両方が、政府機関から市民にワクチン接種を受けることを強制していることを禁じていると述べました。 Covid-19ワクチン接種は医療行為に類似しているとSCJ(Supreme Court Justice=最高裁判事)保守派ブレット・カバノー氏は述べています。一方、裁判所のリベラルな最高裁判事4名は反対の意見を説いており、バイデン政権が強制執行した違法な命令を通じてアメリカ人の生命を保護する義務と責任があると述べた。
接種義務の最も声高な支持者は、オバマによる任命者である最高裁判事(SCJ)ソニア・ソトマイヨール女史です。彼女は先週、10万人のアメリカ人の子供たちが現在Covid-19で入院しているとウソで偽りの主張をした。彼女の主張はとてつもなく疑わしいものだったので、主要メディア(MSM)と疾病対策予防センター(CDC)の同盟国でさえ、すぐにこの主張について論駁したのだった。
しかし、ソトマヨールが自分のMSMプラットフォームを悪用したのはこれが初めてではありません。 SCJの機能は国内法を公平に解釈することですが、ソトマヨールはしばしば、彼女の司法判決に独り善がりの意見と悪態をつく態度という有害な混合物を注入することによって法による公正な判決を覆してきています。倫理感に関する苦情を受ける前に、彼女は現在空虚なTwitterアカウントで社会正義の改革と医療の義務化という建前の主張を推進しています。
さらに悪いことに、彼女の正体は最悪の類の偽善者であった。
彼女の同僚判事とは異なり、ワクチン接種を受けるよう後押しをされたと言っていたソトマヨールは、法廷で他者の弁論を聞いていません。むしろ、彼女は自分のオフィスで身をかがめ、二重に隠蔽のマスクをして、彼女のずんぐりした顔をZOOMを介して法廷において放送しています。彼女は、コビッドに罹患することを恐れてそうしていると言いました。
しかし真実は、少なくともソトマヨールの元法務官や無給のインターンによれば、ソトマヨールはワクチン接種を全く受けておらず、当然のことながら反ワクチン主義者(アンチ・バクサー)と呼ぶべきだということです。
ペニー・サンプソンさんは、計画的パンデミック(プランデミック)のためにモラトリアムが始まる直前の2021年春に最高裁判所のインターンシップ・プログラムに受け入れられた24歳の法学部の学生です。彼女の職責には、弁護士や訴訟当事者からの直接対応および電話での事件関連の問い合わせへの対応、裁判所の提出書類および記録など事務処理や保守を含むさまざまなタスクで法務事務員や常勤職員を支援することが含まれていました。インターンシップではまた、時折ソトマヨールと散発的に接触していました。
2021年の春、何百万人もの騙されやすい羊市民が焦ってワクチン接種場所を襲いかかったように、無暗に血栓になるショットを求めていたので、サンプソンさんは奇妙な立場に陥りました。
「水曜日の早い時間にオフィスを離れる許可を求めたので、私はワクチン接種を受けることができました。また、根本的な健康上の問題があるため、フェーズIの配布の資格を得ました。とにかく、私は帰りがけにソトマヨール判事に偶々出会って鉢合わせしたのでした。以前2回の個人的な会話があったので、ワクチン接種を受けに行く途中だと、そのとき彼女に話しました。その折に、彼女は私に奇妙で怪訝な顔をして、予想もしなかった話を言ったのです」と、サンプソンさんはReal RawNewsに語った。
ソトマヨール氏は、なんとワクチン接種を受けないように警告したと、彼女は言った。
「18か月前に話している会話なので、彼女が言ったことを逐一引用することはできません。会話の要点は、私は若くて痩せていて、おそらく病気にならず、ワクチン接種も必要ないということのようでした。私は彼女にワクチン接種を受けておられるかどうかを非常に丁重に尋ねてみました。すべての判事がワクチン接種していることが当時私の理解でしたが、彼女は「他の誰かの取る行動に基づいて健康上の決定を下すべきではない」と、淡々とよそよそしく答えました。私は今糖尿病にかかっていると彼女に言うと?「糖尿病にかかったすべての人が太り過ぎであるというのは真実ではありません」とも言っていました。?そして彼女は「まだワクチン接種を受けるべきではない」と私にハッキリ言いました。彼女は接種には用心するようにと述べていた。そして私たちは行く道が分かれたのです。ソトマヨール氏はワクチン接種を受けていないのだなと直感的に感じた。どんな理由でも、これから後もしワクチン接種を受ける機会があったとしても、もう私はワクチン接種を受けたくありません」とサンプソン氏は続けて語りました。
もちろん、直感と推測では何も証明できません。サンプソンさんの体験談は、ソトマヨールの予防接種に対する姿勢をより具体的に示す貴重な証言をしてくれていた。その証言がソトマヨールの公の言動とは違った本音スタンスを示しているというものでした。
2020年から2021年の間に、匿名のマーク・カルさんは、ソトマヨールの下で働いていた8人の法務官の1人でした。彼は、公然と情報を公開することが潜在的な雇用機会を損なう可能性があることを恐れて、匿名のままで話すことを求めた。
2021年2月、カル氏はソトマヨールと邪悪な元大統領、バラク・フセイン・オバマとの間の電話会話を耳にしました。カル氏はオバマ氏の声が聞こえていませんでしたが、ソトマヨールが相手に「ミスター大統領」と話しており、また電話の終わりに「ミシェル夫人に最善を尽くてあげなさい」と言っていたので電話相手に気づいたという。
「ソトマヨール判事は20分ほど電話に出ていました。 ある時、彼女は一瞬沈黙し、「はい、私はそれを打たないでと警告されました」と言っていました。 「ワクチン接種しておらず、家族もそうさせていません。そうです、私がアドバイスされることには非常に賢明です。」とも。私は彼女のオフィスの外の前庭にあった私の机に座っていました。 音楽をオフにした状態で、耳にはイヤフォンがあり聞き耳を立てていました。 ワクチン接種について何か問題にしなければならない事情があると察したので私には明らかでした。 それ故私はまだワクチン接種を受けていません」とカル氏は言いました。
最後に、ソトマヨールは、最も邪悪な悪党の民主党員のように、公的な建前の顔と、および私的な裏の顔をしているのは痛々しいほど明白です。 一方では、彼女はすべてのアメリカ市民がワクチン接種を受けるべきだと偽善提唱しています。 一方、彼女は自分ではワクチン接種を避けているだけでなく、同僚や家族にも自分の言葉に従うようアドバイスしているのです。[終了]翻訳文責ハルジャス】



『最高裁判事ソトマヨール女史は、最も邪悪な悪党の糞極左民主党員のように、公的な建前の顔と私的な裏の顔の仮面を被っている実態が、彼女の側近の法務官やインターンらの証言で明らかになった。このような現役のすべての米国の木っ端役人偽善者らの多くは、殆ど二律背反の違法な義務を強制されており、よくよく困り果てているようだ。日本においては承知の上で平気な毒ワクチンまがい薬品(ワクチンという名を偽装している猛毒薬品)を推し進めている厚顔省木っ端役人や似非TV解説ニセ医師らも、同様にご立派な最悪偽善者のダブルスタンダードを腹に隠し持っている。直前に居た演技の下手糞な元総理大臣も、三文演技が極端に不誠実であり、本音を隠し切れぬままいやいや退陣させられた。表の顔では反対側の意図すら裏の本音を感じさせるヘボな建て前主義の三文役者だった。現役の首相もDSビッグファーマの言いなり奴隷で、既に大半の日本人も気がついて予防服用している特効薬イベルメクチンではなく、悪徳製薬会社メルクの毒を「盛らぬピラビル」を臨床試験ほぼ無くあっさり認可させた背徳政治家という偽善者の正体がバレてしまった。きれいごとを騙る政治家の辿り着く先の運命はいつも決まっている。ウソでもイイから、誰かmRNA猛毒入りワクチン接種は絶対にダメと断言してほしい。特に属国日本から完全に脱皮した、ほんまもんの真っ当な政治家の誕生をこれからは期待したいものである。ハルジャス』





【第303回】習近平の焦り!カザフスタンの情勢は習近平の一帯一路計画を葬り去る?
2022/01/12
/watch?v=ayLxD5Tmc48


チームトランプ最新情報 クレメンツ教授情報 マイケル・フリンとジョセフ・フリン
2022/01/10
/watch?v=MZ-Jw_xqU2o


※いかがわしさ満点の新興宗教の実態とは?
【不幸の科学】教祖の家に生まれた長男が新興宗教のヤバさをYTで激白
2021/11/13
/watch?v=6oSb8If-yvs

 

世界歴史大転換【929】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月12日(水)12時07分27秒
  [CDC Whistleblower: “Vaccines Never Meant to Stop Covid-19”]Real Raw News
By Mike Baxter -January 11, 2022

https://realrawnews.com/2022/01/cdc-whistleblower-vaccines-never-meant-to-stop-covid-19/

“The current Covid-19 vaccinations are no more effective at preventing Covid than Robitussin is a preventing a person from catching the common cold,” were the words spoken to Real Raw News by a former CDC research scientist who in October was fired for questioning agency protocol.
The source, who we’ll call Larry to protect his anonymity, had worked for the Deep State-funded agency for 12 years and was responsible for curating vaccine trial reports that Pfizer, Moderna, and Johnson & Johnson had sent the CDC for analysis and record keeping.
It was clear from the start, he said, that the CDC’s intent was to bury or misrepresent adverse reaction reports while pressuring Trump’s Covid-19 Task Force into believing that clinical trial results, which Big Pharma falsified, showed >95% efficacy at preventing a person from contracting the China virus. Big Pharma collectively injected the clot shot into the arms of 50,000 clinical trial participants; another 47,000 received placebos. Two percent?an alarming number?of the 50,000 developed severe adverse reactions to include myocarditis and pericarditis within 21 days of having received either their first or second jab.
Moreover, 85% of trial participants who got the medication and were intentionally exposed to Sars-Cov2 tested positive for Covid-19 within 4-14 days of having been exposed to the virus. In short, the vaccinations seemed to protect only 15% of recipients.
“The level of deception is shocking. But fact is, we can’t even trust the 15% figure, because with every disease, a segment of the population will have an inherent or natural immunity. We’ve seen this with Smallpox, Polio, and even Ebola. Some people have a biological resistance. It’s entirely possible that 5%, 10%, or even the 15% are immune to Sars-Cov2. It’s important to note that Big Pharma, the CDC, and the NIH pretty much operate as a single entity. They’re all in this together. So, when the CDC got the trial statistics, they had to muddy them. What sane person would risk taking a vaccine that causes sickness and maybe a 15% chance of protecting against an illness with less than a 1% mortality rate,” Larry said.
“The CDC knew early on, from the outbreak in Italy, that Covid-19 did not seriously sicken people who are generally healthy. It just didn’t happen. Some displayed symptoms of influenza or bronchitis, but it was brief and not life-threatening,” Larry added.
Prior to the genesis of Trump’s ill-conceived Operation Warp Speed, members of the CDC, NIH, FDA, and Big Pharma routinely held clandestine meetings to discuss ways of deceiving a potentially wary public to accept a fictitious narrative?get vaccinated or die?devised before vaccine trials had been completed.
He recalled seeing an internal CDC memo dated May 5, 2020. It claimed Phase-3 clinical trials of Moderna’s mRNA-1273 Covid-19 vaccine had irrefutably proven that the product was ~93.7% effective. Our source noted, however, that Moderna hadn’t begun Phase-3 trials until July 27,2020, and which it completed in October of that year. Therefore, the CDC and/or Big Pharma had arbitrarily fabricated the drug’s effectiveness long before clinical trials were finished.
“I believe the memo was widely circulated by mistake, cause it vanished from CDC servers the next day. It’s my opinion that there’s been a collaborative effort to pump that poison into as many people as possible regardless of how effective it is. Right now, the majority of people hospitalized have had one, two, or three shots. There are more vaccinated than unvaccinated in the hospitals. That is telling. The vaccines were never meant to stop Covid-19,” Larry said.[end]


【CDC内部告発者:「ワクチンはCovid-19治療効果を意味していない」Real Raw Newsより
マイク・バクスター著-(2022年1月11日)

https://realrawnews.com/2022/01/cdc-whistleblower-vaccines-never-meant-to-stop-covid-19/

「現在のCovid-19ワクチン接種は、Robitussin(ロビタシン◇市販の咳止め薬[シロップ])が人が風邪を防ぐのと同じように、Covid予防に効果的ではない」と、10月に尋問機関プロトコルのために解雇された匿名の元CDC研究科学者がReal RawNewsに語った言葉である。
匿名性を保護するために「ラリー」と呼ばれるその情報源は、ディープステートが資金提供する機関で12年間働いており、ファイザー、モデルナ、ジョンソン&ジョンソンが記録の保存と分析のためにCDCに送ったワクチン試験報告書の管理と選別を担当していました。
CDCの意図は、トランプのCovid-19タスクフォース作戦に関与し、大手製薬会社(Big Pharma)がチャイナウイルスに感染した人の臨床試験の結果を偽造することでした。ビッグファーマは、5万人の臨床試験参加者の腕に打つと血栓になる注射ショットをまとめて注入しました。ただし47,000人がプラセボ偽薬を受け取りました。 50,000人の2%(驚くべき数)は、案の定最初または2回目のワクチン注射を受けてから21日以内に心筋炎と心膜炎を含む重篤な副作用を発症しました。
さらに、この未承認薬を服用し、意図的にSars-Cov2に感染させて曝露された試験参加者の85%は、ウイルスに感染曝露されてから4~14日以内にCovid-19の陽性(※疑似陽性)反応を示しました。要するに、ワクチン接種ではワクチン接種者(患者レシピエント)の15%しか保護していない模様でした。
「欺瞞の偽装レベルは取り分け衝撃的です。しかし、実際には、その15%の数字を信頼することすらできません。なぜなら、すべての病気において、大衆の一部が先天的免疫または自然免疫を持っているからです。これは、天然痘、ポリオ、さらにはエボラ出血熱のケースでもよく見られます。一部の人々は生物学的耐性を持っているのです。 5%、10%、さらには15%がSars-Cov2の影響を受けない可能性は十分にあります。 Big Pharma、CDC、およびNIHは、ほとんど単一の組織実態(エンティティ)として結託機能することに注意することが重要です。それらはすべて一緒に機能しているため、ひとつの組織存在と言えます。したがって、CDCが試験統計データを取得したとき、彼らはそれらを捏造加工し汚して泥だらけにしなければなりませんでした。健康体の人なら、病気の原因となる毒入りワクチンを服用することは接種リスクがあると言えるが、死亡率が1%未満の病気からたったの15%の確率で接種した人のみ予防できるでしょう」とラリー氏は述べています。
「CDCは、イタリアでのアウトブレイク感染大流行発生初期から、Covid-19が一般の健康な人々を深刻に病気にしない事実を早い段階から既に知っていました。所謂、アウトブレイク=爆発的感染流行は実際起こりませんでした。インフルエンザや気管支炎の症状を示した人も中にはいましたが、症状期間は軽症で短く、生命を脅かす致命的な重症ではありませんでした」と内部通報者ラリー氏は付け加えた。
トランプの誤解されたオペレーション・ワープスピード作戦の起源より前に、CDC、NIH、FDA、およびビッグファーマのメンバーらは、ワクチン接種または接種死させる手段について考案したワクチンの試験が完了する前に、架空の捏造物語を受け入れさせるように、潜在的に警戒している大衆を巧妙に欺く方法を議論する、秘密会議を定期的に開催していました。
内部通報者は2020年5月5日付けの内部CDCメモを見たことを思い出した。それはModernaのmRNA-1273Covid-19ワクチンの第3相臨床試験が、製品が約93.7%有効であることを反論の余地なく証明したと虚言主張していました。ただし、私たちの情報筋によると、Modernaは2020年7月27日までフェーズ3の臨床試験を開始しておらず、その年の10月になって完了していた。したがって、CDCおよび/またはBig Pharma製薬会社は、臨床試験が終了するずっと前に、薬の有効性を好き勝手に恣意的に作成していた。
「メモは誤って広く配布されたと思います。翌日、CDCサーバーから突如消えてしまったからです。その毒がどれほど効果的であるかにかかわらず、できるだけ多くの人々にその毒を送り込むための共同の努力があったと私は思います。現在、入院している人の大多数は、1回、2回、または3回のブースター注射を受けています。病院ではワクチン未接種よりもワクチン接種の方が多くなっています。つまりそれは明らかにウソを言っています。ワクチンはCovid-19流行を止めるためを意図したものではありません」とラリー氏は証言しました。[終了]翻訳文責ハルジャス】


『ディープステート組織に勤務していたらしい内部通報者=ワクチン開発者の一人が、ワクチン開発の欺瞞とウソを明確に訴えて証言していた。「トランプの誤解されたオペレーション・ワープスピード作戦の起源の前に、CDC、NIH、FDA、およびビッグファーマのメンバーらは、ワクチン接種または接種死の手段について-考案ワクチンの臨床試験が完了する以前に、架空の捏造物語を受け入れさせるように、潜在的に警戒している大衆を巧妙に欺く方法を議論するために、秘密会議を定期的に開催していた。」というくだりは衝撃的な内部通報と言えよう。トランプのワープスピード作戦はその初期からDSに騙されていたという筆者の推察も当たっていたようだ。DSサイドに殆ど所属しているビッグファーマを使った開発計画という余裕が無いための緊急作戦しか取れないという事自体に大きな作戦計画の失敗と無理があったのである。そこで選択した裏の手が大衆自身から騙すという裏ワザだった。騙すには敵よりもまず味方からということだ。だからと言って毒入りワクチンを無暗に進めても良い訳ではあるまい。もしトランプ派の承知の上でという偽装作戦なら、一般大衆向けに対しては建て前論で済むかもしれないという事前計画だったが、時が経つとワクチン接種副作用が出て来たため、トランプのサポーター達からはブーイングを受けたからである。それでもトランプ自身のトータル行動実績成果が信用されてきたのは、善悪天秤に掛けてみると、誘拐された虜囚児童救出にほぼ全精力を傾けて打ち込んできたからであろう。例えば一般大衆にとっては地下軍事基地(DUMBs)と言われている地下トンネルの存在は、法螺吹きトランプ大統領のウソ八百創作話で、まやかしの人気取りの歪んだ動機だったとして捉えられることは宿命的必定だった。筆者の個人的知識として何故こんな夢物語にしか過ぎない地下DUMBsの実在自体を、約40年前くらいからある情報によって既に地下に実在していることを伝聞情報の知識で知っていたからである。その時は大深度地下トンネルという名前はまだ付いて居なかったが、異星人(製作した種族の名前は今も不明)が大昔に造られたという伝聞知識だった。地球起源ではない例えばテスラ電源で走るみたいな超高速リニアモーターカーが、地球の地底約10k深度で国境を超えて地球世界隅々まで走っており、主要大都市間を縦横に結んでいるという、製作者不明の異星人ハイテクノロジーというある種のファンタジー御伽草子だったために、「そりゃあ嘘話だろう」と心から信じ切れなかったのだ。さらにまたその地下トンネルを大規模に高速突貫工事で掘削できる異星人製造ハイテクノロジーが、戦前から存在している事も以前書いた「白昼夢想シリーズ参照」執筆で、これも以前から知っていたからである。従って、夢物語ファンタジーのDUMBsの事は直ぐに納得得心できたのであった。これらふたつの事前超常識的知識によって、功罪半ばしている評判のトランプ善悪天秤は結果的に相殺評価されて、比較的に良い人として確定したのであり、けしてオタクサイトで鬼の首を取ったように虚偽虚言を酷く嘯かれているみたいに、ダークサイドに堕ちた善側ホワイトハットから寝返りした悪人という酷評して貶める非難は、単なる中傷スミアキャンペーンのディスインフォメーションに過ぎないと理解できよう。ハルジャス』



01-12 特許は数ではなく「内容」が重要ということが明確に!
2022/01/12
/watch?v=HK5z7FexdDw


トランプを治療した主治医、命がけの発言!
コロナゲート Published December 11, 2021
https://rumble.com/vqknzt-44634233.html


ワクチンは殺人兵器である確たる証拠
コロナゲート Published January 2, 2022
https://rumble.com/vrt3wr-46707723.html



「N.W.Oアジェンダ」に潜む、暗闇の世界の支配者たち
2016/10/12
/watch?v=JWDMbHFE7q8&t=7s


イルミナティの「MKウルトラ」洗脳計画
2015/09/23
/watch?v=eWi5AUR4ZnU
 

世界歴史大転換【928】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 9日(日)19時32分16秒
  [Statement by Donald J. Trump, 45th President of the United States of America]www.donaldjtrump.com/(01/07/22)

https://www.donaldjtrump.com/news/news-kwp48572e30/

What we witnessed yesterday was the last gasps of a corrupt and discredited left-wing political and media establishment that has, for decades, driven our country into the ground?shipping away our jobs, surrendering our strength, sacrificing our sovereignty, attacking our history and values, and trying to turn America into a country that our people can barely recognize.
These radical leftists in Washington care NOTHING for American Democracy. All they care about is control over you, and wealth and riches for themselves.
But they are failing. No one believes them anymore. And the day is quicky coming when they will be overwhelmingly voted out of power.
Joe Biden’s voice is now the voice of desperation and despair.
His handlers gave him that speech to read yesterday because they know the unprecedented failures of his presidency and the left-wing extremism of the Pelosi-Schumer Congress have destroyed the Democrat Party.
Part of their panic is motivated by the realization that, just like the Russia Collusion Hoax, they cannot sustain the preposterous fabrications about January 6 much longer. The truth is coming out.
But for them, the worst part of it all is the knowledge that the American People are seeing right through their phony media event?which despicably compared a Pelosi-led security failure at the Capitol to the darkest days in American history and the deaths of 3,000 Americans.
The people see right through that sham. They see a cynical politician who ran for office promising unity who is now doing the most divisive thing possible?slandering his political opponents as domestic terrorists, just like insecure dictators do in communist countries.
The American People also see that January 6 has become the Democrats’ excuse and pretext for the most chilling assault on the civil liberties of American citizens in generations. It is being used to justify outrageous attacks on free speech, widespread censorship, de-platforming, calls for increased domestic surveillance, appalling abuse of political prisoners, labeling opponents of COVID lockdowns and mandates as national security threats, and even ordering the FBI to target parents who object to the radical indoctrination of their children in school. And this week, January 6 is also the Democrats’ excuse for trying to pass a radical Federal takeover of state election law. They are trying to BAN voter ID and other basic measures that can ensure the sacred integrity of the vote.
The reason the Democrats are doing all of this is not because they believe they will win a fair and honest election. It’s because they know they will overwhelmingly LOSE one.
Remember, I am not the one trying to undermine American Democracy?I am the one trying to SAVE American Democracy.
Today, I am more confident than ever in the strength and common sense of the American People. They are counting the days until we will no longer have to be constantly lectured, lied to, and dictated to by corrupt politicians and their media partners. When we will no longer have to put up with this broken establishment’s hoaxes and its manufactured media narratives?And as Biden and his radical handlers know, that day is coming fast. Because in the months and years ahead, the American People are going to speak up, take action, and VOTE in massive numbers, and we are going to TAKE BACK OUR COUNTRY.
From the very beginning, all that Americans have wanted is great jobs, safe neighborhoods, strong borders, good schools, a proud nation, and a government that LISTENS to the American People. That is what our movement has always been about?and that is what we are focused on to this day.
Joe Biden and the Radical Democrats have failed on every front. But do not lose hope. America WILL be Great Again.[end]



【[アメリカ合衆国の第45代大統領ドナルドJ.トランプによる声明] www.donaldjtrump.com/(01/07/22)

https://www.donaldjtrump.com/news/news-kwp48572e30/

私たちが昨日目撃したのは、腐敗した信用のない左翼の政治およびメディア・エスタブリッシュメントの最後のあえぎであり、何十年もの間、私たちの国を地べたに追いやった奴らが-私たちの仕事を放棄させ、私たちの力を放棄し、私たちの主権を犠牲にし、私たちの正しい歴史を攻撃し、我々の持つ価値観を変えた、アメリカ国を私たちの人民が辛うじてしか認識できない国家に変えようとしています。
ワシントンのこれらの急進的過激左派は、本当のアメリカ民主主義を何も気にかけていません。彼らが気にするのはあなたたちを支配する権力、そして彼ら自身の利益ために富むことなのです。
しかし、彼らは失敗します。もう誰も彼らの言うことを信じていません。そして、彼らが圧倒的に我々民衆という真の力から投票される日がすぐにやって来ます。
ジョー・バイデンの声は今や自暴自棄と絶望の声です。
彼らの言葉を代読させているパペット操りハンドラーは、バイデン大統領職の前例のない失政と、ペロシとシューマーらが支配する議会の左翼過激主義者が、民主党を破壊したことを知っています。昨日原稿を読ませるために傀儡の彼にそのスピーチ原稿を代読させました。
彼らのパニックの一部は、ロシア共謀のデマのように、昨年1月6日に馬鹿げた暴動デマ捏造をずっと長く続けることができないという認識によって動機付けられています。やっと真実が出てきているからです。
しかし、彼らにとって、そのすべての最悪パートは、アメリカ国民が彼らのフェイクメディア・イベントのみを通して見ているという認識です。これは、国会議事堂でのペロシ主導の卑劣なセキュリティ工作の失敗を、アメリカ歴史の中で最も暗い日つまりアメリカ人3,000人の死として見事に演出対比しました。
人々は奴らのフェイク報道を直視ししています。彼らは、共産主義国での不安定な独裁者のように、現在可能な限り最も分断させる悪事をしていることは、団結を口約束して立候補した皮肉な有望そうな政治家を見ても、彼らすら政敵を国内テロリストとして中傷しているのを見ても分かることです。
アメリカ国民はまた、1月6日が、何世代にもわたって続いていたアメリカ市民の市民的自由に対する最も冷酷な攻撃に対する民主党の言い訳と口実になっていることを理解しています。これは、言論の自由に対する法外な攻撃であり、国内監視の強化を要求される広範な検閲、自由な掲示板BAN廃止化です。これはまた捏造された政治犯の虐待というぞっとする仕打ちであり、COVIDロックダウン命令の反対者を国家安全保障上の脅威としてレッテル貼りすること、さらには学校での子供たちの親に対する統制、FBIによる過激化した反対する親さえも標的にするよう命じることを正当化するために使用されています。そして今週、1月6日捏造された記念日は急進的な連邦政府の乗っ取りである州選挙法を通過させようとした民主党の歪んだ言い訳でもあります。彼らは、投票の神聖な完全性を確保することができる投票者IDのBANおよびその他のあるべき基本的な措置法を禁止しようとしています。
民主党がこれらすべて悪事を行っている理由は、彼らが公正で正直な選挙に勝てると信じているからではありません。それは彼らが圧倒的に1つのこと、つまり民主主義を失うことを彼らが知っているからです。
私トランプはアメリカの民主主義を弱体化させようとしているのではなく、アメリカの民主主義を救おうとしているのだということを忘れないでください。
今日、私はアメリカ人の強さとコモンセンス常識をこれまで以上に自信を持っています。彼らは、私たちが腐敗した政治家やそのメディア報道パートナーから絶えず講義で指図を受けたり、嘘をついたり、口述されたりする必要がなくなるまで、指折りやってくる日数を数えています。この壊れたエスタブリッシュメントによる政治デマとその人工的に創作されたフェイクメディアの捏造物語に、もはや我慢する必要がなくなるまで、バイデンと彼の過激なハンドラーが知っているように、その運命の日は早く来ます。何ヶ月も何年も先に、アメリカ人は声を上げ、覚醒行動を起こし、そして膨大な数の投票を獲得するでしょう、そして私たちは我々の偉大なアメリカ国を取り戻すつもりです。
当初から、アメリカ人が望んでいたのは、素晴らしい仕事、安全な住まい地域、強く守られた国境、良い環境の学校、誇り高い国、そしてアメリカ人に耳を傾ける真っ当な政府だけです。それが私たちの運動の常識であり、今日まで私たちが鋭意注力していることです。
ジョー・バイデンと過激な左翼民主党員はあらゆる面で失敗しました。しかし、希望を失わないでください。アメリカは再び素晴らしい国になるでしょう。[終わり]翻訳文責ハルジャス】


『トランプアメリカ共和国19代真正大統領の復帰宣言予告である。偽物のバイデンフェイク大統領の去る日が刻々と近づいてきている。その抗しがたい時の変化と流れは誰も逆らって押し返したり、暗闇の虚構社会に押しとどめることは誰もできないだろう。これ等の神聖な神の自由理念に基づいた宣言こそがしばし延期されていた昨年1月6日屈辱のトランプ汚名を晴らす魂の声だったのである。ハルジャス』






01-09 飲食産業が大打撃で100万店舗が閉鎖していた
2022/01/09
/watch?v=f4Fl4rB6mg0


2022.1.8【ドイツ】ドイツエネルギー政策は破綻??大停電の危機インフレ??電力6割値上げ??太陽光と風力発電は?日本は独から教訓を学べ??【及川幸久-BREAKING-】
2022/01/08
/watch?v=M0hh6qCc1_A


【第302回】納得?何故トランプさんが臨時に記者会見を取り消したのか?
2022/01/09
/watch?v=5ULGCKYqfw8
 

世界歴史大転換【927】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 8日(土)21時26分54秒
  [Covid Testing Swabs Tainted with Deadly Bacteria]Real Raw News
By Michael Baxter [-January 7, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/covid-testing-swabs-tainted-with-deadly-bacteria/

Certain batches of Covid-19 nasal swabs distributed to the U.S. military have been tainted with a deadly bacteria that causes necrotizing fasciitis, a flesh-eating disease that quickly destroys tissue under the skin and often results in death unless IV antibiotics are administered before the onset of necrosis, said Captain Jacob Downing, a medical doctor and infectious disease expert at the Walter Reed Army Institute of Medical Research (WRAIR.)
On December 27, WRAIR received a report that three Airmen stationed at Lackland Airforce Base in San Antonio, Texas, had presented symptoms of necrotizing fasciitis within 72 hours of having been nasal swabbed for Covid-19. Two of the Airmen, Dr. Downing told Real Raw News, were already hospitalized and in intensive care by the time the report reached Walter Reed. One Airman had ulcers, blisters, and black spots on his face, as well as pus oozing from lesions on either side of his nasal cavity.
“The patient first displayed symptoms of a staph infection on December 21, three days after he’d been swabbed for Covid-19. Medical at Lackland gave him oral antibiotics, which proved ineffective. By the 24th, he’d developed acute necrosis and sepsis resulting in organ failure. He was placed in ICU and treated with an aggressive course of wide-spectrum intravenous antibiotics. He now needs a kidney transplant and skin grafts because surgeons at Lackland had to slice off part of his diseased face,” Dr. Downing said.
A second patient’s symptoms were eerily similar. He, too, went into streptococcal toxic shock syndrome within days of getting nasal swabbed. Fortunately, he received IV treatment before his organs began to shut down and his prognosis for survival is excellent, despite some permanent deformity, Dr. Downing said.
The third patient was not so fortunate. He died on the operating table as surgeons desperately fought to stop his liver, kidneys, and lungs from systematically collapsing. For twelve hours, medical staff tried to save his life, but to no avail. The damage, Dr. Downing said after reviewing Lackland’s medical reports, was so extensive and widespread throughout the patient’s body that he never had more than a 5% chance of surviving the infection that ravaged his body.
“There was a direct correlation between the patients’ getting sick and the nasal swabs,” Dr. Downing said. “It was at this point we asked Lackland to cease nasal swabbing and send us the remaining unused swabs. When we got them, what we found was alarming.”
The Covid-19 nasal swab diagnostic test (not a rapid test) is similar to how throat swabs have been used for decades to test for strep.  A sample swabbed from the nose put on a special plate (culture) that enables bacteria to grow in the lab. The specific type of infection is figured out using chemical tests. If bacteria don’t grow, the culture is negative for Covid and the person doesn’t have Covid-19. If, however, the bacteria grow, the patient is deemed Covid positive. The military receives its Covid swabs in hermetically sealed packages labeled “For Covid-19 testing only.”
“Lackland sent us 5,000 sealed swabs. Each was laboratory tested, and of the 5,000, we found that 250 had traces of Methicillin-Resistant Staphylococcus aureus, a virulent bacterium that resist most contemporary antibiotics. Since bacteria cannot grow in an oxygen-free environment, we tested the packaging itself. The 250 packets contained microscopic punctures that allowed enough oxygen to allow growth,” Dr. Downing said.
“This appears to be deliberate, and we’re efforting to find out by whom,” he said in closing.[end]


【[致命的な細菌で汚染された綿棒ぬぐい液 検体採取方式Covidテスト]Real Raw Newsより
マイケル・バクスター著[-2022年1月7日]

https://realrawnews.com/2022/01/covid-testing-swabs-tainted-with-deadly-bacteria/
8
米軍に配布されたCovid-19鼻腔スワブ(鼻の穴拭き取り)検査の特定のバッチは、壊死性筋膜炎を引き起こす致命的な細菌で汚染されています。壊死性筋膜炎は、皮膚の下の組織を急速に破壊し、発症前にIV(静脈内投与=経口摂取できないため)抗生物質を投与しないと死に至ることが多い細胞壊死疾患で、壊死性筋膜炎の原因であると、ウォルターリード陸軍医学研究所(WRAIR)の医師で感染症専門家であるジェイコブ・ダウニング大尉は述べた。
12月27日、WRAIRは、テキサス州サンアントニオのラックランド空軍基地に駐屯している3人の空軍兵が、Covid-19の鼻腔スワブを受けてから、72時間以内に壊死性筋膜炎の症状を示したという報告を受けました。ダウニング博士がRealRaw Newsに語ったところによると、2人の空軍兵はすでに入院しており、報告がWalterReed病院に届くまでに集中治療室にいました。ある航空職務員は、顔に潰瘍、水疱、黒い斑点があり、鼻腔の両側の病変から膿がにじみ出ていました。
「患者は、Covid-19に感染した後、3日後の12月21日にブドウ球菌感染症の症状を最初に示しました。ラックランドの医療機関は彼に経口抗生物質を与えましたが、それでは効果がないことがわかりました。 24日までに、彼は急性尿細管壊死と敗血症を発症し、臓器不全を引き起こしました。彼は救急ICUに入れられ、広範囲の静脈内(IV)抗生物質の積極投与コースで治療されました。ラックランドの外科医は、彼の病気で顔面皮膚の一部を切り落とさなければならなかったので、彼は今腎臓移植と植皮を必要としています」とダウニング博士は言いました。
2人目の患者の症状は不気味にもそれとよく似ていました。彼もまた、鼻を拭いてから数日以内に連鎖球菌毒素性ショック症候群に陥った。幸いなことに、彼は臓器閉鎖が起こり始める前に点滴治療を受け、永久的な奇形になるにもかかわらず、生存できるため予後は良好であるとダウニング博士は述べた。
3番目の患者はそれほど幸運ではありませんでした。外科医が彼の肝臓、腎臓、および肺が体系的に崩壊壊死するのを阻止するために必死に戦ったとき、彼は間もなく手術台で亡くなりました。 12時間の間、医療スタッフは患者の命を救おうとしましたが、役に立ちませんでした。ダウニング博士は、ラックランド基地の医療報告を検討した後、その損傷は患者の体全体に非常に広範囲に及んでいたため、体を破壊させており、感染症から生き残る可能性が5%を超えることはなかったと述べました。
「患者の病気と鼻腔スワブの間には直接的な相関関係があった」とダウニング博士は言った。 「この時点で、私たちはラックランド基地に鼻腔スワブをやめて、残りの未使用のスワブをこちらに返却するように依頼しました。私たちがそれらを手に入れたとき、私たちが見つけたのは憂慮すべき驚愕の内容でした。」
Covid-19鼻腔スワブ診断テスト(迅速な判定テストではない)は、咽頭スワブが連鎖球菌の検査に何十年も使用されてきた方法と似ています。実験室でバクテリアを増殖させるための特別なプレート(培養皿)に、鼻から拭き取ったサンプルを採取します。特定の種類の感染症は、化学検査を使用してきちんと把握されます。バクテリアが増殖しない場合、その兆候はCovidに対して陰性であり、その人はCovid-19陽性を持っていません。しかし、細菌が増殖した場合、患者はCovid陽性と見なされます。軍隊は、「Covid-19検査のみ」というラベルの付いた密閉されたパッケージでCovid綿棒を受け取っている筈です。
「ラックランド基地は私たちに5,000本の密封された綿棒を送ってくれました。それぞれが実験室でテストされ、5,000のうち、250には、ほとんどの現代の抗生物質薬に耐性のある毒性細菌メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の痕跡が含まれていることがわかりました。バクテリアは無酸素環境では増殖できないため、綿棒パッケージ自体をテストしてみました。 250個の綿棒パケットには、細菌の増殖成長を可能にするのに十分な酸素を可能にする微細な傷跡の穿刺が含まれていた」とダウニング博士は述べています。
「これは意図的でわざとしたかのようであり、私たちは誰がそれをやったのかを犯人を見つけるために努力している」と彼は締めくくりに言った。[終了]翻訳文責ハルジャス】


『鼻腔スワブ(鼻の穴拭き取り)検査という奇妙なやり方は、紀元前の古代からあった奴隷制の邪悪な洗脳道具で、恐らく伝統的な独裁体制王家が奴隷に対する何らかの洗脳教育と傀儡化する道具になっていた骨抜き手口であると巷で噂がされている。現代の王家は他ならぬ羊たちの沈黙してしまった大衆奴隷から、狡猾な詐欺によって財を盗み盗る大手製薬会社ビッグファーマ資本家共であろう。<大手製薬会社はCovidワクチンの世界的販売で巨額の利益を得ている!>
Big Pharma has made BILLIONS from selling Wuhan coronavirus “vaccines” while simultaneously funding the media liars who broadcast pandemic fear campaigns ? NaturalNews.com
(以下は概要)2020年8月11日(Natural Newsより)
大手製薬会社はCovidワクチンの販売で数十億ドルもの収益を得た。ファイザー社、BioNTech社、モデルナ社、アストラゼネカ社、ジョンソン&ジョンソン社らは今年末までに数十億ドルの収益を得ることになる。しかも世界銀行は大手製薬会社にさらなる投資資金を投入しようとしている。
今回の最大の勝者は、欧米諸国で最初にCovidワクチンの緊急使用が認められたファイザー社とドイツのBioNTech社である。これらの2社は世界に先駆けてCovidワクチンの販売を開始することができ、ファイザー社だけでも今年上半期には108憶ユドルの収益を上げた。ファイザー社は今年末までに335億ドルの収益を上げると予測されている。
8月10日、BioNTech社は今年上半期に73億ドルの収益を上げたと発表した。そして今年1年の収益は186憶ドルに及ぶことになる見込み。これは当初の予想(145億ドル)をはるかに超えた額となっている。
モデルナ社の今年上半期の収益は59億ドルだった。今年末までに200億ドル以上の年間収益となることが予測されている。
これらのメーカーよりも遅れて緊急使用承認を得たアストラゼネカ社とジョンソン&ジョンソンのCovidワクチンは、他社よりも安い値段で販売されたが、収益も上述3社よりも劣っている。
アストラゼネカ社の今年上半期の収益は約12億ドル、ジョンソン&ジョンソンの今年上半期の収益は2億6千4百万ドルで、今年末までに、25億ドルの収益が予測されている。
大手製薬会社はブースターショット(追加ワクチン)の販売でさらに数十億ドルの収益を上げる見込み。彼等はブースターショットの販売で最初の2回のワクチンよりもさらに大きな収益となることを見込んでいる。そのため、どのワクチン・メーカーでも(濡れ手に泡)ブースターショットの製造を始めたくてうずうずしているという。
モデルナ社はCovidワクチンとインフルエンザ・ワクチンを併せたミックスブースターショットを製造することを考えている。しかしCovidウイルスとインフルエンザ・ウイルスは同じものではないため、変異株も多様化して異なってくるそうだ。
WHOはブースターショットの販売を9月末以降に延期するよう要請した。(おかまちゃん)テドロスは、まずは、世界人口の10%以上がワクチンを接種するというWHO目標達成に重点を置いている。(以下省略)翻訳監修ハルジャス』





【Notice】
Upcoming Military Tribunals
By Michael Baxter -January 7, 202229214310


Below is a list of upcoming military tribunals based on information we’ve received from credible sources.

Dick Cheney ? January 17

Former Biden Handler Mike Donilon ? January 21

Former Biden Handler Anita Dunn ? January 24

As always, we’ll provide coverage as soon as we receive it.

【裁判予定のお知らせ】
今後の軍事法廷
マイケル・バクスター著-2022年1月7日


以下は、信頼できる情報源から受け取った情報に基づいた、今後の軍事法廷のリストです。

ディック・チェイニー? 1月17日

元バイデンハンドラー・マイク・ドニロン? 1月21日

元バイデンハンドラー・アニー・タダン? 1月24日

いつものように、私たちはそれを受け取ったらすぐにカバ-した情報を提供します。】
 

世界歴史大転換【926】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 7日(金)12時23分22秒
  [George W. Bush Hanged At GITMO]Real Raw News
By Michael Baxter[ -January 6, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/george-w-bush-hanged-at-gitmo/

The tyrannous saga of George W. Bush is finally over.

On Tuesday morning, the 43rd President of the United States stood before an ensemble of military brass loyal to the “White Hat” movement and was hanged by the neck until dead, his lifeless body oscillating in the morning breeze.
His day had begun like so many others before him whose time had come to face the rope. He was awoken at 5:00 a.m. and asked whether he wanted a final meal, or a chance to shave?with a safety razor, of course?before his escort arrived to transport him to GITMO’s southern edge, where gallows awaited his arrival.
“Eat? Shave? What’s the fucking point?” Bush reportedly told GITMO security.
An hour later he, hands cuffed and ankles shackled, was in the rear seat of a Hummer heading to what he must have known would be the spot where his life would end.
At the execution site Rear Adm. Darse E. Crandall and two Marine Corps generals stood near the bottom of the shallow metal staircase that led upward to the grisly apparatus?a length of braided rope affixed to a steel beam, beneath which a soldier wearing neither a nametag nor rank insignia tugged at the rope as if to check its tautness. A Navy physician with a stethoscope around his neck, and a chaplain clutching a King James Bible, flanked Rear Adm. Crandall.
The guards who had driven Bush to the site of his death steered him to the stairs, instructing him to ascend the steps and abide the instructions of the soldier controlling the noose. The soldier slipped Bush’s head into the rope and glanced down at Rear Adm. Crandall.
“George W. Bush, you have been found guilty of murder and treason, and thus have been sentenced to hang for crimes you committed against the nation and its people. Do you wish Last Rites or have any final words?” Rear Adm. Crandall asked Bush.
“So, this is my fucking sendoff? For all I’ve done to protect this country, I got a couple military traitors. Do whatever you fucking have to. We’ll see each other in hell,” Bush said.
“Execute,” Rear Adm. Crandall said to the soldier atop the platform.
Bush’s neck snapped a moment after the trapdoor beneath him had swung open. His corpse undulated a few seconds, and he was lowered to the ground and pronounced dead by the physician. His body was zipped into a polyurethane bag, placed in the bed of another Hummer, and carted off to an unknown location.
“He won’t be the last Bush to face a military tribunal,” Rear Adm. Crandall said to the two Marine generals beside him.[end]


【[GITMOで絞首刑にジョージW.ブッシュ]リアル法律ニュースより
マイケル・バクスター著[-2022年1月6日]

https://realrawnews.com/2022/01/george-w-bush-hanged-at-gitmo/

ジョージ・W・ブッシュの暴虐物語はついに終わりました。

火曜日の朝、米国の第43代大統領は、「ホワイトハット」ムーヴメントに忠実な軍の幹部集団の前に立ち、死ぬまで首が吊るされ、彼の死体は朝のそよ風に揺れ動いた。
彼の一日は、とうとう首にロープが直に接する時が来たのだ。彼の前に処刑された他の多くの囚人と同じように始まりました。彼は午前5時に起きて、最後の食事をしたいのか、それとも、護衛が到着する前に、安全かみそりで顔を剃る機会が欲しいのか、と尋ねられました。彼らによって絞首台の主が到着するのを待っていたGITMO刑務所の南端に彼を連行された。
「朝飯食べる?それとも髭を剃る?クソッあんたが、やりたいことはどれ?」
伝えられるところによると、ブッシュはGITMO刑務所のセキュリティについて苦情を語った。
1時間後、彼は手錠をかけられ、足首を縛られ、四輪駆動ハマーの後部座席に座り、其処が彼の人生が終わる場所になると知っていたに違いありません。
処刑現場では、ダースE.クランダル提督と、2人の海兵隊の将軍らが、ぞっとするような処刑装置につながる狭くなった金属製13階段の真下の近くに立っていました。名札も階級章も、彼らの緊張感をチェックするかのように震えて、編み縄に接して引っ張られていました。首に聴診器を持った海軍の医師と、欽定訳聖書を握りしめている牧師が、クランダル少将に隣接して立っていた。
ブッシュを彼の死の場所に追いやった刑務員が彼を最終階段に導き、階段を上って首縄を制御する兵士の指示に従うように言った。執行役の兵士はブッシュの頭をロープに滑り込ませ、クランダル少将をちらりと見下ろした。
「ジョージ・W・ブッシュさん、あなたは殺人と国家反逆罪で有罪とされたので、あなたが国とその国民に対して犯した反逆行為犯罪で絞首刑に処せられます。最後の典礼を望みますか?、それとも最後の言葉がありますか?」クランダル少将はブッシュに淡々と尋ねた。
「これが私のクソッたれ見送りか?これが国を守るために私が為した防護に対するお返しか、やったのは2人の軍に対する裏切り者を仲間に引き入れただけだ。あなた達がしなければならないことは何でもしたらいい。地獄でまた会おうぜ」とブッシュは悔し紛れに言った。
「処刑せよ」とクランダル少将は処刑台プラットホーム上の兵士に言った。
ブッシュの首は、彼の下のトラップドアが開いた直後に、ポキッっと折れて鳴った。彼の死体は数秒間うねっていた。死体は地面に降ろされ、医師によって即死を宣言された。彼の死体はポリウレタンバッグに圧縮されて、別のハマーのジープに積んだ死体搬送台に置かれ、未知の場所にカートで運ばれた。
「彼は軍事法廷に直面する最後の犯罪者[ブッシュ]ではないだろう」とクランダル少将は彼のそばにいる2人の海軍将軍に対して意味深に言った。[終わり]翻訳文責ハルジャス】


『ジョージ・W・ブッシュの死刑執行の日の様子は、いつもの日常茶飯事の出来事のように淡々と進行したようだ。ただ、死刑を見守る軍部のホワイトハット将軍たちは死にゆくかつての名誉ある筈の元大統領の絞首刑を緊張感をもって見守っていたようだ。元大統領の死にゆく淋しい姿は本当に哀れだが、反逆徒党という「名誉ある汚名」は他の二人チェイニーとラムズフェルド部下よりも、あっさりと最終的責任者の元大統領に帰されてしまったかのようである。現在では、トランプが復帰するかどうかという大きな関心事が、昔の911よりも最早移っており、小悪党子ブッシュの父親主導によってやらされた昔の911自作自演テロ策謀よりも、多国間隠密連合カバール魔術呪いチーム(エリザベス魔女王や罰当たりバチカン・反キリストイエズス会とイタリアニセ貴族マフィアとモサド+CIA・強盗団イスラエル似非国、ユダヤ人マフィア、滅びゆくロスチャイルド家、アナコンダ悪魔ロックフェラー家等、おまけに衰退しつつある全体主義+盗人共産主義本尊=CCPの消えゆく共産主義)が俄然集中して隠然と結託していた。ひとえにトランプの2020再選を阻み、アンチカバール象徴の敵であるトランプ一人だけを排除かつ消滅させようとした。選挙詐欺による連合した外国勢力による陰謀工作を、各国悪党共が総出で画策し腹黒く闇で蠢いていた。古びたモッキンバード・フェイクメディア旧式心理作戦と、DS陰謀工作の真相に、大方の関心事と焦点が移ってきた。最近の1/6声明発表キャンセルの行く末と、1/15アリゾナラリーでのトランプ新声明を多くが待ちわびてている。ある複数のインサイダー情報のトランプ暗号解析によれば、1/15のラリー発表という見せかけは、DSフェイクメディアをーの裏を掻いて覆すために、敢えてワザと出したウソのディスインフォメーションであったという。トランプの真意は1/8日に突然改めて記者会見するとの情報も複数からの証言がある。いずれ事が間もなく判明する筈なので、遅延のないトランプ復活を大いに期待して待ちたい。それが緊急放送EBSの形になるのか、トランプの新メディアの構想に追加される発表なのか、いずれにしても非常に楽しみにしておきたい。ニセ旗DS作戦のウクライナ危機や台湾海峡危機はホワイトハット軍に潰されることだろう。ロシアプーチン大統領は脱カバール国策を進めており、「ロシア共和国」樹立を目指しているようだ。世界的な革命と言えるような大転換の新年朗報ステートメントが、各所から色々と噴出してくるだろう。ハルジャス』



※トランプテレグラムより・学童ワクチンなど接種義務化はダメ!
トランプ最新情報 トランプさんワクチン接種義務化について
2022/01/06
/watch?v=rKfDNSAvyx4


'Elections Decided By Strongmen?' Democrat Senator Decries 2020 Political Violence
2022/01/07
/watch?v=yJh-tUUJ4HE


サイモン・パークス~1月5日最新情報(パート1)~
2022/01/06
/watch?v=omdnqBWy8eg


サイモン・パークス~1月5日最新情報(パート2)~
2022/01/07
/watch?v=3fDx7FJBdYk


 

世界歴史大転換【925】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 6日(木)11時02分22秒
  [FEMA Forcibly Vaccinates Autistic Children in NY School]Real Raw News
By Michael Baxter -January 5, 2022

https://realrawnews.com/2022/01/fema-forcibly-vaccinates-autistic-children-in-ny-school/

The Rockland Institute for Special Education (RISE), in Spring Valley, New York, caters to “special needs” children, 165 in all according to the facility’s fall 2021 roster, some of whom are between 6-9 years old and have speech impediments preventing them from communicating effectively with other people. On December 23, just prior to the students’ winter break, the Federal Emergency Management Agency (FEMA), and nurses recruited from hospitals to serve the criminal government agency, arrived at RISE to forcibly vaccinate kids without their parents’ consent.
A RISE employee wishing to remain anonymous for fear of reprisal told Real Raw News that 95% of students had received Covid-19 vaccinations prior to FEMA’s arrival. The school’s administrative staff, however, had become paranoid because the parents of the remaining 5% had obtained medical or religious exemptions allowing unvaccinated children to attend classes. Fearing the 5% might be asymptomatic super spreaders, administrators segregated the unvaccinated, isolating them in a maintenance room converted into a makeshift classroom and forcing them to double mask while on school property. They were also tested for Covid-19 bi-weekly with aggressive nasal swabbing that often-caused nose bleeds.
“These are children with speech impairments and learning disabilities. They have a hard time picking up on social cues and nuances. I can only imagine how confused we made them. But the paranoia spread like wildfire. If a student coughed, everyone screamed Covid,” our source said.
The school’s superintendent, he added, had become so gripped with palpable fear of Covid that he telephoned New York State Dept. of Public Health Commissioner Mary Bassett for help in handling his “Covid crisis.” Bassett purportedly said NYSDOH was “stretched thin enforcing mandates” and couldn’t guarantee a speedy “wellness check,” but she promised to make her “federal colleagues” aware of the dire situation.
On December 23, as RISE students were about to be released for winter recess, agents of FEMA and their nurse minions arrived at the school to determine how many children were unvaccinated, and, once identified, ushered them into a classroom where nurses stood in wait, their fingers clutching vaccine-filled syringes.
“One student, a 6-year-old, has a severe learning disability. He also has epilepsy. He went into a grand mal seizure when he saw the vaccine, and they jabbed his arm while he was seizing. He is lucky he didn’t die,” our source said.
“Some tried to resist, and were grappled. They were told?not that they all understood?that getting shots was the right thing to do. In all, 12 students were forcefully and, in some cases, violently vaccinated that day. It turns out the school’s enrollment contract had fine print saying that students must follow health guidelines as decided by school policy to include vaccinations. And administration used this to justify overriding waivers and exemptions gotten by parents,” our source went on.
RRN asked our source for the names of the victims, so we could interview the parents. If we get that information, we’ll provide a follow-up.[end]


【[FEMAがニューヨークの学校で自閉症の子供たちに強制的ワクチン接種]リアル法律ニュースより
マイケル・バクスター著-2022年1月5日

https://realrawnews.com/2022/01/fema-forcibly-vaccinates-autistic-children-in-ny-school/

ニューヨーク州スプリングバレーにあるロックランド発達障害者特別支援学校(RISE)は、施設の2021年秋の名簿によると、全部で165人の「特殊ニーズ」の子供たちに特別に対処しています。彼らが他の人々と効果的にコミュニケーションするのを妨げています。しかし、学生の冬休みの直前の12月23日、連邦緊急事態管理庁(FEMA)と、刑事政府機関にサービスを提供するために病院から募集された看護師が、突如としてRISEに到着し、両親の同意なしに「特殊ニーズ」の子供に強制的にワクチン接種しました。
報復を恐れて匿名を希望する障害者特別支援学校(RISE)の従業員は、学生の95%がFEMAの到着前にCovid-19ワクチン接種を受けていたと、RealRawNewsに語った。しかし、残りの5%の保護者は、ワクチン未接種の子供たちが授業に参加できるように、医学的理由または宗教的な理由で接種免除を受けていたため、学校の管理スタッフは妄想的になっていました。 5%が無症候性のスーパースプレッダーである可能性があることを恐れて、学校管理者はワクチン未接種の子供たちを隔離していました。仮設教室に改造されたメンテナンスルームで隔離しており、学校の敷地内で二重マスクを強制しました。彼ら生徒はまた、頻繁に鼻血を引き起こすため、積極的な鼻スワブを着けさせられており、隔週でのCovid-19検査を受けていました。
「彼らは言語障害と学習発達障害のある子供たちです。彼らは社会的合図や言葉のニュアンスを理解するのに苦労しています。こんな強制接種が彼らをどれほど混乱させたかは、想像することしかできません。しかし、ワクチン強制接種パラノイアは山火事のように広がりました。もし学生が咳をした場合、誰もがコビッドのことを叫んだ」と私たちの情報筋は述べた。
学校の監督者は、コビッドに対する明白な恐怖にとらわれていたため、「コビッド危機」への対処を支援するために、ニューヨーク州保健局(New York State Department of Health)長官のメアリー・バセット氏に電話をかけたと、彼は付け加えた。バセット氏は、NYSDOH (New York State Department of Health)が「ワクチン接種は引き伸ばされた薄い施行義務」であり、迅速な「健康チェック」を保証することはできないからと述べた。彼女は「連邦政府の同僚」にその悲惨な状況を認識させることを約束した。
12月23日、支援学校(RISE)の生徒が冬休みに解放されようとしていたとき、FEMAのエージェントと接種強制した看護師の手先が学校に到着し、ワクチン未接種の子供たちの数を確認しました。 彼らの指にはワクチン注射液で満たされた注射器をつかんでいたのです。
「6歳の1人の児童は、重度の学習発達障害を持っています。彼はまた持病のてんかんを持っています。彼がワクチンを見たとき、大発作を起こしてしまった。そして、彼が反射的に看護師の腕をつかんでいる間、看護師は彼の腕を軽くたたいた。彼がワクチンで死ななかったのは幸運だった」と語った。
「抵抗しようとした生徒もいましたが、奴らに取り組まれてしまいました。彼らは、全員が接種について理解しているわけではなく、今ショットを打つことが正しいことだと無理強いされました。全部で12人の学生がその日に強制的に打たれ、場合によってはかなり乱暴に激しくワクチン接種されました。学校の登録契約には、ワクチン接種を含めた学校の方針で定められた健康ガイドラインに学生が従わなければならない、という細かい細目が含まれている校則が存在していることが判明しました。そして、行政はこれを使用して、親が取得したワクチン免除権利の放棄およびワクチン免除そのものを無効にすることすらも正当化しました」と私たちの情報源は続けました。
RRNは私たちの情報源に強制接種された犠牲者の名前を尋ねたので、私たちは両親にインタビューすることができました。詳しい情報を入手したら、RRNがフォローアップ情報を提供します。[終了]翻訳文責ハルジャス】


『米国の憲法違反であると連邦最高裁によってもワクチン接種義務化の無効訴訟が認められたので、ワクチン接種の強制的義務化は違法(憲法違反)とする判決が各州で次第に出始めている。にもかかわらず、バイデンフェイク違法政権は、とち狂ったように無理矢理相手構わず誰であれ、接種の義務化に走っている。全軍隊や障害者の特殊支援生徒も、全員接種の義務化を漏れなくやろうとしているのだ。つまりこれは一斉自国民ジェノサイドの鬼畜行為で殺人事件の確信犯だろう。極左の民主党は亡国の道を突っ走って、危険な暴走がもはや止められないようだ。それゆえトランプ復権が益々真実性を増しつつある。1/6の発表をトランプが一旦キャンセル延期(1月15日土曜日にアリゾナで開催されるラリー集会で改めて発表)した経緯が書かれている報道があったので、下記に経緯を翻訳して記載しておく。ハルジャス』


[Trump Nixed Jan 6th Event After Speaking With Lindsey Graham, Laura Ingraham: Report Photo of Carmine Sabia Carmine Sabia]Conservativebrief.com(January 5, 2022)

https://conservativebrief.com/cancelation-57449/

As the anniversary of the events of January 6, 2021, approaches President Donald Trump had scheduled a press conference, presumably to address the incident.
But that press conference has been called off after the former president was advised by South Carolina Sen. Lindsey Graham and Fox News host Laura Ingraham to nix it, Mediaite reported.
“In light of the total bias and dishonesty of the January 6th Unselect Committee of Democrats, two failed Republicans, and the Fake News Media, I am canceling the January 6th Press Conference at Mar-a-Lago on Thursday, and instead will discuss many of those important topics at my rally on Saturday, January 15th, in Arizona?It will be a big crowd! What has become more and more obvious to ALL is that the LameStream Media will not report the facts that Nancy Pelosi and the Capitol Sergeant-at-Arms denied requests for the D.C. National Guard or Military to be present at the Capitol. Their emails and correspondence with the Department of Defense exist, but the media won’t ask for this evidence, or report the truth!” the 45th President of the United States said on Tuesday.
“This is the Democrats’ Great Cover-Up Committee and the Media is complicit. Why did Adam “Shifty” Schiff forge and change the statement of Congressman Jim Jordan without any consequence? Why will Crazy Nancy Pelosi not provide her communications with the House Sergeant-at-Arms and the House Chief Administrative Officer, or promise to retain these vital messages, which many feel she has already destroyed?perhaps illegally? Also, why is the primary reason for the people coming to Washington D.C., which is the fraud of the 2020 Presidential Election, not the primary topic of the Unselect Committee’s investigation? This was, indeed, the Crime of the Century,” he said.
“I look forward to seeing our Great American patriots in Arizona next weekend for a big rally to Save America!” he said.
Senator Lindsey Graham (R-SC) confirmed to Axios that he recommended in a recent golf outing with Trump that the press conference be canceled.
“Graham said Trump brought up the subject and the senator told him ‘there could be peril in doing a news conference,’” Jonathan Swan writes. “‘Best to focus on election reform instead.’”
From there, the report focuses on Ingraham, whose January 6th comments have drawn great interest lately due to revelations that she and her Fox News colleagues begged for Trump to call off his rioting supporters a year ago. As she spoke to Congressmen Jim Jordan (R-OH) and Jim Banks (R-IN) on Monday, Ingraham telegraphed that Trump’s upcoming press conference was ill-advised.
“Some things were horrific that happened and shouldn’t have happened that day,” Ingraham said to Banks. “Is it smart for President Trump to do a rally on that particular day, versus next week or the week before?”
The former president will be holding his rally on January 15 in Florence, Ariz.[end]


【リンジー・グラハム、ローラ・イングラハムと話した後のトランプ・ニクセド1月6日のイベント:カーマイン・サビアのレポート写真カーマイン・サビア] Conservativebrief.com(2022年1月5日)

https://conservativebrief.com/cancelation-57449/

2021年1月6日議事堂事件の記念日として、ドナルド・トランプ大統領が記者会見を予定していた。おそらく事件訴訟について演説するためだろう。
しかし、その記者会見は、前大統領がサウスカロライナ州上院議員リンジー・グラハムとフォックス・ニュースのホストであるローラ・イングラハムから、それを中止するように助言された後、中止されたとメディアイトは報じた。
「1月6日の民主党非選択委員会、2人の失敗した共和党員および偽報道のフェイクニュース・メディアの全体的偏見と不正直を考慮して、私は木曜日にマーラゴで開催される1月6日の記者会見をキャンセルします。 1月15日土曜日にアリゾナで開催される私のラリー集会で、これらの重要なトピックの1つが議題に上がるので?かなり大勢の群衆でにぎわいます! 全ての人にとってますます明白になっている事は、レームダックしたメディア[LameStream Media]が、ナンシー・ペロシと国会議事堂衛視長は、ワシントンDC国家警備隊が国会議事堂に出動するよう求める要求を、紛れもなく拒否したという事実を報告してなかったという事実です。その電子メールと国防総省との通信やり取りの証拠は存在しています。だが、メディアはこの証拠を求めたり、全く真実を報告していません!」米国の第45代大統領DJTは火曜日に語った。
「これは民主党の偉大な隠蔽委員会であり、メディアが隠蔽工作に共謀していた。アダム「シフティ」つまり民主党のAdam・シフが何の因果関係もなく下院議員ジム・ジョーダンの声明を偽造して改変したのはなぜか?なぜクレイジー女ナンシー・ペロシ下院スピーカーは、下院の守衛官と下院の最高総務責任者とのコミュニケーション情報をなぜ提供しないのか、あるいは、彼女がすでに破壊したと多くの人が感じているこれら重要メッセージを保管保持することを約束しないのか?おそらく違法だから?また、なぜ人々がワシントンD.C.に集まって来た主な理由は、非選択委員会による暴動調査が主なトピックではなく、2020年の大統領選挙詐欺のことであったから。選挙詐欺は確かに世紀の大犯罪でした」と彼DJTは言いました。
「来週末、アリゾナで偉大なアメリカの愛国者たちが、アメリカ国家を救うための大きな集会に参加するのを楽しみにしています!」彼は語った。
リンゼー・グラハム上院議員(R-SC)は、最近のトランプとのゴルフ外出の際、記者会見をキャンセルするように勧めたことを、ニュースWebサイト・アクシオスに確認していた。
「グラハム議員は、トランプがこのテーマを取り上げ、上院議員が彼に対して「記者会見は危険があるかもしれない」と言った」とジョナサン・スワンは書いている。 「代わりにそれよりも選挙改革に焦点を合わせるほうが最善です。」と勧めた。
そこから、レポートはFOXのイングラハムに焦点を当てています。イングラハムの1月6日コメントは、彼女と彼女のフォックス・ニュースの同僚が、1年前に暴動を起こした支持者の件を発表中止するようトランプに懇願したという。この経緯の暴露が最近大きな関心を集めています。彼女が月曜日に下院議員ジム・ジョーダン(R-OH)とジム・バンクス(R-IN)と話したとき、イングラハムはトランプが話した以下の記者会見は賢明ではなかったことを電報で伝えました。
「いくつかのことが起こったのは恐ろしいことでしたが、その日の事件は起こらなかったはずです」とイングラハムは語った。 「トランプ大統領がその特定の記念日(1/6)に集会を行うのは、来週や前の週と比べて賢明なことですか?」
それで、前大統領は1月15日にアリゾナ州フローレンスで集会を開く予定です。[終了]翻訳文責ハルジャス】


トラが重大発表キターー??Bデンへの弾劾も着々。※1/6トラ発表キャンセル↓
2022/01/05
/watch?v=7Iw4syOkZ5o


速報?睦月六日中止のわけ~トランプ?前大統領の声明~1月5日[日本語朗読]040105
2022/01/05
/watch?v=Q_xz-mEoVhU



トラがカムバックほぼ確定??決定的すぎてこれは間違いなく取消し??アリゾナの監査結果が遅いのはこれのせいか?
2022/01/05
/watch?v=yiNuTBYttFU


トラ家族に召喚状??トラの計画通り?ペロシがやっと辞める決意か?
2022/01/04
/watch?v=fO_56DIqZjo


【第300回張陽チャンネル】2022年8大予言!アメリカ政界を震撼!
2022/01/03
/watch?v=NyqEe5DrehA


【第301回張陽チャンネル】予想外?民主党有権者の半分がトランプさん支持に?
2022/01/05
/watch?v=ywLEUykrUro



#イベルメクチン 物語 機械翻訳
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39470159


8月19日、日本の医師はCOVID-19の患者にイベルメクチンの使用を開始しました。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39455387


ワクチンは病原体を進化させている、そしてイベルメクチンの有効性について~mRNAワクチンの発見者ロバート マロン博士のツイッターから[日本語朗読]030905
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39293936




01-01 富裕層どこ行った?高級外食チェーン新元素が破産
2022/01/01
/watch?v=Kz5Nlxkebao


01-05 250億円の会社・蘭光発展が20円以下で売られる理由
2022/01/05
/watch?v=3wplYvAZbwU


日本のノーベル賞博士開発イベルメクチン mRNAワクチン開発者も推奨
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39280731


※遺伝子組み換え経口クスリ→DNA突然変異誘発→催奇性やガンを発症する
メルク社の経口治療薬「モルヌピラビル」(治験を中断した)について。ジェーン・ルビー博士の証言・イベルメクチンとは全く別物。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39488241


遺伝子と生殖機能への攻撃第2ラウンド「モルヌピラビル」の重大危険性
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39803824
米メルクのコロナ経口薬「モルヌピラビル」がヒトDNAに突然変異を起こし、胎児に先天性欠損症を引き起こす、あるいは大人にガンを引き起こす可能性を米ノースカロライナ大学が論文で発表
https://indeep.jp/merck-covid-drug-found-to-cause-mutations/


新コロナ経口薬モルヌピラビル 厚労省資料を見てみる
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39828287


グーグルやYTの検閲対象イベルメクチン
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39828386


イベルメクチン処方可能な現時点で全国の病院リスト
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39828574


【必見】日本発イベルメクチンの効果は? 科学的検証 製薬会社が総攻撃の理由(吹替動画)FLCCCより。メキシコ市とアルゼンチンのIVM回復例
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39812404
#FLCCC の日本語版 プロトコール↓↓↓
https://covid19criticalcare.com/ja/covid19%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%AB/%E7%BF%BB%E8%A8%B3/


【必見】エイズは伝染病ではない! ファウチ博士の黒い正体と人工兵器エイズの黒歴史
※PCRはいかさま。 専門家は嘘の専門家だらけ
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39841597


#殺人ワクチン #皮膚炎症 3回目のワクチンはうつな!! 場合によっては死ぬぞ!!#2回打った女優中川翔子さんの後遺症へコメント
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39841356


[今現在購入できる3つのネット通販サイト]
※【再掲】ファビピラビル(アビガン錠)購入+イベルメクチン購入可能
輸入代行ヒマラ屋
https://himala-ya.shop/products/list?category_id=&name=%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%93%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%AB/


※【再掲】イベルメクチン簡易に輸入代行してもらえるお勧めサイト
くすりエクスプレス
https://www.kusuriexpress.com/


※イベルメクチン輸入代行サイト※割引特典あり
ユニドラ(UNIDRU)
https://www.unidru.com/pages/newyear-sale-prescription?utm_source=mautic&utm_medium=email&utm_campaign=newyearsale-sub-male-20220105/
 

世界歴史大転換【924】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 4日(火)22時34分39秒
  [Gavin Newsom Gets Death Penalty]Real Raw News
By Michael Baxter[ -January 3, 2022]

https://realrawnews.com/2022/01/gavin-newsom-gets-death-penalty/

On Thursday afternoon a military tribunal at Guantanamo Bay found Gavin Newsom guilty of child sex crimes and treason and sentenced him to death.
For nearly six hours, the three officers chosen to hear the case against Newsom listened intently as Rear Adm. Darse E. Crandall systematically and meticulously described what he called Newsom’s “Covid Crimes,” a nexus of egregious felonies that began shortly after the disgraced governor received from the NIH/CDC a letter instructing him to lockdown the State of California.
“We need all sympathetic parties onboard with the program immediately. You must take all steps possible to enforce mandatory lockdowns and mask mandates, especially in your most densely populated cities. The people must believe that Covid-19 is the greatest threat humanity has ever faced, and they must be convinced to follow our mandates with the belief that they will become gravely ill or die if they refuse. The mechanisms for enforcing this change have been in place for years, and now we act. It’s equally important to inflate the Covid-19 mortality rate, however you see fit, to instill dread and fear among an already frightened public…Your compliance is appreciated, and expected,” part of the letter read.
The letter was dated March 16, 2020, three days before Newsom issued a statewide shelter-in-place order, and was digitally signed by former NIH and CDC honchos Drs. Francis Collins and Robert Redfield, respectively. At the time, the California Dept. of Public Health had attributed 31 deaths to Covid-19.
After showing the authenticated letter to the panel, Rear Adm. Crandall introduced a witness for the prosecution, Dr. Grady Armando, a former E.R. doctor at Southern California Hospital at Culver City, who appeared on ZOOM to discuss the causes of death for 5 patients who died on 17 March.
“It was a rough night for us working trauma. Three young men were brought to us with multiple gunshot wounds. In layman’s terms, they were in bad shape, and I knew right out saving them would be an uphill battle. We did our best, but all three expired,” Dr. Armando said.
Rear Adm. Crandall showed the panel copies of the death certificates. The primary cause of death on each was given as Covid-19.
“These are your signatures, Dr. Armando, on the certificates, attesting to the fact that Covid-19 killed these men?and each took between two and five gunshot wounds?”
“It is my signature. It’s the responsibility of the doctor who last treated a patient to sign a death certificate within 15 hours, listing the date, time, and cause of death,” Dr. Armando said.
“Looking at these, comparing the times of death against the time you signed them?it seems like you signed them within minutes,” Rear Adm. Crandall said.
“I did,” Dr. Armando said.
“Forgive my naivety here, but perhaps you can explain something. So, you took in 3 gunshot victims, were desperately fighting to save their lives, they died, and you had an opportunity to list their causes of death as Covid-19 before you had a chance, it seems, to even wash your hands of their blood,” Rear Adm. Crandall said.
Dr. Armando fell silent a moment, then said, “We were instructed to put Covid-19 on death certificates.”
“Instructed by whom?” Rear Adm. Crandall asked.
“California Dept. of Health and hospital administration,” Dr. Armando said.
“Was there any evidence the gunshot victims had Covid-19? A PCR test, for example,” Rear Adm. Crandall said.
“Not really,” Dr. Armando replied.
“Explain not really, please, if you would,” Rear Adm. Crandall said.
“We were instructed to list Covid-19 as a primary cause of death if a patient presented symptoms of respiratory distress?coughing, sneezing, gasping for air, shortness of breath,” Dr. Armando said.
“Is it not likely, Dr. Armando, that a person with a gunshot would be coughing?coughing up blood, or gasping for air?” Rear Adm. Crandall asked.
“That would be probable,” Dr. Armando replied.
“Let’s get to the meat of the matter: You declared patients dead of Covid-19 knowing it was not the actual cause of death,” Rear Adm. Crandall queried.
“I regret what I’ve done. I knew it was unethical and illegal. We were told to treat all such cases as presumptive positive, and told it was pointless to test for Covid-19 posthumously,” Dr. Armando said.
“And this was widespread, based on your conversation with your colleagues at the time,” Rear Adm. Crandall said.
“It was endemic,” Dr. Armando said.
“This commission appreciates your candor. You’re excused, for now,” Rear Adm. Crandall said.
The doctor’s testimony stirred Newsom to life. He arose from the chair in which he had been sitting and began chastising the commission for accepting testimony from a witness who had not once named him a party to the alleged crimes.
“This is absurd,” Newsom blurted. “Even if true, which it isn’t, what does it have to do with me? I’ve never heard any of these lies before today. Every action I took was to save the lives of people in my state and help protect a nation from a virulent disease. Dr. Armando is clearly delusional.”
The next witness, however, refuted Newsom’s claims of ignorance. Muntu Davis, MD, MPH, chief health officer for Los Angeles County, said under direct examination that Gavin Newsom had in March 2020 compelled him under threat of “ruining his career” to artificially exaggerate Covid-19 fatalities. He testified under oath that Newsom wanted “between 1,200-2,000 new cases and between 100-150 Covid fatalities per day,” enough to “monumentally strike enough fear in the public” so that every citizen of Los Angeles County would be clamoring to get vaccinated. Furthermore, Dr. Davis said Newsom had set quotas for each county in the state, a metric whereby health officials would face debasement and termination unless they “signed onto the program” and manufactured Covid-19 cases and fatalities.
“And you went along with this?” Rear Adm. Crandall asked him.
“We all did. It was our job, right or wrong. The entire health industry, across the state and the nation, went along with it and are still doing it today. Get people to wear masks, get them to take untested and unproven vaccines that might sicken or kill them, and get them dependent on government support. That has always been the agenda,” Dr. Munto said.
As Rear Adm. Crandall was about to introduce his next witness, Tam Ma, Deputy Legislative Secretary at Office of Governor Gavin Newsom, the 3-officer panel said it had heard sufficient evidence to declare a verdict of guilty. It found Gavin Newsom guilty of treason and child sex crimes and recommended that he be executed for his transgressions.
“You can’t fucking do this to me,” Newsom screamed.
“You did this to yourself,” Rear Adm. Crandall said.
Rear Adm. Crandall set a date of execution for January 24.[end]


【[ギャビン・ニューサムは死刑]リアル法律ニュースより
マイケル・バクスター著[-2022年1月3日]

https://realrawnews.com/2022/01/gavin-newsom-gets-death-penalty/

木曜日の午後、グアンタナモ湾の軍事法廷は、ギャビン・ニューサムが児童性犯罪と反逆罪で有罪であると認定し、死刑を宣告しました。
ニューサムに対する訴訟を審理するために選ばれた3人の判事将校から、ダースE.クランドル提督が、不名誉な知事ニューサムの犯罪について、体系的かつ綿密に説明を受け、熱心に耳を傾けました。 これはNIH / CDCから、カリフォルニア州を都市封鎖するよう指示する指令文書を受け取った直後に始まった、「Covid Crimes」と呼ばれている彼の凶悪な犯罪の一部始終です。
「私たちは、Covidプログラムに参加しているすべての同情的な関係者をすぐにも必要としています。特に人口密度の高い都市では、我々が強制的な封鎖とマスク義務を強制するために、可能な限りすべての手順を実行する必要があります。人々に、Covid-19が、人類がこれまで直面した最大の脅威であると信じさせなければならず、それを拒否すると深刻な病気になるか、死ぬという信念を持ってもらい、我々が設定した強制義務に従うことを確信させなければなりません。この方針変更を実施するためのメカニズムは、何年にもわたって実施されてきています。現在、私たちはその規範メカニズムに沿って行動しています。すでにおびえている大衆には、更に恐怖と畏れを植え付けるために、Covid-19死亡率を膨らませる手段も同様に重要です。あなたの承諾(コンプライアンス)は高く評価され、とても期待されています」と手紙は結んでいました。
この指示書である手紙は、ニューサムが州全体にシェルターを一箇所にする知事命令を出す3日前の、2020年3月16日付けで出されており、元NIHおよびCDCの博士らによってデジタル署名されました。それぞれ、フランシス・コリンズ所長とロバート・レッドフィールド博士です。当時、カリフォルニア州公衆衛生局は、3月17日に亡くなっていた患者5人の死因を、Zoom会議でCovid-19に起因させていました。
パネル判事にその認証された手紙を見せた後、クランダル提督が起訴の証人である、カルバーシティのサザン・カリフォルニア病院の元救急ER医師、グレイディ・アルマンド博士を紹介しました。
「トラウマを抱えている私たちにとっては大変な夜でした。その中で 3人の若い男性が複数の銃創のため、救命救急センター(ER)に連れてこられました。素人言葉で言えば、彼らはかなり悪いカタチ(状態)で、そして彼らを救うことは困難な格闘になるだろうとすぐに判りました。私たちは最善を尽くしましたが、3人全員が結局こと切れてしまった」とアルマンド博士は言いました。
クランダル少将は、死亡診断書のパネル表示コピーを、それから見せました。それぞれの主な死因はCovid-19と書かれていました。
「これらはあなたの署名です、アルマンド博士。死亡証明書に、Covid-19がこれらの男性を殺したという事実を明記しています。そして各人が2から5つの銃創を負いましたか?」
「それは私の署名です。 15時間以内に死亡診断書に署名し、日付、時刻、死因を記載するのは、最後に患者を治療した医師の責任です」とアルマンド博士は述べています。
「これらを見て、死の時刻とあなたが署名した別の時刻を比較してみてください。あなたは数分以内にそれぞれに署名したようですが」とクランダル少将は言いました。
「そう、やりました」とアルマンド博士は言った。
「ここで私の素朴な質問を許してください。おそらくここであなたは何かを説明することができるでしょう。それでは、あなたが3人の銃声の犠牲者を受け入れ、彼らの命を救うために必死に戦っていましたが、結局のところ彼らは死にました。そしてあなたは彼らの血の付いた手を洗う機会が来る前に、彼らの死因をCovid-19として書き、リストアップする機会がありましたね。」とクランダル少将は言った。
アルマンド博士は一瞬黙って沈黙したのち、「実はCovid-19を死亡診断書に載せるように指示されたのです」と言い訳をしました。
「誰から指示されたのですか?」クランダル少将が尋ねた。
「カリフォルニア州保健局と病院管理局です」とアルマンド博士は語った。
「銃声の犠牲者がCovid-19に罹っていたという証拠はありましたか?たとえば、PCRテストで」とクランダル少将は尋ねた。
「それは本当ではありません」とアルマンド博士は答えた。
「本当でなかったことは説明しないでください。もし事実でないなら」とクランダル少将は追い詰めた。
「患者が咳、くしゃみ、息切れ、あえぎなどの呼吸困難の兆候を示した場合、Covid-19を主な死因として挙げるように指示されました」とアルマンド博士は述べた。
「アルマンド博士、銃弾を持った人が咳をしたり、血を吐いたり、息を切らしたりする可能性は低いのではないですか?」クランダル少将が畳みかけて尋ねた。
「それはそうでした…」とアルマンド博士は答えた。
「さて問題の本質に取り掛かりましょう。あなたは、Covid-19が実際の死因ではないことを知っていた上で、患者がコロナで死んだと宣言しましたか」とクランダル少将はズバリ質問した。
「私がやったことは後悔しています。私はそれが非倫理的で違法であることを知っていました。私たちはそのようなすべての症例を[推定陽性]として扱うように言われ、死後にCovid-19を検査することは無意味であると言われました」とアルマンド博士は言いました。
「そして、これは当時の同僚との会話に基づいてこんな遣り口が広まったのだね?」とクランダル少将は批評的に語った。
「それは単なる風土病でした」とアルマンド博士は言いました。
「この軍事委員会はあなたの正直さに感謝します。今のところは、起訴ということで、すみませんが」とクランダル少将は躊躇って述べました。
医者の証言は、黙って聞いていたニューサムに反撃の意思を掻き回しました。彼は座っていた椅子からやおら立ち上がって、一度も犯罪の当事者としてニューサムを指名したことのなかった彼ら証人から、証言を受け入れている判事委員会を、懲らしめるよう非難をし始めました。
「これはばかげているぞ」とニューサムはぼんやりと言った。 「たとえ真実であったとしても、つまりこれは本当ではありませんが、それが私自身と何の関係があるのでしょうか。今日まで、こんな虚言を聞いたことがありません。私がとったすべての行動は、私の州民の命を救い、有毒な病気から国民を守るのを助けることでした。アルマンド博士の発言は明らかに妄想の話です。」
しかし、次の証人はニューサムによる無知な主張に反論した。ロサンゼルス郡のチーフヘルス・オフィサーであるムント・デービス博士(Muntu Davis、MD、MPH)は、直接の調査の下で、ギャビン・ニューサムが2020年3月に、Covid-19死者を人為的に誇張したため「彼のキャリアを台無しにする」という脅威にさらされたと述べた。彼は宣誓の下で、ニューサムが「1日あたり1,200~2,000件の新規症例と100~150件のCovid死亡者」を望んでいたという疑惑を証言しました。 さらに、デービス博士は、ニューサムが州内の各郡に死者数の割り当てを事前設定していたと述べた。これは、保健当局が「プログラムに署名」してCovid-19の症例と死亡者を捏造しない限り、破廉恥な堕落と一巻の終りに直面する捏造された指標です。
「そして、あなたはこれらのウソの規範でずっとやってきたのか?」クランダル少将が彼に尋ね問い詰めた。
「私たちは皆そうしていました。それは私たちの仕事でした。正しいか間違っているかは別として、州および全国の医療業界全体がその規範原則に沿って進み、今日でも原則どおり行っています。人々にマスクを着用させ、彼らを病気にしたり殺したりする可能性のある未検査および治験未認証の似非ワクチンを服用させ、政府の支援に依存させます。それは常にアジェンダ(議題規範)になっていました」とムント博士は述べた。
クランダル少将が次の証人であるギャビン・ニューサム知事室の副法務長官であるタム・マー氏を紹介しようとしていたとき、3人の判事パネル委員は有罪の評決を宣言するのにもう十分な証拠をもう沢山聞いたと述べた。ギャビン・ニューサムは反逆罪と児童性犯罪で有罪であり、彼が法律違反のために処刑されることを勧めました。
「あんた達は俺様を処分できんぞ、チクショー」とニューサムは逆上して叫びました。
「あんたは自分で死刑を選択したんだよ」とクランダル少将は突っぱねて冷酷に言いました。
クランダル少将は来たる1月24日を死刑執行日に設定した。[終了]翻訳文責ハルジャス】


『ギャビン・ニューサム・カルフォルニア州知事のギトモ裁判が結審した。直接的な証言もかなり多く、猥雑な証拠が多すぎて、あっけない幕切れだった。1月24日に死刑執行日が予定されたのである。2022年最新に死刑となる新春の名誉を受けた。第19代トランプ大統領再任=政権復帰が想定されている新しい[アメリカ共和国]が、もしもいろんな事が順調に進みさえすれば、150年ぶりに1871年以来になる筈の新共和国が発足しようてしている。これは画期的な話で、きっと歴史的に特筆記念すべき大革命の年になる筈だろう。それまでに、大きなDS/CABALによる妨害行為や突発的事件が無いことを祈りたい。ハルジャス』



01-04 雇用が不安定なのに消費が伸びるハズない
2022/01/04
/watch?v=v0tvm-FAuoY


01-03 業績の水増しビッグ・バンで一般投資家が資産を溶かす
2022/01/03
/watch?v=qJNuP2vSrBQ


恒大不動産 土地没取 中国の最低賃金
2022/01/02
/watch?v=XMaF54kRcwg


※尾身黒株はオレオレ詐欺と手口が同じ真っ赤なウソ
#588_オミクロン株……ワクチン効くの? 効かないの? 長尾和宏コロナチャンネル
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39768427


※ウッタル・プラデーシュ州(インド最大州)
インド政府 最大人口州でCOVIDフリーを宣言 イベルメクチンの効果を確認
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39430431


※大村智氏:発症した後は、初期に18mg×…を食後に飲むこと。
長尾和宏医師 講演 「ワクチン後遺症とイベルメクチン」前編
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39597907


長尾和宏医師と対談 「ワクチン後遺症とイベルメクチン」後編 - Niconico Video
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39607476
 

世界歴史大転換【923】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 3日(月)09時26分45秒
  [Gavin Newsom Military Tribunal: Day I] Real Raw News
By Michael Baxter[ -December 30, 2021]

https://realrawnews.com/2021/12/gavin-newsom-military-tribunal-day-i/

[Tuesday, 28 December]

After another delay, Gavin Newsom’s tribunal began on Tuesday morning.
Gavin Newsom wasn’t flashing his ubiquitous pearly smile when he set foot in Guantanamo Bay’s south courtroom and found himself the subject of derisive stares from both Rear Adm. Crandall and the 3-officer panel tasked with weighing the military’s case against him. The man known for spending three hours in makeup and wardrobe prior to public appearances arrived in court wearing a white detainee jumpsuit instead of his preferred button-up shirt, blazer, slacks, and Cole Haan shoes. Unkempt and unshaven, Newsom told the commission he had not hired a defense attorney because to do so would “validate an illegal military justice system.”
“I am here against my will unlawfully and illegally, kidnapped from my home, separated from my beloved wife and children, based on nothing but spurious allegations and baseless evidence. I know this bias court, and I’m loathed to give it that credit, has already found me guilty. Nothing I say will make a difference. So, I choose to invoke my 5th Amendment right to remain silent,” Newsom said.
“Merry Christmas to you too, Mr. Newsom,” Rear Adm. Crandall quipped, and at once played for the tribunal an intentionally blurred clip of Newsom raping a young girl in the underground dungeon of what was his Fair Oakes, California, mansion. Although the female was deliberately obscured, Newsom was clearly visible, his mouth agape as he, bug-eyed and crazy, molested the clearly underage girl.
“Regardless of what he says or doesn’t say now, during an initial deposition he admitted he was high on Adrenochrome, and encouraged others to take it, when this video was made. The child in this video, who was 13 when it was made, is still a minor, and so we are not disclosing her identity. But this is only one example, and we’ve seized a dozen such videos, that show Newsom engaged in sex with underage females,” Rear Adm. Crandall said.
Newsome betrayed his vow of silence, claiming the girl had told him she was 18 and that the sex was consensual.
In response, Rear Adm. Crandall showed the panel sworn written testimony in which the girl described how Newsom, while holding diplomatic parties at his residence, tried to discretely grope and fondle the daughters of his political friends.
“I’d accompanied my parents to a few of his functions saw him brushing up against other girls, sliding his hand over their buttocks, playing with their hair, holding their hips, kissing their shoulders. When I told my father that he was creepy, he said ‘Oh, that’s just how Gavin is?friendly.’ And when I said I didn’t want to attend any more of his parties, I was told that he?Gavin Newsom?would be very disappointed if I was absent. It was the third visit that it happened, and I can’t remember everything, because I don’t want to. I assume he somehow drugged me, took me to that room of his and raped me. My parents seemed so in love with him I didn’t say anything, but I ran away from home. I know that others, like me, were used as party favors,” part of her statement read.
It’s eerie that Gavin Newsom and Hunter Biden seemed to draw criminal inspiration from the same playbook.
Over the next four hours, the panel heard six other young women?some appearing on ZOOM?give testimony supporting the assertion that Gavin Newsom abused his political authority to coerce constituents into prostituting their children or outright ignoring his advances towards them. One girl, identified only as Lauren, who was 16 when she met Newsom, said under oath that the depraved governor began preying on children almost immediately after he’d been elected to office. On January 12, 2019, she met Newsom while flying from California to D.C. aboard a chartered flight filled with political donors?and in some cases, their children?who had helped fund Newsom’s gubernatorial campaign.
“Yeah, I met that bastard,” she said on a ZOOM call. “My parents were in Washington and I was going there to meet them, and they got me on his plane. He sat next to me and kept telling me how pretty I was. He said he wished his daughter was as hot as me. What kind of fucked up person says that? He asked me if I was a virgin and suggested we spend time together. I told him to fuck off and get the hell away from me, and he said that he’d ruin my parents if I told anyone we’d spoken. But I told anyone who’d listen, which was no one. Went to the media, but they ignored me. I hope he rots in hell,” Lauren finished.
Of all the young women who testified, Lauren alone escaped Newsom’s clutches. The others had in some fashion been molested or raped.
After their testimony concluded, Rear Adm. Crandall put the tribunal in recess until Thursday morning, saying he would then focus on evidence detailing Newsom’s Covid crimes.[to be continued]


【[ギャビン・ニューサム軍事法廷:1日目]Real Raw Newsより
マイケル・バクスター著[-2021年12月30日]

https://realrawnews.com/2021/12/gavin-newsom-military-tribunal-day-i/

【12月28日(火)】

さらに開催が遅れて、ギャビン・ニューサム裁判法廷は火曜日の朝に始まりました。
ギャビン・ニューサムは、グアンタナモ湾裁判所の南法廷に足を踏み入れたとき、どこにでも見せる真珠のような笑顔を見せませんでした。そして、クランダル少将および軍の事件を彼に対抗する任務を負った3人の判事パネルの両方から、嘲笑的な視線の対象になりました。公の場に出る前にメイクとワードローブに3時間費やしたことで知られるおしゃれ男は、好みのボタンアップのシャツ、ブレザー、スラックス、コールハーンの靴の代わりに白い被拘禁者の制服ジャンプスーツを着て、法廷に到着しました。ニューサム氏は、無謀に無精ひげを生やしており、「違法な軍事司法制度を検証する」ため、弁護人を雇っていなかったと委員会に語った。
「私は不法かつ違法に私の意志に反して、此処にいます。偽りの主張と根拠のない証拠に基づいて、私は私の家から誘拐され、愛する妻と子供たちから引き離されました。私はこれが偏見の法廷であるを知っています。そして私はそれに法的信用を与えることは嫌なのです。私はすでにこの法廷において有罪にされるとわかりました。しかし、私が言うことは何も違いはありません。それで、私は黙秘権を維持するために、第5修正権利を行使することを選択します」とニューサムは言いました。
「あなたにもメリークリスマスを、ニューサムさん」クランダル少将は、皮肉に挨拶した。カリフォルニア州フェアオークスの邸宅の地下隠れ部屋(ダンジョン)で、若い女の子を好き勝手にレイプしていたニューサム知事について、意図的にぼやけた犯歴クリップを、法廷ですぐに公開演奏し始めました。女性は故意に画面から隠されていたが、ニューサム自身ははっきりとVTRに見えており、彼は虫の目になって変にとち狂ったように、明らかに未成年の少女を痴漢していました。
「彼が今何を言っているか、何を言っていないかにかかわらず、最初の寄託宣誓書の中では、アドレノクロム効果が高いことを認め、このビデオが作成されたときに他の人にそれを摂取するように勧めていました。この動画の中の子供は、作成時にまだ13歳でしたが、未成年であるため、彼女の身元は明らかにされません。しかし、これはほんの一例であり、ニューサムが未成年の女性と乱倫セックスをしていることを示す、そのような具体的な証拠ビデオを12本集めました」とクランダル少将は言った。
その時ニューサムは沈黙の誓いに反して遮って発言した。「少女は18歳であり、性別は合意に達していた」と言い訳を主張した。
それに応えて、クランダル少将は、ニューサムが彼の住居で外交パーティーを開いている間、彼の政治的友人の娘を個人別に触れたりまさぐったりし、愛撫した方法を説明したと、パネル判事宣誓書面による証言について明らかに示しました。
「私は両親と一緒にいくつかの行事に同行しました。彼は他の女の子に向かって摩ったり、手をお尻に滑り込ませたり、髪の毛を弄んで、腰を押さえつつ肩にキスをしました。彼女が父に向って「気味悪い」と抵抗し言ったときは、彼は「ああ、それがギャビン氏の愛情表現なんだ」と弁解して誤魔化していた。そしてパーティーにこれ以上参加したくないと彼女が強く訴えたときには、「彼はギャビン・ニューサム知事なんだぞ」ときつく制して言われた。「もしお前が此処に来なかったら、彼がとてもがっかりしただろう」とも。その事件が起こったのは3回目の訪問でしたが、私はもう思い出したくないので、すべての体験を思い出すことができません。彼ニューサムはどういう経緯なのか、私に薬を飲ませたらしく、私を彼の部屋に連れ込み、私をレイプしたのだと思います。私の両親は彼ニューサムをとても愛しているようなので、私は何も言えなかった。しかし、私は結局両親の住む家から出て逃げ出しました。私のように道具処遇された他の女の子たちが[党の好意]として手軽に使役されたことを私は知っています」と彼女が声明の一部を読み上げました。
ギャビン・ニューサムとハンター・バイデンが同じ遊びプレイブックから性犯罪のインスピレーションを引き出しているかのように見えたことが、実に不気味です。
次の4時間で、パネル判事は他の6人のうら若い女性(一部はZOOM出演)について話した。ギャビン・ニューサムが彼の政治的権威を乱用して、配下の構成員たちに各々の子供を提供するよう強制するか、子供への人間的進歩を完全に無視するように強制したという主張を支持する証言が得られました。ニューサムに出会ったときには16歳だったローレンとだけ特定された1人の少女は、堕落したこの知事が、彼の選挙で選出された直後に子供たちを色狂いして捕食し始めたと、宣誓の下で言いました。 2019年1月12日、彼女は、ニューサムの知事選挙キャンペーンへの資金提供を支援した政治献金者と共に、ケースによるとその子供たちで満席のチャーター便に乗って、カリフォルニアからワシントンD.C.に向かって飛んだときに、機内でニューサムに出会いました。
「ええ、下衆野郎に会いました」と彼女はZOOM音声コールで言った。 「私の両親はワシントンにいて、私は彼らに会うためにそこに行きました、そして両親は私を彼の飛行機に乗せました。彼は私の隣に座って、私がどんなに綺麗なのかを私に口説き続けました。彼と同様に相手の娘の身体が熱くなることを望んだと言った。なんてめちゃくちゃな人がそんな戯れ言をいうのだろうか?ド助べえの彼は私が処女であるかどうか私に尋ね、遂には私たちが一緒に時間を過ごそうと厭らしい口説き文句を言葉にした。更に私と性交している間、奴は他人を遠ざけるように言いくるめた。私がもし誰かに秘密を話したら、私の両親を台無しにしてやるだろうと彼は卑怯にも脅した。しかし、私は聞いてもらえると思える人には誰にでも事実を話すことにしたため、遂に他でもないメディアに訴えに行ったのです。しかし、彼らは私の言ったことを全く無視したのです。彼が地獄に堕ちて腐敗することを切に願う」とローレンが話を終えた。
証言したすべての若い女性の中で、ローレンだけがニューサムの手に負えなくなっていた。他の人々は、何らかの形で痴漢行為またはレイプされていました。
女性らの証言が終わった後、クランダル提督は、次回ニューサム知事のコビッド犯罪を詳述している証拠に焦点を当てるとして、木曜日の朝まで法廷を休会させると述べた。[続く]翻訳文責ハルジャス】



『卑劣極まる確信犯だった本物のニューサム知事(現在表に登場しているよく似た奴は影武者ダブルの偽者)の悪辣な未成年少女らへの性犯罪が、早くも第一回ギトモ裁判から暴かれたのであった。最低の非人間悪魔の如き鬼畜だったギャビン・ニューサム・カルフォルニア州知事は、その立場を機会あるごとに頻繁に悪用しており、姑息にも子の親さえも犯行を同意させて、幼い児童の性補食に日夜励んでいたのである。最初はJAG探索でもこの事実はほぼ知らなかったようだ。しかし、自宅の地下隠れ部屋には、どぎつい性犯罪証拠がテンコ盛りに存在していたのである。ハルジャス』



01-02 助けると追い詰められる底なし沼が恒大
2022/01/02
/watch?v=EqOkApWeVxk


※ドイツ武装警察部隊に逮捕され謎の死に至ったドクター・アンドレアス・ノアック博士
水酸化グラフェン(GHO)=カミソリの刃だ。グラフェン・トップ化学者の遺言
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39708046


 

世界歴史大転換【922】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2022年 1月 2日(日)12時54分52秒
  [CAUGHT RED-HANDED: Covid Tests Are Designed to Pick-Up “SARS-CoV-2 Proteins” . . . . which the mRNA Vaccines tell your body to produce!!!]30 Dec 2021  posted by Weaver:Tap News

https://tapnewswire.com/2021/12/caught-red-handed-covid-tests-are-designed-to-pick-up-sars-cov-2-proteins-which-the-mrna-vaccines-tell-your-body-to-produce/

Self-Fulfilling “Outbreak” and total fraud!
The Hal Turner Show[ Dec 28, 2021]
You’ve all heard about the latest so-called “variant” of COVID . . .  the Omicron Variant . . .  allegedly breaking out all over the place, and how there are new tests you can get, even for home use!  Turns out, the entire thing is a deliberate fraud.   Here’s how . . .
If you read the box, you’ll see it plainly says these “tests” are ***** NOT ***** approved by the FDA, but are issued under an EUA (Emergency Use Authorization).   Here.  Look:

Here’s the other box I have:
I outlined in red where you need to pay close attention.   On BOTH test boxes, it is clear these tests are NOT approved by the FDA, but are issued under EUA which stands for Emergency Use Authorization.
Both boxes also CLEARLY tell you what they are designed to look for: “SARS-CoV-2 proteins.”
Do you see that on BOTH test kit boxes?   The tests look only for SARS-CoV-2 PROTEINS.
Now, you all know there are so-called “vaccines” for COVID and that most of these so-called “vaccines” carry a new technology known as messenger RNA which is referred to as “mRNA.”
For over a year, we have all been told that the mRNA vaccines instruct our bodies to manufacture our own spike proteins . . .  like the one found on SARS-CoV-2, so that our immune systems will learn to respond when they come in contact with the REAL SARS-CoV-2 disease, right?
Well, there’s the fraud.   The new tests are looking only for SARS-CoV-2 proteins, while at the exact same time, what did the mRNA vaccines instruct our own bodies to produce?   SPIKE PROTEINS! ! ! ! !   Just like the SARS-CoV-2 protein! ! ! ! ! !
The test kits . . . . are picking up the spike proteins that the VACCINES told our bodies to make ! ! ! ! !
It’s a self-fulfilling “outbreak” because all those “positive” tests, are actually picking up the proteins that the mRNA vaccines instructed our own bodies to make ! ! ! !
Then the government turns around and calls it an “outbreak” even though few if any people are actually getting sick, and the whole “lockdown” nonsense starts all over again.
So they lock everything down again, drive out of business what few family-owned businesses that survived the last time. Then government comes in and offers everyone debt relief ? after they drove everyone into Bankruptcy with their lockdowns ? if they agree to give up their right to own or possess private property.  Government then promises everyone a guaranteed Universal Basic Income (UBI) and thanks to desperate people, in dire financial straits, they get to  usher in worldwide Communism, with government owning everything. All thanks to a virus “outbreak” that is nothing more than tests picking up the spike proteins generated by our own immune systems as a response to the mRNA vaccines . . . .  that they coerced, forced, and threatened everyone to take.
Hey, if their vaccines work so well, why are so many people allegedly infected again?   HMMMMMM. Maybe because the vaccines don’t work.  OR . . . because what they are CALLING the Omicron outbreak is actually nothing more than the new tests picking up what the vaccines instructed our own bodies to manufacture: Spike proteins.
This becomes a self-fulfilling fraud.

They call the vaccine-generated proteins a new “outbreak.”  Then what?  Oh, wait, a BOOSTER SHOT VACCINE.    And then what?   New tests a few more months from now and . . . .wait for it . . . . . oh, gee, another outbreak. Why? Because the BOOSTER caused your body to generate more spike proteins.  Then what?  Another booster. . . . . for another test . . . .  and on and on and on we go.
In the meantime, the people making the vaccines are getting uber rich by selling boosters.  The test companies are getting rich from the morons testing and re-testing themselves, the government gets to declare “new outbreaks” every few months, then grab all private property in return for debt relief and UBI, and the freedom of the people . . . is gone forever.

STOP GETTING TESTED if you are not sick.

Omicron is nothing more than the spike proteins generated by the vaccines.  There is no actual “outbreak.”
Go out and live your life normally.  Visit friends, family, and loved ones for New Years.  DO NOT BE AFRAID.   This latest COVID thing, is a manufactured lie.
Yes, some people are being hospitalized . . . . with the FLU . . . because it’s . . . . FLU season!
Don’t believe the lies being put forth by CDC and NIH.  They earn cash money from vaccines they help develop.  It is in their financial interest to keep jabbing people.   If it never ends, neither does their cash flow !
We’re being lied to and defrauded out of our freedom.   Stop being a sucker and think for yourself.
If these test kits are testing for “proteins” from the SARS-CoV-2, and the vaccines told your body to generate spike proteins like the ones from SARS-CoV-2, then the only thing these tests are picking up are the proteins that the vaccines told your body to make.
Self-fulfilling and phony outbreak, and total fraud designed to wreck you financially, steal your freedom and change our entire economic system to one of complete government control.

One Response to “CAUGHT RED-HANDED: Covid Tests Are Designed to Pick-Up “SARS-CoV-2 Proteins” . . . . which the mRNA Vaccines tell your body to produce!!!”[end]


【[赤色陽性を手動でキャッチ=CAUGHT RED-HANDED:Covid検査テストは「SARS-CoV-2タンパク質」を自動的に検出するように設計されています。 。 。 。なんとこれは、mRNAワクチンがあなたの身体にコビット菌アウトブレイク生成をするように指令するカラクリです!!!] 2021年12月30日投稿者ウィーバー(Weaver):Tap Newsより

[自己完結的アウトブレイク予言と完全な詐欺!]
ハルターナーショー[2021年12月28日]
COVIDの最新のいわゆる変異株「バリアント」について聞いたことがあるでしょう。 。 。オミクロン変異株(バリアント)とは。 。 。伝えられるところでは、あちこちで発生している変異株で、家庭で検査キットを使用する場合でも、どのように新しい検査テスト結果を取得できるのか!結局のところ、すべては意図的に企んだ詐欺です。その方法は次のとおりです。 。 。
ボックス注釈書を読むと、これらの「PCR検査テスト」にはFDAによって公式承認されていない医薬品(ワクチンという偽名で)が、緊急承認EUA(Emergency Use Authorization)の下で臨時的に発行されていることがはっきりとわかります。ここを見て:(※注意書きのラベル写真が此処に掲載:省略)

これが私が持っているもう1つのPCR検査テストボックスです。
私はあなたが細心の注意を払う必要があるところを赤で囲んで注記概説しました。両方の検査テストボックスで、これらの検査がFDAによって承認されていないことは明らかですが、緊急使用許可を表す「EUA」の下で発行されています。
どちらのボックスも、「SARS-CoV-2タンパク質」という検索対象が何であるかを明確に示しています。
両方の検査キットボックスにそれが表示されますか?PCR検査はSARS-CoV-2タンパク質(※コロナ菌本体のこと)のみを探し出します。
さて、COVIDにはいわゆる「ワクチン」があり、最近これらのいわゆる「ワクチン」のほとんどは、「mRNA」と呼ばれるメッセンジャーRNAと呼ばれる新しい技術を搭載していることをご存知でしょう。
1年以上の間、mRNAワクチンは私たちの体に私たち自身のスパイクタンパク質を製造するように指令すると言われてきました。 。 。 SARS-CoV-2に見られるもののように、私たちの免疫系は、リアルな SARS-CoV-2疾患に接触したときに、反応することを学びますよね?
ええと、ここで他ならぬ詐欺があります。新しい検査テストはSARS-CoV-2タンパク質のみを探していますが、同時に、mRNAワクチンは私たち自身の体に何を生成するように指示しましたか?スパイクタンパク質です! ! ! ! !そうコロナ本体そのものである SARS-CoV-2タンパク質! ! ! ! ! !
この偽造された検査テストキットのカラクリが、mRNAワクチンが私たちの身体中に作るように言ったスパイクタンパク質を拾っているのです! ! ! ! !
これらの「陽性」PCR検査はすべて、mRNAワクチンが私たちの体に作るように指示したタンパク質を実際に拾い上げているため、自己完結的なアウトブレイクが「発生」します。 ! ! !
その後、政府は振り返り、実際に病気になっている人はほとんどいないにもかかわらず、それを「アウトブレイク」と呼び、「ロックダウン封鎖」のナンセンス全体が最初からやり直しされます。
それで彼らはすべてを再び都市封鎖し、最後に生き残った家族経営の企業までも廃業させます。それから政府職員がやって来て、私企業が私有財産を所有または所有する権利を放棄することに同意した場合、彼らがすべての人をロックダウン封鎖で破産させた後、改めてすべての人に債務救済を提供します。その後、政府はすべての人に保証されたベーシックインカム(UBI)を約束します。絶望的な人々のおかげで、悲惨な財政難の中で、政府がすべてを所有し、世界的な共産主義の到来を告げることになります。ウイルスの「アウトブレイク」のおかげで、mRNAワクチンへの応答として私たち自身の持つ免疫システムによって生成されたスパイクタンパク質を拾い上げる詐欺の検査テスト結果にすぎません。 。 。 。彼らはすべての人に強制し、さらに何度もしつこく強制し、その上で罰則で脅迫しました。
ねえ、彼らのワクチンがとてもうまくいく効果的な薬品なら、なぜそんなに多くの人々が再び感染しているのですか? フーム。ワクチンが効かないからかもしれません。また 。 。 。彼らがオミクロン変異株のアウトブレイクをうるさく呼びかけている理由とは。実際には、疑似ワクチンによって私たち自身の体にスパイクタンパク質の再製造を指示した騙しのカラクリだったのです。つまりそれはワクチン接種者がすでに持っているスパイクタンパク質を検査によってピックアップする新しい再検査テストにすぎないからです。
これは自己完結的アウトブレイク予言(※=二重の詐欺)になります。

彼らは、ワクチンで生成されたスパイクタンパク質を新しい「アウトブレイク発生」と呼んでいます。じゃあ一体何んなの?ああ、ちょっと待って、ブースターワクチンって何だったっけ。そして、それは何?今から数ヶ月後の新しいテストとは。 。 。 。それを待つ のか。 。 。 。 。ああ、いや、別のアウトブレイク発生。どうして?実はブースターワクチン接種があなたの体の中にもっと多くのスパイクタンパク質(※=コロナ菌本体)をアウトブレイク生成させたからです。じゃあ何?別のブースター接種が必要になる。 。 。 。 。別の検査テストのために。 。 。 。そして何度も何度も繰り返しマッチポンプします。
その間、ワクチンを作る大手製薬会社の人々はブースターを売ることによって超豊かになっていきます。検査テスト会社は、間抜けな検査テストと再テスト...で金持ちになり、政府は数か月ごとに「新たなアウトブレイク発生」を宣言し、債務救済とベーシックインカム(UBI)、そして人々の自由と引き換えにすべての私有財産を政府が奪取します。 。 。つまり永遠に私有財産がなくなっていくのです。
もし病気でない場合は、PCR検査でコロナ検査テストを受けるのをやめてください。

オミクロンとは、似非ワクチンによってアウトブレイク生成されたスパイクタンパク質(コロナ本体)にすぎません。実際の「アウトブレイク発生」はありません。
さあ外に出て、普通に生活してください。新年の友人、家族、そして愛する人を訪ねてください。プロパガンダの虚偽アウトブレイクを恐れることはありません。この最新のCOVIDは、自作自演で製造された真っ赤な嘘です。
はい、入院している人もいます。 。 。 。 季節に由来するインフルエンザ流行でPCRテストで必ず陽性になります。 。 。だってそれは 。 。 。 。インフルエンザシーズンだからです!
CDCとNIHがワザと嘘をついているとはけして思わないでください。彼らは開発を支援するワクチン商売から現金を取って稼いでいます。人々をワクチン接種(ジャブ)し続けることは彼らの経済的利益になります。アウトブレイク流行が終わらないなら、彼らのキャッシュフロー増大も終わらないのだ!
私たちは自由に嘘をつかれ、公的にだまされています。鵜呑みの吸盤になるのをやめて、自分で考えてください。
これらのPCR検査テストキットがSARS-CoV-2の「スパイクタンパク質」を検査テストしていて、ワクチンがSARS-CoV-2のようなスパイクタンパク質をアウトブレイク生成するようにあなたの体に指令した場合、これらの検査テストで検出されるのはコロナ菌本体のスパイクタンパク質だけです。似非ワクチン(※公式に認証されていない疑似薬品)があなたの体に作るように指令した詐欺行為です。
この事実は、自己完結的アウトブレイク予言と偽りのコロナ発生であり、そしてあなたを経済的に破壊し、あなたの自由を盗み、私たちの経済システム全体を、完全な政府の管理の1つに変えるように設計された完全なる詐欺でした。

「赤色陽性になるように手動偽造された: PCR検査Covid詐欺検査キットは「SARS-CoV-2タンパク質」を検出するように誘導される仕組みに設計されています」に対する1つの応答。 。 。 。これは、mRNAワクチンがあなたの体に生成するように仕組まれているのです!!!」[終了]翻訳文責※意訳ハルジャス】


『謹賀新年。コロナ菌の存在がそもそも論で、存在証明=実在証明は「分離と同定ができない」と昨今多くの善良な人々にささやかれている。スペインの公的な高等裁判所でコロナウイルスの分離同定ができない訴えが認められ、最近になって漸く「法的に証明」(No938 参照10/16)された。この司法による最終判決は欧米他国にも水平展開されつつあり、社会現象としてのみコロナ菌の社会的流行が確認されたのであって、けしてコロナ菌自体が実在証明されていないというのが、「社会的な事実」であるということだ。最近その権威が失われつつあるランセット誌などの著名な科学雑誌の論文においても、提出論文の取り消しが目立っている。ビッグファ―マ大手製薬会社による金塗れ賄賂漬けに、最先端の研究所や有名な世界の権威あるランセットや大学研究室までもが、その例外なく賄賂漬け汚染か脅しにより脅迫されているからである。これらの捏造された論文をあたかも事実如く存在証拠として吹聴するある日本にあるオタクサイトは、コロナ菌が実在しているなどと未だに言い張りほざき続けている。フェイクニュースを垂れ流す愚かな面々が世の中にはまだ居るようだが、大変残念ながら、具体的な根拠のとぼしい、嫉妬にかれれた証拠提示なきトランプ攻撃現象とともに悲しむべき事態である。そんなときに尾身黒菌がデマだとする傑作な記事↑に出くわした。変異株とは、全てのRNAコロナ菌(Covid19)にはおよそ3か月程度で変異していく原理原則がある。菌自体がそのものの生存率向上を求めるためで、広域流行がしやすいように毒性低下が必須となる。この事実をけして声高に知らせないTVや権威あるTV似非医師らが一般大衆を脅したり、コロナ流行の脅威を煽りまくっているのが、相も変わらぬ日本や世界のマスコミの過多プロパガンダ宣伝である。変異株オミクロンという研究室で作られた人工的な変異株は、ワクチン接種数がほぼ目標達成した時期を狙って世界中に放たれたカバール最後の大詐欺であった。主に尚もPCR詐欺検査を悪用しており、ワクチン接種詐欺行為の巧妙な二重ダブル詐欺手口を追加したのである。騙されるカモとは、何度も個人データが残るために、オレオレ詐欺に引っ掛かりやすくなって騙されやすくなっているからという同じ洗脳誘導原理である。日本人の70%以上がそんなワクチン接種詐欺を真に受け入れるお人好し体質なのだろう。猛毒入り疑似ワクチン接種詐欺にオミクロン詐欺のマッチポンプ式ブースター接種詐欺が更に加わってしまった。この人類大量ジェノサイドのDS/CABALの企みに何故か気付かないダメダメ性善説は、隠密サイレント戦争下にある現在の沈黙の戦時下では、けして通用しないのである。新年が明けてもなお、卑劣なワクチン接種詐欺の暗い警告メッセージをしつこく発していかなければならないという愚かな現象は、誠にもって辛いことであるだろう。ハルジャス』



中国台湾問題】なぜ中国で次々と"人が逮捕され消えていく"のか? それは日本人も台湾人も?!
2021/12/27
/watch?v=wUOFGPngfCs


著名人の大量捕獲キターー??マクスウェルの判決が遂に出た??Bデンが国境に多額の送金を実行していた??NTTが調達先の人権問題監査を実施??
2021/12/30
/watch?v=gtvck5Dtj20


トランプ?前大統領の声明~2021年総括その2[日本語朗読]031230
2021/12/30
/watch?v=LIQICh-41yw


アメリカ前国務長官?ポンペオ氏~除隊兵士に対する見解他~12月28日[日本語朗読]031228
2021/12/28
/watch?v=wWQNe2LlCDE


※ギスレーン・マクスウェル有罪判決のマスコミ報道
Ghislaine Maxwell guilty on several sex abuse charges
The Five' react to the Ghislaine Maxwell verdict | Breaking
2021/12/30
/watch?v=tNx06Bd655s


元ニューヨーク市長ジュリアーニ氏が選ぶアメリカ2021年トップ10[アメリカの今]??今年もお世話になりました。031231
2021/12/31
/watch?v=ZeyOsJJ5np8


トランプ?前大統領の声明~2021年総括vol3最終回[日本語朗読]031230
2021/12/31
/watch?v=JkKw5NtxVyM


2021年最終動画 中国IT企業リストラの嵐が
2021/12/31
/watch?v=xWRD-DhpJuU


※元5Gアンテナ技師が語る5Gの実態とパンデミックとの関連
なぜ5G稼働地域とコロナ被害の多い地域が重なるのかの技術的な告発!?
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39659781


コロナの裏側を知ったステュー・ピーターの悲痛な叫び
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39712468


尾身クロン株はワクチン副作用を隠すためのものだ: ゼレンコ博士
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39713338


ワクチン接種後、パーキンソン病のような症状が現れる
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39713289


COVID-19ワクチンがAIDSを引き起こす ゼレンコ博士
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39750228



【コロナワクチン】変異株とコロナウイルスの正体
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39732762


GAVI!ワクチンを子どもにどうしても打ちたいそのワケ: 2018年にGAVIが公募していた! 奴隷化管理!
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39750621


トランプを治療した主治医ゼレンコ博士の命がけの発言!
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39755514


【12分でゆっくり解説】モデルナワクチン接種後に75%が副反応を発症する?|コロナワクチン関連ニュース
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39775942


SATORISM TV.204「いきなりエイズ!前年まで減ってたエイズ患者が今年になって急に増加した理由」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39780168


【必見】コロナワクチンの中身は人体を監視するナノテクノロジー・身体ルーター化
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39780551


自作自演やらせのFBI・アメリカの税金5億4800万ドルの汚れた使い道が暴露・「陰謀論」というウソ言葉が「事実」の代名詞になる日も近い
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39780455


【12月7日発表】死者が増えた世代は?増えた死因は?人口動態統計月報(7月)を読んでみた
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39730100


「心筋炎と心膜炎」が重大副反応に追加 関連が認められる 人口動態統計速報で2021年に約8万人がワク死の推計
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39707398
予防接種・ワクチン副反応分科会
https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000208910_00035.html
人口動態統計
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/s2021/09.html
速報値
file:///Users/takayukiueda/Downloads/r0309%E9%80%9F%E5%A0%B1%20(3).pdf


※HCQとIVM特効薬が救い
【必見】Dr.シモン・ゴールド医師が語るワクチンの真実(吹き替えバージョン)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39641971


※12歳児副作用公表分のみ統計データ:1名突然死あり
【厚生労働省報告症例一覧(ワクチン製造販売業者からの令和3年12月報告)】※必見 https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000872483.pdf
No. 12223 12歳 男性 接種日:2021/08/19 発生日:接種後7日
症状:末梢神経障害 未回復
No. 14707 12歳 男性 接種日:2021/08/22 発生日:9/24
症状:血中免疫異常 不明
No. 14805 12歳 女性 接種日:2021/09/27 発生日:09/27
症状:末梢神経障害 回復
No. 15083 12歳 男性 接種日:2021/08/23 発生日:08/27
症状:心筋炎 回復
No. 15141 12歳 女性 接種日:2021/09/29 発生日:09/30
症状:肝機能障害、甲状腺機能低下症 未回復
No. 15392 12歳 男性 接種日:2021/10/07 発生日:10/08
症状:脳炎・脳症、傾眠、会話障害、記憶障害 回復
No. 15488 12歳 男性 接種日:2021/10/07 発生日:10/10
症状:心筋炎、心膜炎 不明
No. 15628 12歳 女性 接種日:2021/09/22 発生日:09/24
症状:心筋炎 軽快
No. 15713 12歳 女性 接種日:2021/10/08 発生日:不明
症状:好中球減少症、白血球数減少 回復
No. 15907 12歳 女性 接種日:2021/09/08 発生日:09/13
症状:感覚障害、筋力低下、歩行不能 後遺症あり
No. 15960 12歳 男性 接種日:2021/10/21 発生日:10/23
症状:心筋炎、心膜炎 軽快
No. 16060 12歳 女性 接種日:2021/10/08 発生日:10/10
症状:心膜炎 回復
No. 16070 12歳 男性 接種日:2021/10/21 発生日:10/22
症状:心筋炎、心膜炎 軽快
No. 16073 12歳 男性 接種日:2021/10/28 発生日:10/31
症状:心筋炎 軽快
No. 16542 12歳 女性 接種日:2021/10/02 発生日:10/05
症状:感覚異常、起立障害、歩行障害 未回復
No. 16584 12歳 不明 接種日:不明 発生日:不明
症状:死亡
(以下省略)
 

世界歴史大転換【921】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年12月30日(木)11時00分24秒
  [Trump tells his supporters not to boo after revealing he got a booster shot and is pro-vaccination]by Sonam Sheth "INSIDER"
(Dec 21, 2021, 12:12 AM)

Trump told supporters not to boo when he announced he'd gotten the COVID-19 booster shot.
The audience cheered when Trump said he was opposed to vaccine mandates.
But the reaction changed when Trump and Bill O'Reilly said they were vaccinated and had boosters.
Supporters of former President Donald Trump booed and jeered when he announced on Sunday that he had received a COVID-19 booster shot and was in favor of the vaccine.
Trump made the comments during an appearance on the former Fox News host Bill O'Reilly's "History Tour." Newsweek first reported on the remarks.
At the event, Trump noted that the COVID-19 vaccine was developed under his administration as part of Operation Warp Speed. "Look, we did something that was historic, we saved tens of millions of lives worldwide when we, together, all of us, we got a vaccine done," Trump said.
"This was going to ravage the country far beyond what it is right now. Take credit for it," Trump said, adding later: "It's great. What we've done is historic. Don't let them take it away."
The former president drew cheers from the crowd when he said that he was opposed to vaccine mandates, adding, "If you don't want to take it, you shouldn't be forced to take it. No mandates."
But the crowd's reaction shifted when Trump and O'Reilly revealed they were both vaccinated and had gotten booster shots.
According to Newsweek, after O'Reilly told the audience that he and Trump were vaccinated, he asked Trump if he received a booster shot, to which Trump replied, "Yes."
"I got it, too," O'Reilly said.
Newsweek reported that the crowd then started booing Trump and that he had to tamp down the audience's reaction which appeared to be coming from one side of the arena.
"Don't, don't, don't," Trump said. "That's all right. It's a very tiny group up there."
Trump's comments over the weekend came a few months after he told reporters that he would not be getting a booster shot.
"I feel like I'm in good shape from that standpoint ? I probably won't" get one, he told The Wall Street Journal in a September interview. Later he added, "I'm not against it, but it's probably not for me."
Trump has repeatedly sent mixed messages about the COVID-19 vaccine to his base, a big chunk of which remains reluctant to get the shot.
While the Biden administration has pushed Americans hard to get one of the three available COVID-19 vaccines ? which have proved effective at significantly reducing the likelihood of hospitalization and death from the disease ? Trump has said that while the shots are safe, Americans should not be required to get them.
The former president first encouraged Americans to get vaccinated in March, months after the vaccine was first developed and after he left office. The New York Times reported that both Trump and former then-first lady Melania Trump privately received their vaccines in January, before he left office.
Trump's approach to getting vaccinated stood in stark contrast to that of other public officials, including former Vice President Mike Pence, President Joe Biden, Vice President Kamala Harris, and former presidents Barack Obama, Bill Clinton, and George W. Bush, all of whom received their vaccinations on camera to build public trust.
The former presidents also released an ad campaign in March urging Americans to get vaccinated. Trump was the only one who did not participate in the video.
6 times Trump contradicted public officials about the coronavirus pandemic.[end]


【[トランプは、彼がブースターショットを取得し、ワクチン接種を受けていることを明らかにした後、彼の支持者にブーイングしないように言った]ソナムシェス記事「INSIDER誌」による(2021年12月21日)

トランプは、COVID-19ブースターショットを受けたと発表したとき、支持者にブーイングしないように言いました。
さらにトランプがワクチン接種義務化に反対していると言ったとき、聴衆は歓声を上げた。
しかし、トランプとビル・オライリー(※インタビューア)がワクチン接種を受けてブースター注射をしていると言ったとき、聴衆の反応は暗く変わりました。
ドナルド・トランプ前大統領の支持者たちは、日曜日に彼がCOVID-19ブースターショットを受け、ワクチンに賛成したと発表したとき、ブーイングと嘲笑を浴びせました。
トランプは、元FOXニュースのホストであるビル・オライリーの「ヒストリーツアー」に出演した際にワクチン接種の件をコメントした。ニューズウィークは最初に発言について報告した。
イベントで、トランプは、COVID-19ワクチンが、オペレーションワープスピードの一部として彼の管理下で開発されたことを自慢しました。 「見て、私たちは歴史的なことをしました。私たち全員が一緒にワクチンを接種したとき、私たちは世界中で数千万人の命を救いました」とトランプは言いました。
「これは現在の状態をはるかに超えて我が国を荒廃させるだろう。それを信用してください。それ(※オペレーションワープスピードによるワクチン開発)は素晴らしいことです。私たちが行ったことは歴史的なものです。彼ら(※ディープステート)にその手柄を奪わせないでください。」
大統領は、ワクチン義務化に反対していると述べたとき、群衆から歓声が上がり、「それを接種したくないのなら、強制的接種に受け止めるべきではない。皆自由にして接種義務はない」と付け加えた。
しかし、トランプとオライリーが両方ともワクチン接種を受けており、ブースターショットを受けたことを明らかにしたとき、群衆の反応は暗転し変わりました。
ニューズウィークによると、オライリーが聴衆に彼とトランプがワクチン接種されたと言った後、彼は彼がブースターショットを受け取ったかどうかトランプに尋ねました、そしてそれに対してトランプは「はい」と答えました。
「私もそれを手に入れた」とオライリーは言った。
ニューズウィークは、群衆がトランプをブーイングし始め、アリーナの片側から来ているように見える聴衆の反応を抑えなければならなかったと報告しました。
「制止しないでください、止めないでください、しないで」とトランプは言いました。 「大丈夫ですよ。そこにいるのは非常に勢力が小さなグループですから。」
週末のトランプのコメントは、彼がブースターショットを取得しないだろうと記者団に語った、その数ヶ月後にやって来ました。
彼は9月のインタビューでウォールストリートジャーナル紙に、「その観点からは、体調が良いと感じている。おそらく打たないと得られないだろう」と語った。後に彼は、「私はそれに接種に反対していませんが、おそらく私にとってはそうではありません」と付け加えました。
トランプは、COVID-19ワクチンについてのさまざまなメッセージを彼のフロリダ基地に繰り返し送信しており、その大部分はまだ公開されていません。
「バイデン政権はアメリカ人に3つの利用可能なCOVID-19ワクチンの1つを手に入れるのを難しくしました-それは病気による入院と死の可能性を大幅に減らすのに効果的であることが証明されました」-トランプはショットが安全である間、アメリカ人は忌避すべきではないと言いましたので、それらワクチン接種をする必要があります。
大統領は、ワクチンが最初に開発されてから数か月後、そして彼がオフィスを去った後、今年3月にアメリカ人にワクチン接種を受けるように最初に勧めました。ニューヨークタイムズ紙は、トランプと元ファーストレディのメラニア・トランプの両方が、彼がオフィスを去る前の1月に個人的にワクチンを受けた(※娘イバンカも接種済)と報告しました。
ワクチン接種を受けるためのトランプのアプローチは、マイク・ペンス前副大統領、ジョー・バイデン大統領、カマラ・ハリス副大統領、バラク・オバマ前大統領、ビル・クリントン、ジョージ・W・ブッシュなどの他の公人のアプローチとはまったく対照的でした。国民の信頼を築くためにカメラ出演して、ワクチン接種を実際に受けたのです。
バイデン大統領はまた、3月にアメリカ人にワクチン接種を促す広告キャンペーンを発表した。ただしビデオに参加しなかったのはトランプだけでした。
トランプはコロナウイルスのパンデミックについて、公的発言と矛盾していました。[終了]翻訳文責※印ハルジャス】


『↑のようなDSニューヨークタイムズ紙の如きよくある捏造物語フェイクニュースの類や、短絡的視点の狭量かつ正義漢ぶったオタクサイトで鬼の首を取ったように指摘されていたトランプワクチン接種の失政問題が確かに存在している。[GCRを介して復元された共和国:2021年12月28日付]の最近出されたジュディノート情報のある信憑性ある言葉を参考にして天秤にかけ、難題だが検証してみたい。トランプのワクチン接種推奨発言とブースターショットを自発的に受けた件(妻と娘も)に関して、米国一般大衆にとっては多くの謎と非難すべき疑問点が残っていた。この善悪是非のある行為と魔訶不思議な言動を最近のニュース報道と新規情報から、改めて善悪天秤にかけ考察したい。「トランプは、Covidウイルスが2018年にすでに作られていることを既に知っていたので、カバールの手を強引に引いた。この勇敢な行動により、2024年後半まで流行が終わらず、2025年からワクチンがリリースされるDS計画のはずだったが、当時トランプ大統領が早期にワクチンをリリースしたせいで、長期間予定されていたロックダウンの必要性が破壊された。お陰で封鎖が早期解除され、緊急事態法が終了し、製薬大企業(ビッグファーマ)は再び認可申請したため、FDAが承認しなかったであろう商業用ワクチンの適切な早期承認を求めざるを得なくなった。だからこそ、緊急使用許可やロックダウンをQ作戦[地底DUMBs破壊作戦]のため逆手に取って維持したい手段で、新しい系統の(mRNAワクチン)を開発したのです。これにより、DSカバールは事を早めざるを得なくなり、急き立てられ追い立てられたのである。彼らは性急になって間違いを犯したので、人々はより早く覚醒するようになった。」(ジュディノート12/28)とある。要するにトランプによる宿敵の裏を掻く、対DS潰しのQ軍事作戦だったことを第一の理由としているのだろう。5次元チェスの天才なら、これくらいのDSプランを追い越す自前の作戦を[ルッキンググラスの未来透視]によって予測して実際に実行した筈だからである。元々、Covid19には特効薬Hydroxychloroquine:ヒドロキシクロロキン(HCQ)が既に存在していることを知っており、DS潰しとしてHCQを真っ先に推進することこそがトランプの腹積もりだった。HCQを自ら服用しているお手本ビデオ画像公開をトランプ大統領自身が宣伝していた。しかし、米国の一般大衆があまり敬遠したためか着いてこず、特効薬を浸透させる時間が足りず、結局は作戦変更を迫られたのである。DS/カバールの初期プランでは、毒入りワクチンが秘密裏に開発予定であったが、2025年頃に公式認証されるという予定だった。そんなDS初期プランを知ってしまい、DS作戦の早期変更をさせるように対抗して、トランプはワープスピード作戦を企図した。所謂、オペレーション・ワープスピードによってオリジナル新規ワクチン開発で先回りしようと、自らの新手を考え直したのである。ただ、「トランプ大統領が早期に新ワクチンをリリースしたことで、封鎖が解除され、緊急事態法が終了し、大企業は再び、FDAが承認しなかったであろうビッグファーマ商業用ワクチンの適切な早期承認を求めざるを得なくなった」のであった。「だからこそ、緊急使用許可やロックダウンを維持したいQ作戦のために、」このワープスピード作戦を早めたのだろう。ではなぜゆえに、トランプが緊急使用許可やロックダウンを延長維持するQ作戦が必要だったのか、多くの人には水面下での軍事作戦のため不可解なことが多いだろう。トランプ大統領就任の原点の最大目標とはそもそも何であったのか、ここで最初によく知っておく必要がある。その眼目がトランプ大統領令(複数)に幾つも其の用語が最優先の事として、簡潔明快に述べられているのである。そもDS/CABALの最大の罪とは一体何か。人身売買と無辜の子供達の儀式的虐殺である。しかも、異常極まる殺人行為は尋常じゃないフツーのジェノサイド抹殺手段ではない気ちがい沙汰だった。つまり黒魔術を使う鬼畜邪悪な幼児生贄儀式を伴っているからだ。悪魔ルシファー崇拝によるアドレクロム採取=生命永久化という愚かな私益行為なのだ。そして、その核心にある黒魔術の呪いの歴史は、長くて深い似非カルト宗教=サンヘドリン邪宗の歴史の闇があり、紀元前よりもっと以前に、その起源はさらに遡ってやっと辿り着く、根の深い闇の魔術カルト宗教史(闇の似非キリスト教会イエスズ会主犯、ひいては似非ユダヤ人のサンヘドリン犯罪)的策謀に辿れるのである。これをよく知ってよく広角に理解できると、目先的視点からのトランプ失政是非判定も異なる視野と見解が開けてくるだろう。毒入りワクチン策謀は、DSカバールが企んだ反トランプの追加策略により先を越されたトランプのへ猛毒入りワクチンの濡れ衣を着せるため、結果的に騙して中傷企図した反撃の闇討ちとなったのである。その顛末は毒入りワクチンを何故ゆえ推奨しているのか、もし言い出しっぺがそのワクチン接種をしないことには開発責任者として一貫性の無さが指摘されるだろう。他方で開発者として接種推奨をしなかったら、逆に世間からその点でも非難されることになろう。つまりトランプが二律背反の苦しい言い訳できない苦境に追い込まれたのだ。義務化ではない自由選択が前提と発言しておいて、結果はあくまで接種する各人の自発自由行為だと軽く政治的に言い逃れもできよう。ただ子供の接種は禁止せよと明言したので、その点では非難クレーム回避の手抜かりはない。さらに、ワクチン接種の死因がCDC有害事象報告べリウス公開で数十万人にも上っていることをトランプが知らない筈がない。よって、歴史的かつ是非妥当性解釈の点で見ると、DSカバールによって毒入りワクチンに姑息にすり替えられた失政の咎は、トランプが背負うべき唯一の汚点となって、原罪になるうる大失敗だろう。その一方、トランプの良き善行としては、呪いの黒魔術による人身売買カルト儀式殺人事件で誘拐され虜囚された不幸な幼児らの生贄儀式を、世界中のレプが造った寄生地底基地DUMBsのほぼすべてをトランプ+Q軍が破壊した成果によって、カバール本部もほぼ破壊し尽くして、数十万人のトンネル暗闇地下に囚われて生存していた子供達を救ってきた善行がある。またさらに、ロックダウン封鎖という隠蔽工作マスキングが、Q作戦の一般大衆の不審と騒動を避ける絶対必要条件だったのである。この大善行と小悪である毒入り薬品・ワクチン接種推奨を、客観的に天秤にかけてみたら、事はシンプル化して簡潔に比較できよう。自ずと大善行=カバールほぼ壊滅と大量の虜囚子供救出>ワクチン失政となるのではあるまいか?ハルジャス』



12-29 ヨル妙佛(保存版) クレディスイスと柔らか銀行Gのトラブル理解のために
2021/12/29
/watch?v=V7Vm_svJcUo


12-30 崖っぷちの大企業、莫大なマネーを預けた投資会社と音信不通
2021/12/30
/watch?v=1QGBRWhW5l0
 

世界歴史大転換【920】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年12月29日(水)14時28分26秒
  [Dick Cheney Arrested]Real Raw News
By Michael Baxter -December 28, 2021

https://realrawnews.com/2021/12/dick-cheney-arrested/

Disgraced former Vice President Dick Cheney was arrested Christmas Eve while trying to discretely reenter the United States to spend the holiday with his daughters?Liz and Mary?at the latter’s home in Virginia, said a Judge Advocate General’s Corps representative speaking under terms of anonymity.
As Real Raw News reported previously, the 9/11 mastermind had on 11 November fled the U.S. for New Zealand after discovering, apparently, that he, like his former boss George W. Bush, was the target of a military arrest warrant. Bush was apprehended that night, but Cheney had a sophisticated escape and evasion plan that aided his getaway.
“JAG and OMC received actionable intelligence that Cheney was returning to the U.S. aboard an unscheduled and undeclared CIA Boeing 777-200 headed to Miami. When the intel came in, he’d already been in the air for some time, and the flight was scheduled to touch down sometime around 4:00 p.m., Christmas Eve. He was already halfway here, so we had only hours to get in motion,” our source said.
Without disclosing specific operational details, he said plainclothes U.S. Special Forces had staked out the airport in advance of Cheney’s arrival. At a quarter past four, spotters with binoculars saw the unmistakable profile of the twin-engine, widebody on final approach. It landed on Runway 9 but did not taxi to either of the airport’s international terminals, as is customary for flights arriving from overseas; instead, the plane taxied to and came to a stop outside a maintenance hanger north of the terminals. The engines spooled down, and a pushback tug towed mobile ramp stairs alongside the jumbo jet. When the door opened, only one person deplaned. It was Richard Bruce Cheney.
Cheney immediately entered a black limousine with diplomatic license plates that had pulled up near the ramp stairs only seconds after he had left the plane.
“Special Forces had two choices: Take him there or tail the vehicle. They didn’t want to create a scene and chose to follow the limo,” our source said.
In civilian vehicles the SF team shadowed the limo several miles from the airport to an underground parking garage at the Hilton Miami Airport Blue Lagoon Hotel, ostensibly where Cheney planned to stay the night or switch vehicles to avoid potential pursuers.
Special Forces blocked the limo, trapping it motionless between their innocuous-looking Range Rovers, and then surrounded it with weapons drawn, ordering the occupants to at once exit the vehicle. The driver complied and handed over his credentials. He identified himself as Yusuf Hamza, a Pakistani national and CIA asset, claiming he was on a diplomatic assignment, transporting a VIP from Miami International to Miami Regional Airport. He said that he, his vehicle, and any passengers had full diplomatic immunity against searches, seizures, and arrests.
“Immunity revoked,” the SF commander purportedly told him.
When Cheney refused to exit the vehicle, SF lowered the plexiglass partition separating the driver and passenger compartments and held a pistol directly to his forehead.
“Cheney eventually got out, but not before giving the usual Deep State spiel: ‘Do you know who I am? I own you. Your lives are over.’ That sort of hype. Then he said he was just trying to get to Virginia to see his family for Christmas. Probably not the Christmas he wanted. One thing’s for sure, he’ll be spending New Year’s at Guantanamo Bay,” our source said.
Both Cheney and Hamza have been taken to a detention center for processing, our source said in closing.[to be continued....]


【[ディック・チェイニーを軍が逮捕]Real Raw Newsより
マイケル・バクスター著-2021年12月28日

https://realrawnews.com/2021/12/dick-cheney-arrested/

不名誉な元副大統領ディック・チェイニーは、バージニア州の後者の家で、娘のリズとメアリーとプライベートな休暇を過ごすために、米国に再入国しようとした際、クリスマスイブに逮捕されたと軍裁判所判事総体(JAG)の代表者が述べた。
Real Raw Newsが以前に報告したように、9.11テロの首謀者チェイニーは、彼が元上司のジョージW.ブッシュのように、軍事逮捕状の標的であったことを明らかにしていた。逮捕を免れた後、11月11日に米国からニュージーランドに逃げ伸びていました。その夜、ブッシュは逮捕されたが、チェイニーは彼の逃走を助ける洗練された脱出ルートと捕獲回避計画を持っていたのである。
「軍裁判所判事総体(JAG)とミリタリー事務局(OMC)は、マイアミに向かう予定外の通告されていなかったCIAボーイング777-200に乗って、チェイニーが米国に戻っているというアクティブな情報を受け取りました。諜報(インテル)メンバーが到着したとき、飛行機はすでに空港でしばらく空中にいて、フライトはクリスマスイブの午後4時頃に着陸する予定でした。彼はすでに到着の途中にいたので、私たちの捜査官は動き出すのにほんの数時間しかありませんでした」と私たちの情報筋は言いました。
その情報筋は、具体的な作戦の詳細を明らかにすることなく、チェイニーの到着に先立って、私服の米軍特殊部隊が空港を杭打ちして閉鎖したと述べた。 4時15分、双眼鏡を持った監視員は、着陸へのファイナル・アプローチでツインエンジンのあるワイドボディの紛れもないボーイングの機影を見ました。滑走路No9に着陸しましたが、海外から到着するフライトの場合と同様に、空港のどちらの国際線ターミナルにもタクシーを利用しませんでした。代わりに、飛行機はターミナルの北にあるメンテナンス・ハンガーの外で待機して停止しました。エンジンが巻き込まれ、引き込みするプッシュバック・タグボートがジャンボジェット機の横にある移動式スロープの階段を牽引しました。ドアが開いたとき、一人だけが飛行機から降りました。それはリチャード・ブルース・チェイニーその人でした。
チェイニーは、飛行機を降りて数秒後にランプ階段の近くで引き上げられた外交ナンバープレートを持った黒いリムジンに、すぐに飛び乗った。
「特殊部隊には2つの選択肢がありました。彼を連行して行くか、車両を尾行するかです。彼らは表立って逮捕シーンを作りたくなかったので、リムジンの追跡を選びました」と私たちの情報筋は言いました。
民間車両では、特殊部隊(SF)チームは、ヒルトンマイアミ空港からブルーラグーン・ホテルの地下駐車場まで数マイルの距離にあるリムジンを、影に隠れて尾行しました。
遂に特殊部隊はリムジンをブロックし、無害に見えるレンジローバーの間に動かぬように閉じ込めた。次に引き出した武器でリムジンを取り囲み、乗員にすぐに車両から降りるように命じた。運転手は命令に応じて彼の資格証を手渡した。そこには、「パキスタン国民でCIAのアセットであるユスフ・ハムザ」と自認しており、「マイアミ国際空港からマイアミ地域空港にVIPを輸送する外交任務に就いている」と主張しました。彼は、彼と彼の車、そしてすべての乗客は、捜索、発作、および逮捕に対して完全な外交特権を持っていると言い張りました。
「外交官特権という免疫は取り消された」とSF司令官は彼に言ったとされています。
そしてチェイニーが車両からの降りて退出を拒否したとき、SFは運転席と助手席を隔てる間仕切り(プレキシガラス)の仕切りを下げ、ピストルをチェイニーの額に直接当てました。
「チェイニーは最終的に車から外に出ましたが、通常のディープステートのよく言う誇大宣伝の言い訳(「私が誰であるか知っているのか?我々があんたを所有している。あんたの人生は終わった。」といった脅し言葉)を言う咄嗟の隙もありませんでした。それから彼はちょうどクリスマスのために、彼の家族に会うためバージニアに行こうとしていると言った。「おそらく彼が望んでいたクリスマスではないだろう。確かなことの1つは、彼はグアンタナモ湾刑務所で新年を過ごすことになるということだ」と私たちの情報筋は述べていました。
チェイニーと運転手ハムザの両方が逮捕後処理のために、ある拘置所に連れて行かれた、と私たちの情報筋は締めくくりに言った。翻訳文責ハルジャス】



『リチャード・ブルース・チェイニー元副大統領は、ジョージ・ブッシュとともに11/11に同時逮捕される作戦の筈だったが、その日には闇CIAの支援があり逃亡工作によって助かり、ニュージーランドまでまんまと逃げ延びていた。しかし、間抜けなチェイニーは、ほとぼりの覚める間隔を置くまで隠れて潜む猶予が無いまま、高を括ったのか短絡的な行動を取ってしまった。愚かにも米国の家族が住むバージニア州に同年クリスマスイブ再入国しトンボ帰りしたのだ。DSカバール所属組織だったブッシュ派閥CIAが、ペンタゴンから2021年初頭に予算を完全に打ち切られた理由は、DSカバール組織という闇の暗黒実態が露見していたからに他ならない。CIAという組織は、元々陰謀工作の組織であり、アフガンやミャンマー等各地の阿片を闇で売る商売を裏家業としており、非合法化して資金潤沢になっていた。表向きは米軍所属であるが、活動範囲が広まっており、手下マスコミによる米国民や同盟国の洗脳、モサドやMI6など外国諜報勢力との共謀した作戦、CCPとFBI組織、闇国連の外国勢力化と、多岐にわたって敵を国内浸潤させてきており、国家反逆罪を過大に膨らませてきたどす黒いカバールの汚い浸潤作戦本部組織だったのである。この様な国賊裏切り者として反逆行為を傲慢不遜にさせたのは、ここ数十年に渡る米国大統領そのもののカバール傀儡化であった。最初にブッシュ親子、クリントン、オバマといった国家反逆罪者が不正選挙システム増殖に伴って、数十年かかって過激左翼の首謀者組織に成長していたのである。チェイニーの逮捕は今後待望予期される反逆徒党としてのギトモ裁判の興味と関心だけでなく、米国の主権民主主義国家としての立ち位置とポリシーが試される、世界的に大きな意義のある国家存亡の命運がかかっている。所謂、トドメの憲法大事件裁判となるだろう。ハルジャス』




※ダーラム情報
2021/12/26 7:00
2021/12/26
/watch?v=V_fRxL0NH1I


※ボッシュ博士VandenBosch PHD.
The Most Important Interview in the History of Mankind
OyakiTaiyaki Published May 1, 2021
https://rumble.com/vgcsi1-the-most-important-interview-in-the-history-of-mankind.html


[1200の死亡事例の86%はワク●ンが原因 ピーター・マカロー博士]
「1200の死亡事例の86%はワク●ンが原因、中には高齢者が大半」
ピーター・マカロー博士
(内科医、循環器科医、テキサス医科大学医学部教授)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39770543



※トランプインタビュー。リンウッド弁護士
LYN WOOD's MOST IMPORTANT INTERVIEW ?#JAN6 #FIGHTFORTHEREPUBLIC?
The Pete Santilli Show Published January 3, 2021
https://rumble.com/vcedrt--lyn-woods-most-important-interview-.html


コロナ帝国の頓珍漢な支配が強まり自滅する欧米
2021年12月26日   田中 宇
https://tanakanews.com/211226corona.htm


12-27 大量の上場廃止に直結する中国企業の会計監査問題
2021/12/27
/watch?v=255PlLXkYbU


【第299回】ファウチは2023年問責に直面する;なぜトランプ政権の閣僚に彼の反対者が多かったのか?
2021/12/26
/watch?v=FnXgipCj7ic


チームトランプ最新情報 暴露チャンネルより ティモシー・チャールズ・ホルムセス1月6日を暴露 リンウッドさんスチュー・ピータースにリクエスト{子供たちの真実の映像}
2021/12/27
/watch?v=tcIg09hi9Js


チームトランプ最新情報 デイビッド・ハンコックに告ぐ TさんとVに関する記事
2021/12/27
/watch?v=RsbsO6b8Yl0


チームトランプ最新情報 スチュー・ピータースショウ中止になるのか
2021/12/26
/watch?v=aXEozLNfT68


※マイケル・フリンのウソと1/6電話隠蔽工作??
チームトランプ最新情報 暴露チャンネルより マイケル・フリンの電話記録 ティモシー・チャールズ・ホルムセス情報②
2021/12/24
/watch?v=T5XuVM5ybH8


※マイケル・フリンのウソをリンウッド弁護士が暴露?
チームトランプ最新情報 リンウッドさん対マイケル・フリン
2021/12/18
/watch?v=TbK8ftSul3s


チームトランプ最新情報 リンウッドさん情報 マイケル・フリンのツアー
2021/12/18
/watch?v=4I59nTuqnnY


チームトランプ最新情報 スチュー・ピータースさん情報 カンディス・テイラーさんの決意
2021/12/25
/watch?v=QGQlweYO2oQ


※リンウッド弁護士のこの一年間はバッシング悲劇続き
アメリカ鈴木弁護士テレグラムと 彼にこの1年降りかかった艱難について[アメリカの今]031227
2021/12/27
/watch?v=PyHbkePt28w


F将軍紹介の“詩”~そして雑談:トランプ大統領たちの戦いに学ぶこと多し[今ここにある危機]031226
2021/12/26
/watch?v=7Ora1_AVs1g


12-27 緊急「数週間以内にSB訴訟」報道の背景
2021/12/27
/watch?v=-Jn_x2sSLds


ファウチ へっ?おいらはワクチンなんて打ってないよ![RRNより:日本語朗読]030915
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39340382


ワクチン接種を受けた人がデルタを運んでいる byピーター・マッカロー博士(Dr. Peter McCullough:フリン将軍お薦め動画)【翻訳吹替】:CDCのVAERSデータベースとCOVID-19ワクチンのFDA承認030908
※マイケル・フリン将軍が、ご自身のテレグラムで紹介していた動画を、翻訳>
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39304304


【先行版】ロバート・ヤング博士の告発:COVIDショットには何が入っているのか?なぜグラフェンなのか?誰が責任を負うのか?
Dr. Robert Young: What’s In COVID Shots, WHY Graphene, WHO is Responsible
The Stew Peters Show September 7, 2021
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39349308


[遺伝子と生殖機能への攻撃第2ラウンド「モルヌピラビル」の危険性]
「モルヌピラビル」新型コロナの飲み薬として正式に承認
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211224/k10013402881000.html
米メルクのコロナ経口薬「モルヌピラビル」がヒトDNAに突然変異を起こし、胎児に先天性欠損症を引き起こす、あるいは大人にガンを引き起こす可能性を米ノースカロライナ大学が論文で発表。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39803824


※ワクチン接種済の人が未接種人より3倍尾身黒に感染する!!
オミクロン騒き?はワクチン接種済み者の問題【しか医師感染数データ】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39807377


[国立感染症研究所はウソつきです]
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39807541
国立感染症研究所で分離に成功したSARS-CoV-2 B.1.1.529(オミクロン)系統の電子顕微鏡写真
https://www.niid.go.jp/niid/ja/allarticles/research.html
コロナの写真はウソでした③感染研オミクロン
https://prettyworld.muragon.com/entry/61.html
コロナの写真はウソでした①
https://prettyworld.muragon.com/entry/36.html
「コロナ茶番」次の演者はオミクロンさんです
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39705005
オミクロン株の市中感染、専門家組織「今後、感染拡大が急速に進む」
https://www.asahi.com/articles/ASPDQ739QPDQULBJ00B.html


[約3年後に報告された副作用]
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39798252/
たった1年ちょっとのデータを鵜呑みにしてはいけません。
今公表されているデータはあくまでも"一部"に過ぎません。
10年後、20年後...を想像したら怖い…


[ワク●ンが心臓に損傷をもたらすリスクは永久的]
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39797378
豪州医師の匿名摘発「ワク●ンが心臓に損傷をもたらすリスクは永久的だ」
元動画
https://twitter.com/HimalayaJapan/status/1474266699125846019?t=sM4ZLUm0ZIWoNcdaK8de0g&s=19


[WHOテドロス、ブースターで子供を56す国がある!と語る。]
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39797550
WHOテドロス事務局長「ブースターで子供を56す。」
『子供を殺すためにブースターを』  デドロス世界保健機関(WHO)事務局長
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39800410


【ショック新事例】12才の最年少死亡事例・ワクチン接種3日目に死亡【ラジオ】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39800580
?本日の資料 P180
https://www.mhlw.go.jp/content/10601000/000872495.pdf


オミクロンは抗体が獲得できるクリスマスプレゼント マローン博士
Search videos
ロバート・マローン博士がFoxNewsに出演。

[新型コロナ、オミクロンは病原性が低く、感染力は強い。]
https://www.nicovideo.jp/watch/sm39803266
ワクチン学者にとっては弱毒性の生ワクチンみたいなものだ。
元動画
https://twitter.com/Tamama0306/status/1473463457710493703?t=bJCjKAF33YAimLVh5YHWRg&s=19


[珍型コ○ナ騒動の真の目的を暴いた必見のフル動画!]
https://twitter.com/purplep76858690/
「 パパイヤ、ヤギ、ウズラの卵で陽性」で有名なタンザニア大統領急死の真因。
『病気の真の原因』共著者デービッド・パーカー
世界中で接種者が病気になるのは、注射の毒が体内に入ったから。最近の馬鹿々々しいオミクロンも含め、いわゆる「ウイルス」「変異種」について、世界で何からも、誰からもサンプルを採取して調べていない。それら何一つ存在することを証明していない。


WATCH VACCINE NANO BOTS KILL AFTER BEING ACTIVATED BY A CELL PHONE
https://www.bitchute.com/video/R25rWpK5zaAr/


 

世界歴史大転換【919】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年12月26日(日)09時45分46秒
  [At GITMO, Dr. Francis Collins Blames Covid Lies on Dr. Fauci]Real Raw News
By Michael Baxter[ -December 24, 2021]

https://realrawnews.com/2021/12/at-gitmo-dr-francis-collins-blames-covid-lies-on-dr-fauci/

No sooner had former NIH Director Dr. Francis Collins arrived at Guantanamo Bay than he began professing his innocence and blaming his ex-coworker Dr. Anthony Fauci?AKA Dr. Death?for perpetrating the Covid-19 fraud on the American public.
In a first “interview” with investigators from the U.S. Navy Judge Advocate General’s Corps and the Office of Military Commissions, a blubbering and sniveling Collins said, “It was never me. I was not in charge, only on paper. It was Tony?Dr. Fauci. He was the one in charge and I was forced to go along with what he said,” according to a partial transcript of the conversation reviewed by Real Raw News.
Who controlled the NIH’s Covid narrative is a hotly contested argument. Technically, Collins was Fauci’s boss, but it was Dr. Fauci who relished the limelight and appeared?and still does appear?daily on leftist media to promote unconstitutional mask and vaccine mandates.
A JAG source told RRN that Collins blurted, “I can’t believe this is actually happening,” in response to being charged with murder, fraud, and mass medical malpractice.
When told he’d soon answer to a military Tribunal, Collins kept insisting he’d done nothing wrong and demanded to speak with Joseph Biden.
JAG investigators then produced printed copies of lengthy email exchanges between Collins and Fauci. In them, the devious doctors plotted to maliciously discredit and malign credible scientists and physicians who questioned the need for lockdowns and mask and vaccine mandates. Their correspondence clearly showed that Collins was a willing participant in the Deep State’s plan to defame critics of its narrative. In one email Collins wrote, “We need to focus on scientists with credibility. We should destroy them, digging into their past and the past of their family and friends, look for anything we can find to impugn them,” to which Fauci responded, “That’s what we’re doing. Anyone questioning the necessity of mask and vaccine mandates will be cancelled, taken down, or marginalized to where no one will listen to them.”
Collins in another email wrote that “his people” were working with social media platforms Facebook and Twitter to purge videos and comment threads that disparaged vaccine efficacy.
“I’m innocent and you’re holding me against my will illegally. I need to get home for Christmas to be with my family,” Collins reportedly told JAG investigators.
“You might as well cancel Christmas, because that’s what you wanted to do for all the good people in this country,” investigators replied.
Collins’ military tribunal is scheduled for Jan 24.[to be continued...]


【[GITMOで、フランシス・コリンズ博士がファウチ博士にコビッドの嘘を非難]Real Raw Newsより
マイケル・バクスター著[-2021年12月24日]

https://realrawnews.com/2021/12/at-gitmo-dr-francis-collins-blames-covid-lies-on-dr-fauci/

元NIHディレクターのフランシス・コリンズ博士は、グアンタナモ湾刑務所に到着するやいなや、彼は無実を公言しました。元同僚のアンソニー・ファウチ博士(別名死神博士)がアメリカ国民にCovid-19詐欺を犯したのだと非難し始めました。
米海軍裁判官提唱者総隊(JAG)と軍事委員会事務局(OMC)の審査員が、審問した最初の「インタビュー」で、Real RawNewsがレビューしました。会話の一部の記録によるとコリンズは、「それは私ではありません。私は担当していませんでした。紙だけのことでした。それはトニーつまり?ファウチ博士。彼が責任者であり、私は彼の言ったことに従わざるを得なかった」と、言い訳をした。
NIHのCovidの創作物語を誰が管理したかのかは、激しく争われている議論です。技術的立場は、コリンズがファウチの上司でしたが、違憲のマスク着用義務とワクチン接種義務を宣伝するために脚光を浴びていたのは、左翼メディアに毎日登場し、現在も登場しているファウチ博士でした。
JAGの情報筋は、殺人、詐欺、大量の医療過誤の罪で起訴されたことに応じて、コリンズが「これが実際に起こっているとは信じられない」と言ったと、RRNに語った。
すぐに軍事法廷に答えるべきと言われたとき、コリンズは彼が何も悪いことをしていないと主張し続け、ジョセフ・バイデンと話したいと要求した。
その後、JAGの調査員は、コリンズとファウチの間の長い電子メール交換プリントの印刷されたコピーを作成しました。それらの中で、悪意あるこの医師は、都市封鎖とマスクとワクチンの義務の必要性を疑った人々、本当に信頼できる科学者と医師たちを、悪意を持って彼らの信用を失墜させたり、悪意を持って攻撃することを企てました。彼らの交信やり取りは、コリンズがその創作物語において、Covidワクチン接種に反対する批評家らを中傷するディープステートによる名誉棄損計画に、積極的に加担していることを明確に示していました。コリンズはあるメールで次のように書いています。「反論する科学者の信憑性に焦点を当てる必要があります。私たちは彼らの名誉と人格を破壊し、彼らの過去と彼らの家族や友人も含めて過去を掘り下げて、彼らを傷つけるために私たちが見つけることができる、あらゆるすべての反証を探すべきです」と。それに対してファウチが答えました。「マスク義務とワクチン義務の必要性を疑う人は、誰もが彼らの意見を聞くことができないところに捨て去られ、自説をキャンセルされるか、持論を取り下げられるか、または名誉ある立場が失墜して取り残されることになります。」と。
別の電子メールでコリンズは、「彼の仲間の人々」がソーシャル・メディア・プラットフォームのFacebookやTwitterと協力して、ワクチンの有効性を軽蔑するビデオやコメントスレッドをBanしたり削除していると書いています。
「私は無実であり、あなた達は私の意志に反して私を不法に拘束しています。家族と一緒にクリスマスには家に帰る必要があったのに」とコリンズはJAG審査員に対して非難しクレームを語ったと伝えられています。
「クリスマスをキャンセルしたほうがいいでしょう。それは、この国のすべての善良な人々のために、我々がやりたかった裁判だからです」と調査官は凛として答えました。
コリンズの軍事法廷は1月24日Xマス・イブに予定されています。[続く...]翻訳文責ハルジャス】



『元NIHディレクターの偽善者悪党フランシス・コリンズ博士のギトモ裁判が、丁度クリスマスイブにスタートして始まろうとしていた。裁判官提唱者総隊(JAG)と軍事委員会事務局(OMC)の審査員は、あらかじめコリンズとファウチとのメール交信のやり取りを、犯罪証拠として周到に準備しており、けして言い逃れができないものと事前通告していた。どうやって裁判で立証する犯罪証拠を事前に手に入れたのか、ほとんど経緯は謎で不明である。ただ推測しうる入手根拠を憶測すると、逮捕時の押収物の中に偶然見つけたモノか、もしくは事前捜査(捜査員orNSA)で発見されたか、いずれかであろう。NSAの電子的情報探査(主に通称エシュロン)精度は世界一であり、ターゲットにされた個人容疑者は、デジタル閻魔様の追手から逃れることは、世界中何処に居たとしてもほぼ蟻一匹も至難の業で無理であろう。特にエシュロンは高精密なハイテク衛星諜報システムで、個人のプライバシーを完全無視している超絶破格の探索レベルで、もはやCCPの中国製の拙い監視システムの比ではない。かつて日本のエシュロン基地で勤めていた有名なカバール闇CIAエージェントで、逮捕を逃れてロシアに逃亡したスノーデンは、NSA日本基地やハワイへの派遣時において、この監視業務システム部門を担当していた。スノーデンはコンピューター企業のデル社の契約社員として、ハワイのNSAクニア基地のシステム管理者として当時勤務しており、部内情報に端末からアクセスできる立場にあった。13年6月、スノーデンは仕事場から無断で大量のデータを違法に持ち出し、逃亡先の香港でNSAの機密情報を英国の『ガーディアン』紙上で公開したのである。「NSA通信傍受の核心は、解析のためのコンピューターや通信傍受衛星といった技術力と、相手国の領空や領海を侵してまで通信電波を取りに行くという、グレーゾーンの活動の組み合わせによるところが大きいと言われる。」小谷 賢 (日本大学危機管理学部)=インテリジェンス・マインドより引用。このような最先端技術が軍事裁判において、JAGやOMCが、NSAの膨大に蓄積されている容疑者個人データを、軍事裁判で証拠として狙って立証利用しない筈はなかろう。普通の民間弁護士事務所主導の一般裁判と異質な軍事法廷では、我々がなんどもこのシリーズでギトモ裁判開催を閲覧散見してきたように、仮に一般世間では著名な法律事務所の名の通った腕力ある弁護士といえども、裁判延長したり再審控訴請求する権限か無い上に、短時間で有無を言わせずイキなり単独で非公開の判定により(3人制パネル判事の簡易合意形だけの判決とされている)、独裁的に軍部単独の判決を下すことができるという空恐ろしいハイテク・システムツールなである。ハルジャス』



【遠見快評】元軍最高幹部逮捕の情報 白熱化する権力闘争
2021/12/25
/watch?v=pYGi4xLeXGQ


【第298回】BBB法案は挫折!23名の民主党国会議員は来年中間選挙に出馬しないと表明
2021/12/24
/watch?v=NBR4fQfbIGs


BREAKING: SIDNEY POWELL JUST DROPPED A BOMBSHELL!!!
2021/12/26
/watch?v=4arCa2q3nEg


CCPに異変が【SAGAWA】
2021/12/25
/watch?v=LBFoTi3Bqpw


12-26 ソニー工場を買収した中国企業の惨状が異次元過ぎる
2021/12/26
/watch?v=FZbocshcH-E
 

世界歴史大転換【918】

 投稿者:ハルジャス  投稿日:2021年12月25日(土)11時20分7秒
  [Military Cautions Trump Over Pro-Vaccine Comments]
By Michael Baxter[ -December 24, 2021]

https://realrawnews.com/2021/12/military-cautions-trump-over-pro-vaccine-comments/

High-ranking officers in the U.S. Marine Corps have split hairs with Donald J. Trump over his recent vaccine endorsements, first in Dallas at the History Tour with Bill O’Reilly, then on Wednesday during a sit down with conservative commentator Candace Owens.
On each occasion, Trump, who said he had gotten his booster shot because it saves lives, met resistance from otherwise loyal MAGA supporters. At the History Tour, part of the audience?I was at this event, and it was about 125 people (out of 9,000)?booed and jeered him for encouraging them to get vaxxed, though he said vaccination must be a matter of choice and not determined by mandates. A few days later he butted heads with Owens when she questioned vaccine safety and efficacy, rightfully buttressing her assertion with fact?more people have died since vaccines hit the market than before they were publicly available, particularly in heavily vaccinated states.
Trump replied, “All are very, very good. The ones who get very sick and go to the hospital are the ones that don’t take the vaccine. People aren’t dying when they take the vaccine.”
His military allies took notice of his comments. Following his and Owens’ talk, Trump got a telephone call from one of his most prominent military supporters, commandant of the U.S. Marine Corps David H. Berger, who politely informed him that the criminal Biden administration had lied to the populace about the number of servicemen killed by Covid-19 vaccines. Two hundred and twenty-five perfectly healthy troops, Gen. Berger said, perished within weeks of receiving the clot shot. Secretary of Defense Lloyd Austin ignored some deaths while attributing others to Covid-19 or “training accidents.”
Lawful facets of the military, Berger added, have so little confidence in the current vaccines that they’re eschewing Austin’s mandates in favor of waiting on the U.S. Army to complete trials on its novel vaccine, which until recently was kept secret. It does not scramble the DNA of recipients or cause myocarditis, according to the Walter Reed Army Institute of Research. But only immunocompromised troops would get that shot, he said, because healthy people don’t die of Covid.
“Sir, with all due respect, we’re working hard to put you back in office sooner than later, but your praising boosters isn’t making our job easier. Marines and soldiers across all branches overwhelmingly oppose them, and so does your base. Maybe you’re just saying what you’re saying to get more votes if this stretches out longer than we’d like.
You should consider that Democrats and liberals will not switch sides, no matter what you say, good or bad, about boosters, again, with all due respect,” Gen. Berger told Trump, said a U.S. Marine Corps Forces Command source privy to the general’s side of the conversation.
The 10-minute call ended with Gen. Berger thanking Trump for “staying in the fight.”
RRN does not know how Trump responded to the general’s concerns, as our source overheard only Gen. Berger speaking.[END]


【[軍は前のトランプ大統領ワクチン接種コメントに警告]
マイケル・バクスター著[-2021年12月24日]

https://realrawnews.com/2021/12/military-cautions-trump-over-pro-vaccine-comments/

米国海兵隊の高官は、ドナルドJ.トランプと最近のワクチンの承認について、最初はビル・オライリーとの歴史ツアーでダラスでインタビュー、次に水曜日に保守的なコメンテーターのキャンディス・オーウェンズとインタビューを受けるため、一緒に座りました。
毎回、「命を救うためにブースターショットを取得した」と述べたトランプは、他の点では忠実なMAGAサポーターからの抵抗に遭遇しました。歴史的ラリーのツアーでは、聴衆の一部(私はこのイベントに参加しましたが、約125人(9,000人中)が、義務によって決定されないワクチン接種は、任意選択の問題であるべきだと彼が言ったものの、演説で彼らにワクチン接種を勧めたためにブーイングと嘲笑を受けました。数日後インタビューで、彼女がワクチンの安全性と有効性に疑問を呈したとき、彼トランプ大統領はオーエンス氏と頭を突き合わせ、それは事実のことであり彼女の主張の正当性を支持しました。
ただトランプは、「すべて接種は非常に、非常に良いことです。病気になって病院に行くのは、ワクチンを接種しない人です。ワクチンを接種しても人々は死にません。」
彼の軍事同盟国は彼のこのコメントに注目した。彼とオーエンスの話に続いて、トランプは彼の最も著名な軍の支持者の一人である米海兵隊の司令官であるデビッドH.バーガーからの電話を受けました。バーガー将軍は、 Covid-19ワクチンによって殺された軍人がいることや、225人の完全に健康な軍人が血餅を引き起こすワクチン接種注射を受けてから数週間以内に死亡したと述べた。バイデン(フェイク傀儡)政権の国防長官のロイド・オースティンは、一部の死者を無視し、他の人をCovid-19または「訓練事故」にして虚偽死因に帰しました。
軍の合法的な側面は、現在のワクチン効果にほとんど自信がないため、最近まで秘密にされていた新しいワクチン試験期間が完了するのを米軍が待つことを支持して、オースティンの義務化指令と軍人の接種任務を避けているとバーガー氏は付け加えた。ウォルターリード軍事研究所( Walter Reed Army Institute of Research)によると、レシピエントでDNAをスクランブルしたり、心筋炎を引き起こしたりすることはありません。しかし、健康な人はコビッドだけで死ぬことはないので、ワクチン接種で免疫不全になる軍人だけがその攻撃を受けるだろうと彼は言った。
「敬意を表して、私たちはあなたを遅かれ早かれ大統領としてオフィスに戻すために一生懸命取り組んでいますが、あなたが賞賛しているブースター注射は、トランプ大統領の復帰をけして容易にするものではありません。すべての支部の海兵隊員と兵士は圧倒的にそれらのワクチンに反対しています。そしてあなたの(※フロリダ州)基地でもそうです。たぶん、選挙でより多くの票を獲得するためにあなたが言っているだけかもしれませんが、この互いの意見相違状況が、私たちが望むよりももし長く続く場合….。」
バーガー将軍は敬意を表した上でトランプに語った。「あなたはワクチンブースター接種の良し悪しを再びどう言うかに関わらず、たとえ民主党が他方の共和党サイドにスイッチしようとも、(※この内密の会話はバーガー将軍側に留めてほしいと暗に示唆しつつ、)考え直して考慮しておくべきであると(※言葉を濁して曖昧に)伝えていた。
10分間の通話は、最後にバーガー将軍がトランプに「戦いに踏みとどまった」点を感謝して終了していました。
私たちの情報源はバーガー将軍だけが話している側面だけの一方的な会話を耳にしただけなので、RRNはトランプが将軍の懸念にどのように回答したかは詳細を知りません。[END]翻訳文責※印ハルジャス】


『トランプ大統領の信じられぬある失言が内外に波紋と懸念を呼んでおり、彼のワクチン接種の判断が間違っていることを、インタビューしたキャスターや海兵隊バーガー将軍から触れられていた。最近のバーガー将軍との直接電話において、敬意と感謝しつつもやや遠回しかつ婉曲に互いの解釈の乖離を暗示され、ズバリ指摘されていた会話内容である。筆者も過去コメントで述べていた「トランプのワクチン接種に関して判断ミス失政問題」懸念があったというテーマである。このことが、プロトランプ派の応援団からも、盛り上がってきた今年実施された各地のラリーでも、唯一ブーイングを浴びる失言になっていた。ダークサイドにトランプが落ちたとか根拠なく間抜けなオタクサイト等に決めつけられたり、不当に糾弾される評判の低下原因にもなっていた。5次元チェスの天才がそんな基本的判断ミスを犯す筈がなかろうという筆者の見方と推理に沿って、真相が判るまで判断保留にしていた。発言趣旨の原因やスタンスの根拠が曖昧のままになっていたまま、結論を実際にトランプ弁明まで先送りしてきたのであった。しかし、もし来春にトランプが現実的に19代アメリカ共和国大統領として仮にも復帰することになれば、もはやこの失言問題は避けて通れない喫緊の政治的課題になり得るため、トランプ自身の意思を直接的な発言によって、明白に知りたいと考えていたところである。勘違いで失言したのなら、高年齢を理由にボケていたことにすれば、何とか誤魔かせるかもしれない。だけど、いつも意味深な言い回しを賢明なトランプ自身よくするので、寝ボケたサイトや一般大衆にはよく誤解されやすい。現実的にワクチン接種による副作用死者が世界中で数万以上にも達した惨憺たる悲劇的な現状では、もし深い用意周到な発言意図が証明されたり正当な弁明がなければトランプファンだけでなく、米国民や一般大衆をもはや騙すことができなくなる可能性があろう。残念ながら何故かRRNソースが、トランプ大統領と実質米軍部トップ(ミリー参謀本部議長の失政失脚により参謀本部議長の実権を持った)バーガー将軍との今回の具体的な会話やり取りを曖昧にして明かしていないため、この時点では真偽をなお判定しかねる保留が継続してしまったようだ。ハルジャス』




トランプ?前大統領の声明~12月24日[日本語朗読]031224
2021/12/24
/watch?v=_-W8jp4qYbg


【再掲】フリン将軍ペロシ逮捕指示??捕まるかも?トラが予想以上の発言を宣言??1/6は大きな境目になる??
2021/12/22
/watch?v=-werW09gR_g


12-24 西安の出血熱は食糧問題と絡んでいる
2021/12/24
/watch?v=QhpxnZ6qz5o


ファイザーCEO_ボーラが薬に生物学的チップがあることを認める
Mayo97 Published December 20, 2021
https://rumble.com/vr47ap-ceo-.html
原文
https://www.ibtimes.sg/pfizer-ceo-albert-bourla-admits-presence-biological-chip-vaccines-viral-video-fuels-61857
元動画?
https://t.me/The_Great_Reset_Info/1739
 

/61