投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


2018年度新規会員募集のお知らせ

 投稿者:管理人 本宮です。メール  投稿日:2018年 1月21日(日)10時21分32秒
返信・引用
  当宇都宮渓遊会Official Web Site をご覧の皆様。

いつもご覧いただきありがとうございます。

昨日、Informationに「2018年度新規会員募集のお知らせ」を掲載致しました。

毎年何名かの新入会員を迎えておりますので本年度も新しい仲間の募集をしたいと思います。

単独での遡行に行き詰まりを感じている方、野営での源流釣行をしてみたい、山菜やキノコを覚えたい等々丸ごと解決の足掛かりになればと思います。
皆様からのご応募お待ちしております。

ご不明な点等何なりとお問い合わせください。

宜しくお願い致します。



 

ワカサギ釣行

 投稿者:栃木の阿部  投稿日:2018年 1月16日(火)15時13分42秒
返信・引用
  会員関係者各位
本年度最後の行事になりますワカサギ釣行を1月27、28日で実施したいと思います。
一部解禁なので場所が限られますが参加希望の方は宿の手配がありますので早めの連絡お願いします。
前回使用した宿が4名までで2部屋空いてましたのでギリギリになると泊まる場所が確保出来なくなりますので宜しくお願いします。
遅くても今週末までにはお願いします。
 

(無題)

 投稿者:lateo  投稿日:2018年 1月 1日(月)06時05分59秒
返信・引用
  あけまして朝酒おめでとうございます  

エゾシカ料理

 投稿者:管理人 本宮です。  投稿日:2017年12月18日(月)12時21分21秒
返信・引用
  お寒うございます。
皆様、お風邪などひかれていないでしょうか。

先日、会友寺尾氏の北海道在住のご友人から自分で獲られたエゾシカ肉を頂きました。

その量たるや6㎏!
シカ好きとしては堪りません。

と云う訳でまずは塩コショウをふりステーキで!
肉の旨みと香りについつい呑み過ぎてしまいました。

お次は定番エゾシカのシチューです。赤ワインを大量につかったせいか家中が良い香りで呑む前からほろ酔い気分。

巷ではジビエ料理と流行を見せておりますが贅沢なプレゼント、本当に感謝です。





 

更新のお知らせ

 投稿者:管理人 本宮です。  投稿日:2017年11月26日(日)16時12分24秒
返信・引用
  当宇都宮渓遊会 Official web site をご覧の皆様

先日より粛々とレポートを更新してまいりました。


*新潟県朝日某沢  神山大典さん

*朝日の渓は天気晴朗なれど道険し  鈴木啓之さん

*下田河内山塊某沢  平江誠さん

*柳又谷改め恵振谷  平江誠さん

*晩秋のキノコ狩り  矢萩武彦さん

*寒さも楽しいナメコ採り  本宮和彦


以上、11月度のアップ内容です。

皆様どうぞお楽しみください。

 

60に間もなく手が届く若手です

 投稿者:福島の釣りきち  投稿日:2017年11月23日(木)17時45分12秒
返信・引用
  趣味の世界とは言え同じことを47年続けられるのは大変なことです
私も20数歳から渓流釣りの門を叩き、途中女人などなど俗世に惑わされること多数ありながら何とか障害を乗り越え、それでも30数年まだまだです
先月、新潟の岩舟で岸壁でサビキ釣りをしていた老夫婦に会いました
足が不自由なご主人が車椅子で釣り竿を持って、奥さんがコマセカゴにアミを入れて魚が掛かったら奥さんの方に魚を寄せて針から外し、奥さんが魚籠に入れる と言う羨ましい釣りでした
見ていて老後にこんな釣りができるなら幸せだな と
瀬畑さん、あと3年で50年なら50周年やりましょうよ 運営委員引き受けしますので
 

(無題)

 投稿者:lateo  投稿日:2017年11月23日(木)16時12分4秒
返信・引用
  ぐっど アタシもほくそ笑んでしまいました  

(無題)

 投稿者:lateo  投稿日:2017年11月23日(木)16時11分35秒
返信・引用
  ぐっど アタシもほくそ笑んでしまいまし  

Re: テンカラ同窓会

 投稿者:管理人 本宮です。  投稿日:2017年11月22日(水)21時46分10秒
返信・引用
  瀬畑雄三様

大変ごぶさたしております。

名古屋での『テンカラ同窓会』盛況な中で行われたとのお話お疲れ様でした。

テンカラ釣りは十人十色と言われ竿、ライン、毛鉤とこだわりを持つ釣り人の釣法だと思います。
是非とも私もこだわりを持ちたいと思いながら中々現状打破できずにおります。

宇都宮渓遊会の歴史は既に半世紀。
瀬畑さんを始めパイオニアが拓いた礎があってこその私たちだと思っております。
これからも私たち若者?を叱咤激励優しくご指導お願い致します。

 

テンカラ同窓会

 投稿者:瀬畑雄三メール  投稿日:2017年11月21日(火)13時02分40秒
返信・引用
  ふるくからおつき合いがありました京都の藤本美也氏、メーカー【天龍】塩澤会長の音頭とりで
名古屋市で、古い仲間たちが主催した『テンカラ同窓会 in nagoya』なる会に19日(日曜日)20日の両日、参加してきました。東京から、地元名古屋、西の京都からと、多方面からと56名の同好の仲間が集まりました。
同好の志の集まりだけに、釣りの話に山の話に狩猟の話で大いにもりあがりました。特に飛騨の天野勝利さんは釣りだけでなく鉄砲も名手の域の人ですから、人気の的でした。
他にも紀州トバシ流の達人と称される竹株稀朗さん、地元愛知工大教授でテンカラ先生ことテンカラの名手にしてほまれ高い石垣尚男さん等々が、参加されました。
わが宇都宮渓遊会から小池事務局長、渡部信雄、瀬畑雄三の3名が出席しました。会は賑やかに、盛大に、しかし、後期高齢者たる爺ぃの年寄り組の私は若手の席についてゆけず早々に床につくありさまでした。あくる朝は早起きのたぐいで4時には目覚めてしまい、7時の朝食までの長かったこと往生しました。おかげさまで朝風呂に、新聞、テレビニュース観、ゆっくりコチラはたのしむことが適いました。
それにしても、東名高速も新東名道が名古屋までつながって便利になりましたし、名古屋や大阪までもが車で日帰り可能な時代をむかえ、益々世の中の新時代をひた走っている感をしました。そのような中、変わらずの生活生き方をしている私だけのような気もしています。近年、つくづくそんな風に感じます。
思えば私30歳ちょうどの1970年、秋に創設された渓遊会も47歳。感慨もひとしおでございます。テンカラ同窓会に出席してふと、そんな感慨がよぎりました。
これからも、たのしみながら宇都宮渓遊会を盛りあげつづけていってください。心からみなさんに感謝します。みなさんありがとうございます。
 

/30